五輪に向けた自社開発競技によるeスポーツ・武道・ゲームのエコシステム開発<起業家:Harumi Katsutaさんの投資募集>

起業家 Harumi Katsuta さん Harumi  Katsutaさんのプロフィール画像


  • 性別: 女性
  • 年代:50代
  • 創業年:2011年
  • 本人確認: 未確認
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

東京都 エンターテイメント 受付停止 2019/01/29公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

オリジナルの機器を用いて他流派の武術家や格闘家の方々と新競技を確立しようとしています。
わたしは古武道の準師範で、主人の師範と共に、武道の精神と技を日本の先端技術によってより安心安全に体験できるようにしたいと開発を始めました。

競技の特質は、電子機器を取り入れることによって安全にスリルを拡張し、生の実感を得ることで生きがいを再認識させ、精神拡張を図る点にあります。
また競技選手とファンをつなぐあらたな経済環境を考案し、協会内で研究部会を立ち上げました。(産学官(スポーツ庁)行政との共創プロジェクトのひとつとして企画提案が採用されました)
研究開発・陳情を数年かけて実らせ、格闘家・武道家、アスリートの引退後の経済対策や持続可能な新たな雇用をつくることを目指します。 いまは彼らのボランティアで運用の試験やトーナメント大会を開催しております。

なお 昨年4月には単体でWBSトレたまに取り上げられ、キックオフは格闘技メディアやゲームサイトに特集されました。
新たな世代に向け、観光とスポーツ・ゲームの融合も一層進めて、日本を代表するスポーツツーリズム、武道ツーリズムのひとつとして確立したいです。

事業計画・事業内容

デジタル武道具とサイバー剣術競技を開発しています。
昨年春「超人スポーツ協会」の公式認定競技となることができました。(製品とシステムはいまだβ版です)
演習会やトーナメントを開催して格闘家のデモチームを作っておりましたら幕張メッセの「ニコニコ闘会議」および4月の「超会議」に出展依頼が来ました。先日闘会議は無事終了しました。

昨年秋は協会とスポーツ庁との官民連携共創プロジェクトに参加、競技を用いたエコシステム案が参加者の投票で入賞し「部会」を設立主宰しました。

このローカル経済の仕組を自社競技によって2019年中に実験し、2020年夏オリンピック期間に開催予定の「超人スポーツ世界大会」での実装を目指します。

まずは共創案実験を事業へと実現させるべく、以下の資金を用意するために投資家の方々へのアプローチを始めなくてはならなくなりました。

1.自社開発製品補強
2.トーナメント大会スポンサー
3.独自コイン発行システム開発

ぜひ新規ジャンルのeスポーツ・ゲームの市場創生を検討いただきたくお願い申し上げます。

ご連絡お待ちいたします!

投資の内訳・起業の際の必要物

1.自社開発製品補強 500万
2.トーナメント大会スポンサー 100万
3.独自コイン発行システム開発 400万

予想収益

放送権料 年間2000万から3000万(海外への販売を主とする)
意匠登録済専用武術競技用刀のリース、販売 年間1000万
(専用コインでの収益は金融庁の規制緩和後に計上します)

投資家への還元方法

お取り決めご相談させてください。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる