MakeLeapsで請求書郵送や入金消込などを簡単に自動化!初心者でも導入しやすいシンプルな請求書作成・管理サービスの特徴とメリットを紹介! メイクリープス株式会社 三田あいこ様

公開日:2018/9/21  |  最終更新日:2019/4/30


起業家にとって魅力的で便利なサービスをご紹介する本企画。

今回紹介する「MakeLeaps(メイクリープス)」は、はじめて請求書作成・管理サービスを導入するという方にもおすすめのサービスです

請求書の「作成」「郵送」「入金チェック」「請求書番号や請求金額の情報管理」など、請求業務は、ひとつひとつの作業は単純でも、結果的に多くの時間が奪われてしまいがちです。こうした業務を効率化して、本業にのみ専念したい、というのが多くの起業家の本音でしょう。

そのような悩みを全て解決してくれる「MakeLeaps」について、メイクリープス株式会社のマーケティング担当 三田あい子様にお話を伺い、サービスの特徴と請求書・管理サービスを起業家が利用するメリットについてお聞きしました。

―はじめにMakeLeaps(メイクリープス)のサービス概要をご紹介ください。

MakeLeaps(メイクリープス)

「MakeLeaps」は請求書をはじめ見積書や発注書など、請求業務に関わる一通りの書類を作成・管理し、さらに郵送までできるクラウドサービスです
Excelよりも早く請求書を作成できるうえ、請求書と入金の紐づけまでしっかりと管理できます。

大きな特徴は「シンプルで使いやすい事」「会社の成長に合わせて将来的にスケールしやすい」という2点です。

他社の請求書作成・管理サービスには、「請求業務から会計業務まで全てサポートする」というスタンスで開発し、多数の機能を盛り込んだものも多いです。ですが、機能が多いと操作方法も分かりづらくなり、「会計の知識がないと使いこなせない」という可能性もあります。会計士のサポートを受けつつサービス運用を行うのも非常に手間です。
その点、MakeLeapsはほとんどの機能を請求業務に特化させており、会計知識が少ない方やITリテラシーがあまり高くない方でも簡単に操作できる、シンプルなサービスに仕上げています

サポート体制も万全で、導入や運用中に操作方法や設定に不安が生じた際には、メールや電話に加え、チャットで専門の担当者がすぐに対応いたします。
特にチャットでのお問い合わせには1分以内のご返信を心がけていますので「解決までのスピードが早い」と非常に高い満足度を頂いています

―豊富な機能が搭載されていますが、特におすすめのものはございますか?

MakeLeapsの便利な機能として3つをご紹介致します。

1つめは「郵送代行サービス」です。

 

請求書印刷から投函までの作業を代行するサービスです。

封筒の用意、印刷、切手の貼付や封入作業も不要となります。様々な職種・規模のお客様にご利用いたただいていますが、オフィスを持たない個人事業主方や、外出が多い方は特に便利にお使いいただけるサービスだと思います。

MakeLeapsご利用ガイドー作成した書類を郵送する

2つめは「バーチャル口座機能」です。

取引先ごとに「バーチャル口座(仮想口座)」を設置して、振込人の特定を自動化することで入金管理を簡素化するためのサービスです

「楽天銀行あんしん受け取りサービス/楽天銀行ジャストマッチ」とサービス提携を行って提供しているサービスですが、「楽天銀行ジャストマッチ」のみのお申し込みでは下限開設口座数も高く、初期費用、月額運用費も料金設定が高めになります。
しかし、MakeLeapsと併せてご利用することで、成長途中の企業様も使いやすい特別料金設定での利用が可能です。楽天銀行の法人口座をお持ちの方は、お得に始めることができます。

MakeLeapsバーチャル口座

3つめは「クレジットカード決済機能」です。

通常、請求書の送金は口座振込が主です。しかし、この機能をご利用いただくと、請求書の受取手がクレジットカードで支払うことが可能となります

利用方法は、請求書発行者は事前に初期設定を行い、請求書を発行する際のセキュア送信(電子送信)の時に「MakeLeapsカード決済を受け付ける」にチェックを入れて送信するだけで非常に簡単です。受取手は、クレジットカード番号を入力すれば即座に送金が完了します。

請求側のメリットは、クレジットで支払われた請求書は自動で消込処理が行われることと、回収が早くなる点です。また、支払い側も簡単に支払い処理ができ、決済方法の選択肢が広がるため、ご好評頂いております。

MakeLeapsカード決済(ご利用ガイド)


*各機能を使用する為には法人プランのご利用が必要となる場合があります

―請求書など帳票作成・管理に役立つ機能をご紹介ください。

顧客情報を自由度を高く、細かく設定できます

取引先様の住所を複数登録して、帳票の送付先を本社ではなく支店にしたいという場合にも簡単に切り替えることができます。
あらかじめ商品コードや単価、商品単位を商品一覧に登録しておけば、請求書作成時に一覧から選択するだけで簡単に商品情報の入力ができます。消費税の表記方法も、内税、外税、表記なしを帳票に応じて柔軟に設定できます。

日本語だけでなく英語表記にもしっかり対応しているのも大きな強みです
外貨表記もドルはもちろん、対応できない外貨はないというほどです。もちろん、メイクリープスの管理画面も全て英語表記に切り替える事ができます。
実は外貨対応しているクラウド請求サービスは、世の中にあまり存在していません
なので、特にウェブやアプリ開発を海外企業に受発注をしている企業様や、NPO法人の方にご好評をいただいています。

今後は海外展開は避けられないと思います。こういった細かな点でもしっかり起業家の方々をサポートしていきたいですね。

―起業家ユーザーの方も多いのでしょうか?

そうですね。様々な職種の方がいらっしゃいますが、
特にIT系ベンチャーやWeb制作会社を立ち上げた起業家の方々は情報アンテナが高く、起業早期からご利用いただいております。

その様な方々に、レポート機能について評価をいただくこともあります。 *売上予想高レポート機能画面

予想売上高を可視化する、取引先ごとの売上高を毎日算出する、というのはなかなか時間のかかる作業です。なかには、複雑なマクロを組み、Excelデータから自動的に図表を出力する方もいますが、万が一バグが出ると修正が大変です。「計算式が間違っていたから予想売上高が変わってしまった」などという事は許されない上、新たに売上管理シートを作成しても、別途管理が必要なら二度手間になり時間の無駄も多くなります。

MakeLeapsでは、請求書の発行ベースで予想売上高を自動計算し、さらにレポート化してわかりやすく可視化できます。なので、請求書に入金紐付けをすれば、自動的に予想売上高も掛売金額も簡単に見ることができます。

デメリットを克服し、簡単に経営判断の参考資料を入手できる。多忙な起業家の方々には大きなメリットです

―他サービス・アプリとの連携機能はございますか?

Salesforce(*1)との連携機能があります

Salesforceで管理した案件や商談情報に、MakeLeaps側で請求情報を紐付けることで、請求書・見積書などの帳票がしっかり発行されているかを抜け漏れなく確認できます。フロントエンドとバックエンドをしっかり繋げるという考え方です。

Salesforceは基本的に会社規模がある程度大きくなった段階で導入するケースが多く、創業当時から利用する方はあまり多くないでしょう。ですがMakeLeapsなら、必要になった段階でSalesforceにスムーズにプラン移行できる。会社の将来的成長を見越している方にとっては、大きなメリットになると思います。

(*1)…Salesforce(セールスフォース): マーケティング・セールスオートメーションを行う世界最大級のクラウド型アプリケーションサービス。

MakeLeaps for Salesforce


ほかにも複数の口座やクレジットカード明細をまとめて表示する個人資産管理サービ「Moneytree」との連携機能もあります

MakeLeaps上でアカウントを開設し、必要な口座を登録すれば、銀行口座の入金情報をMakeLeapsに表示することができるようになります。すると、ワンクリックで消込作業ができるようになり更に入金管理を効率化することが可能です

MakeLeapsー口座連携機能とは

―セキュリティ対策はどのようになっていますか?

オンライン上のセキュリティ対策ということで言えば、2段階認証サービスを導入しているほか、IPアドレスのアクセス制限にも対応しています。ユーザー様の求めるセキュリティレベルに応じ、柔軟にカスタマイズできるように設計しています。

企業内の対策としては、登録メンバーの編集・閲覧権限をかなり細かく設定できるようにしています。例えば「請求書は特定の担当者しか作れないようにする」「取引先A社の売上高は担当部署のみ見えるようにする」などです。

「作業時間管理」などの入力に関しても、編集・閲覧権限をそれぞれ任意で設定可能です。MakeLeapsは特定の業種に紐づかないサービスですが、まるで自社に合わせてカスタマイズされた製品のようにお使い頂くことが可能です。

―料金プランにある「個人プラン」と「法人プラン」の違いとは何でしょうか?

個人プランは1メンバーあたり月額500円からご利用可能ですが、登録メンバー数は3名まで、登録取引先数は10社までと上限設定があります。主な利用ユーザーは、フリーランスの方や、数名で企業経営されている方です。

それ以上の規模のユーザー様には、法人プランをおすすめしています。
法人プランの場合は、1メンバーあたり月額800円からご利用可能で、取引先数10社まで利用できます。それ以上は取引先数に応じて料金がスライドしていきます。
法人プランでは、「カード決済」「入金管理」「承認権限の管理」「各種データのインポート・エクスポート」などMakeLeapsの機能を全てご使用いただけます。

プラン変更は、月額利用の場合は毎月の利用状況に応じて柔軟に変更が可能なので「特定の期間のみ請求書発行が群を抜いて多い」などの場合は、その期間だけ取引先数の上限をあげることもできます
頻繁に請求業務が発生しない取引先情報はアーカイブができ、必要になったら有効な取引先としてアーカイブから戻すこともできます。クリックひとつで情報を戻すことができるので、繁忙期に一から取引先情報を入力し直したり売上データを入力し直す手間が省けます。

MakeLeaps料金プラン

―実際にMakeLeaps(メイクリープス)を導入した起業家の事例などを教えていただけますか?

ライティングカンパニー「スゴモン」の経営者、松田様をご紹介したいと思います

松田様は自転車に乗って世界中を旅しながら、ベンチャー企業や合同会社、コミュニティなどを複数経営・運営していらっしゃる方です。
オフィスにいないことも多いため、取引先から紙の請求書原本を送るよう求められると、すぐには対応が難しいという課題がありました。また、自らも多くのフリーランサーと一緒に仕事をしているため、旅先でも見積書や請求書を確認できるよう紙ではなくデータで管理したいというニーズもありました。
そこで松田様が目をつけたのがMakeLeapsです。当社のサービスを利用する事によって、世界中の何処に居ても請求業務を行える環境とペーパレス化を実現することが出来ました

―今後の展開予定についてお聞かせください。

サービス面では、お客様からのご要望にできる限り耳を傾けるようにしています。

よくある意見として「帳票のテンプレートを今まで自社で使っていたレイアウトや文言に合わせたい」という声です。どうしたら柔軟性が高まり利用しやすくなるか、社内でエンジニアとサポートを担当しているカスタマーサクセスチームで議論をすることもあります。

バーチャル口座連携についても、楽天銀行とアライアンスをさらに深めていき、お客様が移行しやすい環境を整えるように計画しています。

―最後に、起業家の方にメッセージをお願いします。

とにかく、貴重なお時間を大切に使っていただきたいと思います
起業家の皆様はエネルギーに満ちあふれていて、とてもクリエイティブなお仕事をされる方が多い。時間は限られた資源ですから、ノンクリエイティブな領域の作業はメイクリープスを使い、どんどん効率化を進めてください。日本をさらに盛り上げる起業家の方々の縁の下の力持ちとして、MakeLeapsが役立つのであれば、これ以上嬉しいことはありません。


メイクリープス株式会社 企業・事業内容紹介

請求書や見積書、発注書など各種帳票を作成、管理、郵送できるクラウド型請求ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」の開発・販売を手がける企業です。日本でクラウド型請求サービスが珍しかった時代から事業を行っている、草分け的存在でもあります。

大小問わずユーザーの声を頻繁に取り入れ、アップデートを随時行っています。昨年には楽天銀行の仮想口座サービスと連携し、入金後処理の効率化のため、口座への入金と請求書との紐付を行えるようにするなど、さらなる使いやすさを追求し続けています。

メイクリープス株式会社


住所 東京都目黒区中目黒3-1-5 YK中目黒ビル2F

お問い合わせ  広報担当(contact@makeleaps.com )

ホームページ  MakeLeapsー請求業務をクラウド&AI化して、社内リソースをコアビジネスへ。


日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,588
投資家の登録数
No.1
2,935
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

人気コラムランキング

もっと見る

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる