x 現在名が、このページを閲覧しています。

コロナ対策として、LED光に音を乗せビニール越し、ガラス越しに会話をできるハンディ機器の市場投入を考えています<起業家:TalkLightさんの投資募集>

起業家 TalkLight さん TalkLightさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:40代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:3日以内

埼玉県 IT・通信 受付中 2020/11/11公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

LED可視光通信は私が昔、関わっていた技術です。
音声を乗せることは、簡単なことであるので、技術者は子供だましだと、商品化したがりません。

ただ、私は事業家の視点として、コロナ対策として(ガラス越し・ビニール越し通信は)この機に、大変有益な商品となると考えております。
また、目で見えて、手で遮れて、音で通信可否が判断できるという、他の通信には無い特徴があり、アミューズメントや教育用ニーズも潜在的にあります。

社会的に有益な技術と思います。趣旨賛同いただけ、資金面を全面的にサポート頂ける方のご連絡をお待ちしております。

事業計画・事業内容

LEDの光に音性を乗せ、受光素子でキャッチする、技術があります。(可視光音声通信)
ビニール越し、ガラス越しで会話できますので、この状況の中、世界的に大変有効と思っています。

医療、コンビニ等でのレジ、大きなガラスの仕切りを置いての面談、
また、2-3m距離を置いてのマスク越し会話、等、
安全にコミュニケーションをとる手段として、ニーズは強いと思われます。
通信スペックは、白色光、正対3mの距離で会話可能、電話並み音質、任意の2つの機器で会話可能(普通のトランシーバーは決まった数しか相互通信できません)

投資の内訳・起業の際の必要物

機能を実現する試作機器の作成に100万円。(2-3週間で作成)
量産設計、型に200万円。
初期量産基板10000枚@500円で500万円。
その他運営諸々で200万円。と考えています。

予想収益

@2000円で販売するとして、1万枚で、2000万円の売上。投資1000万円ですから、粗利1000万円となります。
ただ初期ロットでは売上より、市場開拓を進めたいので、例えば、半分を配布すると、粗利はゼロです。

想定市場は、単価次第でコモディティとしての地位を獲得できると思います。最終的には、人口の何割が持つようになるか、という大きな市場があると思います。例えばですが、
1億人×@500円(粗利が1500円→500円まで下がったとして)=500億円

あとは市場開拓をどのようなスピードで行うかということと思います。

投資家への還元方法

純利益の50~70%をお渡ししてよいと思っています。
事業運営で20~40%程度をキープさせて頂き、
私の取り分は10%と考えています。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる