x 現在名が、このページを閲覧しています。

日本の魅力を紹介したい!日本酒と和食について、ベトナムでのプロモーション及びブランディング。輸出入業務。日本酒バー経営。<起業家:S.OTAさんの投資募集>

起業家 S.OTA さん S.OTAさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:未設定
  • 創業年:2018年
  • 本人確認:
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

静岡県 飲食 受付中 2018/08/07公開

希望調達金額
2,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

私自身は、日本酒とワインの資格を持っており、日本酒の持つ可能性と、海外への輸出について、大きな期待を抱いております。ベトナムには現地の友人・知人が多数おり、日本からの駐在員やベトナム政府関係者とも親交があります。多くの方の協力を現地で得ながら、このプロジェクトを成功させたいと考えております。ご協力、よろしくお願いいたします。

事業計画・事業内容

現在ベトナムでは、日本ブームが巻き起こっており、日本食や日本文化などが、以前にも増して注目されています。ベトナム国内の経済が発展し、国民が豊かになるにつれて、ますます海外の食文化や輸入品への関心が高まっているのです。特に、嗜好品であるお酒は、経済発展と比例して、消費が伸びる傾向にあります。ベトナム国内では、これまではビールと中国酒、国産蒸留酒の消費がメインでしたが、最近ではヨーロッパやチリからのワインの消費が急激に拡大しています。日本食の広まりと同時に、日本酒のベトナムへの輸出量も近年増加の一途をたどっております。しかしながら実際のところ、日本酒がどのような飲み物であるのか(具体的には、焼酎や中国酒との違い、日本酒同士の味わいの違いなど)を、正しく理解して飲んでいる人は少ないのが現状です。日本酒がどのようなお酒であり、日本食とどのように合わせて楽しむのか、ベトナム国内でプロモーションとブランディングができれば、一定の市場を形成することができ、日本からの輸出量も伸ばすことができます。日本国内での消費量が事実上頭打ち状態である日本酒の輸出促進は、日本経済の発展、日本産業の振興にも寄与することができます。また、プロモーションとブランディングの一環として、ハノイもしくはホーチミンシティに、日本酒バーを出店し、飲食スペースの提供と日本酒の直営販売をしたいと考えております。

投資の内訳・起業の際の必要物

営業物件(賃貸)の契約、内装の改装工事、機材・什器の購入、日本酒の輸出入、人件費、プロモーション・ブランディング費用、営業許可の取得などです。近年都心部は、地価が高騰しており、物件の取得に費用がかかるのが現状です。

予想収益

客単価4000円、席数20席で2回転の想定。
原価率30%と見積り、1日の収益は2800円×20×2=112000円。
週6日営業として、112000×6=672000円。
月では672000円×4=2688000円。
年では3225万円。

投資家への還元方法

毎月売り上げの3%をお支払いしたいと考えております。また、現地でお食事の際は、無料にてご提供したいと考えております。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる