x 現在名が、このページを閲覧しています。

パソコン仏壇と位牌堂のシステム販売<起業家:アクアステラさんの投資募集>

起業家 アクアステラ さん アクアステラさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:未設定
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

福岡県 IT・通信 受付停止 2018/01/22公開

希望調達金額
700万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

経歴といたしましては、大学卒業後、大手アパレルから転職し不動産会社の営業を致しておりましたが、30代に飲食業に興味を持ち脱サラいたしまして、某温泉街に飲食店を開業いたしましたが、嫁の実家のお寺が手伝って欲しいと言うので僧職に着きました、私の実家も寺なので、僧職には抵抗も無く着きましたが、一昨年に義弟がお寺を継ぎ、それと同時に、私も独立し会社を立ち上げました。事業内容は、整骨院の経営と、からあげ専門店の経営を致しております。嫁の実家のお寺の監修も手掛けています。お寺は縁結びの寺としてマスコミ等に宣伝を手掛け、福岡では名物寺として知られるようになりました。異色の経歴ではございますが、若い時からアイデアを出したり、企画するのが大好きで好奇心旺盛なのが自分の取り柄だと思っております。嫁が画家ですので、店舗のマスコットを考えたり、店舗のデザイン等にも興味があるます。自分の良い所は取り込む姿勢には自信があります。欠点といたしましては、熱くなり過ぎるところがあるのと、情にもろいところがあるみたいです。

事業計画・事業内容

仏壇と位牌堂を自宅のパソコン、スマホでお参りできたり、法要の動画配信やメール配信などを出来るシステムをお寺に販売いたします。

自社サイト:羅院http://onrain.jp/

位牌(いはい)とは、死者の祭祀のため、死者の戒名などを記した木の板をいう。
中国の後漢時代から儒教の葬礼に用いられる神主(しんしゅ。死者の官位・姓名を書く霊牌。)と同視されたため、「位」牌と呼ばれる。またその起源は、霊の依代(よりしろ)という古来の習俗と仏教の卒塔婆が習合した物ともされる。日本には禅宗と共に鎌倉時代に伝来し、江戸時代に一般化した。位牌、仏壇のことについて知らない方が昨今、増えつつあります。身近な人が亡くなったときは、四十九日法要までに位牌、仏壇を準備します。
ネット位牌堂とは、自社のネット会員になっていただき、各自の過去帳及び供養をネットで管理、ユーザー様のパソコンを通じて各自の位牌堂のお参りや法要の模様を動画にて配信いたします。
家庭の事情で位牌、仏壇を祀れないお宅が昨今多くなってきています。
そんな方々のために、パソコンの中で位牌堂を持っていただき、供養をして頂くのが、バーチャル位牌堂です。
お寺管理の現実
地方の過疎化・檀家の高齢化、さらに近年では仏教そのものの信仰心が薄れ、これまで安住していた寺院も、安定した収入基盤が崩れ、特に急速に過疎化の進行する地方のお寺は、深刻な問題となっています。
仏教が衰退していったのは、なにも地方の過疎化や、お寺を支えてきた檀家の高齢化などの社会構造の変化だけの問題ではありません。
寺請制度以降、所属の檀家は、離脱することもなく、また次の世代へ受け継がれてきたため、お寺としては自らが布教活動をしなくとも自然と収入が見込めたわけです。
しかし、多くの寺院は、それまでの安定した生活にあぐらをかき、改めて仏教を伝教していこうという努力を怠った結果、徐々に他宗教に魅力を感じ、宗旨変えを考える人たちも増加していきました。
近年になり、「どこの宗教にも依存しない」という無宗教の考え方も増えつつあり、お寺を取り巻く環境は、ますます厳しいものになっています。
それでも長きに渡り、日本の仏教を支えてきたお寺の存在は大きいですし、閉鎖的なお寺ばかりではなく、所属の檀家や地域の活性化のため、日々活動するお寺や、このような状況に、危機感を持って改革にまい進する住職もいます。
出典 http://iitera.net/oterakanri.ht
そこで恩羅院では、時代に合ったお寺の新しいビジネスチャンスをご提案致します。
変化の激しい現代においては、将来の環境予測は困難で、多くの不確定要因を抱えています。歴史や宗派、個々のプロセスを守りつつ、その中でインターネットというツールを最大限活用し、お寺のビジネスを創出します。実際、恩羅院をご利用頂く世代は幅広く、年齢や体力に不安を抱え満足にお墓参りが厳しい年配の方や転勤や出張が多く納骨堂や霊園そのものの利用が厳しいサラリーマン世代、納骨堂に抵抗があったり維持費の出費が今は厳しい若者世代、様々な理由でお問い合わせ頂きます。まだまだ認知度は決して高くありませんが、WEB供養需要はこれから確実に伸びていくと確信しております。
現在、恩羅院で行っている事をモデルケースに貴方様のお寺でも、取り入れてみませんか?宗派、供養の種類等は、住職の意志を最重要視し、唯一無二のウェブ寺造りを、恩羅院では全面バックアップ致します。まずはお気軽にお問い合わせください。
世代を越え、ウェブ寺を選ぶ理由がそこにはあります。大切な檀家の為、代々受け継がれたお寺に眠る命の為、変化に即した新たな可能性の価値を創造出来る、それがウェブ寺です。


今回の計画のセールスポイント(商品・サービスの優位性、等)
恩羅院バーチャル寺院のシステムの販売。宗派は問わず全国の寺院
      システム販売価格  240万円(税込み)

寺院のセールスポイント
各寺院様の信者様に。パソコン仏壇のシステム販売、祈願の受付をネットで受注に寺院の売り上げ向上への提案。

投資の内訳・起業の際の必要物

資金計画恩羅院
初期投資額
WEB構築費 200万円
広告費パンフレット等 50万
営業所開設費 200万円
開業前仕入資金 万円
開業前人件費 100万円
開業前経費支払資金 50万円
特許権 100万円
合計700万円

予想収益

開業1ヶ月目
①売上高 400万円
②売上原価 200万円
③売上総利益(①-②) 400万円
④人件費 80万円
⑤家賃 10万円
⑥水道光熱費 3万円
⑦広告宣伝費 10万円
⑧消耗品費 1万円
⑨その他経費交通費 40万円
⑩経費合計(④~⑨) 104万円
⑪営業利益(③-⑩) 96万円

開業2カ月目
①売上高 600万円
②売上原価 300万円
③売上総利益(①-②) 300万円
④人件費 100万円
⑤家賃 10万円
⑥水道光熱費 3万円
⑦広告宣伝費 10万円
⑧消耗品費 1万円
⑨その他経費交通費 60万円
⑩経費合計(④~⑨) 184万円
⑪営業利益(③-⑩) 116万円

開業6カ月目
①売上高 1200万円
②売上原価 600万円
③売上総利益(①-②) 600万円
④人件費 160万円
⑤家賃 10万円
⑥水道光熱費 3万円
⑦広告宣伝費 10万円
⑧消耗品費 1万円
⑨その他経費交通費 60万円
⑩経費合計(④~⑨) 244万円
⑪営業利益(③-⑩) 356万円

投資家への還元方法

売り上げの3%を支払います。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる