x 現在名が、このページを閲覧しています。

オーガニック野菜を作る為の液体肥料の開発に成功し、液肥販路拡大と自社農場を起点にオーガニック野菜の販売を進めていきたい。<起業家:kenji0820さんの投資募集>

起業家 kenji0820 さん kenji0820さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:40代
  • 創業年:2018年
  • 本人確認:
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:3日以内

東京都 新ビジネス・商品 受付中 2019/09/02公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

さかのぼる事5年、まだまだ勉強不足ではありますが飲食業の傍、農業に重きを置き始め、自然食という分野に再度焦点を向けて現在まで動いてきました。
日本の食料自給率と食品に対しての意識付けを根底から考え直す為に今までの実験、実証を海外目線からも受け入れてもらえる活動をしていきます。農作業にもAIが使われだしましたが、完全に支配される前に農業基盤を人である我々が再構築した上で次世代に繋げたいと思っています。
私の周りには多くの若い世代が集まってきました。自分たちの行き着く先に不安を持ち日本という国を改革し直すよりも海外に行って行動した方が早いのではという者もいます。国を捨てると言っては大げさになりますが、私が成し遂げたとしてもこれから始めていく事業が引き継いでくれる者が居なくならないよう人を育てていきたいです。
その為にも企業利益も蓄え若い世代に引き継いでいきます。

事業計画・事業内容

自社開発の天然資源から作られたEarth-Mate(液体肥料)の販売とこの液肥を使用し自社農場で作られたオーガニック野菜の販路拡大がこれから進めていく事業になります。
第一段階として、拠点となる村や町を中心とした近隣農家からEarth-Mate(EM液体肥料)の販売を普及させていく。
EMを使用した農家は、無農薬または有機栽培がより可能になり品質・収穫量の増加も大幅に見込める。
EMの適用度は酸を好まないあらゆる野菜、米、果樹、お茶などにも及び、使用方法も簡単で現状使われている肥料コスト削減につながるので普及し易い。
拠点場所からEMを使用する農家、パートナーを徐々に広げていき、農産物のブランド化を図り発展させていく。
第二段階では、このパッケージを近隣県(名水産地1県1箇所)にプラントを設置し事業展開していきます。
国外の液体肥料需要は日本の数倍の市場価値があるので、海外輸出もを扱う企業と提携し販路を確保していく。
同時進行中している、樹木再生事業、池や貯水池などの浄化(匂いを無くす)事業なども視野にいれております。

投資の内訳・起業の際の必要物

現在予備タンクに貯蔵されているEarth-Mateを出荷しており、工場は稼働してない状況なので、再生産を行う為に工場メンテナンスを行う費用(300万)にあてます。
工場設備費
 ・床防水シート張替え
 ・液肥移動時に使用するモーター12機
 ・排水設備配管の再設置
 ・年間工場稼働費3ヶ月76万
(電気、水道、人件費時給1000円)
                        3,760,000円
工場賃借料(茨城県高萩市)
月間7万円×12ヶ月=84万円            840,000円
                 
                                  農地設備費                  2,850,000円
・年間農地維持費(相模原500坪50万)(金沢150坪15万)
 ・三菱中古トラクター MT241(100万)
 ・農地年間資材費(120万)


農地管理者費用(農業従事者)             2,016,000円
  種付け時期2.5ヶ月間  収穫時期2.5ヶ月
  1日2人×6h=12h (時給1000円)
           週3回従事36000円
  2ヶ月間人件費288000円×3ヶ月=864000円
  残り8ヶ月間の従事者は週3回(3h)を交代制一人で管理
  1週36000円×4週=144000円×8ヶ月 1152000円
  年間人件費 2016000円 

           初年度投資額          9,466,000円

           2年目運営費          4,136,000円
 ・工場稼働費76万×2=1,520,000円
 ・農地資材費      600,000円
 ・農業従事者人件費  2,016,000円

予想収益

液肥販売収益(月間190万円) 
原価35% 工場稼働費9ヶ月 228万(76万×9) 賃借料84万円
年間1900万円  液肥収益 1588万
液肥販売量1000L を目標に
Earth-Mate(希釈率500~1000倍) 卸価格10L 19000円で販売価格なので190万円
現在は相模原の農地100坪を稼働し、夏野菜を生産しテスト販売を行い3年目になりましたが、1p(約200g)100円で無農薬野菜を販売し8月の売上は38万円でした。100坪38万円×5(500坪)=190万円
相模原での収穫期は3,5回ぐらいになるので665万円
通常有機栽培されている野菜の販売価格はホウレン草を例にあげると1p(150g)で250円程なので卸先の販売価格を1,5倍にすると900万円を見込んでおり、合計1090万円になります。

液肥、野菜共に販売先が変わらない状況で2000万円を2年目で達成予測です。

投資家への還元方法

還元方法につきましては明確に決めたい為に実際にお会いできた際に詳しくお話をさせて頂きたいです。
おおまかな還元方法として運営が起動にのるまで月配当3%を考えております。
2年目以降、事業拡大と予想収益を超えてきましたら4~5%へ還元率を変更したいと思います。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる