x 現在名が、このページを閲覧しています。

世界初、新しい形の無料プログラミングスクール<起業家:つつみんさんの投資募集>

起業家 つつみん さん つつみんさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:20代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1日以内

東京都 IT・通信 受付中 2020/01/26公開

希望調達金額
400万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

100人規模の学生プログラミングチームの代表として学生エンジニアとの繋がりの量と質がかなり良いです。スピード感をもってこのビジネスを始められると思います。

事業計画・事業内容

(学生プログラミングチームC(仮名)を設立し代表として活動しております。エンジニア、デザイナー、学生起業家など優秀な学生が既に100人ほどメンバーとして集まっています。これから受託開発や新規プロジェクト開発、就活イベントや勉強会など様々な事にチャレンジしていきます。)

メンバーの満足度を上げるためにメンバーのニーズに答えていく。
メンバーの現在のニーズ→スキルを上げたい、案件で稼ぎたい、チーム開発してみたい、横の繋がりをもちたい、就活支援をしてほしい。 そこで、、、、、
当団体を教育×開発(新規開発,受託開発)に集中させる。
一般的なプログラミングの学習方法は①スクール②独学の2つ
①と②のメリットデメリット↓↓↓↓↓

①プログラミングスクール
メリット
・プロの元で教わることができる。
・会社なので信頼性が高い。
・大手は実績がありスキルが身につく面で確実性がある
デメリット
・相場4ヶ月程で40万~50万もする
・入校期間に限りがあるため横の繋がりが弱い。
・生徒を学生に絞ってないため就活支援面が弱い
・入校期間中に実案件をこなして稼ぐことはない

②独学
メリット
・価格が安いor無料
・マイペースで進められる
デメリット
・挫折率が9割と言われている
・時間がかかる
・分からない事を人に聞けない
・情報量が少ないため様々な面での判断ミスを起こす

そこで、③Cのメンバーになるという選択肢を新たに作り世に広めたい↓↓↓↓

③C(新しいプログラミングスクール)
メリット
・学習コンテンツ完全無料
・メンターがいる
・スキル条件を満たせば実案件を流してもらえるため稼げる
・周りも学生のため気軽に教え合える環境
・学習するだけでなく新規開発など自発的に自由に動ける
・プログラミングスクールより単純に楽しい
・+αで就活面でのサポートもある環境
デメリット
・まだ実績がない
・無料のためスクールよりは本気度が低い人ができる可能性あり

マネタイズ方法1→学習コンテンツのカリキュラムの最終章に『実際の制作案件をこなしてみよう!』を導入 、その案件をメンバーは最後のアウトプット学習として無料でやる。比較的簡単なHP制作などの依頼料10万~30万を発注元からいただく。最初はWEB制作会社とタッグ組んだ方がいいかも。仮に月に10人のメンバーに対して制作させた場合売上100万~300万。

プログラミングを学習したての制作実績がない人にとって制作案件の1件目は獲得するのが非常に難しいのが現状。そこで僕達が案件を流してあげることで身についたスキルで案件を早速こなし自分の実績を作り次に繋げることが可能になる。
無償で制作させるのは一見おかしな話だが、メンバーにとっては全て無料で学習できる上に制作実績もつくれるため美味しい話。

マネタイズ方法2→既にカリキュラムを終えたメンバーや他のコンテンツを使って進めているメンバーには受託開発しまくる。スキルチェックテストやメンバー1人1人のスキルのデータ化は必須。例えば30万の案件をとってきてメンバーに流した場合、手数料として3割であるのならば9万いただく。仮に月に10件以上受注できれば売上100万。

1と2の仮の話を合わせると月の売り上げ200万~400万

メンバーの実績や当団体としての新規プロジェクト,アプリなどを積極的に外にも発信しブランディング化しながら信頼性を上げ新規メンバーも増やし、同時にコンテンツの質も上げていければもっと売り上げを上げていける。メンバーが10倍,100倍と増えれば売上も伸びていく。

また、学生であるためHR業でのマネタイズも可能。

そしてどこかサークルのような楽しさも掛け合わせ、魅力的な団体に。

投資の内訳・起業の際の必要物

学習コンテンツの作成費
メンターの人件費
広告費
登記費

予想収益

月100万~
年3000万~
(規模による)

投資家への還元方法

売上の10%をお支払い
(ここはご相談したいです)

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる