業界最安値水準のオンラインアシスタントをフル活用し、起業後の「生存率を上げる」 フジア株式会社 代表取締役社長 山田真也様【起業家向けサービス紹介】

公開日:2018/7/2  |  最終更新日:2018/7/2


世の中にあふれるサービスから、起業家にとって魅力的で便利なサービスをご紹介する本企画。第2弾は、業界最安値水準のオンラインアシスタントサービス「フジ子さん」を提供するフジア株式会社をご紹介いたします。
「フジ子さん」を使うことで、起業家は経理や人事、テレアポなどのバックオフィス系事務をオンラインアシスタントチームに依頼できます。人手が欲しくても社員採用に多くのコストをかけられない起業家にぴったりのサービスです。「フジ子さん」の魅力やおすすめの活用方法について、フジア株式会社 代表取締役社長 山田真也様にお伺いしました。

―はじめにフジア株式会社様のご紹介からお願いいたします。

 

フジア株式会社は現在、都内オフィスのほかに創業地でもあるインドネシアにも拠点を構え稼働しています。社名の「フジア(fujia)」には、日本のシンボルである「富士山の(fuj)」、「インドネシア(i)」、そして「AIの(a)」。AIの部分にはデジタルレイバーを活用した人材サービスを提供していくという意味がこめられています。AIやRPA関連のサービスは現時点では構想段階に留まりますが、ゆくゆくは本格化させ、オフィス業務の自動化を推進したいと思っています。

―もともとはインドネシアのジャカルタで立ち上げた会社とお伺いしました。

 

そもそもフジ子さんの出発点はインドネシアのフジスタッフグループで社内ベンチャーとして立ち上げたサービスです。当時はインドネシアの日系企業向けに「日本人に仕事が頼めるサービス」としてご活用いただいておりまして、昨年フジア株式会社を立ち上げた際にチームとお客様を移管する形で事業譲渡していただきました。
実は、最初からフジ子さんを日本展開しようという構想はありました。というのも欧米ではオンラインアシスタント、向こうではバーチャルアシスタントと呼びますが、アメリカ人がアメリカ人、あるいは海外在住のインド人やフィリピン人に依頼することは一般的になっています。しかし日本にはまだ同様のサービスが浸透していない。そうした環境を整えることが私たちのミッションだと思っています

―最近ではAIやRPAツールのほかクラウドソーシングも活発化してきています。これらのツール・サービスと比較してオンラインアシスタントの強みはどこにあるのでしょうか?

まずAI・RPAについて言えば、コスト面でのメリットがあります。現時点では、AI・RPAの導入にはまだまだ大きなコストがかかりますので、オンラインアシスタントに依頼するほうがコストは抑えられます。それと導入のハードルも全然違いますね。RPA導入時にはシステムエンジニアのようなスキルをもつ人が必要ですが、オンラインアシスタントの場合は不要です。どの部署でも簡単に導入できるのも強みです。また、これまでクラウドソーシングがカバーしきれなかった領域もオンラインアシスタントならカバーできます。
クラウドソーシングサービスは匿名の企業と個人をつなげますが、経理業務などを匿名の方に任せるのは厳しいものがある。一方でオンラインアシスタントは立場的には派遣社員に近く、会社の中に入り、経理をはじめとする基幹業務を支えられます。

―AIについて、事業として何か具体的に取り組んでいらっしゃることは?

AI・RPA自体の研究は進めていますが、それよりはRPAベンダーのツール導入提案から、使い方のレクチャーまでをトータルにサポートするというサービスの方向で考えています。そうしたサービスを提供している企業はまだあまり多くないですし、お客様からのニーズも高いと思います。

―それでは、フジ子さんのサービス内容についてご説明をお願いします。

オンラインアシスタント フジ子さん

フジ子さんは、お客様のご依頼内容に応じてアシスタントチームを組織し、様々なサポートを提供するオンラインサービスです。


具体的なご依頼内容としては、人事・経理などのバックオフィス業務、ECサイトの管理などWeb運営・アシスタント業務、電話やメールなどを通じたカスタマーサポートが多いですね

このほかリサーチ業務もご相談いただきます。過去には「県内にあるコワーキングスペースの住所や最寄り駅などの情報や特徴をリスト化してほしい」、またECサイトを運営するお客様から「タイ、ベトナム、インドネシアのどの国から商品を輸入するか決めるため各国の税制度を調べてほしい」とご依頼いただいたケースもあります。

オフライン業務にも対応しており、月1回郵送していただいた領収書をファイリングしてお返しする、ご送付いただいた請求書から振込申請書を作成、インターネットバンキングにログインして振込業務を担当する、登記簿謄本を取りに行く……などの業務を承っています。

―ご依頼時にはアシスタントの方に直接ご連絡することになるのでしょうか?

基本的にはメインアシスタントが担当窓口となり、お客様とのコミュニケーションを担当します
業務内容がさほど明確でない、ざっくりとしたご依頼をいただくこともありますが、その場合にもメインアシスタントがしっかりとディレクションいたします。


ChatWorkのほかSlackやLINEでのご連絡にも対応しておりますが、ITツールに苦手意識をもっているお客様もいらっしゃいます。そうした場合には、お客様のご要望に応じてメールやお電話でやり取りさせていただくこともあります。また、弊社はチャットツールに慣れている方に対しても、はじめの1週間はお電話でミーティングさせていただくことをおすすめしています。お互いのバックグラウンドを知り合うことで、その後のアシスタント業務がスムーズに進行するからです。また、実際に業務説明をいただく際にはテレビ会議やPCの画面共有を通じてご説明いただくことも多いですね。

―バックオフィス系業務のご依頼が多いのはなぜでしょう? 


弊社ユーザーはベンチャー企業や中小企業の社長が大半です。特に起業したての会社では社長が経理業務などを全て担当しているケースも多い。しかしHP制作などはクラウドソーシングを通じて依頼することも可能ですが、経理系事務は頼み先がない。そうしたユーザーの置かれた環境が、多くのご依頼をいただいている要因だと思います。


―フジ子さんの特徴のひとつが、「業界最安値水準」でのサービス提供です。この価格でのサービス提供が可能になった理由とは?

私たちは限られたお得意様とだけ付き合うのではなく、起業家の方々を中心に世の中全体でオンラインアシスタントの利用がさらに増加してほしいと願っています。その目標から逆算してボリュームゾーンを狙える目標単価を設定、実現に向けて徹底的に尽力しているということが理由に挙げられるのではないかと。

―やはり起業家の方がご利用されるケースが多いのでしょうか。

そうですね。弊社サイトでは「起業時お役立ち資料」を掲載していますが、これは起業家を一番のターゲットとしているからです。起業家が成長して長生きしてくだされば、我々も一緒に成長できますので、積極的にご支援させていただきたいと考えています。
ちなみに創業計画書にフジ子さんを盛り込んでくださるお客様もいるんですよ。普通に従業員を雇うと、求人広告を出して本当に人が集まるのか、給与がどれくらいになるのかなど不透明な部分が多い。しかし、フジ子さんを使えばそうしたコストを定量的に把握できますので、かなり安心して計画に組み込んでいただけるのです。
お客様のなかには中心メンバーを除き、フジ子さんを中心に組織を設計しているという方もいらっしゃいます。小規模な会社だと退職者も頻繁に出るので人材採用に頭を悩ませる方も多いですが、こうした課題も解決可能です

―実際にフジ子さんを使ってコストカットに成功したという事例をご紹介いただけますか?

 

起業直後の場合、多くの人はコストカットを考えるという段階には達していません。むしろ、支出を抑えつつ事業をスケールさせたいと考えるのが一般的でしょう。

ただ弊社は起業家だけでなく、大企業のコストカットも支援しています。現在、何十人といる役員秘書をオンラインアシスタント化する「削減プロジェクト」が進行中でして。まずは役員秘書2人で試し、徐々に拡大していく予定です。最終的には秘書業務に関わるコストを半分程度にまで減らせるのではないかと見込んでいます。

―起業家向けのおすすめの利用方法というものはありますか?

一番良いのは「起業したい!」と思ったその時点でご相談いただくことです

そして2時間の無料トライアルをご利用いただき、レンタルオフィスの賃料や会社設立にかかる費用をリサーチ、そして経理ソフト導入やHP作成をフジ子さんに……という流れがおすすめですね。また弊社にご相談いただければ、業務オペレーションを円滑化するためのアドバイスなどもご提供可能です。

また、フジ子さんは週末起業との相性も良い。会社にお勤めしながら、休日に副業として起業する。フジ子さんを使えば、自分の給料を原資としつつ、コツコツとビジネスを始められます

―最後に、起業家の方に向けてメッセージをお願いします。

 

「生き残ろう」。これに尽きますね

今はやり方次第でいくらでも生存率を高められる時代です。起業後のリスクを下げるために一番大事なのは、売り上げを確保すること。せっかく大志を抱いて起業したのですから、やるからには生き残る工夫を講じながら、最大限挑戦してください。


インタビューへの御対応ありがとうございました。

「フジ子さん」というサービス名の由来も山田社長へお伺いしました。

 

「親しんで呼んで頂きたい」という事で、人の名前が良いと考えました。そこで、安易ではありますがフジア株式会社の「フジ」から「フジ子さん」となりました。あえてレトロな響きを選んだ理由は「愛嬌があり、アシスタントのサービス品質・人間性共に気に入ってもらいたい」という気持ちも込められています。

一度聞いたら忘れないサービス名は、社長の思いが伝わっている証拠ではないでしょうか。
まずは「フジ子さんの無料トライアルサービス」を利用して、雇用する以上に身近に感じる優秀なオンラインアシスタントを体験してみる事をおすすめします。

オンラインアシスタント フジ子さん


1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


起業家向けインタビューの最新5件

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

人気コラムランキング

もっと見る

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

ページ最上部へ

メニューを閉じる