【企業売買】あなたの会社を10億円以上で売るために必要な20のM&Aノウハウまとめ

登録日:2018.8.5  |  最終更新日:2019.5.29

企業売買(M&A)をすれば、あなたの会社も10億円以上で売却できます。本記事では、企業売買で必要な『20のノウハウ』を一挙に紹介していきます。経営者の方、起業家の方は必見ですよ!


なお、サイトM&Aの仕組みについては、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ、本記事と併せてご覧ください!

関連記事:【最新】サイト売買・M&Aサービス33選!売却前に必ず見るべき無料ノウハウまとめ


※ なお、会社を売る前に資金を調達をしたい方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、会社を売る前にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また、「企業売買をする為に300万円の事業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、企業売買に向けてエンジェル投資家から資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


はじめに|M&AによるEXITとは?


M&AによるEXIT(イグジット)とは、創業した企業を売却し、キャッシュ化(資金回収)することを指します。優れた起業家は、会社の創業前に売ることや「売れる会社の姿」を思い描いています。


また『売れる会社』とは、質の高いユーザーを囲い込んでいたり、良質なユーザーに対して、一定のリーチが得られているなどの特徴があります。アメリカでは、EXITの約90%がM&Aによって達成されています。これに対し、日本国内では未だIPOによりEXITが行われています。


ただ、日本国内でも徐々にM&AによるEXIT件数が増えてきています。特に近年は、IT業界で「M&AによるEXIT」が頻繁に実施されており、WEBサイトの売買やコンテンツの売却によって、数億〜数十億規模の資金がやり取りされています。


また注目すべきは「数億円規模」の売却は、大手企業や中小企業だけで無く、起業したばかりの若い経営者(10代〜20代)が達成するなど、M&Aの成功者は年齢や国籍を問わず、世界規模で増加傾向にあります。


あなたの会社10億円以上で売る!20のノウハウ


ここからは、あなたの会社を10億以上で売る『20のノウハウ』を伝授しましょう!


あなたの会社を10億以上で売る『20のノウハウ』

① M&A実施のタイミングと、自社の実情を把握する
② 10億以上で会社を売却するための条件をリスト化する
③ 高値で売れた企業の例を調べ、いくらで売れるのかシミュレーションを行う
④ M&Aの戦略を明確にし、ステークホルダー(誰に)貢献できるのか精査する
⑤ 高額案件に強いM&A業者を選定し、サポートを依頼する
⑥ M&Aの開始から会社の譲渡まで「全体の流れ」を把握する
⑦ 企業価値を高める方法を探り、実践する
⑧ 案件情報を収集し、買収目的や買収ニーズをより明確にする
⑨ ノンネーム資料の段階では、情報は小出しのままでOK
⑩ 企業概要書による検討を重要視する
⑪ TOP面談はお互いが納得できるまで、回数を重ねる
⑫ 売却後の経営責任を明確にする
⑬ 適正な買収価格を知った上で、交渉の手段を検討する
⑭ M&A会社を通じて条件交渉を行う
⑮ 専門家にデューデリジェンスをお願いする
⑯ M&A後の経営統合についても視野に入れておく
⑰ 会社が高値での売却される場合、周囲への影響が大きいことを把握する
⑱ M&Aに公表前に、従業員の対策を実施しておく
⑲ 最終条件交渉で内容に漏れがないか、専門家を交えて監査を行う
⑳ アフターM&Aの経営統合業務を慎重に進めて行く


①〜⑳の内容について、順に見て行きましょう。


M&Aのノウハウ① M&A実施のタイミングと、自社の実情を把握する


あなたの会社を10億以上で売るには、先に「M&A実施のタイミング」と、自社の実情を把握することです。数十万〜百万円の規模とは違い、数十億規模で売るには実施のタイミングだけでなく、自社が今「どのような状況にあるのか」客観的に把握し、M&Aをどのように進めるのかシミュレーションをする必要があります。


M&Aのノウハウ② 10億以上で会社を売却するための条件をリスト化する


①である程度の状況が分かったら、10億以上で会社を売却するための条件をリスト化してください。10億で売れるには、やはり企業価値を高める必要があります。企業価値を高める方法としては「コーポレートブランディング」などの方法があります。コーポレートブランディングとは、その名の通り企業のブランドを構築し、ブランド力を高めることです。


● あの会社は信用・信用に値する

● 素晴らしい製品やサービスを提供している

● ステータスが高い、ぜひ手に入れたい


などのイメージが得られれば、コーポレートブランディングは成功します。具体的には、特許や商標権、技術や開発も企業価値を高めますが、ブランディングもこれらに付随する「目に見えない価値」の一つです。


コーポレートブランディングを行うために、経営陣のビジョン、提供する商品、優れたサービスの開発と提供は不可欠ですが、何より大切なのは「人材」です。働き手がそれぞれ、会社に誇りを持ち働いてくれることで企業イメージやブランド力は向上します。



また従業員が、自社のサービスや商品に誇りを持っていれば、PRもより「ユーザーに訴えるような」魅力ある商品・サービスとして映るでしょう。


M&Aのノウハウ③ 高値で売れた企業の例を調べ、いくらで売れるのかシミュレーションを行う


実際に、同じ業界で他社が「いくらで売却されているのか」事例を見てみましょう。高値で売れた企業の例を調査すれば、自社がいくらで売れるのかシミュレーションできます。


M&Aに関するニュースは、経済誌だけでなく、業界紙などでも毎日のように取り上げられています。Googleで検索する場合は、『M&A』と『業種』の2キーワードを組み合わせれば、同業者がいくらで売却されているのか簡単に調査できるので便利です。また、M&A会社に相談しても、より具体的金額が算定できるのでオススメです。


M&Aのノウハウ④ M&Aの戦略を明確にし、ステークホルダー(誰に)貢献できるのか精査する


M&Aの方向性がぶれないよう、まずは戦略を明確にし、ステークホルダー(誰に)どのような貢献できるのか精査してください。

※ この作業は、M&Aと一緒に行っても構いません。


M&Aのノウハウ⑤ 高額案件に強いM&A業者を選定し、サポートを依頼する


高額案件に強いM&A業者を選定し、サポートを依頼しましょう。M&A会社は、それぞれ中小企業向け、特定の業界向け、大企業向けなど、ジャンルが異なります。以下の記事では、大小さまざまなM&A会社を紹介しているので、業者選定の参考としてください。




※ Founderは国内最大級の起業家と投資家のマッチングサイトです。以下のフォームから登録すれば、あなたのビジョンを応援してくれるエンジェル投資家を見つけることができます。ビジネスプランをアピールするチャンスにつながります。登録はわずか1分、今すぐ登録しておきましょう。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング


M&Aのノウハウ⑥ M&Aの開始から会社の譲渡まで「全体の流れ」を把握する


M&Aの開始から会社の譲渡まで「全体の流れ」を把握しましょう。どんなに良いアイデアでも、全体像が見えなければ、未来の状況がイメージできません。実際に、優れた経営者は会社を作る前に、売却のことまでシミュレーションしていると言います。今からでも遅くはありません。まずは、M&AによるEXITがどのような流れを汲み、資金を生み出すのか全体像を見てください。


M&Aのノウハウ⑦ 企業価値を高める方法を探り、実践する


②でも、コーポレートブランディングなど「企業価値を高める重要性」を紹介しましたが、ここではより具体的に、自社がどのように企業価値を高めていくべきか「コーポレートブランディング」の戦略を立ててください。専門性の高いM&Aに依頼をすれば、自社のブランディングをどのように高めるべきか、さまざまなアイデアを提案してくれます。


M&Aのノウハウ⑧ 案件情報を収集し、買収目的や買収ニーズをより明確にする


M&A業者は、仲介業として「クライアントの要望に合う、M&Aの相手」を紹介してくれます。業者がくれる案件情報を収集し、買収目的や買収ニーズをより明確にした上で「売却先」を探してみましょう。


M&Aのノウハウ⑨ ノンネーム資料の段階では、情報は小出しのままでOK


ノンネーム資料の段階では、情報は小出しのままで構いません。その後、候補先が見つかった段階で、包み隠さずポジティブ情報+ネガティブ情報の両方を伝えればOKです。最初から、すべてを公開する必要は無いので、ある程度「この相手なら大丈夫だ」という企業にだけ情報を出してください。


M&Aのノウハウ⑩ 企業概要書で、相手が検討しやすくする


相手が興味を示した段階で、企業概要書による検討が行われます。買い手が調査しやすいよう、見やすく分かりやすい「企業概要書」を提出してください。


企業概要書には、会社名、会社沿革、事業内容(商品・サービス)、事業のフロー、自社の強みと弱み、考えられる機会や脅威、組織・組織のキーパーソン、得意先・仕入先、財務状況を盛り込みます。また、所有資産に関する補足があれば、情報に漏れが無いよう伝えておきましょう。



※ Founderは国内最大級の起業家と投資家のマッチングサイトです。以下のフォームから登録すれば、あなたのビジョンを応援してくれるエンジェル投資家を見つけることができます。ビジネスプランをアピールするチャンスにつながります。登録はわずか1分、今すぐ登録しておきましょう。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング


M&Aのノウハウ⑪ TOP面談はお互いが納得できるまで、回数を重ねる


TOP面談はお互いが納得できるまで、回数を重ねることです。会うのが面倒、話すのが苦手という方でも、M&AによるEXITを成功させるには、妥協せず、お互いが満足できる状況にまで話を詰めていくことです。ただ初回から、自己紹介やPRを盛り込む必要はありません。まずは、買い手側の話を聞いて、お互いの信頼関係を築いてから、具体的な話を進めて行けば良いでしょう。


M&Aのノウハウ⑫ 売却後の経営責任を明確にする


M&A後で揉めないよう、先に「売却後の経営責任」を明確にしておいてください。法律的問題については、M&A会社に相談をすればOKです。各M&A会社には、弁護士などが在籍(または顧問契約を結んでいる)しているので、売却後のトラブルが起こらないよう手続きや交渉を進めてくれます。


M&Aのノウハウ⑬ 適正な買収価格を知った上で、交渉の手段を検討する


適正な買収価格を知った上で、交渉の手段を検討しましょう。稀に「相手の言い値」で企業を売却する人もいますが、相場よりも安く売ってしまっては、これまでの苦労が水の泡です。大切な事業は信頼できる相手に、適正な価格で売却してください。


M&Aのノウハウ⑭ M&A会社を通じて条件交渉を行う


相手との話合いがまとまってきたら、M&A会社を通じて条件交渉を進めてください。相手に話しにくいこと、言いにくいことでもM&Aが間に入れば安心です。彼らは交渉のプロフェッショナルなので、それぞれが納得できる条件にまで、話合いを詰めてくれます。後悔しないM&Aになるよう、時間をかけてじっくり話し合いましょう。


M&Aのノウハウ⑮ 専門家にデューデリジェンスをお願いする


デューデリジェンスを実施する場合、専門家にお願いをしてください。M&Aの多くは、デューデリジェンスにも対応しており、法律的知識などを以て、調査を進めてくれます。また、社内で出来そうなデューデリジェンスについても、専門家の意見や調査を入れて、情報の漏れがないよう注意しましょう。


※ Founderは国内最大級の起業家と投資家のマッチングサイトです。以下のフォームから登録すれば、あなたのビジョンを応援してくれるエンジェル投資家を見つけることができます。ビジネスプランをアピールするチャンスにつながります。登録はわずか1分、今すぐ登録しておきましょう。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング


M&Aのノウハウ⑯ M&A後の経営統合についても視野に入れておく


話合いの早い段階で、M&A後の経営統合について視野に入れておきましょう。経営統合が上手く行かなければ、相手はもちろん、今働いている従業員の不満や反発が大きくなります。この部分には、より多くの時間を割いてトラブルが回避できるよう手続きを進めてください。


M&Aのノウハウ⑰ 会社が高値での売却される場合、周囲への影響が大きいことを把握する


⑯とも共通しますが、会社が高値で売却された場合、周囲への影響が大きいことを事前に把握しましょう。例えば、数億円規模の値で売却された場合、業界内でも大きな話題となります。この状況で、従業員の間に不安や不満があると、トラブルが起こる確率もより高くなります。また、業界内の反発も大きくなることが予測され、取引先が怒ってしまっては(最悪の場合)取引停止などの問題も起こり得ます。


M&Aのノウハウ⑱ M&Aに公表前に、従業員の対策を実施しておく


⑯と⑰に共通しますが、M&Aに公表前には「従業員の反発が内容」対策を進めることです。従業員がモチベーションを失って離れていかないような、待遇や契約条件について考えていきましょう。


M&Aのノウハウ⑲ 最終条件交渉で内容に漏れがないか、専門家を交えて監査を行う


最終条件交渉で内容に漏れがないか、専門家を交えて監査を行ってください。この部分で問題点、明らかになっていない部分があれば、デューデリジェンスを行い、情報の漏れを埋めていきます。


M&Aのノウハウ⑳ アフターM&Aの経営統合業務を慎重に進めて行く


M&Aが終わっても、アフターM&Aとして「経営統合業務」を慎重に進めて行ってください。具体的には、従業員へM&Aに関する告知をする、従業員の就業条件を決める、有能な人材を確保できるよう人事を整えるなどの「人事的問題」に取り組みます。


また、統合後の企業がスムーズに事業がスタートできるよう、必要な規程を定めたり、従業員同士が円滑にコミュニケーションを図れるよう「働きやすい職場環境」にするなどの工夫が必要になります。



※ Founderは国内最大級の起業家と投資家のマッチングサイトです。以下のフォームから登録すれば、あなたのビジョンを応援してくれるエンジェル投資家を見つけることができます。ビジネスプランをアピールするチャンスにつながります。登録はわずか1分、今すぐ登録しておきましょう。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング


M&Aの高額売却で失敗しがちなポイント3つ


M&Aの高額売却で失敗しがちなポイント3つあります。


M&Aの高額売却で失敗しがちなポイント3つ

① M&Aの戦略が不明確
② 価格を高く設定してしまう
③ M&Aの戦略が決まっていない(計画が不明瞭)


①〜③の内容について、順に解説します。


失敗しがちなポイント① M&Aの戦略が決まっていない(計画が不明瞭)


本記事の前半でも紹介しましたが、M&Aの戦略が不明確であったり、計画が曖昧すぎては「何をすべきなのか」行動の方針が決まりません。また売り手の軸がぶれていては、企業の価値は見いだせず、買手の企業は現れ無くなります。


失敗しがちなポイント② 価格を高く設定してしまう


価格を安くし過ぎるのも考えものですが、価格を高く設定してしまう(相場と掛け離れている)のも問題です。どんなに大きくとも、適正な価格から「やや相場より高め」を付けることです。また、候補先が「いくらで買いたいのか」M&A会社を通じて調査を行ってください。


価格のバランスを計るのは難しい作業ですが、交渉に長けたM&A会社であれば、こちらが満足できる価格で売却してくれます。企業価値を高めたり、コーポレートブランディングを効率良く進める方法についても、M&A会社に相談してみましょう。


失敗しがちなポイント③ 統合後のPMI(Post Merger Integration)の準備不足


統合後のPMI(Post Merger Integration)が準備不足では、アフターM&Aは(高い確率で)失敗します。後々、トラブルにならないよう、統合後のPMIには時間を割いて準備を進めてください。


※ なお、会社を売る前に資金を調達をしたい方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、会社を売る前にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また、「企業売買をする為に300万円の事業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、企業売買に向けてエンジェル投資家から資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


本サイトおすすめのM&A(企業売却)サービス5選!


本サイトおすすめのM&A(企業売却)サービスを5社紹介します!


本サイトおすすめのM&A(企業売却)サービス5社

① Awesome(オーサム)
② 株式会社ストライク
③ 日本M&Aセンター
④ M&Aキャピタルパートナーズ
⑤ 株式会社クラリスキャピタル


①〜⑤の各サービス、会社概要について順に見て行きましょう。


① Awesome (オーサム)


Awesome(オーサム)は、サイト売買、サイトM&Aの中でも1億円以上の案件に特化したM&A会社です。Awesomeであれば、保有するサイトの価値を最大限に高め、1億円〜数十億規模での売却も可能です。M&AによるEXITでも、特にWEBサイト売買、アプリやインターネットメディアの売買をお考えの方にオススメです。


Awesome(オーサム)の概要

区分詳細
事業内容M&A仲介、M&Aコンサルティング
特徴

WEBサイトの高額売買・高額案件に特化。1億円以上の売却はもちろん、数億円規模の高値での売却をサポート。サイト売買のほかにも、アプリやメディアの売却にも対応。初めての方でも、親身にM&Aアドバイザリー業務やサポートを行っている。

設立2010年4月1日
代表者代表者 福田 拓哉
所在地東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3階
公式サイトhttps://awesome-ma.com

 

Awesome(オーサム)の会社概要とサービス詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。


参考リンク:売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)



※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)


② 株式会社ストライク


株式会社ストライクは、M&A業界の中でも、仲介大手、国内有数のM&Aコンサルティング会社です。公認会計士が設立した会社なので、M&A以外にも、ファイナンシャルプランニングなどの業務にも長けています。以下、株式会社ストライクの概要をまとめてみました。


 

株式会社ストライクの概要

区分詳細
事業内容M&A仲介、M&Aコンサルティング
特徴公認会計士が設立したM&A仲介会社。所属する職員は、すべてM&A仲介経験者など専門的な知識やノウハウを有しており、アドバイザリー業務にも他社には無い、きめ細かさが光る。
設立1997年7月
代表者荒井 邦彦 (公認会計士/税理士)
所在地〒100-0004東京都千代田区六番町3番地 六番町SKビル5F
公式サイトhttp://www.strike.co.jp/

 

株式会社ストライクの会社概要とサービス詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。


参考リンク:株式会社ストライク(公式サイト)


③ 日本M&Aセンター


日本M&Aセンターは、国内を代表するM&A仲介業者です。制約実績では既に4000件を突破、年間制約数も500を超えるなど、広く支持されています。日本M&Aセンターのアドバイザリー業務は、中小企業を中心としていますが、課題別M&Aサービス、オプションサービス、事業継承、ファイナンシャルプランニングなど、各クライアントの要望に合わせたサポートを行っています。


以下、日本M&Aセンター株式会社の概要をまとめてみました。


 

日本M&Aセンターの概要

区分詳細
事業内容M&A仲介、PMI支援、企業評価の実施、MBO支援、企業再生支援、コーポレートアドバイザリー、資本政策・経営計画コンサルティング、企業再編支援
特徴国内90%以上の地方銀行や、80%以上の信用金庫、700を超える会計事務所とパートナーシップを結んでいる。数あるM&A仲介会社の中でも、リーディングカンパニーとしてトップの地位に君臨する。
設立1991年4月25日
代表者代表取締役会長 分林 保弘
所在地〒100-0005東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉄鋼ビルディング 24階
公式サイトhttps://www.nihon-ma.co.jp/

  

日本M&Aセンターの会社概要とサービス詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。


参考リンク:日本M&Aセンター(公式サイト)



④ M&Aキャピタルパートナーズ


M&Aキャピタルパートナーズは、中小企業のM&Aに特化したM&Aの仲介業者です。各クライアントの状況を見て、M&Aが必要かどうかクライアントに確認。希望に沿った候補先企業を紹介・仲介するほか、買収監査からクロージングまでを徹底サポートします。M&Aキャピタルパートナーズの概要は、次の通りです。

 

M&Aキャピタルパートナーズの概要

区分詳細
事業内容M&A仲介、M&Aコンサルティング
特徴クライアントの要望を踏まえ、M&Aの成功を徹底サポートしている。
設立2005年(平成17年)10月
代表者代表取締役社長 中村  悟
所在地

〒100-6738 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 

グラントウキョウノースタワー38階

公式サイトhttps://www.ma-cp.com/

 

M&Aキャピタルパートナーズの会社概要とサービス詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。


参考リンク:M&Aキャピタルパートナーズ(公式サイト)



⑤ 株式会社クラリスキャピタル


株式会社クラリスキャピタルは、経験豊富なアドバイザーが多数在籍、法律的側面からもアドバイザリー業務を行い、アフターM&Aまで親身になってサポート。完全報酬型なので初期費用も掛からず、はじめての方でも安心してM&AによるEXITが目指せます。以下、株式会社クラリスキャピタルの概要をまとめておきます。


株式会社クラリスキャピタルの概要

区分詳細
事業内容M&Aアドバイザリー業務
特徴M&Aアドバイザリー業務、M&A相手の紹介、幅広い業種で、M&A制約の経験がある専門家を揃え、依頼者のM&A成功を強力にサポートしている。
設立2014年(平成26年)5月2日
代表者牧野 安与(Ayo Makino)
所在地〒104-0043 東京都中央区湊二丁目15番14ー2502号
公式サイトhttp://clarisc.co.jp

 

株式会社クラリスキャピタルの詳しいサービス内容や会社概要は、以下「公式サイト」をご覧ください。


参考サイト:株式会社クラリスキャピタル(公式サイト)


※ Founderは国内最大級の起業家と投資家のマッチングサイトです。以下のフォームから登録すれば、あなたのビジョンを応援してくれるエンジェル投資家を見つけることができます。ビジネスプランをアピールするチャンスにつながります。登録はわずか1分、今すぐ登録しておきましょう。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング


億レベルの資金調達が可能!Webサイト売却も検討しよう


今回は、企業の売買について紹介しましたが、億レベルの資金を調達したいのなら、話題の「WEB売買」がおすすめです。WEB売買は、別名「サイトM&A」とも呼ばれていますが、保有するWEBサイトやコンテンツを売却することで、数千万〜数億円はもちろんのこと、高ければ数十億もの値で売却できます。


なおWEBサイトの売却は、一般的なサイト売買業者ではなく、高額案件に特化し他業者を利用してください。例えば、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)では、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。


売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)


※ なお、会社を売る前に資金を調達をしたい方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、会社を売る前にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また、「企業売買をする為に300万円の事業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、企業売買に向けてエンジェル投資家から資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


まとめ|あなたの会社を10億以上で売るのは、ノウハウさえ知っていれば実現可能!


あなたの会社を10億以上で売るのは、ノウハウさえ知っていれば誰にでも実現可能なことであり、難しいことではありません。みなさんもぜひ、サイト売買(サイトM&A)などの方法で、大きな資金を手に入れてください!


※ Founderは国内最大級の起業家と投資家のマッチングサイトです。以下のフォームから登録すれば、あなたのビジョンを応援してくれるエンジェル投資家を見つけることができます。ビジネスプランをアピールするチャンスにつながります。登録はわずか1分、今すぐ登録しておきましょう。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

【最新】企業売買・M&A会社33選!売却前に必ず見るべき無料ノウハウまとめ

バイアウトとは?M&Aイグジット(会社売却)2つの方法!メリット・デメリットまとめ

M&Aを成功させる13のコツ!会社を買収するなら絶対に見るべきポイントとは?

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
16,150
投資家の登録数
No.1
3,061
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者9名 投資家2
昨日の投稿数
経営者5件 投資家2
先月のマッチング数
145
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる