x 現在名が、このページを閲覧しています。

クリニック発の自動販売機とPCR検査車を活用したPCR検査で感染症対策プロジェクト!<起業家:WH0226さんの投資募集>

起業家 WH0226 さん WH0226さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:40代
  • 創業年:2018年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:1週間以上

東京都 医療・福祉 受付中 2021/02/19公開

希望調達金額
1億円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

プロフィールです。

1980年2月生まれ。群馬県出身。
某大学薬学部卒業。
2002年、薬剤師免許取得。
同年、薬剤師として調剤薬局に勤務。
2010年、経営コンサルティングを学ぶために大手コンサルティングファームへ転職。
社内初の在宅医療のコンサルティングを立ち上げる。
2016年、35歳で独立。
2016年、調剤薬局の事業会社の代表取締役に就任し、1年でM&Aを活用し、0から15店舗まで店舗展開した実績を残す。
2018年、ジャスダックに店頭公開しているIT・通信業の取締役に就任。同年、同時に子会社の調剤薬局事業会社の代表取締役に就任。
1年半で0から60店舗の調剤薬局を買収することに成功。
2019年、某医療法人のオーナー顧問に就任。
内科クリニックの経営に携わる。
2019年 同時に医薬品販売会社の代表取締役に就任。
医薬品事業部門を立ち上げる。
2020年 オーナーとして恵比寿のクリニックを開業。
院内PCR検査室を立ち上げる。

事業計画・事業内容

現在:
恵比寿にあるクリニックとして、PCR検査(オンライン診療)を提供しています。

今後:
恵比寿にあるクリニックとして、
・PCR検査キットを自動販売機で提供
・PCR検査を移動式車で提供
・PCR検査をオンライン診療で提供(現在と同様)
を考えています。

日本におけるPCR検査率は約5%(昨年度の実績)です。
民間検査施設や美容クリニックなどによる検査数が増えてきています。リスクも多いです。
以下、京都大学 ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授のコメントを引用させていただきます。
「PCR検査は偽陽性と偽陰性を大前提として考える必要があります。人間のやることに完璧や完全はありません。一定の精度が確保されていると言われる行政検査でさえ偽陽性、偽陰性は起こりうるリスクです。自費検査を行う医療機関や施設に国が定期的に立ち入り検査を行っていれば話は別ですが、検査態勢や精度などの実態が“ブラックボックス化”しているのは事実です。自費検査に正確性を求めるのが、そもそも無理な話なのです」

PCR検査の差別化のポイントは以下の5点です。
・価格
「安価な民間PCR検査」:
検査費用1,980円〜2,900円 →検査費用+証明書9,980円〜16,000円
「美容クリニック等のPCR検査」:
検査費用4,900円〜15,000円 →検査費用+証明書18,000円〜29,000円
「一般の保険診療機関でのPCR検査」:
検査費用25,000万円〜40,000万円 →検査費用+証明書35,000円〜45,000円
「自院」:
検査費用4,000~4,500円 →検査費用+証明書9,000~14,500円
※自動販売機などでコスト削減を行うことで業界最安値を実現できる

・検査の精度
「安価な民間PCR検査」:
臨床検査技師のみで医師不在の検査方法で検査数を多くこなし、ダブルチェックをせずに検査の質を考慮していない
「美容クリニックのPCR検査」:
医師のみの検査方法(臨床検査技師不在)のため、人件費ダウンを目的として検査結果のダブルチェックをせずに検査の質を考慮していない
※保険診療で求められる基準を要求されることはなく、監査を受けることもない
「一般の保険診療機関のPCR検査」:
保険診療の医療機関と、そこから検査を受託する検査機関は、検査の精度を確保するために一定の基準を満たす必要がある
検査結果に関してはダブルチェック(医師と看護師などの検査スタッフ)を行い検査精度をあげる取組をしている
「自院のPCR検査」:
保険診療の医療機関と、そこから検査を受託する検査機関は、検査の精度を確保するために一定の基準を満たす必要がある
さらに、検体を採取したり扱う医療スタッフ、検査を行う臨床検査技師などのスタッフ、検査機器や検体、検査環境を整える必要がある
検査結果に関してはダブルチェック(医師と臨床検査技師の検査スタッフ)を行い検査精度をあげる取組をしている

・結果が出るまでのスピード
「安価な民間PCR検査」:24時間以内
「美容クリニック等のPCR検査」:24時間以内(最短3時間)
「一般の保険診療機関でのPCR検査」:24~48時間以内
「自院のPCR検査」:24時間以内(最短3時間)
※スピードに関しての差はなくなってきている

・検査の質と医療機関としての信頼性
「安価な民間PCR検査」:
高リスク/低リスクでの判定のみ、医師による判断・診断ができない
「美容クリニック等のPCR検査」:
陰性/陽性の診断、美容クリニックの医師しかいないため精度に不安あり
「一般の保険診療機関でのPCR検査」:
陰性/陽性の診断、判断・診断結果に責任を持てる医師がいる
「自院のPCR検査」:
陰性/陽性の診断、判断・診断結果に責任を持てる医師がいる

・陽性になったときの対応
「安価な民間PCR検査」:
陽性となった場合には、そもそも診断を行うことができないために、新型コロナウイルスに感染しているとは診断されず、別途医療機関への受診が必要で、再度、自費でのPCR検査を行うことが必要あり
「美容クリニック等のPCR検査」:
陽性となった場合の判断、患者さんへのその後の過ごし方の説明、治療・お薬の処方などができない場合がある
「一般の保険診療機関でのPCR検査」:
陽性となった場合の重症度の判定、保健所への報告、患者さんへのその後の過ごし方の説明、必要であれば治療・お薬の処方は責務
「自院のPCR検査」:
陽性となった場合の重症度の判定、保健所への報告、患者さんへのその後の過ごし方の説明、必要であれば治療・お薬の処方は責務


以上のように恵比寿のクリニックでは、差別化のポイントを満たしており、今後さらなるPCR検査の拡充のために、
・PCR検査キットを自動販売機で提供
・PCR検査を移動式車で提供
・PCR検査をオンライン診療で提供(現在と同様)
をスタートしていきたいと考えております。

新型コロナウイルス等感染症の拡大防止のために、投資家の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

投資の内訳・起業の際の必要物

PCR検査機器一式(2セット):約1,000万円×2セット=約2,000万円
唾液採取キットの購入(1.5万セット):約3,000万円
自動販売機の設置 初期費用(5台):100万円×5台=500万円
PCR検査車:約3,000万円
運転資金(医師、臨床検査技師等の広告・採用費等):2,000万円
自己資金:500万円
投資額合計:10,500万円ー500万円=10,000万円

予想収益

1年目
売上:833,295千円
利益:182,542千円
税引き後利益:78,247千円
返済:50,000千円
報酬:11,000千円(投資額の10%)

2年目
売上:833,295千円
利益:144,892千円
税引き後利益:59,422千円
返済:50,000千円
報酬:11,000千円(投資額の10%)

投資家への還元方法

1年目で投資額の半額返済
2年目で投資額の残りの半額返済
1年目、2年目ともに投資額の10%の報酬をお支払い

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる