x 現在名が、このページを閲覧しています。

【出張健康診断事業】企業の潜在ニーズを引き出し、目のと届かない健康管理体制のサポート<起業家:BRANDNEWさんの投資募集>

起業家 BRANDNEW さん BRANDNEWさんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:20代
  • 創業年:2020年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:3日以内

兵庫県 医療・福祉 受付中 2021/03/07公開

希望調達金額
1,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

私の魅力的なポイントは行動力と決断力です。
日本人の多くは、リスクを考えとても慎重に物事を進めていきます。しかし、私は、最低限のリスク回避だけで行動することができます。
過去、Doまでを早くすることで、沢山のチャンスと人脈を掴んできました。
事業開始のきっかけや法人の創業
全てにおいて、私自身の行動力と決断力があったからだと考えています。

法人を設立し、1年が経ちましたが振り返るととても貴重な経験ができました。
私は21歳という、またまだ経験の浅い若輩者ではありますが、年齢を感じさせないよう努力することを常に意識しております。

創業はお仕事をいただけるきっかけがあり、韓国の芸能関係のイベント等にて企画制作をしておりました。
しかし、コロナウイルスの影響を大きく受けました。
仕事を受ける時の条件として、法人を設立を提案されましたので、経営に関する知識や一から事業を立ち上げる能力など皆無な状態で起業しました。
なので、一時は廃業も考えました。
しかし、周りの反対を押し切り始めた事ですので、現実に立ち向かうことを決心しました。

そこからは、本やネットだけでなく、チャンスがありそうなところへは足を運び色々な話を聞き、自分の考えを話すなどして経営・経済に関する経験と知識を少しづつ身につけていくための時間へ投資をしました。

その甲斐あって、今でもインプットアウトプットを常に行い、腐らないように頭を動かすようになりました。

経営に関する知識が全くない状態で言われるがままに設立した法人。
一時は、後悔したこともありましたが、思い切りで決断し設立したからこそ、現実の厳しさを知ることができ、真剣に学びたいと感じることができたと思いますので、間違った判断ではなかったと考えております。

また、お金を稼ぐことだけコミットして動いていた私でしたが、苦しい時に手を差し伸べてくれた友人や家族のおかげで、お金よりも大切ものを知ることができました。

現在は、事業を通して支えてくださる周りの方々やこれからの時代に良い影響を与えることができる経営者になりたいと強く思っています。

今回、ご縁がありご支援いただくこととなりましたら、ご出資いただいた方はもちろん、ご家族やご友人にとっても喜んでいただけるような事業へさせて頂くことを目指します。

どうぞ、よろしくお願いします。

事業計画・事業内容

労災保険を使用した、二次健康診断の事業を開始いたしました。

本事業は、予防医学の一環として厚生労働省が行なっている事業でして、脳や心臓への疾患(脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などによる合併症)の発症を未然に防ぐことを目的とした健診です。

安全衛生法によって定められた定期健康診断(以外「一次健診」という)の結果をもとに今後、脳や心臓への疾患発症が見込まれる方を対象に労災保険の中から費用を負担(※健診時企業に費用負担のない健診)し行なっているものです。

二次健診の認知度はとても低く、認知いただいてる場合でも事業を優先するあまり、無料であっても書類作成の手間や健診にかかる時間を勘案した結果受信されていないケースは非常に多いのが現状です。
現在、弊社では二次健診受け入れ可能医療機関と提携し、企業様へ二次健診の認知と受診へつなげる事業を行なっております。

企業側で作成する書類の作成を代行し、医療機関をオフィスへ派遣することで実務作業や有給を出す必要がなく、お一人様30分程度で健診させて頂いております。
検査内容は、
・血液検査
・胸部、頸部超音波検査(エコー検査)
・尿検査(対象となる方のみ)
・特定保健指導(運動・生活・栄養)
を行なっておりまして、自費診療であれば3万円前後かかる健診が無料で行えます。

お話を聞いて頂きました企業様は100%ご受診いただいておりまして、満足度も非常に高いです。
また、ご紹介を頂けたり、定期健診も依頼したいといったお声をいただいております。

そこで、今回投資家の皆様へご提案させて頂きたいのが、クリニックを開業し健康診断に特化した出張健診の事業です。

正直、検診会社は飽和状態でどこの企業もかかりつけの医療機関があるのが現実です。
自費検診のみで開業を試みるのは、勝算の低く事業だと言えます。

しかし、二次健診を主軸とした検診会社であれば他社との差別化を図ることができ、受注へ繋げることができます。※実証済み

現在は、医療機関と提携しておりますので外注費用の支出の割合が大半を占めます。
なので今回は、自社でクリニックを開業し利益率のアップと業務幅の拡大を考えております。
売り上げ増加率→27%増
利益増加率→12%増
以上の数値が予測されます。
さらに、一次健診の受注につなげることができましたら、更なる収益増加が見込めます。
また、二次健診は一次健診同様毎年度受診いただける健診のため、受注した企業様の健診は毎年行えますので、安定することが予測できます。

現在は、大阪を中心とした関西圏で活動しておりますが、全国への展開も視野に入れて活動しております。

是非とも、ご検討いただきお声がけいただければと思います。
堅実かつ大きな売り上げを生む事業の立ち上げをご一緒できれば幸いです。
よろしくお願いします。

投資の内訳・起業の際の必要物

投資希望額は、700〜1,000万円です。
内訳は以下の通りです。
・物件初期費用→350万円〜
現在居抜き物件を探しております。現地での診察は行いませんので、立地や内装等に拘らず最安値の物件を選んでおります。

・賃料6ヶ月分→180万
家賃相場が30万円程度ですので、余裕を持って6ヶ月分の賃料を確保した上で開業したいと考えております。

・保健所申請費用→1.8万円
開業の際保健所への届出が必要です、非医師の場合1.8万円かかります。

・人件費(医師・営業)→200万円
常勤医師を1名設置し、大学病院の非常勤医師を3〜4名手配いたします。
また、健診の提案営業と事務を行うスタッフに関しましても、非常勤(フルインセンティブ制)で3〜10名手配いたします。
基本的には、常勤医師以外報酬制のため人件費の運転資金は低く見積もっております。
顧客数を一定数確保しましたら、常勤固定給で営業スタッフを雇用する予定です。

・検査費用・備品→20万円〜
いずれも単価が低く、健診に合わせて手配いたしますので、初期費用はそこまでかかりません。

予想収益

二次健診のみでの予測を記載させて頂きます。
定期検診の受注も行うようになりましたら、初期費用等にも変動がございますのでご理解くださいませ。
【営業マン3人の場合】
年間受診者数→2,500人
平均単価→30,000円
売上→75,000,000円
利益→22,500,000円(利益率30%で試算)
繁忙期:300人/月
閑散期:50〜100人/月

投資家への還元方法

年利7%の配当を検討しております。
協議の上で、決定できればと思います。
また、報酬は一般的な利益法人と異なるため、診療報酬を証券化したものをお渡しする形または、経営にご参加いただき報酬を受け取って頂く形になります。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる