x 現在名が、このページを閲覧しています。

日本では未発達の中国第3位エンタメ「劇本殺」を日本に普及させるためのマーダーミステリー事業<起業家:亜沙さんの投資募集>

起業家 亜沙 さん 亜沙さんのプロフィール画像


  • 性別: 女性
  • 年代:20代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認:
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

東京都 エンタメ 受付停止 2021/10/20公開

希望調達金額
300万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

はじめまして。亜沙と申します。

大学では4年間をかけて映画学を専攻し、新しいエンターテイメント表現を論理的に分析してきました。

論文「インターネット〈ストリーム〉論  バーチャルYouTuber を手掛かりにしたインターネット環境における双方向的な物語の研究」は高い評価をいただき、朝日新聞でもご紹介いただきました。
大学でのゲスト講師として教壇に立つ予定もあり、ビジネスだけでなく新しいエンターテイメントに対する学術的な知識も持ち合わせています。

実務経験として、大学在学中からバーチャルYouTuberをプロデュースするベンチャー企業でアシスタントプロデューサーを務めています。
チャンネル登録者20万人以上のチャンネルをいくつか持つ大型IPで、そういった仕事で培ったスキルも活かせるのかなと思っています。
現在の職を続けながらでも起業が可能と判断し、私の持てる能力のすべてを使って本事業に望む所存です。
上記のような直接マネタイズやタイアップに直接関わる現場での勘や経験を活かしていけたらと思います。

あくまで私はすべての責任を持つ経営者であり、店舗の実務部分は信頼できるスタッフに一任しようと思っています。
(起業やこの法人のブランディングなど、そういった部分を担当いたします)

自分一人ではなく、信頼できるチームでの店舗運営・クリエイティブを行うつもりですので、自分の力に頼り切るワンマン経営ではなく各々の能力に合わせて適切に分担を行い、最小工数で最大効率が取れるような経営を行なっていく所存です。

本事業計画をご覧いただきまして誠にありがとうございました。
ご覧いただいたあなたと一緒に、このお取り組みができることをお祈りしております。

事業計画・事業内容

中国ではケンタッキーフライドチキンの店舗数よりも多い、「劇本殺」の店舗。

日本ではマーダーミステリーゲームと呼ばれる、ゲーム内で起きる架空の殺人事件を巡り、参加者の中にいる犯人を突き止めるゲーム。

「人狼ゲーム」や「脱出ゲーム」に並ぶ参加型のエンタメで、日本ではプレイ層が20代後半〜40代と比較的収入のある年齢層となっているものの、中国では未成年の若者にもカラオケと同じくらい身近な娯楽となっている。

マーダーミステリーゲームを日本で楽しむ手段は、リアル店舗に行くこととオンライン公演に参加することの2種類の選択肢がある。
1ゲームあたり8人が参加し、1人当たりの参加料は約4000〜5000円。

プレーヤーは脚本に基づいて役を振り分けられ、キャラクターを演じ、即興劇を行う。

中国の今年のリアル店舗の市場規模は154億2000万元(約2737億円)に達し、利用者は941万人に上ると推計されている。 2023年には劇本殺全体の市場規模は310億元(約5502億円)に達すると予想されている。

しかし、日本ではマーダーミステリーの知名度はほとんどなく、業界に大企業も参入していない。
リアル店舗を持つことはこのコロナ禍に於いてリスクであり、同時に日本人(特に若者層)にとってミステリーコンテンツの敷居が高いことが原因であると考えられる。

それだけでなく、現状のマーダーミステリー業界は日本において特別嗜好や「頭のいい人たち」の遊びというイメージ・1人あたりの参加費の高さから学生をはじめとした娯楽消費層の参入が金銭的問題によって難しくなっているといえる。

それ故に、私は現在出店している数店舗が市場を高止まりさせている現状をあまり健全ではないと考えており、人々の手の届きやすいマーダーミステリー店舗の出店・中国国内で賑わっている「実体験型」のマーダーミステリー店舗の開業を行いたいと考えている。

実体験型のマーダーミステリーは、わかりやすく言えば「洋館を丸ごと一つ使い、その洋館の中で事件が起きる」というミステリー小説でよくあるシチュエーションを実際に再現し、実際に参加者たちを探偵役として1日を過ごす。

そのため、既存のマーダーミステリー業界と重なる部分もあれば、そもそも日本国内では未だ実現されていない実体験型のマーダーミステリーを打ち出すことを目標に掲げる。

こういった「非日常を演出し、日常から離れた場所で自分のことを知らない誰かと同じ時間を過ごす」という個人からの解放体験を実感できるエンターテイメントというのはまだこの国では普及していないため、今後普及させていくためにこういった「マーダーミステリー」事業を行っていきたいと考えている。

投資の内訳・起業の際の必要物

家賃を含む店舗設備費:100万円
人件費:35万円
起業時の第一弾・第二弾制作費:50万円
広告宣伝費(HPなどのWEB制作も含む):25万円
登記費用:25万円
中国からの作品輸入:20万円
予備費用:45万円

予想収益

《想定月間収益》
月間予想売上高:760,000円
月間予想営業利益:450,000円

《想定月間支出》
店舗家賃:150,000円
事務所家賃:40,000円
人件費:120,000円(専業作家兼ゲームマスター業務を行う)

合計:310,000円
(税金関連については別途計算するものとする)

《別途想定支出》
シナリオ買取:65,000円/1本
パッケージ制作費:50,000円/1本

《内訳》
1公演につき、
平日 3,500円×8人=28,000円 の売り上げが発生
土日 4,000円×8人=32,000円 の売り上げが発生
するものとして、店舗の週休は平日1日・営業日内では1日1公演を実施する。
週の合計公演数が6公演となる想定で算出している。

事業推進後は、土日の公演数を増やすなどをして更に収益を増やすことが可能となる見込み。

投資家への還元方法

具体的な内容についてはご相談させていただきたいと思っています。

現状、試算した中では大きな配当金額をお戻しすることができないため、事業が成長する見込みでの投資をお願いしたいと思っています。
基本的には月額%での配当を戻したいと思っておりますので、こちらご相談できる方にご協力をお願いしたいです。

本事業計画上でご覧いただければわかる通り、300万円という投資額では大規模に動くことは想定できず、少しずつ規模を拡大していくことになります。
ご相談をさせていただき、現在の希望調達金額以上に投資いただけるのであれば初めからある程度まとまった金額のお戻しが可能と考えています。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

・資金を集める事業計画書の書き方
・銀行融資の審査を通すコツ
・日本政策金融公庫の融資審査を通す7のコツ

1,000万円の資金調達も可能なので、
今すぐLINE追加してチェックしてみてください。


友だち追加

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる