x 現在名が、このページを閲覧しています。

通信制高校+eラーニング学習塾+福祉就労事業所の開設を目指しています<起業家:sasaki0506さんの投資募集>

起業家 sasaki0506 さん sasaki0506さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:50代
  • 創業年:2017年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:オンライン中

兵庫県 教育・学校 受付中 2018/08/14公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

経営に関しては素人なのでいろいろな方のアドバイスをいただきここまできました。教育と福祉の両方を実現したく今回がんばりたいと思います。勉強しながらではありますがよろしくお願いします。

事業計画・事業内容

私は教育の仕事を約30年、福祉の仕事を4年してきました。
また、過去に教育の現場で発達障がいのある子どもを教えた経験から「もっときちんと勉強しよう」と思い、教育と福祉が学べる通信制大学で勉強してきました。そのような時に兵庫県内の学校の現状を知り、懇意にしていたNPO法人の理事長様と「県内に発達障がいを持つ生徒を受け入れられる通信制高校を作りたい」という話が盛り上がり「是非作りましょう!」という話になり、2017年4月開校を目指し準備が始まりました!
教員も確保でき、順調に準備が進んでいたのですが、諸事情があってそのNPO法人が2016年10月初旬に撤退となり企画だけが残ってしまいました。もちろん、このプロジェクト
自体も白紙になりそうでしたが、私や教員の中の「彼ら(彼女ら)のチカラになりたい!」という想いはますます強くなり、このプロジェクトを存続させることを決意しました!

また、最近の教育に求められるものは知識だけでなくそれを使った「問題解決力」の育成です。勉強をたくさんしたり教えてもらうことで満足しがちですがまずは自分の力での学習成果がこれから必要です。私も現在学習塾で努めており感じることですがこれは健常者でも苦手な人は多いと思います。
最近eラーニングを取り入れた学習塾・学校が増えています。これは自立学習を促す効果が認められており、学習の苦手な子どもたちの学習としては導入の価値があると考えます。
だから、通信制高校開設後は学習塾の併設をし、システムの活用をしていく予定です。

最後に、発達障害や他にハンディを抱えている人たちは就労に苦労しています。私も、就労継続支援A型のサービス管理責任者として障害者とかかわっておりますが、一般就労の壁は正直高いです。学習支援業というのはこまごまとした仕事が多く、意外と生徒と向き合える時間が少ないです。しかし、パソコン入力・電話応対・環境整備などの仕事は就労継続支援A型を利用できる人ならできる仕事も多いです。このタイプの仕事のA型はあまり多くはないと思われますので個々のスキルアップを目指してもらい、一般就労につなげられる施設との併用で共生教育や職業訓練ができる学習施設にし、高校や塾の先生には生徒と向き合える時間を確保する環境を整備していきたいと考えています。

今回は、まず通信制高校+学習塾開設にむけての資金(開設出来たら法定売上げ達成後に福祉就労の併設)のご支援・ご協力をお願いしたいと思います。、皆様のご支援宜しくお願いいたします!

投資の内訳・起業の際の必要物

賃貸ビル契約関係    100万
改装費         400万
備品(机、ロッカー、PC他)300万
フランチャイズ関連   360万
運転資金 340万

予想収益

半年~1年がかりで2事業を軌道にのせ7ケ月目から黒字の予想

投資家への還元方法

詳しくは相談させてください。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる