x 現在名が、このページを閲覧しています。

【日本から世界へ】日本の商品を全世界へ発信する、個人貿易事業★実績・損益シミュレーションあり<起業家:Zhirenさんの投資募集>

起業家 Zhiren さん Zhirenさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:30代
  • 創業年:2021年
  • 本人確認:
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

富山県 販売・ショップ 受付中 2021/05/23公開

希望調達金額
500万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

【創業の動機】
 私は中学生の時から海外に関心がありました。英会話の塾に通っていたり、洋楽を聞いたり、アメリカやニュージーランド、パラオに海外旅行へ行った経験もあります。言葉が特別話せたわけではありませんが、外国の方とコミュニケーションをとることが好きで、学生時代も率先してALTの先生と会話をしたり、一緒に地元の祭りに行ったりもしました。
 学校を卒業して社会人となり、外国とは少し縁遠くなっていたある日、とある海外のオークションサイトの存在を知り、日本の商品はよく売れるという情報を耳にしました。日本のフリマサイトに出品する感覚で、自宅にあった不用品を出品したところ、その日のうちに売れたことに驚きました。
 海外のバイヤー様へ発送したところ、後日、喜びのメッセージが届きました。それを見て、僕もうれしくなり、日本の商品を海外の方に届け、もっと喜んでもらいたいと思ったことが、現在の事業に至る最初のきっかけです。
 現在は新型コロナウィルスが猛威を振るい、海外旅行に行くことはできません。海外の方は日本の商品が欲しくても買う機会が奪われてしまっています。東京オリンピック、大阪万博をはじめ、日本政府が謳っている「Cool Japan政策」などの影響もあり、日本はこれから世界から注目される期間が長くなります。注目される期間が長くなれば、日本に興味を持つ外国人が増え、商品の売れ行きが良くなることが予想できます。
 しかし、外国人が日本のものを買う手段は大半がオンラインショップとなってしまいます。なので、少しでも外国人の方に日本の商品を買う機会を増やしたい。そんな思いがあります。また、外国に限らず日本でも新型コロナウィルスの影響で、ネットで物を買う機会がより多くなっています。今までは店舗に足を運び、商品を購入していた人もインターネットを通じて買い物をする機会が確実に増えています。
 たとえ新型コロナウィルスが収束しても、インターネットで物を購入する人は、それ以前に比べてより多くなっていると予想します。実際に輸出事業で生計を立てている知り合いに教わりながら実践したところ、最高で月350万円の実績を上げることができたため、これは事業化できると思いました。
 時代の波と自らの好きなこと、これらを融合させた輸出事業こそ、私が情熱をささげられるものだと確信したため、創業を決意しました。


【取扱商品・サービスの内容】
・取扱商品はトレーディングカードやアニメグッズをはじめとした嗜好品や自転車の部品などのアウトドア関連、キッチン用品など多岐にわたります。
 多くの種類の商品を扱う理由は、2つあります。1つ目は、ある特定のジャンルに絞ってしまうと、ブームが去ってしまったり、強い競合が現れた時に売り上げを確保することが困難になるからです。幅広く商品を取り扱っていたほうが、どんな商品が人気かを広く知ることができ、あるジャンルがつぶれてしまった時のリスク分散の効果があると考えます。
 2つ目は、どのジャンルにおいても日本の商品は品質が高く、世界からの信用があるからです。日本という名前そのものがブランドとして、世界から人気があります。なので、特定のジャンルに絞る必要はなく、幅広く事業を展開することが可能だと考えます。
 現在は、アメリカやオーストラリアのAmazonやebayというプラットホームを使用し、販売をしていますが、近い将来は自社サイトを運営する計画をしています。


【セールスポイント】
 私は独自のルートで50社以上の商品を卸価格で仕入れることができるため、より良心的な金額でお客様に日本の商品を届けることが可能となっています。企業でない個人事業主は注文が入ってから仕入れる無在庫販売がメインになることが多いです。在庫を持っての販売は売れ残りのリスクを怖がり、あまりやりたがらない人が多い傾向にあります。在庫をもって輸出事業を行う私は、一度に大量の商品を発送するため送料を抑えることができます。かつ、在庫は海外に置くため注文が入ってから短時間で消費者に届けることができ、価格の面、発注から商品到着までの時間の面で優位性を出すことができます。さらに融資が下りたら、事業をより拡大させることができると考えます。
 また、身内には現在アメリカ在住の者がいます。そこから最新のアメリカ事情やトレンドの情報をいち早く仕入れ、他よりも圧倒的に早く自らの事業に投影することが可能です。
私はまだ創業して間もないですが、親しい知り合いに年商2億円を超える同業者がおり、いつでもアドバイスや助言を受けることができるため、大きく経営が傾く可能性は低いと考えます。

また、無在庫販売では、商品を送る際に一言メッセージや、折り鶴を同梱しています。そういった小さな心遣いがお客様のリピーター化につながり、売り上げを上げる秘訣になっています。


【販売ターゲット・販売戦略】
 それぞれのプラットホームの特徴に合わせて販売のターゲットを変えています。日本国内で例えると、「メルカリ」の客層は比較的若く、気軽に買いやすいものが買われる傾向にあります。「ヤフオク」では、中高年で、1点ものやレア度の高いものがよく出品されています。それと同じように、海外のサイトにもそれぞれの用途があるため、客層を理解しながら販売するものをリサーチし、決めていきます。

事業計画・事業内容

全世界に日本の魅力を発信するためにどうか力を貸してください!
弊社はアメリカを始め、オーストラリアや中東に日本の製品をBtoCの形で輸出しております。また、VATというヨーロッパで販売するための権利も取得済みで、同じ業態の方とは違った販路を構築することができました。
販売方法としましては、既存の伸びているECサイトを利用します。

取り扱っている商品ジャンルは多岐にわたります。キッチン用品や文房具などの生活雑貨から、ゲームやアニメ関連グッズ、化粧品、時計などそれぞれの国・地域の需要を見て判断します。

これまでは在庫を持った有在庫販売と、注文が入ってから卸業者から仕入れる無在庫販売の両方を行ってきましたが、この度、有在庫での事業を拡大するため、当サイトに登録するに至りました。

会社は私一人で運営し、商品の検品・梱包・発送などは専門の業者に外注という形で依頼しております。私自身はパソコン1台で仕事ができ、つぶれない会社作りのため、無駄をそぎ落としてきました。

会社を立ち上げたのは今年の2月ですが、それまでの1年間、同じ事業をしている方を手伝うことで経験値や知識を会得しました。

現在、同業者の中でも、欧米に輸出をしている方は多々見受けられますが、欧州方面はVATなどの壁もあり、参入障壁が高くなっています。

また、参入者がいない分、配送業者などのインフレの整備も充実しているとは言えません。
弊社が実際に欧州に販売し、みんなが輸出事業を行いやすくなるような環境構築も行っていきます。そのために、倉庫を借りて人を雇い、経験とノウハウを蓄積していきます。

コロナの影響もあって、インターネット物販の需要は高まっています。
また、オリンピックや大阪万博の開催によって、日本が注目される期間が長くなること、輸出は消費税の還付が受けられることなどから、輸出業は伸びていくと考えております。

素晴らしい日本の技術や魅力を世界に発信するため、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

投資の内訳・起業の際の必要物

有在庫販売仕入資金:400万円
無在庫販売仕入資金:50万円
貸倉庫設備(商品保管棚・作業机など):30万円
作業用デスクトップPC・プリンター:20万円

予想収益

450万円の仕入れで作れる売上:約800万円

内訳
仕入資金:450万円
各種手数料:160万円
送料:45万円
外注費・雇用費:貸倉庫代:15.5万円
その他経費:10万円
利益:119.5万

投資家への還元方法

1年に1回の受け取り:年利12%
毎月の受け取り:年利10%

例:500万円の投資
  年1回受け取り:60万円/年
  毎月の受け取り:4.16万円/月

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる