日本初の日本茶ベースのオーガニックティーブランドAKEBONO TEAを通して、まだ知られていない日本文化を世界に発信していく AKEBONO TEA株式会社 代表取締役社長 田中美怜様

公開日:2019/4/11  |  最終更新日:2019/4/12


日本人にとって生活の一部でもある「日本茶」で、世界中の人が親しめるブランドを作りたい。そんな思いから、2018年に国内初の日本茶をベースとしたオーガニックティーブランド「AKEBONO TEA(アケボノティー)」が誕生しました

海外で見かけない日本茶に大きな可能性を感じ、お茶業界出身でもなく、小売りの経験も無い状態から、ブランディング 商品開発を行ったAKEBONO TEA株式会社 代表取締役社長 田中美怜様に、AKEBONO TEAのブランド立上げや起業に至った経緯、マインドについてお話をお伺いしました。

まずは田中様のご紹介をお願いいたします。

AKEBONO TEA株式会社 代表取締役社長 田中美怜(みさと)と申します

大学時代は海外のラグジュアリーブランドの経営やブランディングといったカテゴリーに興味があり、マーケティングなどを学びました。パリ政治学院に1年留学した後、イタリアのビジネススクールに留学して、ビジネスに関した授業やワークショップなどを経験します。その時(2015年)、私の周りには起業への興味や事業を興そうとしている人、既に何かを始めている人が居たので、とても新鮮で刺激的な環境でした。

大学生活の後半になると、テクノロジーの部分。スタートアップ的な新しい取り組みや、考え方に興味を持っていきます。世界中でスタートアップやテクノロジーの可能性が目に見えてきた事もあって、帰国後は会社の方針に惹かれてソフトバンク株式会社に入社する事にしました。

ソフトバンクで勤務後に起業したとの事ですが、経緯をお聞かせください。

ソフトバンクで法人営業を2年程行った後、起業に至りました。最初から起業を考えていた訳ではなく、「なぜ働いているのか」と感じた所から始まりましたね

会社員時代は厳しい環境下で多忙な毎日を過ごしていました。そんな中、不慮の事故で足を骨折してしまい、入院生活を送る事になりまして…。足は大変でしたが、久しぶりに仕事から解放され、今までの生活を振り返ったり自分の今後を考えたりするよい機会を持つことができました。

どの様に振り返っていたのでしょうか?

「働いて自分が得たいものは何か」と考えていたら、それまで働いて得たお金で海外へ行っていることに気付きました。「自分の好きな時に海外に行ける生活がいいな」と思いましたね。

ソフトバンクでは、将来的に国際的な仕事が出来たらかっこいいなと思っていましたが、大きな組織だと希望通りという訳にはいきません。忙しい日々の中で、いつの間にか「会社の中でどう生き抜いていくか」という事ばかりを考えてしまって、自分の世界がすごく狭くなっている事に気が付きました

当時は入社2年目位で、お給料がけして高いわけでもない。もし起業に失敗しても、キャリアはやり直せる…。自立した生活を望む中で、自分が得たいものを自分の手で得ていく。自分で行動して掴み取っていく方が良いし、考えてみたら「失うものはないな」と思いました

そこから日本茶ブランドAKEBONO TEAの立ち上げに至った理由をお聞かせください。

日本茶だった理由は2つあります

まずは、日本茶が好きだった事です
もともと様々なお茶を淹れて楽しむ事が好きでした。海外でも売り場に足を運んでいましたが、ある日、ヨーロッパのお茶売り場に日本茶が置いてない事に気が付きました

フランスのデパート内の広いお茶売り場に日本茶というカテゴリーがなく、唯一現地のオーガニック食品を扱う会社が1種類を出している程度で、ブランドは全くありません。日本人にとって「日本茶」は大切な文化で食の一つです。フランス人は日本文化が大好きなのに、日本茶を知らない事に疑問を感じ、もっと身近にあっていいはずだと感じました。

2つ目の理由は、日本の日本茶業界にいわゆる「ブランド」が存在していないと思った事です

例えば、マリアージュフレールといったら、黄色と黒で…歴史があって…素敵な茶器があって、おいしい紅茶を作っているよね!という様なブランドイメージです。「日本茶の○○」というブランド名で認知されているブランドは今の日本にはないと感じたので、じゃあ自分で作ろう!と思いました。

どのような日本茶があったら買いたくなるか、味やパッケージのデザインなど全て自分でプロデュースをして、国内海外問わず手に取ってもらえる日本茶ブランドを目指したいと思ったんです

あらためて、AKEBONO TEAのご紹介をお願い致します

日本茶ベース専門のオーガニックティー AKEBONO TEA TOKYO

AKEBONO TEAは日本茶をベースに5種類前後のハーブを組み合わせているブレンド茶で、現在8種類を展開しています

全て日本茶がベースとなっているので、今まで味わった事の無い味の中にも、日本人にとってホッとする親しみを感じる味になっています。茶葉のブレンドは3カ月程かけて調整を行い、納得いく味が出るまで試行錯誤した自信の味です。

現在AKEBONO TEAの販売は、インターネットでの販売の他、お台場の小売店で購入が可能です。現在国内外含め、小売店さん、ホテル、カフェなど、多くのお問合せを頂いているので、今後拡大する予定です。

AKEBONO TEAの製造開拓もご自身で行ったとの事ですが…

伝手がなかったので、インターネットとか展示会など、自らアプローチを行いました。返信が返ってこなかったり、見積りが全然来なかったり…色々ありましたね。お茶屋さんからしてみたら、5kgを売るのも5tを売るのも手間は一緒なので無理ありませんが、苦労しました。

そんな中、偶然出会った生産者の方がすごくいいオーガニック茶を作っていて、そこの営業の方が、日本茶の知識も無く、商品化の方法も解らない私の疑問に答えてくれて、とても親切に対応してくれました。その優しい営業の方との出会いは創業直後の身としてとても有難い事でしたね。

資金調達はクラウドファンディングを利用されていますが、どの様な経緯だったのでしょうか。

クラウドファンディングへの掲載は、自分の想いを知って欲しいという意図で利用しました。商品が初めて世に出る時瞬間が「AKEBONO TEAを立ち上げたきっかけや思い」を自分の言葉で発信出来る唯一の機会だと思っていたからです。

掲載してよかった事は、サイトを見た日本茶の関係者の方から沢山の共感の連絡を頂いた事です。日本茶に他の茶葉を混ぜるという邪道な事を行っている私に対して共感してくれると思っていなかったので、言葉をもらった事が一番の収穫だったと思います。

実は、掲載時には既に商品がそろっていたので、そこで得た資金で商品を開発した訳ではありません。起業資金は東京都の創業支援センターを使って調達を行っています

インターネットを活用した資金調達に関するアドバイスはありますか


掲載までは思いの外時間がかかるので、早めに動き始めた方がいいです。

共感してもらう事が本質だと思うので、掲載文章は時間をかけて丁寧に書いて、自分の考えをまとめてアウトプットする事が大切だと思います。自己満足で「自分はこれが好きだから」というよりかは、他の人も「何故これが無いのだろう」と思うニーズを組み合わせた商品やサービスが共感を生みやすいのではないのかと思います。

起業後、意識的に行っている習慣などはありますか?

女性で年齢も近くて起業している方をTwitterでフォローして、まずはそこにたどり着く。目標にする様にしています

後、メディアに出ている経営者の今に至るまでを調べたりします。脚光を浴びている経営者を見ると、「自分はこの様にはなれない…」と思いがちですが、その方の起業直後や会社員の時など、どういう過程で今のポジションにたどり着いたのかをさかのぼったりします。

多くの方が地道な営業や努力を行って現在の結果へとつながっているので、「どのような努力をしてきているか」という点を着目してみます。その中で自分ができそうな事はあるのかを探す。見つかったら実践してみるという繰り返しですね。

今後のAKEBONO TEAの展開をお聞かせください。

現在のAKEBONO TEAは、缶に茶葉が入っている形ですが、2019年の夏をめどにティーバッグの商品も出したいと思っています。味の種類も増やし、抹茶なども扱いたいです

大きな目標としては、器などの日本の工芸品も含めて、海外でも展開するAKEBONO TEAという一種のメディアの様になりたいと思っています。日本茶をひとつの文化圏として、AKEBONO TEAの世界観に合うような、日本茶のために作られている素敵な物の作家さんも共鳴してくれるようなブランドを目指したいです。日本茶に付随するいろんなものを広める活動が出来たら良いですね。

最後に、起業を志す方にアドバイスをお願いします 


私もスタートしたばかりの身ではありますが、自分が今いる段階に合わせて、自分より2~3歩進んでいる人や、境遇が似ている人を目指して積み上げてみて下さい。

メディアに露出している経営者も、「起業当初から凄かった訳ではない。この人も最初は全然有名じゃなかったんだ!」と思うと勇気づけられたりもするので、自分なりに学んで実践していく事が良いのではと思います。


AKEBONO TEA株式会社


ホームぺージ 日本茶ベース専門のオーガニックティー AKEBONO TEA TOKYO

お問い合わせ AKEBONO TEA TOKYO ―お問合せ 

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
21,104
投資家の登録数
No.1
3,923
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

人気コラムランキング

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者13名 投資家2
昨日の投稿数
経営者8件 投資家0
先月のマッチング数
75
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる