少子高齢化時代の、不動産ビジネス。地方への大量移住、地価の下落、彦根でゴールドラッシュ?!住宅付きAI農家15000戸

起業家 シンンタンク日本 さん シンンタンク日本さんのプロフィール画像

  • 性別: 男性
  • 年代:未設定
  • 創業年:2010年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前

大阪府 不動産 受付中 2017/12/29公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

当社の不動産担当
大阪府出身
1971年生まれ
建築現場の職人 住宅営業 現場監督 業界最大手積水ハウス(株)に12年間勤務。
2008年より不動産投資を開始し7年目の2015年当社シンタンクに参加独立。
不動産賃貸事業 賃貸コンサルティング事業 相続対策に関する
不動産活用など自ら実践し得たノウハウを生かす。



100年に一度と言われたリーマンショックを見事に乗越えて着実に成長。
今までに5000万~3億規模の物件を10棟取得。
2棟の物件と区別所有の売却に成功しキャピタルゲインも確保。
現在5行の金融期間と取引。
学歴や資産がなくてもやる気と行動次第で10億超の資産
と1億円の家賃収入の基盤を構築し運営できる事を証明。
しかし・・・・はやりのサラリーマン大家、土地価格の下落予想、不動産は持たない、借りる時代
に時代のふしめが大転換していくと予見。ローンを組める人間の数、都市部でも家賃収入が減っている
ことがなによりの証拠。

事業計画・事業内容

スキームについて、ファイナンス(資産運用)担当との出会いで、
既存の不動産投資はいずれ崩れることを予見。リバースモゲージローンを今のうちに利用して、
http://suumo.jp/journal/2013/05/29/44845/
キャッシュを確保しつつ、家賃収入やローンの借りてが維持される都市部へ移動(老人ホーム含む)
銀行の貸し倒れなど景気や生活に関係ないし、土地路線価が下がる。
人手不足のところに若者は大量移住。 


地価下落:バブル崩壊後と変わらない公示路線価の謎 時代の大きな変化
現政権は団塊の世代の票と意思で支えられている。つまり、彼らの時代のライフスタイル
マイホーム、車、お受験‥ を無理やりに保つためには、路線価の高く維持する必要がある。
2025年、もう目の前の時代では、団塊の世代が後期高齢者になる。年金生活者が80%以上になる。
一つには、ライフスタイルとステータスの変化。家、車は借りる時代となっている。
二つ目には、路線価維持の必要性がない。欲しい(需要)人が激減するため、家も車も価格を落とすのは経済原則。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42250?page=4

投資の内訳・起業の際の必要物

★AI農業 ゴールドラッシュの現場は?
農業はAI時代には、昔の3kのようなものは存在しない。良くも悪くも、人の移動が「閉鎖的」「暗い」
「娯楽がない」「仕事がない」田舎をベットタウンに帰る。
「閉鎖性はない」「機械Ai農業は明るい」「娯楽はネット」「仕事は兼業農家」となる。

将来性 地価の下落、土地持ち=金持ち は逆転する。地方への大量移動。兼業農家に広い家が建つ。
時代の大転換における、人の大量移動は圧倒的優位な商機。少子高齢化社会が解消する?50年は続く。

回収 農家は手堅い。景気によらず、食べ物は世界的にも不足している。加えて、建築会社の収入15000戸。
収益性 計算に直すと、概算できる。農家収入平均450万×1万世帯+1万世帯×800万(建築費)=1250億
仮に、3000世帯でも400億である。
撤退ラインなど、いわゆるリスクは少ない。農業器具やその他融資や貸し倒れリスクは銀行にある。


投資の内訳
移住者を集める いわゆる集客コスト ”ゴールドラッシュ彦根”を告知するセミナー
講師,運営事務、その他人件費オンリー
 10名×500万=5000万円
*ただし、当社社員が先に移住”するので、めぼしい一部土地の売却益は得られる。

予想収益

★ゴールドラッシュ彦根 地価下落、大量移住が生む
地方都市が劇的な勢いで、人口を増やしている。ドーナツ化現象は都市部で買えない人が、郊外に家を買うことで
起こったことだ。今は、都市部は借りるのも高いから、郊外で借りて住むなのだ。
姫路が50万人から100万人、大津が万人、さらに遠く、彦根、近江八幡市でもこれが起こりつつある。景気の良しあしに関係なく、
買うではなく、借りる。そして、多少不便でもなるべく安い地方へと人は移動する。
不動産経営者ではなく、消費者が直感的に地価の下落、地方への移動、行動している。
★事業モデル収入スキーム
本事業の核となる部分だが、兼業農家が増えることで、生産地としてかつ、二次ベットタウンとして
栄える、お金の周りがよくなる。
都市型経済発展から、地方型経済発展へ。
地価の下落(地方の下落率は小さい)、借りる時代という要素が、かつての地方都市の耕作放棄地が農地法改正
と時代の趨勢に拍車をかけて、彦根市だけで15000戸の農家へ生まれ変わる。そこには、住宅やマンションへの
大量に生まれ変わる。
市町村との連携で、移住者への農家の土地継承で、教育100万円/戸、仲介手数料6%が発生する。
建築会社を設立して、建築収入200-300万/戸を得る。もしくは、家賃収入を得る(5万/月)。×15000
*積水ハウスURL 初年度から億単位のビジネスになります。

投資家への還元方法

1 月配当4%
2 年間利回り6%
3 農地つき住宅 抽選
4 農家の売り上げの4%

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

2018年1月12日(金) 0:00~2:00の間、サイトメンテナンスをおこないます。
※メンテナンス時間については前後する場合がございます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

ページ最上部へ

メニューを閉じる