【国産国消】新宿ゴールデン街で「鶏」の小さなお店をやりたい!<起業家:桜亭銀次さんの投資募集>

起業家 桜亭銀次 さん 桜亭銀次さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:40代
  • 創業年:未設定
  • 本人確認: 未確認
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:5日以内

東京都 飲食 受付中 2019/04/14公開

希望調達金額
300万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

お世話になります。
足掛けではありますが私は飲食業に15年携わっています。
15年間で焼鳥店、居酒屋、らーめん店、洋食店、ダイニングバー、ショットバーなどを経験しました。
もちろん今回出店予定の新宿、歌舞伎町やゴールデン街などでも長く働いてきました。
その中、43歳という自分の年齢と今後の体力面の懸念から、「今が挑戦をする時期」ではないだろうかと思い立ちました。

独立をするのであれば「鶏の店」と決めておりました。
理由は、私自身が様々な食材の中で鶏が非常に好きだということが理由です。

国民の酒離れが進む中、それでも食の需要は落ち込んでいません。
私が現在勤務している焼鳥店では日々50人前後の来客数ですが、40歳以下のお客様が7-8割です。
決して客単価が低いというわけでもなく、食事に合うお酒や、今飲んでいるお酒に合わせた料理などをお薦めさせていただけば、多くの場合がオーダーをいただけ喜んでいただいています。

料理やお酒の提供の仕方、タイミングや細かいケア、それぞれのお客様に合わせた接客を徹底することが、お客様の満足に繋がり、売上に繋がり、そして私自身の人生の糧となるのだろう、と私は考えます。


営業は主に国産を使用します。
国産鶏と国産野菜また日本酒や焼酎、国産のワインやスパークリング、国産ウイスキーなどを使用することで「国産国消」を実現し、
小さい店舗ながら日本の未来を守り同業界の未来を紡いで後世へと受け渡していきたいと、恥ずかしながらそれは我々のこの業界に従事する者の責任であると真剣にそう考えています。

このプロジェクトに携わっていただける方をお待ちしております!
どうぞ宜しくお願い致します!

事業計画・事業内容

国産鶏と国産野菜また日本酒や焼酎、国産のワインやスパークリング、国産ウイスキーなど「国産」を使用し、
地域のお客様や観光のお客様をおもてなしします。

鶏は地鶏(その時期のコンセプトに合わせた地鶏)の一品料理と、銘柄鶏(霧島鶏の予定です)の串焼き、銘柄鶏を使用したご飯ものを予定しています。
一品料理は時期に合わせた国産野菜の炭火焼きや生野菜なども提供します。

投資の内訳・起業の際の必要物

店舗取得費用
200万円

内装費用
30万円

機材費
40万円

酒類仕入れ費用
15万円

食材仕入れ費用(7~10日分)
15万円

宣伝費用(6ヶ月分)
6万円

予想収益

月商
150万円
(客単価3,500円)
平日 13名 40,500円
週末 23名 80,500円

商品原価
45万円(月商の30%)

水道光熱費
4万円

賃料
18万円

人件費
10万円

宣伝費用
1万円

税金
15万円
_________________

利益
57万円


投資家への還元方法

月商の8%を毎月お支払いさせてください。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる