x 現在名が、このページを閲覧しています。

日本で初の制度を取り入れたインターナショナルスクールを設立 現代の流れにあった教育法!自己肯定感の高い子供達を育てる!<起業家:HIGASHIさんの投資募集>

起業家 HIGASHI さん HIGASHIさんのプロフィール画像


  • 性別: 女性
  • 年代:未設定
  • 創業年:未設定
  • 本人確認:
  • 形態:個人事業主
  • 最終ログイン:1日以内

東京都 教育・学校 受付中 2020/01/13公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

初めまして、最近Founderに登録をした東と申します。

私は個々の子どもたちの自己レベルを伸ばして、
最終的に想像〜創作出来るようになるための知識
実践を身につけられるインターナショナルスクールを開設
したいと思っています。

私は16歳から20年間イギリスで過ごしました。
日本の教育や大人たちの考え方にずっと疑問を感じており、
学校に行く必要性は全くわかりませんでした。

今でも特に人と会わせること以外は、自分の子供を学校に通わせる必要性は感じていません。

子供が出来て自分の事を見つめ直すきっかけに
なり、改めて子どもたちが お金=パワーの構図で
教育を妨げられていることを解決したいと思うようになりました。

もちろんお金を否定するわけではなく
幸せのために使えるものだし、むしろそのように子どもたちにも
肯定してもらいたいと思っています。

だた人間というものはそれでは測れない
何かがあるとずっと思っていました。

私は特に都会に生まれたわけでもなく
普通の公立に通っていました。

親に支払い能力があったため
その後は私立、海外と生活しました。

ただ自分の人生を振り返ったときに、
私が通った小学校には親の人生によって
自分の能力を制限されてる
子どもたちが沢山いました。

そのことがなぜか悲しかったリ、世の中に理不尽さを
感じていた小学生時代を子供が出来てから少しづつ
思い出すようになりました。

私の強みはどんな環境の人とも友達になったり、助けてもらったり
秘密を共有したりした中で、色々な環境にいる
色々な人の才能を、バックグラウンドの色眼鏡無しで
見れるところだと思います。

そんなことが私のルーツや強さとなって
自分が考える正しいことをしようというときに、
自分にパワーを感じます。

東京、地方と限られた一部の人間ではなく
コミュニティー型で成立する、初のインターナショナルスクールを
開設し子どもたち皆に均等にチャンスが訪れる
ような世の中を作りたいです。

挑戦すること、否定されないこと、目的のために一緒に考えてくれる
仲間がいることを子どもたちと作りたいし、それが当たり前だと思ってほしい。

それを応援してくれる投資家を探しています。
質問には何でも答えます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

HIGASHI

事業計画・事業内容

もっと色々な環境の子どもたちに届けられる
インターナショナルスクールを作りたい!!

子供が考えたこと、感じたこと、誰かのためになると思ったことを、世界中の人にプレゼンテーションできる能力を身に着け、大人たちと一緒に形にすることを経験させたい。

貴重な小学校の6年間、「勉強」するのではなく「平均点」を取るのではなく、好きなことを見つけてみる。自分が好きなことを伸ばすことを
大人が応援してくれる、協力してくれる、そんな学校があったら子供達ははすでに認められている存在で、誰かに気を使ってなにかをしなくてもいいし、「真剣」になっちゃうって事きっと気がつける。

また教育は裕福な子供だけのものではない。
才能を沢山感じる子どもたちにはもっとチャンスを与えたい。

もっとお金の勉強も取り込みたいし、
自己管理のことについても教えたい。

一人が好きなのに、大人に友達を進められるのもおかしいし、
才能はもっと認めてもらっていい。

全員がそんなことに気がつけるチャンスを作りたい。

*************************
(仮)ネットワークインターナショナルスクール

個人の成長を妨げる教育を排除し、なるべく多くの子どもたちに
グローバルな教育と社会の偏見を持たずに教える学校。
それによってアイデアを広げ、個々で起業できたり、人助けをできるような能力をつける。

義務教育:個々のレベルに合わせて目標達成。少しのチャレンジをいつでも取り入れ、大人はサポートし、子供は少し難しいことにチャレンジする精神を持つ。これにより一斉教育よりも、学習能力の向上が見られる。

授業内容:他の学校にはない受業を取り入れる。科学からコーディング、クリエイティブなこと、お金のこと、音楽や、表現等、子どもたちに真実を捻じ曲げずに教える教育。個人は一人として同じ人はいないため、この受業を通して、自分の幸せはどんなところに感じるか、見つけ出してほしいし、そのように思う自分を肯定してほしいという思いがある。
授業は英語だが、日本語ともう一カ国語を選べる仕組み

人:立場で成り立つのではなく、人としての自分が選んだこと表現を共有できる学校を実現する。

学費免除制度:各クラス10人ほど取り入れる。教育の差別化をなくすことにどんどん取り組みたい。これは自分の内面にも関わる世の中への還元で、才能のある子供たちが家庭環境によってチャンスを失わないために
少しでも貢献したい。また親に対しても環境を嘆くより、目の前の一生懸命を応援できる人間性向上をともに目指して少しでも世の中を良くしたい。


投資の内訳・起業の際の必要物

東京の土地、校舎:
縦割り受業なので初めは小さなスペースでも良い。地方に分散して、前例を作ることのほうが重要。借りる、または土地を貸してくれる人を見つける。建てるなど方法があるがこれによって投資額が変わってくる。

校舎がある市の許可:
インターナショナルスクールは特に国からの許可は必要ではないため、市との交渉となる

教師:
質の良い教師を探すため、以前いたイギリスの学校から、何人かトレーニングに日本に来てもらう予定。もしくは働いてもらう交渉を進める。外国人、日本人教師は最終的に全国どこにでもある学校に希望を出せは転任できる。これは教師にも経験や、自分の幸せを見つける事を実践してほしいから。もっと色々な日本や子どもたちを見てほしいという意図があるし、先生たちにも幸せを探したり、好きな場所に暮らして、子供のお手本となってほしいという意図がある。

スタッフ:
日本の教育に疑問を持ち、ホームスクーリングなどをしている外国人ママたちに声をかけてみる。ホームスクーリングをする親たちは基本的に人権や教育に熱心だと感じている。スタッフは学校運営を手伝う代わりに基本的に子供は無料で学校に行くことが出来る仕組み、その親たちも直接自分の子供やその仲間を良くする教育に関われるWinwinの関係を築く。

校長: 私です。呼び方を変える可能性

経営者:基本的に「校長」と経営者は分けて考える。人道的な理念を持ち、常識的で法律に強く、校長とは同士となれる経理者のことを経営者と呼ぶ。校長は信念をブレることなく共有し、変革を起こす役割で、経営者はそれをどのように現実に達成するか数字的な計画を作り、校長とどう実現できるかに取り組む。

マーケター: 生徒集めのはじめの段階で必要。ゆくゆくはスタッフに運営を任せる。

基本の教育方針:
イギリスにモデルとなる学校があるので、そこから
良いところを取り入れ教師たち、スタッフたちと作っていく。

予想収益

通常のインターナショナルスクーと同じ授業料(200万〜250万)x生徒数 

各学年に補助の対象生徒を10人ほど入れたい(授業料=無料または50万まで、または経営者と国から補助を受けれる道を見つける。イベント費や給食費などは支払い義務)
 
夏休み等、第三機関(サマースク−ルや各種クラス等)に貸すことで更に収益を上げる。

投資家への還元方法

売上の2%(一年目)3%(二年目)と毎年返していく、3年目から経営業態等を考慮して%を決める。


企業名、個人名共に随所に掲載

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる