x 現在名が、このページを閲覧しています。

回転中に加減速を繰り返す特殊なSwirl Gearのシステム及び応用製品<起業家:mamboさんの投資募集>

起業家 mambo さん mamboさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:50代
  • 創業年:1998年
  • 本人確認: 未確認
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

北海道 新ビジネス・商品 受付中 2018/06/23公開

希望調達金額
300万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

1994年のインターネット黎明期より、自分でプロバイダー事業を立ち上げて、学校・公共機関・大手企業~中小企業まであらゆる企業にインターネット関連のサービスを提供してきました。

また、この間 新規のネットワークサービス開発やネットワーク技術者を育て様々な会社にノウハウを提供してきました。
現在も細々とですが、ネットワーク関連のサービスを仕事としてやっております。

4年ほど前に脳梗塞になり、2年ほどリハビリに集中していました。当然それまでやっていた業務が全て出来なくなり顧客も失った事もあり、前々からやってみたかった事業にチャレンジする事を決意して現在に至っております。

起業するには遅すぎるという事は考えておりません、。チャレンジしなかった事を後悔したくないと思っています。
バイタリティと柔軟な思考で取り組みたいと思っております。

どうぞよろしくお願い申しげます。

事業計画・事業内容

まだコンセプト段階です。
回転中に加減速を繰り返す特殊な歯車を4年ほど前から開発しております。
工業試験場や発明協会等にも相談させて頂き、まだ無いものなので特許申請を前提に開発を進めています。
とりあえず、詳細設計と3Dプリンターによる出力を予定しており、製品化及び販売についてはも少し先にになります。
VC、クラウドファンディング等にも情報発信して進めています。
HOMEPAGE : http://www.exswirl.com/
INDIEGOGO : https://www.indiegogo.com/project/preview/512e90d6
Facebook : https://www.facebook.com/ExSwirlcom-2056328354579729/
大ギア・小ギアで一体となって出力側ギア
内・外歯車で一体となった入力側ギア
二つのギアを組み合わせて回転中に不等速の出力を得ます。
また、このギアを応用して各種の産業機器や自動車エンジン等の開発を検討しています。

歯車古くからあり、あらゆる工業製品に使われれおりますが、この形状の物は不思議な事に今までどこにもありませんでした。
自動車だけで世界中には10憶台以上あり、全ての機械を含めるとどの程度あるのか想像もつきません。

この歯車システムと同様の動きをさせようとすると、これまではもっと複雑な仕掛けた必要であり開発する価値があると思われます。

またエンジン等に応用した場合、これまでの2倍のエネルギー効率が予想される為、非常に需要が高いものになる可能性があります。

------------------------------------

当方はこの製品についてアイディアを考えたものの、事業を進めるには資金もスタッフも乏しく、ともに業務を進んていける方を募集する事にしました。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

投資の内訳・起業の際の必要物

試作品の詳細設計費用
3Dプリンターによる出力費用

予想収益

まだ製品化前ですので未定です。

投資家への還元方法

まだ製品化以前の状態ですので、収益予想は出来かねます。
従って、株式での還元を検討しています。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる