x 現在名が、このページを閲覧しています。

北海道に本格的なフィットネスジムを作りたい。もっとカッコよく、美しい身体になるために。<起業家:KIKU1005さんの投資募集>

起業家 KIKU1005 さん KIKU1005さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:未設定
  • 創業年:未設定
  • 本人確認:
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

北海道 趣味・スポーツ 受付中 2019/03/09公開

希望調達金額
2,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

私は北海道の総合病院で理学療法士として勤務しています。6年間病院内で病気や障害を持った患者さんにリハビリを提供してきました。現在は訪問リハビリをしており、在宅でのリハビリを担当しています。
2年前に自身で筋力トレーニングを開始し、現在も週5〜6日間はジムに通ってトレーニングを続けています。日々変わっていく自分の身体を見てもっと大きくカッコいい身体になりたいとトレーニングの内容を考え、食事にも気を遣っています。
病院で働いていると生活習慣病から重い病気にかかり、最悪寝たきりになるような方に日々出会い、その方達にリハビリをする事になります。そのような仕事をしていると、病気になる前に健康的な身体を作っておけば、生涯の中で元気に過ごせる時間がもっと長くなるのではないかと考えるようになりました。
人間の身体は30歳頃から筋力の低下が始まり、一年に1%ずつ減っていくと言われています。つまり、トレーニングをしなければ80歳には30歳の時の約半分の筋力になってしまうため、特に抗重力筋と呼ばれる体幹や足の筋力が低下する事により腰が曲がったり転倒して骨折しやすくなります。
フィットネス文化を広める事により若い人はカッコいい、またはより美しい身体に、そして歳を重ねた時に元気に過ごせる時間を長くするための仕事がしたいと思っています。
自分が考えるフィットネスジムが一般の大型ジムと違うところは、経営するのが理学療法士という点です。理学療法士がスポーツトレーナーより優れている所はは解剖学や運動生理学に加えて医学的知識を持っている所です。整形外科分野をはじめとする様々な医学的知識を活かして、一人一人に合わせたプログラムを組む事が可能です。例えば腰椎ヘルニアによる神経性の疼痛や姿勢からくる慢性疼痛などを評価して原因を改善させるための運動プログラムを組む事ができます。希望に合わせてそのような事を考えてメニューを提供することで運動した成果が見え、ジムを利用して下さる方の運動が習慣化し顧客離れを防ぐ事が出来ると考えます。沢山の運動メニューのバリエーションを作るため、豊富なマシンの設備があればありがたいと思っています。

事業計画・事業内容

フィットネス事業に特化した会員制ジム

•マシントレーニング、フリーウエイトトレーニング、有酸素トレーニング
•希望に合わせて個別のトレーニングメニューを提供する

投資の内訳・起業の際の必要物

テナント代
テナント内装、外装費:300〜400万円
マシン一式:900万円(https://stl-xoxo.fun/fitness/set-collection)
広告費
光熱費
その他諸経費
など

予想収益

レギュラー会員(月会費)
男性:6000円
女性:5000円
学生:4000円

Dayパス:2000円

会員登録費:2000円(プレオープン時に会員登録の方のみ無料)

初月目標 新規会員登録人数:100人
男性80人:6000円×80人=480000円
女性20人:5000円×20人=100000円
初月収益目標:580000円

投資家への還元方法

ご相談させて下さい。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる