x 現在名が、このページを閲覧しています。

「日本コンテンツ」×「cyber」 海外ユーザーへの日本商品のDX化による、新たな価値の提案<起業家:JAPAN POWERさんの投資募集>

起業家 JAPAN POWER さん JAPAN POWERさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:30代
  • 創業年:2020年
  • 本人確認:
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

滋賀県 販売・ショップ 受付停止 2022/11/22公開

希望調達金額
2,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

<私自身について>
私は元々トーマツグループで人材育成関連の
経営コンサルタントとして企業経営陣に対しサポートを行なったのち、

経営企画として、外食産業の経営に参画。
2店舗から13店舗まで多角化によって引き起こる諸問題に対応し、
売上規模10倍まで業績をUP。

店舗運営の基礎、マニュアル作成、人材育成、SNS運営・ブランディング、店舗運営など多岐に渡り従事。

その中で日本の「食文化」の奥ゆかしさや可能性に魅せられ、
日本の素晴らしい文化を世界中の人々に
もっと気軽に知ってもらえる機会や
体験できる場を提供することが、
今後の日本経済における主観産業になり得るポテンシャルがあると感じ、
創業を決意。
現在の創業に至る。

事業計画・事業内容

【インバウンドユーザー向け免税機能のHUB ECプラットフォーム】

「課題」 
①日本製だから売れる時代ではない
 →(Made in ◯◯日本は世界第8位)
②海外市場での売上構成比は7割近い企業が10%以下
 →現状ECでの海外販売を行ったことのある企業割合は約60%近いが、BtoCのEC販売額は企業全体の売上構成において10%以下と極めて低く、海外での成功率は30%に満たない。
③インバウンド客の日本国内での不満
 →コミュニケーションが取れない不満が高く、飲食や小売店での多言語対応スタッフの不足が課題である。
④規制や禁止品・送料の問題
 →各国により輸入規制や、禁止品目などがあり、最新情報に対応しなくてはならない。


これらの課題を解決し、日本製品がシームレスに売れる世界を実現させる


日本を取り巻く越境EC市場は年々拡大傾向にあり、
対中国、アメリカ2カ国で合計3兆3,000億円規模取引実績があり、
日本製品は積極的に購入されている。

「理由」
・日本国内でしか購入できない商品
・日本製ではなく、ゲームや玩具など、ブランディングがあり、魅力的な商品

これらの購入理由を緩和見て、
売れる環境での訴求をファーストステップとするべく
プラットフォームをローンチ。

【生み出される効果】
・2030年に6000万人を目指し、次世代の主幹産業とも言える
インバウンド領域のユーザーに対し、
日本全国の優れた商品をリーチすることができる。

都市部に集中している人流に対し、地方商品を訴求することで、
地方への集客につながり、地方に経済波及が及ぶことで
地方創生の一翼を担うことが可能。

・海外の場合販売制限があった商品群もアプローチ可能なため、
食品やサプリ・スキンケア商材、低価格商品も訴求可能になる。

・コミュニケーション不安に対し、多言語化アプリで対応し、
商品の基礎情報だけでなく、生産者の想いなども伝わる他のECと一線を画した内容へ。
→外国語対応の人材配置がなくてもクレジットでの決済まで対応し、
【観光DX】への促進にもつながるビジネス。

投資の内訳・起業の際の必要物

投資の内訳としては、
①「システム構築費用」
②「コンテンツ提供企業の開拓活動」にブーストをかけるべく、人材の採用費用と人件費(研究開発費、販売促進費)
③広告宣伝費用として。

①システムに関しては、スマートフォン向けアプリケーション(Android中心)の開発を予定。
通常のEC機能だけでなく、
「重要個人情報の読み取り機能」や「国別に表示される商材や情報の変化」を盛り込み、
対象国の輸出入禁止品や宗教に対してのトラブルなどに対応。
世界におけるSNSトレンドを取り込みつつ、
活字での商品説明よりも、ショート動画をメインとし、
より日本の製品情報に特化したアプリの開発を目指す。

②開拓活動に関しては、DtoCでの販売拡大を目指すメーカーや生産者と、
BtoBでの小売先として海外での販売拡大を目指す企業を中心に開拓を拡大。

③現状テストマーケを兼ねて東南アジア市場から開始しており、
5年以内に1,000万ユーザーへ。
日本へのインバウンド予測2030年6,000万に合わせ、
東南アジアでのムスリムエリア、英語圏での集客を初期は検討中。
広告費用として、SEO対策、各種広告出稿、SNS広告・運用などの露出により、ユーザーを取り込む。

予想収益

キャッシュポイントとしては、
①企業広告費
②販売手数料がメインとなり、BtoCのお金の流れ。


①企業広告に関しては、来日インバウンド客への
製品プロモーションコンサルティング費用。及び運用代行費用。
(言語対応、動画作成、記事投稿、広告など)
月10万円〜の料金設定となっており
100社クライアントによりで年間12,000万円〜の売上見込み

②販売手数料に関しては、
売上高に対して10〜15%手数料を計画しており、
インバウンド客の商品購入費からの手数料もしくは決済手数料+送料等

→100万ユーザーがサイトを通じて購入した場合、
インバウンド客平均お土産購入額57,000円の50%を想定
=総売上規模285億
→弊社販売手数料(10%の場合)
=28億5,000万円

投資家への還元方法

希望形態は
①投資
②社債
③融資の順で希望

現ラウンド:SEED
チーム:今後システム、商社出身をassign予定。
プロダクト:システムに関しては、大手ECシステムを構築された人物での見積りをもらっている状況
トラクション:企業側へのテストマーケを兼ねての営業実施中
エグジット:IPO上場予定(日本、アメリカ、香港など検討)
今後のエクエティ:シリーズAで10〜20億、シリーズCで30億もしくはPreIPOを予定※

※あくまでグロースの予測

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

・資金を集める事業計画書の書き方
・銀行融資の審査を通すコツ
・日本政策金融公庫の融資審査を通す7のコツ

1,000万円の資金調達も可能なので、
今すぐLINE追加してチェックしてみてください。


友だち追加

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる