x 現在名が、このページを閲覧しています。

自動車の自動運転故障時のフェイルセーフ(安全装置)に関する特許<起業家:金子さんの投資募集>

起業家 金子 さん 金子さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:30代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

神奈川県 新ビジネス・商品 受付中 2019/08/28公開

希望調達金額
700万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

自動車に関する特許を26歳の時に初めて出願し、実証試験として東京都バスと米国スタンレー知的財産部門の協力の約束を取り付けましたが依頼していた特許事務所の手続きミスで権利申請が棄却されてしまった経緯があります。(民事訴訟検討中です)

自動車工学は高校で2年間、大学で5年間勉強してきたので見識に自信はあります。

事業計画・事業内容

自動車の自動運転(level5)が故障した際、自動停車させる特許はありますが、自動停車機能も損なわれた場合についての特許は出願されておりません。
今回はすべての機能がダウンした際の制御についての特許となります。
いずれこの機能は全ての車に搭載される見込みで研究しています。

投資の内訳・起業の際の必要物

・フェーズ1
概念確認:40万円(先行技術調査等含
機材調達:45万円(OA器材調達含
・フェーズ2
国内特許出願費用:80万円~120万円
・フェーズ3
実証試験:協力企業次第
人件費等:360万円

かなり大雑把な概算です。
実証試験フェーズでは実際に車両を使った試験が必要となります。

予想収益

特許の対象となる車両として、2020年のlevel2自動運転車両予測台数は270万4,000台(矢野経済研究所調べ)で、そのうち65%に採用されたと見てパテント利用料を1台辺り1200円として試算すると年間約21億円の収益になります。

投資家への還元方法

パテント利用料収益(税引き後)のうち、15%を権利失効まで毎年配当します。
権利売却の際は売却益のうち25%をお支払いします。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる