止水板製作設置業務!! (各自治体より助成金制度が増え続けております) SEO対策を導入(近日公開予定)

起業家 Y_hide さん Y_hideさんのプロフィール画像

兵庫県 新ビジネス・商品 受付中 2018/01/13公開

希望調達金額
700万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

この度、5年程前から止水板設置を外注として弊社が受けておりましたが、止水板設置会社、本社関東(有)、役員変更により関西での事業となり弊社が受け継ぐ形となりました。
これを機に、認知度の拡大と共に製作の考案向上、売上拡大を目指し、付加価値を保ち、あらゆる業種様、クライアント様に提供出来る事業として行きます。

FC募集者決定時は、FC規定約款、設置指導、事務所確保、止水板設置、が必要となります。
(FC契約金50万+止水板設置費用25万)


投資家様と末永く良きパートナーとしてお付き合い出来れば光栄です。

お会いして決めたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

事業計画・事業内容

止水板製作設置業務、一般の方(1軒屋)などに適した止水板を、現調から設置迄行います。

各自治体からの助成金制度が増えてます。
現在、設置可能な班は、関東で1組、関西で1組で行なっております。
各都道府県に1組づつ(FC契約)設置可能な班を作りたいと思っております。

止水板は、まだまだ認知度の低く高価格なイメージか有る為、自社ではホームページを活用しSEO対策で止水板の認知度向上を目指します。

現在リフォーム業が主となっております。

その他、
[ガイナ塗装]
一般的な外壁塗装とは違い。
1・寒さ対策⇒断熱・保温
2・暑さ対策⇒断熱・遮熱
3・騒音対策⇒遮音・防音
4・臭い対策⇒室内空気改善
5・さらなる効果⇒防露・耐久・安全・不燃

[コヤフロン加工]
(㈱コヤノが製造発売する、4フッ化のフッ素樹脂(PTFEとも)を主成分としたコーティング剤(表面保護材)です。
4フッ化のフッ素樹脂で有名なものでは、「テフロンのフライパン」があります。テフロンはデュポン社のPTFEコーティングに対する商品名です。
これを、常温で後付けコーティング出来る様にした画期的製品がコヤフロンです。施工すると、モノの風合いを変えず、汚れの付着や劣化を防ぎます。
要するに、普段のお手入れが簡単になり、物もより長く美観を維持することが出来ます。

[オゾン脱臭}
近年高齢化が進み孤独死される方も増えて来ております。その際オゾン脱臭機を使い特殊清掃を行います。自社では、その後のリフォームも可能です。

投資の内訳・起業の際の必要物

止水板製作費
25万×10台分=250万

現調費設置工事費
25万×10台分=250万

大きさ長さ形状により変動致します。

製図作成費
1台につき2万

SEO対策費
年間66万

ブログ作成費
年間480万

FC募集広告費
月35万

FC約款製作費


[工事例1の場合]
一軒家に設置
製品代25万/工事費25万
請求額50万

製品代原価8万
工事費原価8万
支払額16万

利益34万

自治体助成金適用費最大1/2 50万円、お客様助成金返還金25万円
実質お客様負担金25万円

[工事例2の場合]
工場に設置
製品代250万/工事費200万
請求額450万

製品代原価70万
工事費原価50~70万
支払額120~140

利益310~330万

自治体助成金適用費最大1/2 100万円、お客様助成金返還金100万円
実質お客様負担金350万円

上記のように自治体によって返還金も異なりますのでその都度確認が必要となりますが、現在迄のお客様は助成金適用外の方が多いです。
持家などの被害が一度有れば対策は場所関係なく設置する方が多いのが実状です。

その他、リフォーム、ガイナ塗装、コヤフロン加工に関しましては要相談。

予想収益

2月下旬からのスタートです。SEO対策での伸び率を図りますが、止水板事業として、おおよそ1年目での見込み売上3000万と考えております。
2年目見込み売上6000万。

投資家への還元方法

止水板製作設置迄の費用から算出した利益の10%還元

設置後リフォーム、ガイナ塗装、コヤフロン加工を提案の為、要相談。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

ページ最上部へ

メニューを閉じる