x 現在名が、このページを閲覧しています。

eSportsをもっと身近に!ゲームがうまければお金が稼げる時代を創る日本初のゲームプラットフォーム開発<起業家:TKandsさんの投資募集>

起業家 TKands さん TKandsさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:30代
  • 創業年:2016年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

宮城県 趣味・スポーツ 受付中 2022/06/21公開

希望調達金額
5,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

改めまして、武田と申します。
今回のプラットフォーム事業に関しては個人的な趣味から派生したものですが、その分心から楽しんで様々なアイデアが湧き出ている状態です。

誰よりも熱意と愛情を持って取り組める事業にやっと出会えたと思っており、何としても形にする所存です。

ただ、まだまだ若輩者であるがため至らぬ点が多々あるかと思いますが、長期的に見守っていただけますと幸いです。

希望的観測ばかりかもしれませんが、私としては本事業で上場までを考えておりますので、完全スタートアップから5年での上場を目指して活動して参ります。

何卒宜しくお願い致します。

事業計画・事業内容

eSports対象として日本でも人気急騰中のApex Legends, フォートナイトを想定してプロでなくてもゲームがうまければお金が稼げるようなプラットフォームを作ります。

子供の将来の夢としてeSportsプレーヤーがトップ入りするようにもなり、海外では数億円の賞金が出ている業界で日本はeSportsに関しての取り組みがかなり遅れています。

そこには様々な法的なしがらみもありますが、今回は賭博には当たらない形でゲーム勝者へお金を還元する仕組みを作り、実質的にゲームのスキルの高さが仕事になる環境を用意します。

私自身が趣味で同ゲームを行なっていて感じるのは、一般のユーザーでも実力はプロに匹敵するユーザーが無数に存在するという現実です。

そういったユーザーが簡単に自分の実力がどこまで通用するのか試せたり、またこのプラットフォームがあることで若い世代の生きる意味や将来へのモチベーションになるのではと考えています。

自宅でゲームをしていることが良くないこととされがちな風習を完全に壊し、あまり社会に馴染めないような人でもこういったツールが存在するという希望を持っていただけるでしょう。


具体的には、
ゲームに関して「カスタムマッチ」と呼ばれる任意のユーザーを集めて行える試合システムを利用し、当プラットフォーム内で行われたマッチに関してはAIの画像識別により勝敗を自動判定いたします。

DX開発に強い開発会社様と組むことで、勝敗判定の自動化を実現し大量ユーザーの同時参加にも耐えうる環境の構築を目指します。

今回、希望調達金額として提示させていただきました金額の内訳についてですが、

■システム開発
1500万円

■保守・運用
月30万円

■人件費
月100万円

■サーバー費
月100万円

■ウェブサイト制作/各種制作
70万円

■マーケティング費用
月100万円

という形を想定しており、
スタート時に1570万円ほど、
その後のランニングコストとして月に330万円ほどと想定しております。

半年以内には売上3000万円、営業利益400万円を目指しており、
その間のランニングコストが約2000万円、
仮に上記目標数値まで10ヶ月程度かかった場合に3300万円ほどかかると考え、目標到達までの限界値である4870万円から5000万円とさせていただいております。

目標達成までのキーとなるのは、当プラットフォーム上では訴求できない、
「ゲームで勝つとお金が稼げる」
という部分に関してインフルエンサー様の力を借りてどれだけユーザーに刷り込めるかとなります。

その点に関してはYouTuberとしてゲーム配信活動を行なっている方との繋がりを構築しており、総計50万人分程度のチャンネル登録数になる見込みです。

マーケティング費用は広告掲載としてではなくそういったインフルエンサー様への費用として考えております。

課題としては、結果として勝てなければお金を逆に払わなければいけないため足踏みをする層も多いかとは思いますが、最初に挙げました通り逆にこのプラットフォームで勝つためにプロではないユーザーが練習をし、友達と協力をし自分達でもやってやる!というエネルギーに変わることを望んでいます。

また、そうなるようにプラットフォーム内にランク制度を設け、ある程度のプレーを重ねるうちに自身の適正ランクが付与され、自分よりも強すぎるプレーヤーとも、弱すぎるプレーヤーともマッチはできなくなりますので、誰にでも勝てるチャンスが回ってくるような仕組みにします。

逆に、スキルの高いプレーヤーは次第にそういったプレーヤーとしかマッチングしなくなるため、非常にハイレベルなマッチとなり、公式のプロ大会さながらのクオリティになると期待しております。

その場合、2ゲームともユーザーは年々増加しているためYouTuberによる配信の視聴者も相当数になると予想され、企業様としても広告メリットが発生してくると考えております。

そのような形で、当社・ユーザー・他企業様が楽しんで関われるようなプラットフォームを目指していきます。

投資の内訳・起業の際の必要物

(前項一部重複)

■システム開発
1500万円

■保守・運用
月30万円

■人件費
月100万円

■サーバー費
月100万円

■ウェブサイト制作/各種制作
70万円

■マーケティング費用
月100万円

という形を想定しており、
スタート時に1570万円ほど、
その後のランニングコストとして月に330万円ほどと想定しております。

半年以内には売上3000万円、営業利益400万円を目指しており、
その間のランニングコストが約2000万円、
仮に上記目標数値まで10ヶ月程度かかった場合に3300万円ほどかかると考え、目標到達までの限界値である4870万円から5000万円とさせていただいております。


□起業時の必要物
プラットフォームが必要になります。
今年度開発着手予定です。

その他Webページ、人員等も必要になります。

予想収益

1人あたり1つのマッチに参加するための費用を1000円とします。
(これは500〜50000万円まで幅があります)

1マッチに60人参加した場合総エントリー費は60000円になります。
(ゲームにより参加上限が60人または100人)

その中から80%が勝者が結果的に手にすることができ残りの20%である12000円を当社の収益とします。

単価が低いほど開催頻度が増え、高いほど頻度は少なくなると考えられるため、平均値を予想して3000円とした場合は当社収益は36000円となります。

■第1期
1日に10マッチ開催が必ず行われる状態を目指します。

収益見込み:36万円/日×30日=営業利益1080万円/月

■第2期
1日に50マッチが必ず開催されることを目指し、
営業利益5400万円/月

■第3期
1日に100マッチが必ず開催されることを目指し、
営業利益1億800万円/月

目標値としてはこのように考えております。

投資家への還元方法

上記営業利益からの3%を毎月の配当としてお支払いいたします。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

・資金を集める事業計画書の書き方
・銀行融資の審査を通すコツ
・日本政策金融公庫の融資審査を通す7のコツ

1,000万円の資金調達も可能なので、
今すぐLINE追加してチェックしてみてください。


友だち追加

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる