1万社が利用する日報共有アプリgamba!(ガンバ)はPDCAを業績拡大へ直結させる全社参加型クラウドツール 株式会社gamba 代表取締役 松田充弘様【起業家向けサービス紹介】

公開日:2019/3/13  |  最終更新日:2019/3/15


「書くのに時間を取られる」「何を書いていいのかよくわからない」などと社員に敬遠されがちで、なかなか定着しない企業の日報。しかし日報には、有効活用することで業績拡大が見込める貴重な情報が詰まっています。

日報共有アプリgamba!には、誰もが日報を投稿したくなるSNSの要素を取り入れた仕掛けが満載。日報を通じて社内の情報共有のスピードを加速し、業績アップを実現できます。今回は株式会社gamba代表取締役 松田充弘様に、サービスの特長や日報活用の企業にとってのメリットをお聞きしました。

1万社以上が導入しているgamba!とはどのようなサービスでしょうか?

gamba! (ガンバ)ー登録実績10,000社 国内最大級の日報共有アプリ

gamba!は、日報を簡単にメンバー全員で共有できるクラウドサービスです

PC、スマホ、タブレットを介してどこからでも簡単に日報の作成・投稿ができます。他のメンバーの日報を読んだり、コメントを返したりすることもできるので、タイムリーで全方向のコミュニケーションが可能です。テンプレートを使うことで、時間をかけずに日報を書けたり、SNS的な要素を盛り込んだりすることで、社員が自主的に日報を書き続けられるよう支援するサービスとなっています

日報の活用を勧める理由を教えて下さい。

日報は、業績UPに直結する大切なツールだからです

日報を効果的に活用すると、日次PDCAを常に修正していく事ができるので、戦略の実効性が高まります。外部環境が常に変化する中、ビジネスが計画通りに進まないのは当たり前です。もし月間でしか振り返らなければ、改善の機会は月に1回ですが、毎日ならば月に20回になります。このPDCAサイクルの回転数が、業務改善の速さとなり、業績を上げるポイントにもなります

また、gamba!はクラウドサービスなので、必要な時に誰でも情報を得る事ができます。よって、社内で埋もれている情報資産を効率的に使うことができる様になり、結果的に業績拡大につながっていきます。gamba!を活用している企業から生産性向上の実績を取らせていただいているのですが、皆さん2年間で25%〜35%くらい上がっています。それ位、日報やgamba!の業績へのインパクトは大きいですね。

導入企業が増え続けるgamba!の魅力はどこにありますか?

gamba!の魅力は「社内SNSで日報を共有する」という発想です

メンバー全員の日報や、それに対するレスポンスをSNS感覚で読むことができるので、情報共有のスピードが加速度的に上がります。


日報というのは部下から上司に上げていくのが通常ですが、上司と部下の限られた関係の中で完結してしまいがちです。その場合経営側からすると、マネージャーが部下にどんなマネジメントをしているのかが見えません。部下からしても、日報を上げても上司が読んでいないというケースも多く、「報告している意味がない」「1年も続かない」といったことが起こってきます。続かない大きな要因の一つは、上司が的確なレスポンスを的確なタイミングで返さないからです

そういった日報の持つデメリットをSNS的な要素を加えることで補完したのがgamba!の最大の特長になっています。

紙やメールでは続かない日報がgamba!なら続けられる理由を、機能面から教えてください。

gamba!の機能面のポイントをお伝えします

最大のキーポイントは、誰もがカンタンに日報が書けるテンプレート

日報は何を書いてもらうかが重要で、書く側もそこがストレスになりがちです。必要な項目を短時間で書けるように、テンプレートをいかに細かく作るかが大事になります

例えば、複数店舗をマネジメントするスーパーバイザー向けのSV日報、ハウスクリーニングですとチェックボックスで簡単に記入ができ、ビフォーアフターの写真を載せられたりする作業報告的なテンプレートなど、それぞれの企業に合わせたテンプレートが作成できます。
テンプレートのカスタマイズは、gamba!の管理画面から自由に設定いただけるようになっています。より効率的なテンプレートを利用したい場合は、私どもで業務内容をお伺いしてそれぞれのテンプレートをお作りして、納入することもやっています。

数値化できるものを管理できるKPI(目標達成)機能

目標や日々の数字を日報で投稿していくことで、自分や他のメンバーの進捗情報や達成具合などのKPIを、分かりやすいグラフでオンタイムに確認できます。そして、gamba!はクラウドツールなので、全国の拠点のグラフを並べることもできるので、競争意識も芽生え、張り合いが生まれます。

KPIはグローバル人材研修などの語学教育にも有効です。ある研修会社から、月40時間の学習時間を作れば、必ず英語能力が向上するというデータが出されています。KPIで目標を設定して、学習時間、学習内容をグラフで表示することで、学習の進み具合がわかります。実際に塾や予備校でも使っていただいていて、リアルな塾の現場だけでなく、遠隔からのフォローに活用することで、その塾独自の付加価値となっている事例もあります。

gamba!はタイムリーな情報共有ツールとしても活用可能

日報は通常1日1回ですが、最近はもっと短いサイクルで報告を上げるケースが増えています
1日1回ですと、日報にホットな情報が書けなかったり、思い出して書くのに時間がかかったりしてしまいます。gamba!でしたら、アクションごとに報告を上げることができ、ノートという機能でメモをしておけば、日報を書くときの振り返りにも活用が可能です。

日報は結果だけではなく、プロセスが見える事もメリットです
どうしても業績に重きを置きがちで、数字で結果が出た時は賞賛できますが、経理などの管理部門のメンバーに対しては、賞賛するのが難しい面もあります。しかし日報でプロセスが見えるようになれば、管理部門のメンバーに対しても賞賛することができます。部門や拠点が違っても、お互いに賞賛の輪が広がる事も、gamba!の大切な機能の一つです。

スタンプ機能でコミュニケーションを簡単に

スタンプはどんどん使っていただくことを推奨しています。SNS的な「楽しい」「簡単」という要素は、日報を続ける上では大きいと思います。

gamba!全社間の共有ツールなので、活用方法としては「gamba!のコメントやスタンプに関してはポジティブな返信に限らせてください。それ以外の注意などは対面か1対1のチャットで」と推奨しています。

私も日報を書いていますが、社員から「いいね!」が付いていないと結構ショックです(笑)。誰が読んでくれているのか、みんな気にしていると思いますし、投稿するモチベーションになっていると思います。

日報を効果的に活用する為にはどの様な事が大切なのでしょうか?

まずは日報を使って、日次PDCAをきっちり回すことを習慣化させる事が大切です

会社の業績を上げるためのポイントは、従業員一人ひとりの生産性を高めるために、いかに改善をしていくか、だと思います。組織で動いている中で、目標に到達するまでの仕事の質を高めていくことが重要で、そのためには自分自身のマネジメント能力を高めることが求められます。日報を継続することで、それを実現する事ができると思っています。

実はgamba!は、創業者の森田が楽天の経営企画室にいた時に見た「三木谷社長の日報マネジメント」をシステム化したものです。三木谷社長が日報を読んで指示を出し、それをメンバーに情報として伝えるハブ的な役割を森田が行っていた際に、これをもっとオペレーショナルにITの力でできないか、と考えたのがgamba!です。
三木谷社長は「1日1%の努力を毎日つづけると1年後には37倍になる」と著書に書かれている程日次でのPDCAをすごく大事にされていて、それで今の楽天があるのだと思います。

gamba!を導入したい時の流れをお聞かせください。

まずは15日間の無料トライアルをお申し込みください

電話かWebミーティングでご要望をお聞きします。お悩みや課題に沿ってアドバイスさせていただき、イメージしていることがgamba!実現出来そうであれば、システム使用料1ユーザー当たり月980円でお申込みいただく流れです。
実際に訪問してコンサルティングしてほしいというお客様には、有料でサービスをさせていただいています。

▼新規アカウント作成・無料トライアルはこちら
gamba!(ガンバ)―アカウントを登録する

gamba!を含む、今後の展望をお聞かせください。

gamba!に関しましては、ユーザビリティをさらに上げていきます。

日報のデータベースをパフォーマンス分析することで、メンタルコンディションをチェックするなど、企業にとって、より価値のある情報を提供していきたいと思っています。例えば営業や企画のハイパフォーマーのデータを分析し、ハイパフォーマーの行動特性であるコンピテンシーを導き出す事で、どういった要素を持った人材が自社で活躍できるかを抽出できれば、その後の採用にも役立ちます。これはgamba!の可能性の一つで、実際に研究を始めて試行錯誤中です。

また、新規サービスとして弊社の理念でもある「笑顔ではたらく人を増やす」というコンセプトを実現するための、次なるツールをローンチする予定です。企業と働き手のハッピーをどのように実現していくか、という部分にチャレンジしていきたいと考えています。

最後に起業家の方に向けてメッセージをお願いします。

gamba!は多くのスタートアップの企業に利用いただいています。リモートワークやパートタイムのメンバーといった、多様なメンバーとの情報共有にも有効です。情報をいかに多くの人と共有するかによって、成長スピードも上がっていくと思います。投資家がいらっしゃる会社であれば、タイムリーに情報を見ていただくことはすごく大事です。そういった企業が成長していく状況をgamba!で作れますので、創業したらすぐのご利用をお勧めします。


■株式会社gamba 企業・事業内容紹介

2012年に創業した株式会社gamba「笑顔ではたらく人を増やす」の理念のもと、単に笑って仕事をするということではなく、自分の仕事を通じて「社会貢献」「業績拡大」「自己成長」を同時に実現できているような状態を実現させる為のサービスを提供しています。

社内SNS機能を搭載した日報共有アプリgamba!は、会社内のスピーディーな情報共有とコミュニケーションを支援するツールで、多くの企業の業績拡大に貢献。スタートアップ企業から大企業まで、一万社以上の会社で導入・活用されています。


住所     神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センター B101

日報共有アプリgamba!

ホームぺージ gamba! (ガンバ)ー登録実績10,000社 国内最大級の日報共有アプリ

お問合せ   gamba! (ガンバ)ーお問合せ


日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,833
投資家の登録数
No.1
2,992
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

人気コラムランキング

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者15名 投資家0
昨日の投稿数
経営者13件 投資家2
先月のマッチング数
141
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる