x 現在名が、このページを閲覧しています。

防災用品個人向けレンタル事業<起業家:プランニング結さんの投資募集>

起業家 プランニング結 さん プランニング結さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:50代
  • 創業年:2016年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

長崎県 新ビジネス・商品 受付中 2019/02/16公開

希望調達金額
900万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

この事業は今後取り駄々たされている、南海トラフ地震や異常気象で、毎年のように各地で発生している豪雨災害等いつ、自分が災害に合うかもわからないという人々の意識は毎年高まっているところですが、避難に関する商品すべてを買って揃え保管、管理をするわずらわしさをレンタルにすることで、費用面及び維持管理面での煩わしさを解消し個人の防災意識を向上できると思っています。必ず定着していく事業と考えております。ご興味をもって頂ければ幸いです。
宜しくお願い申しあげます。

事業計画・事業内容

いつ起こるかわからない災害の備えに対し自助の意識

の向上を目的として事業を計画しています。

防災は国や、自治体がやることとお考えとの方がほとんどでしょう!

国や自治体の使命は国民の生命や財産を守ることにあると思います。

そのために、自衛隊や警察・消防等の機関が存在しています。

しかし、いざ災害が発生した場合直ぐに公的機関の災害支援は行われません。

災害支援が開始されるまで早くて1日から3日は要するでしょう、河川の氾濫や道路の通行止め等

いざその時はご自身で安全確保をしなくてはなりません。

先の北海道地震でもお分かりのように、被災地域近辺でも停電や道路通行止めによる食料供給遅延

日々身近で起こっている災害ですが、自分の住んでいる所は大丈夫と思っていませんか?

いざ起こってからでは遅いのです。備えあれば患いなし!とことわざがあるように日頃から備えて

いれば、いざという時も慌てずにすみます。
しかし、個人の考えはまちまちであり、自分は大丈夫、もし起こっても公的支援や周りがたすけてくれるとの考える風潮が強いと思います。
また、災害に遭遇された地域以外自助の意識は決して高くありません。
それに加え自助防災用品が高額であるため、個人での保有が進んでいかないのが現状のように考えます。
災害に遭遇し、避難を余儀なくされた場合直ぐに公助が始まるとは断言できず、まずは自助でその場を切り抜ける道具と食料・飲料水等避難生活必需品のセットを月々定額でレンタル(3年)事業を展開しフランチャイズ化し全国展開を計画しています。既に某大手企業様の社員向け福利厚生特約店として2019年4月レンタル申込み開始いたします。今後、全国4拠点にある工場で特約店として登録し、事業展開をいたします。

投資の内訳・起業の際の必要物

防災用品「避難用品セット」500セットの調達資金8,500,000円 

予想収益

レンタル事業形態 避難セット1セット
レンタル3年36回 1080円×36=38,800円
損害保険7200円
粗利38,800円-7,200円=31,680円
31,680円-17,000円(商品代)=14680円
500件契約として
14,680円×500=7,340,000円/3年
年あたり/2,460,000円 月あたり/205,000円

投資家への還元方法

月5%配当 5%支払い

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる