x 現在名が、このページを閲覧しています。

現在、市場がヒートアップ真っ只中!米国ハワイ州オアフ&マウイ両島への不動産投資(転売)物件購入資金を募集します。<起業家:トレスさんの投資募集>

起業家 トレス さん トレスさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:未設定
  • 創業年:2017年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン: -

東京都 不動産 受付中 2018/06/23公開

希望調達金額
10億円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

 私自身がロサンゼルスのハイスクールまで在籍した帰国子女である経験を活かして10年程前から米国事業に乗り出した経緯があります。そんな中で現在の提携先である米国事業家(マウイ島在住)と意気投合してパートナーシップを結ぶに至りました。ここで誤解のないようにしておきたいのですが、彼のことを提携先という言い方をするのは私として本望ではありません。私と彼の信頼関係は実の家族以上であり、いわゆる親友とか、それ以上だからです。相手に何か困ったことがあれば助けてやるし、望みがあれば全力で叶えてあげるように動きます。お互いがこのWin-Winの関係にある限り私たちの人間関係は継続すると信じています。

 私たちは出資者パートナーにもお互いが信頼関係になることを望みます。ですから、もし私たちの事業へ出資して頂けるのでしたら投資家の方と信頼関係を作るように私たちは全力を尽くします。出資の金額に関わらず私自身は勿論ですが、米国のパートナーも来日させて席を交えて打合せをさせて頂きます。
 単なる投資家と起業家の関係より、プライベートでも交流があって何でも相談できるフレンドでいる方がぜんぜん楽しいし、事業だって上手く行くと思いませんか?(^O^)/

 なお今回私は日本の株式会社の取締役としてこちらへ参加しており、投資いただく資金についてはその株式会社として運用しますので面倒な国際間送金手続きなどは全てこちらで行います。

 先ほど簡単に紹介したマウイ島在住の米国パートナーは現在、建設会社と設計事務所を営んでいます。現地の不動産業者とも提携をしており、従来はコンドミニアムの競売物件を安価で落とし必要に応じて内々でリノベーションまたはリモデリングを施し価値を高めて売却し差益を得るビジネスモデル、いわゆる不動産転売事業を展開しています。
 うちの強味は何と言っても建設部材をインドネシアから格安で輸入するルートを確保しているだけでなく、改修施工を内々で行うことにより物件の改修コストを大幅に下げることができるので利益幅が大きく取れています。

 彼は元々、サンフランシスコで建設会社を立上げ成功した人間なので米国本土にもかなりの取引先と人脈を持っています。それを活かして今後は米国本土にも事業を拡大する計画もあります。実際に彼には、在サンフランシスコ時代の提携先や友人からシスコへ戻ってもうひと花ふた花咲かせないか!とオファーも入っているんですよ(笑)

 さらに2020年の東京オリンピック開催に向け東京都心部の不動産も動きが活発化しているのを受け、都心部でも不動産転売事業を計画しています。この場合も競売で物件を格安で入手し、ハワイ同様のコンセプトで私のパートナーに改修施工させることで部材コストを下げ利幅を増やします。

 また国内ではある程度以上の改修工事の場合に許認可申請が必要になりますが、すでに国内の一級建築士事務所と提携し、許可申請を担当してもらう手はずは整っています。

 この様にして投資先を分散させることでアセットアロケーション(分散投資)を行います。同じ不動産投資であっても投資先を2つ以上(日本とアメリカ)に分散させることでリスクヘッジを行う意味合いがあります。

 それだけではなく、さらに私のアイデアで「ハイブリッド不動産投資法」があります。これは転売用の物件を民泊として運用することで、不動産転売に付きものである物件を売りに出した後に手が付くまでの空白の時間を埋める事ができます。特に都心の物件であれば宿泊施設の不足からしても大きな需要がありますので、ハイブリッド投資法を使うことで不動産購入リスクをほぼゼロに近くできると見込んでいます。

 勿論ですが、都心の物件だけでなくハワイなど米国不動産においても同じコンセプトにより購入リスクを下げることで確実なリスクヘッジを行います。

 大切な資金を投資して頂くのですから、リスクヘッジの体制を取ることは大変重要だと考えています。

 私とパートナーは常に意識を広く大きく持ちながら地域や業界に捕らわれることなくチャンスがあればいつでもチャレンジできる体制と行動力を兼ね備えています。

 日本人投資家の方にとって、私たちとパートナーになることで押しも押されぬ世界最大の米国不動産市場へ出資できるまたとない機会にもなります。

 是非、ご検討ください。

事業計画・事業内容

当社が米国企業と提携し事業展開をしている不動産転売における不動産購入資金を募集します。

当社の提携先である米国企業は建設業および設計業務を営んでいます。現地の不動産業者とも提携をしており、従来はコンドミニアムの競売物件を安価で落とし必要に応じて内々でリノベーションまたはリモデリングを施し価値を高めて売却し差益を得るビジネスモデル、いわゆる不動産転売事業を展開しています。

うちの強味は何と言っても建設部材をインドネシアから格安で輸入するルートを確保している所です。これにより物件の改修コストを大幅に下げることができるので利益幅が大きく取れています。

不動産購入資金に余裕があればコンドミニアムではなく個宅物件を手がけることができるので、1件辺りの利回りが大幅にアップします。

さらに世界一のラグジュアリーリゾートとして名高いマウイ島ラハイナ地区に土地開発プロジェクトを計画しています。面積およそ6エーカーの敷地に複合商業施設(テナント)とレジデンシャル住居施設を建設し分譲マンションとして販売します。このプロジェクト開発費用に土地購入資金を含め約5億円を見ています。

投資の内訳・起業の際の必要物

・マウイ島ラハイナの複合施設開発に約5億円。

・マウイ島、オアフ島、東京都心部の競売物件購入資金と、そのリノベーション費用に合計約5億円。

不動産転売プロジェクトは購入資金が小口1000万円台〜上限約5000万円です。プロジェクト全体で合計10億円の資金ですが、各プロジェクト1口毎へ個別での投資も承ります。

予想収益

・ラハイナ複合施設
分譲マンション販売収益:約3億3千万円
商業施設テナント収益:5〜6百万円/月

・不動産転売収益:約2億円(1年目)

投資家への還元方法

事業プロジェクトの総合純利益から当社60%、投資家40%の比率で配当します。※純利益は米国における税引き後の利益です。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる