x 現在名が、このページを閲覧しています。

【畜産ベンチャー】和牛一貫生産の大規模化と他事業の融合による新しい畜産業モデルの構築<起業家:BestMatchさんの投資募集>

起業家 BestMatch さん BestMatchさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:40代
  • 創業年:2019年
  • 本人確認: 未確認
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

愛知県 その他 受付停止 2017/11/08公開

希望調達金額
5億円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

畜産農家は近年急激にその数を減らしており、主な原因は担い手不足であるとされています。畜産と言えば「臭そう」「汚そう」「休みなさそう」「給料安そう」といういった負のイメージが先行してしまい、若い世代の就職先としては敬遠されがちです。
そういったイメージを払拭し、後継者不足を解消することがブランド牛や日本の食文化を守り、発展させることに繋がり、日本特有の食品の国内消費量の増加、ひいては海外への輸出の増加による経済の活性化にも繋がると考えています。
和牛の生産は非常に大きな初期投資が必要で手間もかかり、当然ですが子牛を仕入れても、出荷できるまではそこから20か月以上必要ですので、すぐに収益に繋がりません。よって新規参入する個人はもちろん法人でさえも滅多にありません。しかし和牛を未来へ残す為には誰かが立ち上がらなければなりません。誰かがやらなければなりません。
但し、今まで通りのやり方では発展していかないのは現状が示す通りであるので、時流に乗った畜産経営の合理化や斬新なアイディアの投入が必要になります。事業推進しながら常に様々な工夫を凝らし、畜産革命とも呼べるようなものを作り上げたいと考えています。

事業計画・事業内容

和牛一貫生産(メガファーム、ギガファームを目指します)を基軸に畜産農家の収益構造に別の収入源を付加しながら、儲かる畜産、若い世代のモチベーションに繋がる畜産業をモデル構築し、モデル構築後はそのモデルを事例に他の畜産農家のコンサルティングも行います。最初の事業拠点は飛騨地方ですが、モデル構築後は他の畜産農家へのコンサルティングや全国各地で担い手不足による衰退が懸念されていることから拠点数を増やしていきます。事業構想の詳細については、直接コンタクトを取っていただける方にのみご説明致します。

投資の内訳・起業の際の必要物

2期目:牛舎関係設備 5000万円
    もと牛導入費 80万円×80頭=6400万円
3期目:東京への牧場直営飲食店出店費 1億円
    もと牛導入費 80万円×100頭=8000万円
4期目:牛舎増設 5000万円
    もと牛導入費 80万円×150頭=1億2000万円
5期目:牛舎増設 5000万円
    もと牛導入費 80万円×250頭=2億円

会社ランニングコスト 5年分 1億2千万円

予想収益

5期目までは増頭による初期投資額が大きいため、4億2千万円の累積赤字の見通しですが、6期目から黒字転換し、10期分の累計では10億円の黒字となる見込みです。また14期くらいからは毎年コンスタントに7億円の黒字を見込んでいます。
※尚、投資できる額が大きければ大きいほど利益も大幅に向上します。最初の5年~10年でどれだけ増頭できるかが大きな鍵となります。

投資家への還元方法

こちらは相談させていただきたいと思います。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる