x 現在名が、このページを閲覧しています。

「AI活用力✕アイデア発想力」の人材育成事業<起業家:K-Kさんの投資募集>

起業家 K-K さん K-Kさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:30代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

神奈川県 IT・通信 受付中 2020/10/01公開

希望調達金額
300万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

全ての本ではありませんが、1冊本を読むごとに、事業アイデアを出しております。

事業計画・事業内容

AIの活用法のノウハウを持ち、かつ、アイデア発想力に長けた人材を育成。その人材に、AI活用による、様々な提案を企画し、実現させる事業。

『文系AI人材になる』(野口竜司著)によると、
これからの時代は、『いかにAIを使える人材を育てられるか?』が
テーマになるとの事。AIを作れる、ではなく、 AIを使える人材。

当たり前ですが、何のために、どうやってAIを活用するか、のアイデア自体は、人間が考えなければいけない。
書籍『文系AI人材になる』の中では、100個のAIを使った企画を考えて、変化量と実現性という評価して実行する取り組みを選ぶというプロセスが紹介されています。

この100個の企画を考える必要が出てくる点を考えると、アイデア発想力の高い人材がいると、AI活用には、非常に有利だと思う。
その点に注目して、アイデア発想力を組織的に鍛える取り組みを事業の一環として、行う事とする。

具体的には、既存のアイデア発想法の書籍に書いてあるノウハウを実践するを繰り返す。また、現在、私が開発中のアイデア出しPCアプリを繰り返し使う。それに加え、AIの活用方法を組織で学ぶ。

AIの導入があらゆる業種で導入が進むのは、経済原理上、間違いのないことで、陣取り合戦になる。
AIの活用のセオリーが分かり、かつ、アイデア発想力の高い人材がいれば、提案先は、果てしなく出てくる。
アイデア発想力が低く、他社の成功事例を真似するだけしかできない人材だけでは、競争に勝つのは難しい。

AIの活用を進めるのは、どの会社も考えているが、
AI活用のために、アイデア発想力の高い人材を育てる、という取り組みは、聞いた事がないので、チャンスがあるのではと考えております。

AI活用のアイデアを出すのには、
私の開発したアイデア出しPCアプリのAI活用アイデア出し専用モードが使えると考えていて、その点でも差別化ができそうだ。

投資の内訳・起業の際の必要物

人件費 150万
採用費 150万

予想収益

提案を採用される事に顧客から代金をもらう
成果報酬として、例えば、コスト削減が出来たら、そのうちの何割かを報酬として頂く

投資家への還元方法

収益の一部を還元する事を想定

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる