x 現在名が、このページを閲覧しています。

国宝級の価値を持つMADE IN JAPANの製品を世界のセレブに販売<起業家:minz1966さんの投資募集>

起業家 minz1966 さん minz1966さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:50代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

岡山県 新ビジネス・商品 受付中 2017/10/08公開

希望調達金額
1億円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

高校を卒業後にブランドアパレルのイッセイミヤケに就職。

最年少で売上成績優秀にて店長に抜擢され、その成果を見ていたテナントビルのマネージャーから「販売代行しないか?」と言われ19歳にて最初の起業。

収入は少なく、自分の乗ってる外車を転売して稼ぐブローカー開始。

友人一緒にある程度のお金を作り、ドイツからポルシェの中古の輸入を開始して成功。

コンテナをチャーターし、車が確保出来ない時にはイギリスの古い建物の解体の際に出る建築資材を詰め込んで販売開始。

その展示場代わりのレストランも開業。客入りもよく2年で資金を回収

その後仲間割れをして、また一人でイタリアブランド服のアウトレットショップを開業、駅前のダイエー系のテナントにも出店をして、まずまず順調だったが、ある日税務署から「税金を払っていません」

すぐに払えるお金が無いどころか、借金もあり、貯金が僅か。慌てて従兄弟にお金を貸してくれと嘆願。

しかし、元々学習塾を経営していたが、私がブローカー時代に中古車を卸していたのがキッカケで、中古車販売業に転身していた従兄弟に言われました。「今のオマエじゃ経営はムリだ、借金を立て替えてやるから、オマエがキッカケで始めた中古車販売店を手伝えよ」そう言われ社長と専務と私の3人しかいない会社に吸収合併。

その後10年で、イタリアメーカーの新車ディーラーになり、責任者として従事し、最後は従業員40名で年商10億越えの企業にまで成長。

新社屋と工場を建てる打ち合わせを銀行としている時に会社の預貯金が3億もある事を知り、自分の年収と割りが合わないとケンカをして退職。

2001年に設立したのが、今でも経営をしているマニアックな少し古い輸入車をNETで販売する事業で起業、NETで売る為に学んだ様々な知識を教えて欲しいと頼まれ出し、講師コンサル業も2008年から開始。

その顧問先からの依頼で出会ったご縁から、繋がったのがこの新規事業です。

息子二人も独立し、残りの人生を賭けるに値する事業だと一念発起して出資をお願いする次第です。

親や息子や孫に誇れる仕事をしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

事業計画・事業内容

京都の清水寺、浅草の浅草寺など国の重要文化財や国宝の補修を依頼され、全国を飛び回る超絶技巧の職人集団と、日本のデザイナー、日本の素材を駆使した最高峰のジャパンクォリティを、ハイブランドラインで世界に届ける製造販売会社の創業資金を求めています。

私がコンサルタントとして、顧問先の企業からの依頼で、商品開発のアイデアを出す行程で、高名な僧侶から紹介されたのが、京都の仏壇仏具の製造に携わる職人たちでした。

神社仏閣で見かけたり、食器としての漆の装飾品は見慣れていましたが、その職人達が連携をして製造した品物を見た時に衝撃を受けたのです。

それは、それらの職人たちを束ねる人物が日本伝統工芸士会作品展に出品し、入賞をした作品【平安型前机】でした。

http://kougeihin.jp/system-manager/wp-content/uploads/20161202_ichiran.pdf

その素晴らしさに私は目を奪われたのです。

そして、マーケティングのコンサルタントとして、質問をしたみたのです。

「こんな超絶技巧の調度品は、国内外で需要があるはずですが、どこで売ってるんですか?」

その答えは「出品用に好きな物を作っただけで、どこにも売ってない」と言うなんとも、もったいないお返事でした。

日常のお仕事は、神社仏閣や国からの補修の依頼や、仏壇仏具メーカーからの依頼を受けている下請け仕事ばかり。

仕事はあるにはあるが、この先、需要は落ち込む一方で、報酬もそれほど多くないので、若手の育成もままならないし、危機感を感じているとの事でした。

そんな経緯で「どうにかしてくれないか?」と言う事でお引き受けした次第です。

確かに、そんな技巧をそのまま仏壇仏具の感覚やセンスで作っても、本来の目的で購入する人か、物好きな外国人しか買いません(苦笑)

知人の僧侶が、仏具をe-bayで販売しており、顧客のオーストラリア人の男性に「新品の仏壇が欲しい」と頼まれて500万弱の仏壇を販売して、とても喜ばれた話しを以前訊いていたのです。

これは外国人から観たら仏壇とてCOOLなデザインと装飾のインテリアだと認識している事が判ります。

ならば、モダンなデザインに伝統工芸の技を施したCOOLなインテリアやオブジェに需要があると確信したのです。

それを世界に届ける事業です。

投資の内訳・起業の際の必要物

商品開発(デザイナーや建築家や作家募集や契約)
商品製造(職人や木工・金属加工会社に確認済み)
プロモーションとブランディング(動画・WEB等のプロ人脈有)
海外出展(経産省やJETROの支援や助成金補助の専門家人脈有)
人件費や出張旅費等(地域や状況で変動)
事務所開設賃貸料(無店舗販売だが信用として固定事務所が必要)
保管や撮影用倉庫賃貸料(商品保管と撮影などのスタジオ兼倉庫)
受注のシステムやプログラムWEBサイト作成費用(他社流用可能レベル)

考えられる支出は様々ありますが、まず一番資金を投入するべきは商品生産(在庫確保)とブランディングだと考えています。

良いデザインの高品質な商品を一定数生産し、認知を広める為に国内外にプレスリリース・海外の消費者やマスコミ向けの見本市や展示会に出展。

国内では、自治体や業界団体と連携してアート展(インテリアのくくりではなく芸術として位置つける為)の開催などを視野に入れてます。

世界中で、一年中開催されているので、内容や客層を厳選しながら、世界中のセレブに現物で衝撃を受けてもらい、マスコミに取り上げて貰う事が最大で、最安値のブランディングと考えています。

当然、その間もWEBサイトでSNS広告などで、世界中の人々に、認知を広めていきながらです。

旧態依然のハイブランドのように、百貨店に出店したり、一等地に基幹店をオープンするより、最終的には経費がかなり削減されると思います。

ただし、その間は販売自体が出来ませんので、展示品の予約やオーダーを取りつつ進めていきたいと考えています。

また、その間も継続をして、生産をしていかないと、殆どが手仕事なので時間が掛かってしまいます。

その間のランニングコストも持ちこたえなければなりません。

また、海外に出展する費用も場所や状況で非常に流動的ですし、助成金の類は、その後に支給されるなどが多く、やはり先行出費は必要です。

2020年を控えてCOOL JAPAN関連や伝統工芸関連の助成金はたくさんあるので、ぜひとも活用はしたいのですが、それは専門家に相談をして、どのような企業体でするべきか?(株式会社や業界・企業団体の体が良いのか要確認の上で設立)それは今後検討する必要があります。

いずれにせよ「資金が多ければ回収の可能性が高く早い」としかお答えが出来ない状況です。

予想収益

販売単価は、高級ブランドインテリアメーカーの更に上を行く価格帯で、数十万~数百万の商品群で販売をする予定です。

これは、世界中に一定数必ず存在する、値段は気にしないで、同様のカテゴリ内で、世界で一番高いモノ、世界で一番品質の良いモノ、世界で一番ステータスの高いモノ、世界で一番美しいモノを買う(買える)人々のみを対象とした設定です。

また、世間のハイブランドと同様に、原価率は非常に低い水準に抑えるつもりでおります。

私自身は、過去にイッセイミヤケ・アルマーニ・ベルサーチの販売をしていましたし、その後はフェラーリ・ランボルギーニ・マセラティの新車ディーラーで店長でしたので、その内情は知っています。

それらのハイブランド商品は、原価が高いから売価が高いワケではありません。

ブランディングされて、ステータスが高いから売価が高いだけ。

イタリアの洋服の縫製の悪さは有名ですよね(苦笑)

また、90年代までのフェラーリは、シャーシはしっかりしてますが、エンジンはレースカーのディチューン(市販車化で性能を下げている)でボディも張りぼて、内装などは肌に触れる部分は本革ですが、その他の部分は同色のフェイクレザーです(苦笑)

顧客は、フェラーリを買えるステータスにお金を出している。

それと同様に、日本の素材、日本の工場品質、日本の超絶技巧の職人技を融合した、セレブにしか買えない商品で、利益率が高く、尚且つ経費を抑えた最良の方法で製造販売をし、3期目で5億円超え、5期目で10億超えないしはM&Aか上場を視野に入れてます。

同業他社の売上高より少ないように見えますが、WEBやITを駆使した、マンパワーに極力頼らず、大型店舗・自社工場や人件費や広告費などが無いため、収益構造としては、かなり良いと思われます。

原価率はコントロール出来ますが、売上に関しては必要経費が幾らかけられるか?により大いに左右されます。

手作りの製品なので、設備投資や人件費にそれを割くのか?それとも外注先の発掘でそれを凌ぎ、マーケティングに資金を投下するのか等々、資金面で変動する要素が多いと考えております。


投資家への還元方法

還元方法については、出資者の方とお話合いの上で決めて行きたいと思っています。

この事業には日本に自信と誇りを取り戻し、日本の宝である伝統工芸の職人と共に、成長していきたいと言う想いがあります。

また、上記のように長期的な視野で最重要課題に資金を集中投入し、少しの期間は回収が出来ないと思います。

ですので、短期で回収などの形や融資と言う形は取りたくありません。

また、とっかかりは京都の仏壇仏具の職人達ですが、日本には、他の分野でも、それぞれに継承し残したい素晴らしい技術があるはずです。

それらを発掘し、プロデュースをしていく事で、無限の可能性があり、また安定した成長をしていく事が可能であるとも考えています。

また、自身で輸入中古車販売会社と、講師コンサルタント会社を経営しておりますが、数字に関する事は極めて苦手ですので、資金や財務会計面、法務や輸出入関連などなど、総合的にバックアップし、経営に参画してくださる投資家の方を希望します。

それと、船頭が多いとなかなか前に進むのが大変になりますので、大口の投資や出資が出来る方や、様々な分野で専門性を持ってバックアップしてくださる方と、少数精鋭で進めて行きたいと考えておりますので、小口の資金提供しか出来ない場合は、お申し出をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

いずれにせよ、出資や投資に関しては、何の知識も経験もありませんので、識者の方のご意見やお申し出をお伺いしながら、末永くお付き合いいただける投資家の方と二人三脚で、この事業を前に進めて参りたいと考えております。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

・資金を集める事業計画書の書き方
・銀行融資の審査を通すコツ
・日本政策金融公庫の融資審査を通す7のコツ

1,000万円の資金調達も可能なので、
今すぐLINE追加してチェックしてみてください。


友だち追加

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる