x 現在名が、このページを閲覧しています。

BTC(ビットコイン)を使った不動産事業!!<起業家:なんりさんの投資募集>

起業家 なんり さん なんりさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:60代以上
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 未確認
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン: -

福岡県 その他 受付中 2017/03/15公開

希望調達金額
3,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

私は、不動産業を39年間続けておりますが、営業では常にトップです。大卒で東急に入社しましたが、退社後約30年になりますが、私の成績を追い越した営業マンはいません。また東急退社後、福岡の「有限会社山一不動産の代表取締役専務」の座につかせてもらいましたが、半年で社員1名から25名に成長し、東急4支店、三井のリハウス?支店だったか忘れましたが、単独店舗で完全に追い抜き福岡の不動産売買仲介業者のトップに踊り出ました。今回は、まだ予測不能の「暗号通貨」の世界に入っていきますが、私は現在の世界情勢を勘案すると「保護主義」に先進国は進みますので自国通貨を発行できない、発行できても外貨と交換できない発展途上国の通貨の資産家は、皆安心できるビットコインに資産を転換し、為替レートの激しいビットコインから先進国(日本)の安定した家賃を生み出す日本の収益物件に寄ってくると判断しました。(レジデンシャルの場合NOIで5%まで行くはずです)そこで今回は他の暗号通貨ではなく「ビットコイン」で不動産の売却を判断しました。
この事業を成功するには、難関がいくつもあり、そもそも人民元を数千万以上~ビットコインに交換してくれるバイヤーが居るか、(これは見つけ出しました)、また「人民元」は偽札が多い為、一度中国内の銀行経由で確認しなければなりません。ところが、「元」を一度中国の銀行に預金すると払い出しが出来なくなる可能性があります。現在実験中ですが、私は中国で合計3年間くらい事業を行い住んで居ました。当時の友人に依頼すれば「元」を「円」に変える事は簡単です。億単位でも1日で真空パック入りの「円」を持ってきます。あとは、どうやって日本に持ちこむかですが、香港経由もあれば、シンガポールの銀行送金もあります、最悪地下送金も使えますので、共産党の思惑だけで我々の事業が、不安定になる事はありません。ただし、中国のコンプラに引っかかる可能性がありますので、当社はあくまで「広告代理業」を装い、実業はもう一社会社を設立する必要が生じるかも知れません。現在は、日本のコンプラにも中国のコンプラにも抵触しませんので、早くスタートしたいと思っています。

事業計画・事業内容

現在中国人は、銀行に預金すると払い出しに理由をつけなければなりません。したがって箪笥預金で貯蓄をしている状態で、人民元がいつ暴落するか判らない状態で共産党の指示次第で銀行に預けた預金は払い出しが出来なくなる不安と暴落の不安を抱えています。彼らは、そのような金融危機に対して資産を安定した海外にシフトしたがっています。そこで、日本の家賃収益の入る3千万~3億くらいの不動産を買いたがっています。しかしながら、外国送金は一人、年間500万円までと制限されていますので方法論としては、btc送金、香港経由送金、地下銀行送金、の三種類しかありません。しかもただ当社に送金しただけでは、当社が「円」を預かるだけになります。そこで、中国人名義の不動産、特に家賃の入る収益物件が人気があります。収益物件としては2千万~上は、天井無しで数十億の物件でも購入する事ができます。
当社は、まずはbtcで集客し、大口の数十億の物件購入を薦めたいと思っています。当然の事ながら、億単位の物件の仲介手数料金は千万単位になりますから当社利益も大幅に伸びていきます。現在、人民元で不動産決済をしている会社は、1っ社しかありません。我我は後追いになりますが、今ならチャンスが十分残されています。
つまり中国在住の中国人の資産を「日本の不動産に転換」する事を目的としており事業の展開をしていきたいと考えております。私はbtcにこだわるわけでは有りませんが、「暗号通過」の未来性を考えた場合、「取引所」の資格は取っておくべきだと考えています。(現在難民を装った小金持ちの中国人が物凄い数で日本に押し寄せています)

投資の内訳・起業の際の必要物

必要な内容は、「広告代」と「人件費」です。人件費の中で完全に日本語が話せる中国人が最低1名、後は一般の不動産屋の社員と内部(特にHPを毎日更新しますので翻訳の中国人1名)が必要となります。事務所は、現在私の関連会社を使うように交渉しています。特に、「レインズ」(不動産会社だけが引き出せる物件情報)を、利用すれば「売り物件」は無限になります。出来れば車両1台があれば、成田でも羽田でも迎えにいき、そのまま物件案内が出来ます。(私の会社が使えない場合は、宅建業の免許取得が必要になります)
資金に余裕があれば、btcを数千万安い時期に購入しておき、中国から送金されたbtcを現在価格マイナスプレミア2%くらいで換金できますから、資金は大量にあった方が収益率はあがります。これは「取引所」の認可は必要ありません。場外での個人取引になります。
また良好物件であれば当社で買い取って、上乗せして売る事が理想的ですから「余裕資金」は多いほど収益は伸びます。

予想収益

これが一番難しいアンサーで少なくともセットアップ時点で1年間の余裕資金があれば(約3千万)赤字にはなりません。では上限はどの程度かというと、年間数億は伸びると思います。私の目指しているのは、あくまでIPOです。マザーズでの上場では経験がありますので、おそらく4~5年で上場できる筈です。
その時の時価総額は、最低300億以上になりますので、投資家は充分手ごたえのあるリターンだと思います。

投資家への還元方法

これも二通りありまして、あくまでIPOを狙って上場株の売却によるキャピタルゲインを期待するなら、毎月の収益から還元するのは、無駄です。IPOに時間をかけるだけでまったく意味がありません。しかし、投資家の性質上、毎月の配当が必要であればそれは応じなければなりません。この問題は投資家が判断して投資に応じるかどうかだと思います。私の考えでは「暗号通貨」の取引所でIPOを果たした会社はまだありませんので、我々はその先駆となり得ます。その理由は、ほとんどの「取引所」は、単なる通貨売買のわずかな手数料を中心に行っておりますが、当社は、不動産取引を目的としておりますので、金額の桁が違います。したがって、大口場外取引のOTCに参加出来るのは時間の問題です。現在億単位でOTCを行っている日本の「取引所」は、数社しかありません。そこに数千万~数億の場外取引を毎日のように持ちこめば、当社は、「場外取引」OTCの日本トップとなります。この手数料も莫大な収益をもたらせます。そして、小口の取引でも有名になり後発ではありますが、目的が暗号通貨の取引手数料だけではなく、不動産取引で他の取引所から大口btcの案件が舞い込むようになります。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる