自分でやるより確実?事業計画書の作成代行してもらうメリット・デメリット7つ

登録日:2018.8.9  |  最終更新日:2019.10.22

資金調達する際に作成する事業計画書。自分で作成する方法、プロの代行業者に作成してもらう方法の二つの方法があります。

代行会社の利用を考えている人に向けて、作成依頼における基礎知識、メリット、デメリットを解説しています。また代行業者の料金、会社紹介、資金調達先も記事では紹介しています。事業計画書を代行することで、資金調達の成功確率をあげるメリットがあります。この記事では代行業者も紹介しているので、あなたの目的に応じて利用をしてみてくださいね。

これから事業計画書作成、資金調達をする方におすすめです。



事業計画書作成代行に依頼できる業務とは?

perzon seo

事業計画書代行ではビジネスプラン構築後の資料作成を一緒に行っていきます。

資料を作成するだけではなく、業界のデータ分析、起業、経営アドバイス、資金調達するまでのサポートなど、多岐に亘ります。

代行業者によってサポートする内容は変わりますが、良くあるサービス内容は

●損益計算書の作成

●月別資金繰り表

●事業内容説明書

●起業する業界のデータを知る事ができる

●事例から現実的な資金調達金額、成功事例を知る事ができる

代行業者によって強みやサービス内容は変わる為、相性の良い代行業者を選ぶ必要があります。

描いたビジネスプランを明確且つ、具体的にする

立ち上げる事業プランが全く決まっていなければ、代行依頼をするメリットはありません。

しかし、起業する内容が大まかに決まっているだけでも、代行業者に依頼する事ができます。

結果的に資金調達後のビジネスに活かせるサービス内容が多い為、事業計画書代行依頼のニーズが高まっています。

事業計画書を早めに作っておくことで、資金調達する事に時間を割く事ができます。公的機関だけではなく、個人投資家へのアプローチ資料としても使う事ができます。


事業計画書代行のニーズが高まっている理由

事業計画書代行のニーズが高まっている理由に【資金調達できるチャンスが増えた】事が大きく関係しています。

投資、融資を受ける可能性が確実に上がっています。


●SNSの発達により投資家と繋がれる時代。

個人が発信できる時代になることで、投資家を見つけやすいようになりました。

起業アイデアを発信する事で、投資家から連絡がくる可能性もあります。逆に投資家にこちらからアプローチすることもできます。

公的機関の融資にこだわらず、資金調達に成功している人もいます。 事業計画書がある、ないとでは大きな印象の差が生まれます。


●fouderのように起業家、投資家のマッチングサイトがある。

fouderは起業家と投資家を繋げるマッチングサイトです。

起業したい、投資をしたい人が集まるので、事業計画プラン次第で融資を受けるチャンスがあります。

登録後2週間で資金調達している事例もあります。個人投資家からの資金調達はアイデア次第で勝負することができます。

公的機関では自己資金の決まり、信用情報の審査、細かい審査が数多くあります。

投資家の多くは元起業家の為、資金調達に失敗する場合も、的確なアドバイスを貰う事ができます。

●新会社法の制定により、費用を抑えて会社設立が可能になった。

新会社法ができるまでは会社設立は1000万円、有限会社は300万円の資本金が必要でした。

ITの発達により自己資金が少なくても、アイデア次第で起業できる時代です。

【起業】をしやすい環境、法律が整っています。また大手企業の倒産、終身雇用制度が崩壊しつつある状況で、企業で働き続けることが、必ずしも安定に繋がる時代ではありません。

また開業時に100万円もかからないようなビジネスの場合には、クラウドファンディングを活用することもできます。

このような資金調達の窓口が増えた背景から、起業、資金調達の需要が増えることで、事業計画書代行の依頼が増えています。

自分で作成した事業計画書が資金調達に失敗

事業計画書代行を依頼する理由に【自分で作成した事業計画書で資金調達ができなかった】という理由があります。

ビジネスプランは優れていても、資料で表現する事は簡単ではありません。 業界調査、資金繰り、売上予測、事業説明などはプロに依頼をした方がより確実性のあるデータを取得することができます。

作成代行業者は融資を通す為の事業計画書作成のプロです。

自分で作成した事業計画書で、資金調達できなかった方も、代行業者に依頼することで資金調達に成功している事例は数多くあります。

代行業者には業種毎の資金調達事例が揃っている為、何をすれば融資を通せるか具体的なプランを持っています。

起業家は時間をお金で買う人が多い

起業家は時間をどの仕事に割くか、決めることも仕事の一つです。 他の人に任せる事ができる業務は任せる起業家も多いです。

自分でゼロから作成する場合、1ヵ月から3ヵ月の時間をかけて事業計画書を作成する方もいます。

起業後は全ての業務を自分で行うのではなく、社員、アルバイト、業務委託で事業を動かしていきます。

資金調達の頃から代行業者を依頼することで、他の重要な業務に自分の時間を割く事ができます。


事業計画書代行のメリット

perzon seo

まず、事業計画書作成代行のメリットについて紹介をしていきます。

事業計画書代行のメリット1.資金調達力を上げる

融資、投資を受ける際に事業計画書がある事で交渉のテーブルに入る事ができます。

資金調達をする為には、資料を見ればビジネスプランがわかるような書き方、データが必要です。事業プランは同じでも、事業計画書によって融資が通る、通らないという差が生まれます。

今までに同業種の資金調達事例、データ、経験がある会社に依頼をする事で、自分で作成しても通らなかった融資を通す事もできます。

必ず融資を通せるわけではありませんが、融資を通すことができない場合も、なぜ資金調達ができないか明確になります。

資金調達力を上げる事が最大のメリットです。

事業計画書代行のメリット2.ビジネスプランの見直しになる

自分だけで資料を作成する時には見落としていたデータ、事業の弱点を見つけることができます。

資金調達をするだけではなく、事業プランの見直し、ビジネスプランの再構築ができます。

代行業者も融資側と同じように、過去沢山の事業計画書を見てきています。

初心者が間違いやすい項目、失敗しやすい事例を元に、資料作成だけに留まらず、経営にも活かせる資料作成やデータを取得することができます。

第三者にあらかじめ入ってもらう事で、客観的な視点でビジネスプランを見直しできます。

事業計画書代行のメリット3.時間の有効活用ができる

起業家、経営者は取り組む業務が多岐に亘ります。事業計画書作成代行のコストパフォーマンスは高いです。

300万円から1000万円の資金調達を10万から30万円程度の金額で代行業者に資料作成依頼ができます。

代行業者に依頼することで、空いた時間を違う仕事に時間を割くことができます。

自分でゼロから作成する場合は非常に時間と労力がかかる為、資金調達の1%から2%で依頼できる事がメリットです。

事業計画書代行のメリット4.融資額の増加

自分で決める融資額を低く見積もっているケースがあります。

融資を800万円で考えて、相談をしてみると1000万円の融資が通るチャンスがある事に気が付く事です。

起業をする時に資金力があれば、余裕を持った事業展開ができるようになります。

増えた数百万円が事業を助けるお金に繋がる事もあります。

自分自身で限界を決めるのではなく、代行業者と相談しながら融資枠を増やす計画書を作成する事が代行業者のメリットです。

自分で作成 自分で事業計画書を作成する時間、労力をかけて800万円の資金調達
代行依頼あり 作成代行業者に依頼をして、時間をかけずに1000万円の資金調達、コストは10万円


このように融資額が増えると、料金を支払っても代行業者に依頼をした方が最終的に事業に回せる金額が増えます。

プロに資料作成をしてもらうことで資金調達の確立も増えるでしょう。

事業計画書作成代行のデメリット

事業計画書を代行業者のデメリットについてご紹介していきます。

事業計画書代行のデメリット1.事業計画書作成の知識が付きにくい

事業計画書を自分で作成することで、創業時の資金調達に向けた勉強になります。

ノウハウを自分の中に蓄積できないデメリットがあります。

資金調達をする度に、今後も依頼するのであれば、勉強する必要はありませんが、2社目の会社設立、経営途中による資金調達など同じような場面が、今後も出てくる可能性があります。

しかし2社目の会社設立などは資金力が上がり、調達する金額も増える為より代行業者に依頼するメリットも増えます。

事業計画書代行のデメリット2.代行コスト費用がかかる

作成を代行してもらう一番のデメリットはコスト面です。

しかし資金調達の人員経費と考えれば、かなりの低価格で代行してもらう事が可能です。

金額的は10万円から30万円前後での依頼が可能な為、コスト面もそこまでかかるわけではありません。

事業計画書代行のデメリット3.オリジナル性が削がれる可能性がある

事業計画書代行業者は経営コンサルタント、元銀行勤務、中小企業診断士、税理士、行政書士などが行っている事が多いです。

奇抜で非常識なビジネスプランの場合は、プランの再構築を促される事もあります。

結果的に常識内に収まった、面白さを失ったプランになることもあります。

代行業者に依頼する時には譲れないビジネスプランを持って相談をした方が良いでしょう。

時には常識に収まらないビジネスプランだからこそ上手くいく事があります。 代行業者に全て丸投げしないことで、このデメリットを回避することができます。

3つのデメリットを紹介してきましたが、比較をしてみると総合的にメリットが多いと感じる方も多いのではないでしょうか?

成功する起業家はビジネスに利用できるメリットを最大限に活用します。

事業計画書作成代行の料金と相場とは?

事業計画書代行はサービス内容によって金額差が生まれる為、一律料金の比較がしづらいものです。

資金調達目標金額、会社規模によって事業計画書の料金は変動します。

一般的な料金として、資金調達金額の2%が費用の目安として考えると良いでしょう。

成果報酬プランを提示している会社もあり、成果報酬料金は一般的に倍以上の5%から10%の金額が必要となります。

(一般的な料金) 500万円の資金調達の約2% 請求料金10万円
(成果報酬の場合)500万円の資金調達の約5%から10% 請求料金25万円~50万円

双方にメリット、デメリットがあります。

ビジネスプランは優れている自信がある方は、資料作成料金の支払いがおすすめです。

資金調達に失敗した時は、戦略を練り直し、成果報酬プランを使う事もできます。

一度目で資金調達ができれば最安値で代行業者に依頼できます。 成果報酬会社との料金の差は倍以上変わります。

勝算があるビジネスを構築できていれば融資の通る可能性は当然高くなります。

探せば安い金額の代行業者は見つかりますが、初期費用だけ安く、バックエンド商品を売る為の窓口として用意している事もあります。

安ければ安心できないわけではありませんが、何事も【相場】に準拠したサービスが考えておくことが妥当です。

人と物が動く関係上、事業計画書作成の料金は10万円前後を考えておくことをおすすめします。

①100万円-1000万円の資金調達を狙う場合 ②1000万円以上の資金調達を狙う場合
①料金:平均値は約10万円前後 ②料金:平均値は約20万円前後

事業計画書作成代行依頼前の準備について

事業計画書依頼代行前に準備しておくことがあります。

●ビジネスモデルを口頭で説明できる事

事業計画書はゼロからビジネスプランを構築する事ではありません。

参入ビジネスモデルが決まっている状態、ある程度プランニングが完成した状態だからこそ、代行業者に依頼する強みが生まれます。

●強み、弱みなどを理解しておく

代行業者によって強みや弱みを見極めてもらう事ができますが、起業したい事業に対して一番熱がある本人だからこそ、気が付く部分があります。

作成を丸投げするのではなく、一緒に作り上げていく方が確実に良い事業計画書が生まれます。

その為にも自分自身で起業プランを具体的に強み、弱みをイメージできるようにしましょう。

●丸投げをすると良いものができない

事業計画書の根幹の部分は創業者にしか作る事ができません。

代行業者はあくまでも構想を資料に落としていく作業です。 丸投げするのではなく、一緒に事業計画書を作る事を意識しましょう。

事業計画書代行会社をまとめてご紹介

1.ファウンダー

費用 98,000円

ファウンダーのサービス内容、強みについて

●徹底的に業界研究を行い、データの基づいた事業計画書の作成
●売上予測、売上損失を論理的に記述
●見込み成長算出、事業戦略の立案
●投資家から受け取れるであろう、金額を明確に提示

ファウンダーを使う事で、資金調達の機会を増やすことができます。

まずは、ご相談からでもぜひ一度ご利用ください。

fouderの事業計画書作成代行は<こちら>

※詳細

当サイトは起業家と投資家を繋げる最大級のマッチングサイトです。事業計画書代行も行っています。

銀行、公的機関だけではなく、投資欲が強い方に事業計画をアピールすることができます。

事業計画書があることで起業家の中でもより、興味付けさせることが可能です。一般投資からの資金調達も狙っている方におすすめです。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,048
投資家の登録数
No.1
4,156
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

2.事業計画書ステーション

事業計画書ステーション

費用158,000円~

事業計画書ステーションのサービス内容、強みについて

●銀行融資経験が豊富な為、銀行融資に向けた事業計画書作成が強い

●面談、相談、作成を代表者が行ってくれる

●銀行対応対策までサポートしてくれる

※詳細 代表者は銀行にて法人融資業務を務めていた為、経験豊富です。

400件以上の事業計画書作成代行の実績があり、特に銀行からの融資を強みとしています。

事業計画の作成方針を具体的にプランニングすることで、成果を出す事に繋げています。 特に銀行からの融資を考えている方におすすめです。

3.事業計画書作成代行センター

事業計画書作成代行センター

費用 中小法人298,000円 個人事業198,000円

事業計画書センターのサービス内容、強みについて

●事業計画書作成後の無料経営サポート付き

●中小企業診断士が資料を作成

●融資を受ける為の論理的な事業計画書の作成

※詳細 全ての資料を国家資格である、中小企業診断士が作成してくれます。

融資者に対して中小企業診断士が作成したとアピールすることで資料の信頼度を高めることができます。

また事業計画書作成後、6ヵ月間の無料経営サポートが付いています。

過去の同業種が躓きやすいポイントを押さえて、あらかじめ注意をした経営を行う事ができます。

会社設立のサポートもある為、相談できる関係性を持つことで安心感が生まれます。

4.創業融資てづくり専門支援センター

創業融資てづくり専門支援センター

費用 80000円

創業融資てづくり専門支援センターのサービス、強みについて

●目的に応じた事業計画書作成が可能(営業先向け、投資家向け、銀行向け)

●事業展開に応じた営業許認可の申請も対応

●行政書士、税理士がタイアップした会社

※詳細

創業融資てづくり専門支援センターは代表者が行政書士です。

行政書士とは許認可業務を含めて、権利、義務の書類作成のプロです。 論理的な資料作成をしてもらうことで、伝わる事業計画書作成が強みです。

別途料金を支払う事で、創業融資コンサルパック、面談コンサルパックなどのサービスもあります。

創業資金を得る為のサービスをパック化して販売しています。

税理士との連携もある為、起業に関する全体的なバックアップを行ってもらえます。

事業計画書作成後の3種類の資金調達方法について

事業計画書作成代行後に役立つ3種類の資金調達先についてご紹介します。

日本政策金融公庫融資からの資金調達

日本政策金融公庫とは国が支援している無担保、無保証人で利用ができる融資機関です。 融資限度額は3000万円までとなっています。

金融機関から借入をするよりも、金利が安く、返済期間が長いです。

詳細

日本政策金融公庫では自己資金の多さを重要視しています。

最低でも10分1の自己資金がなければ融資を通すことはできません。

融資金額に対して、3分の1程度は自己資金があると融資の審査通過率が高くなります。

個人投資家から資金調達をするわけではないので、成功すれば全て自分の資産になります。

個人投資家から出資を受ける場合は当然リターンを求められます。

エンジェル投資家、個人投資家からの資金調達

エンジェル投資家とは個人の投資家です。ビジネスで成功した人が起業家を応援しています。

勝算がある、面白いビジネスに投資をする人が多く、最終的には株式の売却、M&Aを考慮した投資目的が多いです。

詳細

エンジェル投資家は元起業家が多く、資金援助の他にビジネスのアドバイスをもらえる利点があります。

起業家に丸投げをする投資家も多い為、資金調達後の経営は任せて貰えるケースの方が多いです。

金融機関、ベンチャーキャピタルからの融資が通らない人でも、エンジェル投資家からの資金調達を成功している人がいます。

SNSでアプローチをする事もできますし、起業家、投資家のマッチングサイトを使う事で、資金調達が可能です。

当サイトは日本最大級の起業家、投資家のマッチングサイトの為、毎日のように起業家、投資家の登録があります。

起業家にとってはチャンスが増え、投資家にとっても優秀な起業家を見つけるフォーマットとして利用されています。

事業計画書作成前にも投資家にアプローチする事が出来ます。

クラウドファンディングによる資金調達

クラウドファンデングとは多数の人からプロジェクトに対してお金を集める事です。

実際にクラウドファンデングで資金調達に成功し、起業、開業をしている事例も多くあります。 米国では日本よりも早く取り入れられ、多くの起業家、サービスの発展に繋がっています。

詳細

資金提供者に対してモノ、サービス、体験などのリターンを返す事になります。 開業前に起業するサービスの認知度を高めてくれるメリットもあります。

資金提供者は1000円などの少額から資金提供することができる為、多数の人から細かい金額で大きくしていくサービスです。

100万円前後の資金調達に向いており、小資本で始めることができるビジネスに向いているサービスです。

クラウドファンディングで全くお金が集まらないようなサービスでは、顧客になる層が非常に少ないというデータを取る事ができます。

逆に支援者が資金提供したくなるようなビジネスだと、開業後もスムーズに売上を立てることができることを推測できます。

国内最大級のクラウドファンディングサイトはキャンプファイヤーです。

https://camp-fire.jp/

堀江隆文氏、キングコングの西野亮廣氏なども活用した事から認知度も高く、国内最大級のクラウドファンディングサイトで安心して利用できる事ができます。

事業計画書作成代行に関するまとめ

事業計画書代行依頼をすることで、無駄な時間を省き、資金調達の成功確率を上げる事ができます。

一番の懸念材料はコスト面ですが、資金調達の2%前後での料金価格の為、資金を圧迫するほどの金額ではありません。

事業プランを構築し、開業の準備を整える為にも、事業計画書作成代行は利点が多いです。

資料作成だけに留まらず、開業サポートまで行ってくれる業者も多いです。

相性の良い代行業者を見つけて、資金調達に成功させましょう。

事業計画書の関連記事

自ら事業計画書の作成を考えている方はこちらをご覧ください↓

資金調達で成功する事業計画書の書き方!テンプレートを活かして120%伝える12個のポイント!

飲食店の事業計画書の作成はこちらを参考にしてください↓

成功する飲食店の事業計画書の書き方!繁盛するお店にするための4つのステップ

【保存版】事業計画書の書き方100%ガイド。相手に必ず響く11のポイントとは?

銀行融資を100%引き出す事業計画書の作成10のポイント!コレさえ書けば大丈夫

100%資金を集める事業計画書の書き方!10の秘訣であなたも必要な資金を調達できる

■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,048
投資家の登録数
No.1
4,156
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者4名 投資家2
昨日の投稿数
経営者3件 投資家0
先月のマッチング数
46
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる