オークション型フリマアプリ(CtoC)の開発、運営にあたっての創業資金・開発資金などの出資募集<起業家:Ohashiさんの投資募集>

起業家 Ohashi さん Ohashiさんのプロフィール画像

  • 性別: 男性
  • 年代:10代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

IT・通信 受付中 2018/08/16公開

希望調達金額
10億円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

中学卒業後、地元の工業高校に進学するも現行の教育に対する疑問などの理由から、約半年で中退。
その後アルバイトなどで貯めた資金で17歳の頃に株式取引を始め、株式投資に触れていく中で会社経営そのものに興味が湧く。
そして現在、ここ数年間で生まれたビジネスアイデアからより成功確度が高いと予想したビジネスに参入するため出資募集を開始。

※有料会員期間が過ぎてる場合がありますので、もしよろしければ連絡先を記入の上メッセージをいただけるとありがたいです。

事業計画・事業内容

オークション型フリマアプリ(CtoC)

イメージとしては、メルカリとヤフオクの中間に位置する第三のCtoCサービスで、メルカリ等のフリマアプリの手軽さにヤフオク等のオークション形式を導入することにより、出品者・購入者ともに、より満足度の高い取引を実現させるのが狙いです。

メルカリでは基本的に出品者が値段を決めれば、そこから購入者の交渉次第で繰り下がっていく形が浸透していて、出品者側の満足度は低い可能性が大いにあります。
自分自身、メルカリを何度か利用していく中で、希望の価格通りに出品物が売れた経験は少なく、販売価格の面で課題意識を感じていました。
反面、ヤフオクなどのオークションサービスは販売価格の満足度は高いと予想されるものの、フリマアプリ並みの手軽さがないので出品者側は出品がしづらく、購入者側の満足度は使いやすさなどの点からフリマアプリに劣るはずです。

そこで既存サービスの特長をうまく融合させることで、両市場の課題解決と市場への新規参入を狙って行くと同時に、独自経済圏の構築を目指します。

ビジネスモデルは売買成立ごとに代金の数%を徴収する仕組みを考えています。


投資の内訳・起業の際の必要物

創業資金にはじまり、人材コストも含めた開発費用や広告費用などかなり多くの費用がかかるため、投資金額が多いほど行動の幅は広がります。

予想収益

しばらくは開発・改良に重点を置き、広告等も積極的に打っていきたいので、収益のめどは開発が終わった段階で見えてくると思います。

市場規模に関しては2017年度のCtoC EC市場規模はフリマアプリ市場で約5000億円(前年比58.4%増)で引き続き増加する見込みがあり、オークション市場で約3500億円(前年比約3%増)で、これら二つの市場を狙います。

投資家への還元方法

未定

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる