起業家・投資家向けコラム(起業)

【脱サラしたい人必見!】独立開業・起業するのにおすすめ仕事11選!

登録日:2020.3.30   |  最終更新日:2020.6.5


好きな仕事をしたい、お金を稼ぎたい、自由な時間が欲しい。脱サラ起業で成功すれば、自分の思い描く人生を過ごせるようになります。独立できる仕事を数多く知ることで、優位に開業、起業をして脱サラすることができます。

この記事では脱サラを考えている方の独立開業のアイデアを紹介しています。紹介している方法だけにこだわるのではなく、アレンジを効かすことでより収益性が高いビジネスモデルを作ることができるでしょう。

また、脱サラ起業してから準備不足だったと後悔しないためは事前の入念な準備が必要です。

そこでこの記事では、脱サラ起業する前に考えておくべきポイントや、脱サラ起業前に勉強しておくべきお金の知識についてまとめました。そのうえで、お金を出来るだけかけずに独立できる仕事を紹介しています。


「脱サラしたいけどなにをしていいのかわからない」「脱サラの準備はどのように行うべきなんだろう?」とお悩みの方は、ぜひ読み進めてください。


なお、起業や独立で失敗したくない人は、Kasegoo!(カセグー)という副業のマッチングサイトがオススメです。

副業でお金を稼ぎたい人と副業を教えたい人のマッチングサイト - Kasegoo!(カセグー)

このサイトでは、FXやアフィリエイト、ネットビジネス、YouTuberなどの副業で実際に稼いでいる人と会って、副業で稼ぐ方法を教えてもらうことが出来ます。起業や独立の方法も教えてもらえるので、起業家を目指す人にもおすすめです。

逆に、実際に稼いでいる人は、自分の生徒を増やして教えることができます。無料登録でスタートすることが出来るので、気になる方はチェックしてみてください。

※ なお、脱サラしたい方は当サイトFounderがオススメです。投資家・起業家をつなぐマッチングサイトであり、これまで数多くのマッチングが誕生しているので、あなたも資金調達できるチャンスがあります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。



脱サラ起業する前に考えておくべき7つのポイント

脱サラ起業に向けていいアイデアが浮かんでも、それだけでは成功することはできません。脱サラ起業前には多角的に物事を考えて自分のビジネスをカタチにしていく必要があります。この準備段階で抜け漏れがあると、いざ脱サラ起業しようと会社を興した場合につまづきかねません。


そこで、脱サラ起業するために最初に考えておくべき7つのポイントを紹介します。

・脱サラ起業する意味

・事業内容

・事業のターゲット

・宣伝、集客方法

・人材確保の方法

・会社の種類

・資金繰り

それでは順に解説していきます。

【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント1】起業する意味

最初に考えるべきことは、脱サラ起業の動機や目的です。何のために脱サラ起業するのか、何を実現するための企業なのかというそもそものところをしっかり考えておきましょう。脱サラの動機や目的が明確に浮かばない場合、脱サラの準備を一度止めてでも考え直すことをおすすめします。


事業が順調なうちは、目的に立ち返る必要はないかもしれません。ただし、脱サラ起業をすればうまくいかないことや方向性に迷うことも出てくるでしょう。困難が現れた時に、最初に考えた脱サラ起業の目的が、今後進む道を判断する指標となります


脱サラ起業そのものを目的にしてしまうと、会社が立ち上がったことに満足してしまい、モチベーションを維持するのが難しくなります。ビジネスの軸を定め、夢の実現のための手段として脱サラ起業することで、成功に近づくでしょう。準備段階で脱サラの動機や目的はハッキリさせておきましょう。

【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント2】事業内容

目的が定まったら、実際にどのような内容で脱サラ起業するか検討してきましょう。事業内容がビジネスで成功するためのキモになります。どのような事業をするのか、同様の事業をしている競合との違いは何か、などを整理していきましょう。また、事業規模や利益が出る仕組みについても考える必要があります。

今後事業を進めるにあたって銀行からの融資を検討している人は、融資を受けられるかが決まる大切なポイント。

出来るだけ具体的に、実現性の高いプランを作り込んで準備しておくことが重要です。準備作業のなかでも重要なポイントになってくるので、ここにはたくさん時間を費やした方がいいでしょう。


【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント3】事業のターゲット

今回脱サラ起業で行う事業のターゲットは誰か、明確にしておきましょう。つい広くターゲットを取りがちですが、絞り込むことによって商品やサービスが洗練されていきます。

例えばカフェを起業する場合でも、「健康志向の人向け」と「サラリーマンが仕事のつなぎに使う場所」を想定するのでは、立地・扱う商品ともに大きく異なるでしょう。


ターゲットを決めなければ、どっちつかずで誰にも評価されない事業になる可能性があります。具体的な相手を想定して改めて事業内容を検討すれば、最初は思いつかなかった付加サービスなどを思いつくかもしれません。

【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント4】集客・宣伝方法

どんなにいい事業を展開しても、誰も知らなければ意味がありません。どのように認知させていくか、集客・宣伝の方法は事業を始める前に準備しておきたいところです。

集客を検討する時には、以下の集客方程式を考えるとよいでしょう。

集客 = リーチ数 × 反応率

集客数は、広告をどれだけ届けたか(リーチ数)と、その広告にどれだけの人が反応したか(反応率)によって決まるという事を表した式です。

広告をよりみてもらうための宣伝方法、そして、ターゲットに響く内容を両方検討する事で、集客数は伸びていくことでしょう。

【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント5】人材確保の方法

脱サラ起業する時に他の人の力を借りたい場合には、人材確保の方法を考える必要があります。

特に起業に向けて技術が必要な場合は、外注するか自分の元で働く人を雇用するかよく検討しましょう。

さらに、雇用する場合はどのように人を集めるか、長く働いてもらうためにどうすべきかも検討する必要があります。


事業準備が整ってきたのに人材が集まらずに開業できないという自体を防ぐためにも、早めに検討しておきましょう。

【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント6】会社の種類

会社を検討する場合、合名会社、合資会社、合同会社、株式会社の4つの形態があります。合名会社、合資会社はリスクが大きくなるので、合同会社か株式会社を選ぶ人が多いです。ただし、事業内容や状況により、どの形態で起業するべきかは変わってきます。

自分にあった会社を選びましょう。


また、会社を設立せずに個人事業主になる方法もあります。税制上や社会的信用の面でメリットの大きい会社設立ですが、自由度が下がるというデメリットも存在します。途中で形態を変えることもできますが手続きに手間がかかるので、はじめによく検討しておくのがオススメです。


参考 合同会社?株式会社?メリットデメリット徹底比較

【脱サラ起業する前に考えておくべきポイント7】資金繰り

脱サラ起業するためには、どのように資金調達し、どのように返済していくかを検討する必要があります。融資を検討している場合は特に丁寧に検討しましょう。

また、起業してすぐは赤字になり、黒字化までに時間がかかることも多いです。自分の資本でどれくらい持ちこたえられるか、またいつまでに黒字かすべきか、長期プランで検討しましょう。


参考 【知っておきたい】起業時の資金調達方法8選!種類、メリット、デメリットまとめ

脱サラ起業するためにはお金も重要!必要な5つの知識とは?

起業をするためにはその業界、扱う商材などさまざまな知識が必要です。事業内容によって必要な知識は異なってきますが、全員に共通するのはお金の知識。

脱サラ起業して利益を求める以上、どんぶり勘定で経営するわけにはいきません。お金がどのように回って流れているのかを把握した上で、適切に管理することが必要です。お金の知識が少ない方は、準備段階で学んでおくといいでしょう。


ここでは、脱サラ起業前に身につけておきたい5つの知識を紹介します。


・財務会計

・管理会計

・税金

・マーケティング

・補助金、助成金

順に説明していきます。

【脱サラ起業するために必要なお金の知識1】財務会計


財務会計とは、株主や投資家などの企業外部の利害関係者に対して情報を提供するためにまとめられた会計です。

出資者や融資者は、企業が健全に運営され資金が返済されるか、収益が得られるかといった情報を求めています。それに対して、経営成績や財政状況を開示し、企業外部の人間が意思決定するための情報を提供するのが、財務会計のルールに基づいて作成された財務諸表です。


財務諸表は、大きく分けると「貸借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュ・フロー計算書」という3つの決算書からできています。

それぞれ、資産保有状況、期間ごとの経営成績、お金の流れを示しており、これらを正しく作ることが、融資を受け続けたり、投資してもらう上で不可欠になります。

作成自体は税理士に依頼することもできますが、自社および競合他社の財務状況を正しく把握するために、基本的な読み方を身につけた方がよいでしょう。


参考 財務諸表の見方読み方が100%わかる!財務諸表分析6つのポイント(初心者OK)

【脱サラ起業するために必要なお金の知識2】管理会計

財務会計が外部の人間に向けた業績報告に用いる会計であるのに対し、管理会計は自社の会計に活かすために利用する、社内向けの会計です。管理会計は、自社の経営戦略を考える材料にするのが目的のため、集計する期間のルールや形式の指定はありません。

具体的には、利益が出る売上ラインを把握するための「損益分岐点分析」や、材料などの変動費だけではなく、人件費などの売上に関わらず発生する固定費も考慮した上で計算した「限界利益」を検討するのに役立ちます。

これらを正しく読み取ることにより、費用を回収するのに必要な売上が把握できるとともに、採算が合っていない商品やサービスをあぶりだすことができます。

自社の問題点を早めに気づくために必要な知識です。

【脱サラ起業するために必要なお金の知識3】税金

起業するにあたって、税金の知識も必要になります。特に、会社を設立する場合は利益に応じて法人税、法人事業税、法人住民税といった税金を納めなければなりません。

これらを把握せず、支払いが漏れていたら脱税になります。税金については知らなかったではすまないので、あらかじめ知識をつけておきましょう。

また、税金というと「節税」という言葉が思い浮かぶ方もいるかもしれません。節税自体は問題ありませんが、節税をしすぎると融資を受けたい時、融資額に影響を受ける可能性があります。いざ資金が必要になった時に必要額を手に入れるためにも、事前に勉強しておくことをおすすめします。

【脱サラ起業するために必要なお金の知識4】マーケティング

マーケティングの分野は広いですが、お金の面でも学んでおく必要があります。商品やサービスを提供する時に、適正な価格設定は非常に大切な要素です。


価格が高すぎては利用者が増えないのはもちろんのこと、価格を低く設定しすぎて利益を圧迫するのも考えもの。商品サービスに対して妥当で、利益を確保できる価格を設定するためには知識を身につけておきましょう。


価格は起業後すぐに変更するのが難しいため、最初の設定の前にしっかりと検討しておくことが重要です。

【脱サラ起業するために必要なお金の知識5】補助金・助成金

「補助金」と「助成金」は返済不要の資金調達制度です。資金調達をする上で頼りになるので、自分の事業でもらえるものがないか調べておきましょう。

公募の時期が決まっているものもあるので、起業することを決めたら早めに調べ始めることをおすすめします。


なお、基本的にこれらのお金は後払いで、設備投資が完了した時など、計画の実施後に支払われます。また、法人税の課税対象になるので、資金繰りを計画する時や決算上、注意が必要です。

参考 起業時に利用したい!融資や助成金、補助金など絶対に知っておきたい制度全一覧

■ アイデア次第で脱サラ・独立開業しやすい仕事


William Hook

1000万円以下で独立できる業種(仕事)を探している人向けに、自己資金10万円~500万円で独立開業できる仕事について解説をしていきます。

アイデア次第で起業できる仕事は沢山あります。脱サラをするためには知識と準備が大切です。計画的な行動を取らなければ、脱サラ失敗の原因となります。実際に脱サラ後5年後には半分以上の方が失敗すると統計で出ています。脱サラを成功させるには、アイデアを煮詰めて将来的なビジョンを想像するなどの準備が大切です。これから紹介する業種の中から、あなたに一番ぴったりな選択肢を探してみてください。

【脱サラアイデアその1】レンタルビジネスで独立開業

レンタルビジネスは幅広いジャンルの種類があります。TSUTAYA、GEOのような全国展開しているDVD、CDのレンタル。CD、DVD以外にも様々なレンタルビジネスがあります。

レンタルビジネスの利点は人件費を抑えて、人ではなく、商品が変わりに働いてくれることです。単価が安い商品を扱えば、利益率が高くなります。また、人員や採用に関する準備を削減できるのでおすすめです。レンタルビジネスには幅広い商品がある為、アイデアで勝負しましょう。

主なレンタルショップビジネスの事例
BBQ機材のレンタルショップ
家具レンタルショップ
恋人レンタル
営業マンのレンタル
おっさんレンタル
1時間雑用を行うレンタル

商品、人、サービス、あらゆるものをレンタルする事で売上を上げる事ができます。常識に囚われない発想で新しい新規レンタル事業を考える事ができます。世の中にはまだシェア、レンタルされていない、ビジネスはまだ沢山眠っています。

最近では「家具レンタル」「家の空間レンタル」という今までにはなかったサービスも普及しつつあります。このように近くにビジネスチャンスが転がっているのがレンタルビジネスの特徴です。

参考:家具・家電のレンタルサービス CLAS(クラス)| 家具・家電を買わない生活 はじめよう

人生経験、仕事経験からレンタルできると嬉しいものを見つけて、小さく独立起業をすることができるビジネスモデルです。低単価の商品から始めることで、起業資金を抑え、商売が上手くいかなければ商品を売却できるメリットがあります。アイデア次第で今までになかった価値を生み出すことができます。

また、本業を持ちながら、週末起業、副業から始めることができます。副業、週末起業で行い、上手くいけば事業として大きく展開する事をおすすめします。

カンタン
★★★★★★★★☆☆
おすすめ度
★★★★★★★★☆☆
稼げる度★★★★☆☆☆☆☆☆
資金の目安
10万円〜100万円


メリットデメリット

●働きながら独立のテストを行う事ができる

●ジャンルが幅広い為、アイデア次第でチャンスがある

●上手くいけば大きく稼げる可能性がある

●在庫を抱えるリスクがある

●高単価商品を扱う事になれば、初期費用が大きくかかる

 

【脱サラアイデアその2】マッチングビジネスで独立開業

世の中には沢山のマッチングビジネスが存在しています。当サイトは起業家と投資家を繋げるマッチングサイトです。マッチングビジネスは大きな市場から小さな市場まで、幅広いジャンルが特徴的です。

主なマッチングビジネスの事例
弁護士と法律で困っている人を繋げるマッチングビジネス
趣味が合う人を繋げるマッチングビジネス
草野球の対戦相手を見つけるマッチングビジネス
リフォーム会社のマッチングビジネス
要らなくなったものを無料で渡すマッチングビジネス
フリマアプリのマッチングビジネス

マッチングビジネスは需要と供給を繋げる集客代行のイメージです。インターネットを上手に使う事で、商品、サービスを提供することなく、紹介手数料で稼ぐことができます。世間を見渡せばマッチングビジネスがたくさんあります。しかし、工夫次第でライバル会社と差別化することができ、オリジナリティーを出すことができる業界です。

新しいマッチングを見つけるよりも、既にあるマッチングビジネスにアイデアを加えることがおすすめです。当サイトは起業家と投資家を繋ぐ日本最大級のマッチングサイトです。サイトには毎日のように新しいビジネスモデルが書き込まれて、投資家がチェックをしています。

マッチングビジネスはネットを活用することがおすすめですが、営業力があれば、ビジネスを成立させることができます。特にBtoBのマッチングビジネスは高単価商材が大きく、一件辺りの紹介手数料が高いです。

M&A(会社売却)のように億のお金が動くマッチングを成立させることができれば、一回に数千万円の手数料を貰うことも可能です。

カンタン
★★★★★★☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★★★★☆☆
稼げる度★★★★★★☆☆☆☆
資金の目安
10万円〜150万円
メリットデメリット

●商品、サービスを用意する必要がない

●原価があまりかからない

●売上に対する利益率が高い

●営業力が高ければ、集客力がなくてもカバーできる

●インターネット集客、サイト構築の力が必要になる

●既に大手が参入している市場が多い

 

 

【脱サラアイデアその3】仕事経験・人脈を活かしたビジネスで独立開業

今までの仕事経験を活かした独立開業・起業が一番スムーズな脱サラ方法です。ビジネスの世界では、経験に価値があります。業界人だからこそ知っている内容が独立開業時の強みになります。他の人が知らない情報や知識、今までの人脈を生かしたビジネスモデルはかなりおすすめです。

独立しやすい職種について

美容系美容院、ネイリスト、アイリスト、マッサージ
クリエイターカメラマン、エンジニア、ライター、現場職
士業税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士

●経験を元に優れたサービスを提供する

働きながら不便な事、あったら良いと思うサービスがあるはずです。現在働いている企業と競合になるわけではない為、今までのお客様も応援してくれることがあります。隙間産業を狙えば競合が少なく、市場を独占できることがあります。

※働く企業で知りあったお客様への営業を禁止している企業は多いです。

●知識・経験がある業種で独立する

飲食店、美容系、士業系ビジネスに多いです。ラーメン屋で修業をして、ラーメン屋を開業する。税理士事務所で働いていたけど独立する。経験がある業種、業界で独立することは、ゼロから参入するビジネスよりも、成功率が高いです。働いている時から経営者目線で視野を広く持つことが独立開業に繋がります。

働いている企業に応援してもらえる形で独立をするのが一番良い形です。その為には働いている企業で実績を残し、独立しても問題ないほどの知識や人脈をつける必要があります。

全く知識がないジャンルで独立開業をするよりも、経験がある業種だと成功確率が上がります。

カンタン
★★★★★★★★☆☆
おすすめ度
★★★★★★★★☆☆
稼げる度★★★★★★★☆☆☆
資金の目安
10万円〜150万円
メリットデメリット

●仕事経験を活かすことができる

●今までの人脈を活かすことができる

●ゼロから始めるビジネスよりも、成功率が高い

●最初は信用力がないため新規顧客が獲得しづらい

● 働く上で知りえた人への営業を禁止する企業がある

●経験が邪魔をして新しいアイデアを生まない事がある

【脱サラアイデアその4】代行ビジネスで独立開業

ビジネスの基本は困っている事、願望を解決する事です。代行ビジネスは開業資金を抑えて独立することができます。面倒な作業、代わりにして欲しい事に人はお金を支払います。人が面倒だと思う事があれば、代行ビジネスのチャンスです。

主な代行ビジネスの事例
運転代行
家事代行
友達のフリ代行(結婚式で利用)
家族代行サービス(結婚式で利用)
宿題代行
お墓のお掃除代行
行列代行
営業代行
犬の散歩代行

自分でできるけど、面倒なことは沢山あります。お金を払って代行をしてもらいたいという需要があります。細かい代行を複数行う事で、収益の安定化を図る事ができます。

ユニークな代行として【リア充代行サービス】というものがあります。SNSで「イイね」を貰う為にお金を使う人が利用します。リア充写真を撮る為に、エキストラの人達が手伝ってくれます。実際には友達がいない場合に活用します。新規ビジネスの参考になる良い例であり、今後もSNSに絡めたビジネスは増えていくはずです。

リア充代行サービスは主婦の利用が多く、ママ友に向けてリア充アピールをしたい願望を持つ人が利用します。

サプライズで誕生日を祝われているフリ、皆でシャンパンを飲んでいるフリ、職場仲間で食事を楽しんでくれるフリ。代行ビジネスの面白さは、【需要があるの?】と思われている事を収益化できる事です。

カンタン
★★★★★★★★☆☆
おすすめ度
★★★★★★★☆☆☆
稼げる度

★★★★☆☆☆☆☆☆

資金の目安
10万円〜100万円
メリットデメリット

●1人で始める事ができる

●開業資金が大きくかからない

●週末起業でテストスタートができる

●大きく儲ける事は難しい

● 集客力がなければ、細かい需要を拾えない

●雇用が難しい



※ なお、脱サラしたい方は当サイトFounderがオススメです。投資家・起業家をつなぐマッチングサイトであり、これまで数多くのマッチングが誕生しているので、あなたも資金調達できるチャンスがあります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。



【脱サラアイデアその5】ブログビジネスで独立開業

個人ブログを立ち上げて、集客、収益化する脱サラ方法です。芸能人は日記も需要がありますが、一般の男性、一般女性の日記は集客力がありません。日記以外で価値を生むコンテンツを作成する必要があります。

ブログ立ち上げは無料ブログを使えば原価0円から始めることができます。

ブログビジネスで成功している人の多くは【人生経験】で多く費やした、人よりも秀でている能力をブログで表現しています。ブログビジネスは最初広告を張り、広告紹介手数料で稼ぐ人が多いです。しかし自分のサービスや商品を持つことで、売上を一気に拡大する人もいます。

ブログビジネスの主な事例
TOEIC満点を取る為のブログ
東大生が教えるセンター攻略ブログ
映画好きの映画レビューブログ
国家資格を持つ、士業のブログ
珍しい経験を提供するブログ
海外生活ブログ
不動産、株式投資の実践ブログ

ブログビジネスの利点はお金をかけずに資産を構築することができることです。収益があるサイト、ブログを立ち上げることができれば少しのメンテナンスで収益を持続させることができます。

お金をかけずに脱サラを考えているサラリーマン、主婦の方におすすめです。また、サイトは最終的に売却することができます。月利益の15ヶ月〜36ヵ月分で売却することができます。

例えば月に100万円以上稼ぐサイトを立ち上げることができれば、2,000万円〜3,000万円で売却することができます。また、会社売却の手続きを利用することで、税金の支払いは売却益の2割に抑えることができます。ゴールを持ったサイト立ち上げがおすすめです。サイト売却で得たお金で新しいビジネスチャンスに取り組むことができるでしょう。

ブログビジネスだけだと広告収入のみに頼ることになるので、自分が取り組むビジネス+WEB集客をして自社の商品が売れるようになると収益が大きくなります。

カンタン
★★★★★★★★☆☆
おすすめ度
★★★★★★☆☆☆☆
稼げる度★★☆☆☆☆☆☆☆☆
資金の目安
0万円〜100万円
メリットデメリット

●初期費用がかからない

●アクセが集まれば、時間をかけないでも稼げる

●今日から始める事が出

●収益化するまでに時間がかかる

● 時間をかけてもお金にならない事がある



※ なお、脱サラをする為にブログ、アフィリエイトを始めるなら、半年で月収100万円以上を目指すFounderのアフィリエイト講座がオススメです。毎月10万円-100万円の収入を得られる可能性が高いので、今すぐに以下のリンクから詳細をクリックしてください。↓

Founder提供:人気のアフィリエイト講座の詳細はこちら


女性におすすめの独立・起業アイデア一覧

女性が起業して成功できる10のおすすめビジネス!女性起業家として成功する為には?

主婦起業におすすめの稼げる仕事11選!100万円以下で自宅起業する方法

【脱サラアイデアその6】YouTubeを活かしたビジネスで独立開業

YouTubeで稼ぐというと、若い男女が顔を公開し、アクセスを集める為に毎日動画をあげているイメージかもしれません。しかし顔出しなしでアクセスを集めて、成功している人が沢山います。実際に2019年現在活躍している多くのYoutuberの方が2015年頃〜2016年頃に比べると、チャンネル登録者数の増加が早いと発言されています。

視聴者数の母数が増えているため、面白いチャンネルがあれば、すぐに人気になる傾向があります。

チャンネル登録者数が10万人を超えれば、企業案件が入ってきやすくなります。企業案件の商品を紹介することで、チャンネル登録者数×1円~10円ほどの金額を稼ぐことができます。

チャンネル登録者数10万人だと、企業の商品を紹介するだけで1動画10万円以上稼ぐことができます。チャンネル登録者数100万人以上を超えるチャンネルには、上場企業が1動画で200万円~500万円以上支払う事もあります。

またアクセスを集めることができれば、収益化する為の方法は沢山あります。YouTubeはアドセンス広告以外の収益源を作る事ができれば、大きく稼ぐことができます。

YouTubeの活用事例
ピアノで耳コピ演奏動画
ミニチュア道具を作った料理動画
魚を捌くの動画
今日のニュースをラジオ風に紹介する動画
特技を生かした動画

Youtubeにはたくさんのチャンスが眠っているので、自分ができそうなジャンルを見つけてテスト的に行ってみると良いでしょう。他の独立開業ビジネスに比べて初期費用はかからないですし、特定のジャンルでアクセスを集めることができると収益が大きくなります。

また、自分が行うビジネスの集客としても利用することができます。

カンタン
★★★★★★★☆☆☆
おすすめ度
★★★★★★☆☆☆☆
稼げる度★★☆☆☆☆☆☆☆☆
資金の目安

5万円〜100万円

メリットデメリット

●利用者が多い為、アクセスを集めやすい

●アクセスが集まれば、他のビジネスに利用ができる

●成功すれば稼げる額が大きい:トップ層は数億円の年収

●時間をかけても収益が発生しない事がある

●競合が多く、新規参入者が多い

●顔を公開すれば、個人情報を特定される

【脱サラアイデアその7】コンサルティングとして独立開業

コンサルティング系の仕事は独立がしやすいです。開業資金を抑えて準備でき、利益率が高い仕事だからです。一般的に【経営コンサルティング】が有名です。他にも様々な種類のコンサルティングがあります。

コンサルティングの種類について
経営コンサルティング
夫婦円満コンサルティング
恋愛コンサルティング
珍しい職種に特化したコンサルティング
集客コンサルティング
士業系ビジネス特化コンサルティング

コンサルティングとは問題提起と解決策の提案です。自分の経験が誰かにとって価値がある時、コンサルティングとして仕事を始めることができます。

コンサルティングの成功の秘訣は【集客力】です。店舗を構えないので、WEB集客ができなければお客様を得ることができません。自分の経験や知識をお金に変えることができます。誰かが悩んでいることを解決することができれば、コンサルティングが成り立ちます。

お金をかけずに独立開業できるので、ハードルは低いです。参入障壁が低く、次々とライバル、同業他社が出てくるのがデメリット。自分が将来的に行いたいビジネスの軍資金稼ぎとして、コンサル系でお金を稼いで資金準備をするのもおすすめです。

カンタン
★★★★☆☆☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★★★★☆☆
稼げる度★★★★★★★★☆☆
資金の目安
10万円〜100万円
メリット
デメリット

●今までの経験をコンサルティングに活かすことができる

●開業資金がかからない

●高単価、月単位の契約を取る事ができる

●集客できなければ、成立しない

●競合他社が多い

【脱サラアイデアその8】投資家が投資したい事業で独立開業

起業家が起業したい業種があるように、投資家も投資したい事業があります。当サイトに投資家が起業家を募集する掲示板があります。投資家がどのようなジャンルの仕事に投資をしたいか、細かく詳細を書いています。条件が合えばアイデアが無くても投資をしてくれます。

投資家の多くは成功している元起業家なので、できるだけ得意な事業に投資をしたい考えがあります。中には既に事業計画書がある状態で、リーダーシップを発揮する起業家だけを求めている案件もあります。※トップだけ決まれば、事業がスタートできる状態。

当サイトの投資家書き込み一覧はこちら

既に約300件の投稿が行われており、投資案件は様々です。

Founderに掲載されている投資案件の例
芸能関係の仕事に投資したい
太陽光発電、エネルギービジネス
シェアハウス、レンタルオフィス
女性起業家に特化したビジネス
海外を市場にしたビジネスなど。

【熱意】【やる気】【情熱】を持っていれば、事業を任してくれる投資家もいます。事業計画プランが決まっていない状態で、独立開業したい方はぜひご活用ください。

投資プラン案件、起業プラン案件を見ることで、今まで知らなかった事業やヒントが沢山隠れています。最先端のビジネスモデルを公開している起業家もいるので、アイデアを活用することで、自分だけのビジネスプラン構築ができます。

既に独立開業プランがあれば、書き込んで投資家の反応を探ってみてください。当サイトを活用し、2週間で資金調達できた事例もあります。

起業家の事業計画書き込み一覧は<こちら>(3000投稿越え)

【Founder成功事例】約2週間のスピードで資金調達を成功!Founderの魅力とは?

Founderでは事業計画を投稿することで、興味がある投資家からの連絡がきます。自分の事業を第三者がどのような反応を示すか客観的に判断することができます。事業の確信を人に真似されたくない場合は、工夫次第でいくらでもアピールすることができます。

客観的に起業家の書き込みを比較することで、優れた起業家の書き込みが見えてくるようになります。

カンタン
★★★★★★★★☆☆
おすすめ度
★★★★★★★★☆☆
稼げる度★★★★★☆☆☆☆☆
資金の目安
10万円〜300万円
メリット
デメリット

●既に事業計画プランが構築されている

●投資家からの資金調達を得やすい

●一度目の事業が成功すれば、2回目に好きな事業ができるチャンスを貰える。

●万が一失敗しても、返済義務のない資金が多い

●投資家も経営に参画する事が多い為、自由に経営したい人には向いていない。



※ なお、脱サラしたい方は当サイトFounderがオススメです。投資家・起業家をつなぐマッチングサイトであり、これまで数多くのマッチングが誕生しているので、あなたも資金調達できるチャンスがあります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

[register-form]

■ 営業力を活かした脱サラ・独立開業しやすい仕事

営業力があれば、商品が無くても収益化できるので、独立開業しやすいです。営業を活かした独立開業は「新規アポイント獲得事業」「代理店事業 」「完全歩合制」大きく分けて3つあります。

【脱サラアイデアその9】新規顧客営業代行ビジネス

新規アポイント獲得事業

テレアポでアポイントを獲得するだけの仕事があります。1アポイント辺り数千円の金額を稼ぐことができます。テレアポが得意であれば、アルバイトを雇い組織化して、他社商品のアポを獲得するだけで稼ぐことができます。複数の会社と提携すれば、商材が幅広くなり、アポイント獲得率が高くなります。使えるリストを継続して手に入れることができれば、大きく稼ぐことができます。

WEB化が遅れている企業がターゲット

特にIT系企業は営業力に力を注いでいない企業が多い為、需要があります。企業にとって新規顧客の価値は計り知れません。企業が倒産する理由は【新規集客】【新規契約】を取れないからです。新規のお客様が常に予約状態の企業は収益が安定します。代理店事業とは、企業の商品を契約まで代理で行う事です。

営業代理店は【既存市場】だけではなく、【新市場】の開拓をサポートする事で収益を伸ばすことができます。本来売れないと思っていた顧客層にアプローチする事で、市場拡大、売上拡大に貢献します。

営業代行は商品を既存の市場だけに売るのではありません。今まで売ってこなかった顧客層、市場に販売し、営業成績を上げる事も一つの方法です。自社では思いつかない売り方、アプローチをすることで、信頼が高まり、継続的な提携に繋がります。

【新規市場へのアプローチ例(営業代理)】

英語訳された本を【英語が読める人だけ】に販売している会社があるとします。【顧客は英語を読める人】で、本に興味がある人限定です。

英語本をインテリアの一つとして個人、企業に対してアプローチします。カッコいい英語本を【インテリアとして使いたい人】向けに販売する為です。

フリマアプリのメルカリで、英語本として販売しても一切売れなかったのに、【インテリアに使えるカッコいい英語本】と表記すると価格も高く、即売れした事例があります。

【英語を読める人】から【インテリアとして使いたい人】にターゲットを変える方法です。

新規開拓を地道に代行する方法もあれば、価値ある商品を今までにない顧客に届ける、コンサルティング的な役割をする事もできます。企業からすると変わり新規開拓を行ってくれる企業は有難いはずです。

売れる力があれば、独立しても困る事はないでしょう。

カンタン
★★★☆☆☆☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★★★☆☆☆
稼げる度★★★★★★★★☆☆
資金の目安
10万円〜300万円
メリットデメリット

●営業力があれば、すぐに開業できる

●開業資金がかからない

●営業力がなければ成立しない

●収益が安定しない

●突然代理店契約を切られることがある

【脱サラアイデアその10】完全歩合の業務委託で働く

テレアポ系の会社に多く見られます。リストを提供してもらい、個人宅に架電を行う完全歩合の仕事です。良くある求人内容は大きく分けると3つに分類することができます。「通信回線」「求人広告」「Google mapの掲載依頼」他にも「買取のテレアポ」などがあります。

完全歩合制のテレアポは多い人で月に50万円前後のお金を稼いでいます。しかし、実際には1ヶ月稼働しても20万円に満たない委託料しかもらえない人が多いです。

通信系完全歩合の仕事概要
1日架電数:400件~600件架電
1日の契約件数:0件~2件成約
1件辺りの報酬:1件の単価が2万円~
平均月収:30万円~70万円※契約が取れなければ給料0円

対面営業の商材は【求人広告】【google mapの店内画像掲載】などがあります。

求人広告完全歩合の仕事概要
架電リスト:求人誌を見て架電
営業手法:テレアポで対面アポ獲得
1成約辺りの報酬:5万円~30万(報酬率=売上の40%~)
月間総売り上げ:50万円~200万円
平均月収:30万円~80万円

アルバイト広告の単価は10万円程度です。正社員の有名求人広告を売る場合は単価が約100万円近くになる事もあります。リストを安定して取得するのが難しい営業手法です。

google map完全歩合の仕事概要(googleの代理店ではありません。)
架電リスト:顧客は自分で探す
営業手法:テレアポで対面アポ獲得
1成約辺りの報酬:15000円~
月間総売り上げ:50万円~200万円
給料30万円~50万円

完全歩合の営業は自分次第で稼げますが、安定した給料を稼ぐことが難しく、ハイリスクハイリターンです。

営業会社は会社の年月が経つにつれて営業成績を上げる事が難しくなります。

営業成績が落ちる理由
リストの枯渇
会社の悪評口コミ
ライバル企業との価格競争

完全歩合営業をする時は、会社設立年数の浅い会社がおすすめです。新規リストが枯渇している会社では営業成績を上げる事ができないからです。数字が上がらなければ条件は悪くなる一方です。

求人広告は歩合率50%以上が多く、単価も高い為、営業力があれば高収入を稼ぐことができます。

カンタン
★★★☆☆☆☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★☆☆☆☆☆
稼げる度★★★★★☆☆☆☆☆
資金の目安
0万円〜100万円
メリットデメリット

●稼げる仕組みを提供してもらえる

●正社員よりも自由が利く

●自分が働かなければ収益が発生しない

●長く続けることができる仕事ではない

●リストが枯渇すれば、給料が下がる

■ フランチャイズビジネスで脱サラ・独立開業

フランチャイズシステムを活用することで、独立、起業ができます。フランチャイズとは簡単に言うと、企業のサービス、商品をのれん分けしてもらい、企業の看板、仕組みを使ってビジネスを行う事です。既に成功事例が沢山ある企業の儲ける仕組み、仕入れ先、ブランド力を使うメリットがあります。

【脱サラアイデアその11】フランチャイズビジネスで独立開業


フランチャイズ業種一覧
飲食:ラーメン、そば、焼き鳥、焼肉、スイーツ、カレー、喫茶店、弁当屋
小売り:コンビニ リサイクルショップ
介護:介護、訪問介護、デイサービス
教育:学習塾
サービス:ネットカフェ 家事代行


フランチャイズ企業の中には加盟条件が0プランで加盟できる企業があります。(特別ロイヤリティが高いわけではありません。)

フランチャイズ独立開業は予算0円~1000万円単位に合わせて、企業を選ぶことができます。資料請求をしてフランチャイズの成功事例、失敗事例を確認するようにしましょう。高い金額を払って失敗しない為に、丁寧な資料、親身になって相談を聞いてくれる企業がおすすめです。

企業の中にはフランチャイズ加盟料金、ロイヤリティ目的の企業もあります。資料請求、お問い合わせをすることで、親身になってサポートしてくれるか、信頼できるかどうかの判断付ける事ができます。

開業資金、予算、エリアから自分に合ったフランチャイズ店舗を知りたい方は、こちらのサイトをご利用ください。

フランチャイズ比較サイトBMの<無料資料請求はこちら>

サイトに掲載できる情報は限界があるので、【資料請求】から始めましょう。フランチャイズビジネスは昔のようにロイヤリティーを必ずしも請求されるわけではありません。優良案件のチャンスは豊富に転がっているので、フランチャイズビジネスに興味がある方はこちらの記事を参考にしてみてください。

おすすめフランチャイズ10選!100万円から始められる人気ランキング

フランチャイズとは?意味や仕組みが一発でわかるガイド

【フランチャイズのメリット】

フランチャイズのメリットは大きく分けて2つのメリットが存在します。

1 儲かる仕組み、開業、開業後もサポートしてくれる

フランチャイズ展開をしているブランドは儲かる仕組みやデータを持っています。人気のあるフランチャイズは収益性が安定しています。店舗数が増えることで、経営本部に経営データが積み上がります。つまり、集客、販売、仕入れ、店舗場所において、沢山のデータがある為、安心して起業することができます。

1人で起業するときは開業資金を抑える代わりに、全て自分で行う必要があります。フランチャイズの成功事例を学びながら、いずれは自分だけのビジネスを立ち上げる事もできます。

仕入れも経営本部が質の良い材料を、大量仕入れで価格を抑えて仕入れることができます。既に成功しているデータを元に起業することができるので、後は再現する行動力があればある程度の利益予測を立てることができるメリットがあります。

2 信用力がある看板を使ってビジネスができる

既にブランド力のある店舗を立ち上げる事が出来ます。フランチャイズ店は全国展開しているブランドが多いです。つまり【認知度】【信用力】がビジネスを始める前からある状態でスタートすることができます。ビジネスは何かを販売することで利益を上げますが、会社の信用力が売上に直結します。逆に信用力がない会社であれば、良い商品を販売していてもお客様の購買意欲が低下してしまいます。

ビジネスにおいて【ブランドの看板力】は大いに活躍します。

【フランチャイズのデメリット】

メリットだけではありません。フランチャイズには理解しておくべきデメリットがあります。

1 費用が余分にかかる

店舗を用意するお金に500万円~1000万円。フランチャイズ加盟料金に別途100万円~500万円かかります。さらに利益の5%~50%を本部に支払うロイヤリティが発生します。

業種によって異なりますが、初期費用に加えて、永久的にお金を支払い続けるデメリットがあります。本部がブランド力を上げる為のCM、経営データ提供、仕入れ先提供をしてくれるので、その分のロイヤリティを払う必要があります。

加盟料金だけを抑えている企業も注意しましょう。加盟料金より、ロイヤリティ(売上利益分配)が長期に亘って利益を圧迫します。その為、フランチャイズで儲けたい会社は加盟料金を抑えている事が良くあります。

2 自由に商売ができない

独立の醍醐味は自分のアイデアを事業に反映させることです。フランチャイズは扱う商品、サービス経営方法、が経営本部に依存します。看板を背負ってビジネスを行う為、独立しても制限があります。

お店の外観、内観、仕入れ先、商品などの制限がある為、自由に経営、商売をしたい人には向いていません。


※ なお、脱サラしたい方は当サイトFounderがオススメです。投資家・起業家をつなぐマッチングサイトであり、これまで数多くのマッチングが誕生しているので、あなたも資金調達できるチャンスがあります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。


■ 脱サラ・独立開業するメリットについて

【自分次第で給料を上げる事ができる】

脱サラして独立をすると全てが自己責任です。その代わり、脱サラで成功すれば会社員で得ることができない給料を稼ぐことができます。年収1000万円ぐらいまでなら会社員としてげるかもしれませんが、年収1000万円以上を狙う場合は独立をする必要があります。※会社員で1000万円以上稼げる人は、独立をした方が稼げるでしょう。

年収1億円以上を狙うとなると、会社員では不可能に近いです。

会社員で得る安定を失う代わりに、脱サラをすると給料の上限がなくなります。稼ぎたい、お金持ちになりたいと思いが、独立の理由になっている人も多いです。お金持ちの比率は脱サラをしている人の方が圧倒的に高いです。

【会社の嫌なルール、規則に従う必要がない】

会社で働くと嫌なルールや暗黙の了解があります。

出勤時間1時間前に出社、無償で掃除をする必要がある。
仕事は終わっているけど、上司が終わるまで帰れない
残業代が出ないのに、終電まで仕事をする。
研修中は給料が出ない。

ホワイト企業と呼ばれる会社もありますが、現実にはブラック企業が沢山存在しています。嫌な規則やルールが原因で起業を考えている方も多いと思います。会社に入れば、会社に従う必要があります。従わなければ、上司から嫌われ、出世しにくい状況になることがあります。

起業をすれば全てを自分でコントロールすることができます。働く時間、給料、逆に言えば失敗するといくら働いても給料ゼロになる事もあります。

【全てにおいて自分の裁量で決めることができる】

独立開業すると、扱う商品、サービス、集客方法、利益率など全ての判断を自分で決める事が出来ます。会社員で働いていると、やりたい新規事業があったとしても、会社の最終的な審査が必要です。

自分がやりたいビジネスに時間を注ぐことができるので、嫌々仕事に取り組む事もありません。成功すれば楽しみながら仕事に取り組む事ができます。人に任せる事ができる仕事は人に振る事で、自分の自由な時間を手に入れることもできます。

会社員は給料が高くなれなるほど、忙しくなりますが、独立開業後は稼げば稼ぐほど自由な時間が生まれるようになります。

独立・開業を考えている方は下記の記事もご覧ください。

【保存版】独立開業するあなたにおすすめなサービス12選!開業前に絶対チェック

独立起業して成功・失敗を分ける7つの違い!5年後のあなたは勝ち組?負け組?

起業家として成功する人・失敗する人10の特徴!独立前に絶対読むべき重要ページ

独立成功の為の10の手順!起業1年目のあなたが読むべき失敗しない法則とは?

【保存版】飲食店の独立開業を100%成功させる5つのノウハウ。飲食店経営者は必見!

■ 脱サラ・独立開業するデメリットについて

【安定するまで厳しい生活が続く】

脱サラして独立すれば必ずお金持ちになれるわけではありません。逆に脱サラでお金を失い、失敗する人の方が多いです。特に店舗を構えて独立するときは注意が必要です。初期費用で約1000万円近くを投資し、人件費、固定費が膨らみます。お客様が来なければ、数ヵ月で1000万円以上を失う事になります。

また飲食店は人材不足の為、求人を募集してもアルバイトの応募が非常に少ないです。雇ってもすぐに辞める人が多い為、自分が朝から晩まで店舗に出続けている人が多いです。お金持ちになる為、自由な時間を得る為に独立をしても、逆に会社員時代よりも給料が安く、労働時間が長い状態が続く事もあります。

最近では週末起業が少しブームになっています。会社員として働きながら、週末に自分のビジネスを行う方法です。独立テストを行う事で、実際に起業するよりもリスクを抑える事が出来ます。

万が一失敗しても、会社員として働いている為、人生に影響がある事はありません。脱サラのリスクを抑える為には働きながら副業、週末起業することも一つの方法です。

【失敗すれば全てを失ってしまう】

初期費用、固定費が多くかかるビジネスを行っていると倒産時にお金を失い、借金を背負う事になります。自己破産をしても、信用情報に傷が付き、倒産時の年齢が40代、50代になると再就職も難しくなります。

失敗しても再スタートできる余力があれば良いですが、再起不能になる事があります。お金を失い、精神状態も悪くなることで、何もできない状態です。失敗しない為にも独立準備は非常に大切です。

同じ内容のビジネスで起業をしても成功する人、失敗する人がいます。この記事で紹介しているビジネスモデルは全て存在しているので、ビジネスとして成立させることができます。

しかし、誰がそのビジネスを行うかで大きく結果が変わってきます。手法や方法だけに捉われず、自分の能力を高めることが成功の近道かもしれません。

■ 脱サラ・独立開業の資金調達方法について

独立開業は全て自己資金で補う方法と、資金調達をして開業資金を得る方法があります。目的に応じた選択肢を選びましょう。まずは全ての概要を知る事が大切です。下記を参考に、資金調達をしてみてください。起業の資金調達をするときはまず初めに「日本政策金融公庫」を選択肢に入れるべきです。営利目的の機関ではないため、金利を安くお金を借りることができます。融資の目安は自己資金の3倍までです。

また日本政策金融公庫に加えて地元密着型の銀行もおすすめです。特に起業家を応援する銀行もあるため、メガバンクよりも地域密着型の地方銀行の融資制度を確認するようにしましょう。

日本政策金融公庫から資金調達↓

【最新】日本政策金融公庫の融資審査を通す5つの秘訣!あなたも1000万円確実に借入できる

銀行からの資金調達↓

銀行融資を100%引き出す決算書の作り方!決算対策10のポイントで借入成功できる

個人投資家からの資金調達↓

エンジェル投資家とは?ベンチャー企業が投資を受ける5つのコツ!探し方や募集の方法など完全ガイド

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

ベンチャーキャピタルからの資金調達↓

返金義務がない!ベンチャーキャピタルから資金調達!メリット・デメリット・手続き総まとめ

 クラウドファンデングで資金調達↓

【最新】クラウドファンディングサイト50選!資金集めがネットで出来る全サイト一覧

助成金からの資金調達↓

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

■ 脱サラ・独立開業前に付けておきたい知識について

どの業種、ジャンルの仕事をするにしても、付けておくべき知識と能力があります。それは集客力とセールス力です。人が集まり、モノ、サービスを売る事ができれば脱サラ、独立は成功します。

商品、サービスを売る為の集客手段は大きく分けて3つあります。

1.インターネット集客

2.リアル店舗集客

3.営業力で集客力をカバー

独立前に【集客力】を付ける為の行動をしておきましょう。会社員として働きながらでもサイト構築、広告運用はできます。リアル店舗集客の場合は土地選びに妥協せず、集客に成功する裏付けを作る必要があります。営業力だけで勝負を考えている方も「ネットの活用」がおすすめです。営業力だけでは人が動かなければお金が発生することがありません。しかし、ネットを活用することで人が動いていない時間でも収益を生み出してくれます。

人を集めることができれば、商品やサービスは後から幾らでも作成可能です。先に商品を作ってしまうと、在庫を抱えるリスクがあります。

この記事で紹介している仕事は先に商品が無くても、代理店として集客から始めることができます。まずは他社の商品を販売、集客力を付けてから自社商品を作るのがおすすめです。働きながらでも実践できるため、リスクを軽減する事ができます。

資金調達をする時にデータが取れていれば、投資家からの反応が良くなります。ゼロから何かを生み出すよりも、形ができて、利益を予測できれば投資家は投資をしてくれます。

また、集客力が無くても、営業力があればビジネスは成立します。新規開拓のみで月利益1億円以上稼ぐ会社もあります。しかし営業力でカバーする会社は、営業マンが動かなければ収益が発生しないデメリットがあります。

インターネット集客ができれば、商品、サービスの向上に力を注ぐことができます。 

■脱サラの失敗リスクを下げたいなら副業から始めよう

脱サラの失敗リスクを下げたいのであれば、副業から始めることをおすすめします。副業で始めたビジネスの規模を大きくしていくのは、脱サラの失敗リスクを下げる方法の一つです。会社員のうちに副業として一度やってみて、利益がどれくらい出せるのか試してみましょう。稼働時間にもよりますが、副業で月に数万円〜10万円以上の利益が取れない場合は、その分野での独立は考え直す必要があるかもしれません。

また、数ヶ月副業をやってみて利益が少しも伸びない場合は、脱サラの計画を一旦見直すといいでしょう。利益が伸びない場合は、副業の分野に関する知識不足の補充や、副業ジャンルについての分析をやり直すことをおすすめします。副業での利益が伸びていかない場合、準備不足や副業ジャンルに関する分析不足が考えられます。一度立ち止まって、知識のインプットや分析を入念に行うことで、利益の取れ幅が変わってくるかもしれません。

副業の楽しさを感じない場合も脱サラの計画を見直すといいかもしれませんね。副業段階とはいえ、ビジネスを行う楽しさを感じない場合、そもそも脱サラが向いていない可能性や事業分野の選択を誤っていることが考えられます。

副業段階で楽しさを感じないのに、脱サラして今後何年もビジネスをやっていくことは難しいですよね。特に年齢が40代以上になってくると、再就職も難しくなってきます。「脱サラしたけど、会社員に戻りたい…。」とならないためにも、まずは副業から始めて、ビジネスで取れる利益の見積もりや適性の確認を行いましょう。

こちらで稼げる副業について解説しています。脱サラをお考えの方は、こちらも合わせてご確認いただくといいかもしれません。

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

■ 脱サラ・独立開業に関する総まとめ

独立開業、起業するためのアイデアについて解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?脱サラをすることで成功する人もいれば、会社員時代よりも厳しい生活をしている人もいます。

1つだけ言えることは後悔しない選択をすることが大切です。開業資金が足りなければ、資金調達して準備できる環境は日本に揃っています。年齢を増すごとに起業するチャンス少なくなります。家庭を持てば自分だけの判断での決断も難しくなるでしょう。

若ければ若いほど、成功するわけではありませんが、50代、60代で失敗をすれば再就職も非常に厳しくなります。若ければ起業の経験を活かした再就職もチャンスがあります。

独立する仕事を決める時は、情熱を持った仕事を選ぶことが一番です。儲かる仕事をしても、情熱を注げなければ辛く、仕事が苦行になります。楽しみながら、稼げる仕事を選ぶことが脱サラ起業する成功の秘訣です。まずは自分が情熱を注げるビジネスであり、利益が取れる見込みのある選択肢をいくつか用意しましょう。その選択肢の中からじっくり考え、準備したうえで独立する仕事を決めましょう。

当サイトでは起業家が毎日のように事業計画を公開し、投資家を募集しています。投資家は面白い案件を選んで投資をします。資金調達を考えている起業プランがある方はぜひ一度ご利用してみてください。

お金になる仕事/儲かるランキングTOP30!経営者からサラリーマンまで稼げる人気のビジネス・業種はどれ?

起業前にサラリーマンが必ずやるべき20の準備!低リスクで起業成功率100%を目指せる

フリーランスかニートになるか…脱サラして後悔する人に共通する10のこと

成功する社長、起業家の特徴を10個徹底伝授

1 / 7ページ 全128件中1~20件目を表示

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者6名 投資家2
昨日の投稿数
経営者3件 投資家1
先月のマッチング数
52
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる