アフリカンテイストを地域医療介護の現場へ! 支援をする人も受ける人も、みんなが元気で幸せに暮らせる社会を目指します!<起業家:lioquaさんの投資募集>

起業家 lioqua さん lioquaさんのプロフィール画像


  • 性別: 女性
  • 年代:40代
  • 創業年:2018年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:法人
  • 最終ログイン:4日以内

大阪府 女性起業家 受付中 2019/02/18公開

希望調達金額
3,000万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

 これまでビジネスという世界に足を踏み入れたことはなく、これからも日々、勉強を続けていかなければならないとは思っていますが、私はこの事業をソーシャルビジネスとして成功させたいと思っています。
しっかり稼ぎ、稼いだお金で1人でも多くの人々のために貢献できるような活動を続けていきたいですし、お金を通して、もっと自分の知らない世界を見てみたいです。
 看護師として病院や地域医療・介護にも関わってきました。またアフリカにも2年ほど住み、現地のさまざまなことを見てきましたが、アフリカの良さ、またアフリカに行ったことで改めて感じた日本の良い部分も沢山あります。これまでの経験を多くの人々に伝えていきたいと思っていますし、これから大きくなっていく子どもたちのために、世界の色々な場所でより良い社会を作っていくことを私の使命とし、この事業に取り組んでまいりたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

事業計画・事業内容

≪事業概要≫
 地域での医療介護現場において、サービスをする側、受ける側の双方が心身ともにより健康になり、介護現場を明るく楽しく、おしゃれな場所となるように、アフリカからの商材(スーパーフード)を使った健康食品や、色鮮やかなアフリカ布を使った介護用品(おもにエプロンや服飾・日曜雑貨)など、アフリカンテイストな「楽しむ」介護を提案します。

≪事業計画立案の背景と解決したい課題≫
1.地域医療介護現場にある問題
 日本は高齢社会となり在宅医療や介護事業所が次々と開設され、現在、何等かの支援を受けながら生活をされている高齢者は約600万人と言われています。年々その数は増え、今後も介護の需要が高まると予測されていますが、地域医療や介護の現場は人手不足やその多忙さなどから身体やメンタルヘルスに悩みを持つ職員も少なくはありません。また介護を受ける側も、身体機能の低下による活動制限や、配偶者が亡くなる、役割を失うといった喪失感などから、気分が落ち込む、引きこもりがちになる、食欲の低下で栄養不足になる、などさまざまなマイナスの変化がおき、ひいては認知症の発生または悪化につながる可能性もあります。そこで本事業を実施することで、地域医療介護現場に明るいイメージをもたらし、サービスをする人も受ける人も幸せに生きられる社会づくりに役に立ちたいと思い計画立案に至りました。
2.アフリカの貧困問題
 また、私たちはNGOとしても2013年から西アフリカで活動をしています。活動国は低所得国として位置づけられていますが、都会と地方との格差は大きく、私たちの活動する村落部では貧しい人々が多いのが現状です。そこで村落部の学校に水道や教室を作ったり、診療所に医薬品を寄付したり、少しでも人々の生活の助けになるよう活動を続けています。今後は村落部住民の健康増進のため保健衛生分野におけるプロジェクトや、地域産業の活性化に向けた取り組みをしようと思っていますが、その一環としてアフリカのバオバブやモリンガなどのような商材を日本に輸入・販売することで、アフリカの生産者の所得向上につながり、アフリカの人々の利益にも貢献できると考えます。
3.NGOの経済基盤の脆弱さ
 またNGOの活動費は助成金や寄付などに依存せざるを得ず、それで人件費まで賄うということは難しいのが現状です。そこで私たちはNGOの活動の資金調達の手段のひとつとして会社を立ち上げ、事業収益を得ることでNGOの経済的な自立を目指したいと思いました。本事業が軌道に乗れば人やモノといった資源が確保され、その結果組織基盤が安定して日本やアフリカにおける社会課題を解決するための様々な活動が可能となります。

≪なぜアフリカなのか≫
 アフリカは経済、社会保障、医療、教育など様々な分野で問題を抱えてはいるものの、特に地方においては人々の繋がりは強く、老人や障がい者といった社会的弱者を地域で守るということが当たり前のように行われています。一方で日本は少子高齢化、人口減少、過疎化といった問題が世界でも他に見ないスピードで進み、老人や障がいを持った人々は保険制度の枠組みの中で支えられていますが、人が人を支える点は同じこと。アフリカでは人々の繋がりの強さが地域社会を支えていますが、日本においても地域で医療や介護の現場にいる人々の繋がりが強くことで地域社会が強化され、人々が安心して暮らしていける社会になると考えます。アフリカの食べ物やモノを通じて、その文化や人の考え方を紹介し、医療や介護の現場で働く人々が地域の健康と暮らしを守り、明るく元気な社会をつくるためのサポートができればと思います。

≪提供する商品・サービス≫ 
1.アフリカのスーパーフードをつかった健康食品
・バオバブパウダー、モリンガティー、ハイビスカスティーなど
2.アフリカ布を使った介護グッズ
・介護エプロン、
・ヘアバンド、帽子などの雑貨

≪提供方法(営業活動と販売活動)≫
・介護事業所を直接訪問
・介護用品店や介護通販との契約
・ネットショップ開設
・商談会への参加など

≪プロモーション≫
・介護事業所でアフリCare体操を行う(無償提供)
 アフリカンダンス×アフリカンミュージック×チェアヨガを融合した体操
・介護事業所で楽しむ「介護」の講演会(無償提供)
 アフリカ的思考や潜在意識へのアプローチを対人援助の技法にとりいれ、自分のメンタルヘルス、人間関係を良好に保つ方法について講演する
・食品サンプルの無料(またはお試し価格)提供
・ダイレクトメール、メルマガ、SNSなどを活用した広告活動、定期購入・リピート顧客獲得の仕組みをつくる





投資の内訳・起業の際の必要物

仕入代金
製造原価
輸入経費
設備費用
人件費
プロモーション費(サンプル)
交通費
家賃
水光熱費
消耗品費 
福利厚生     
など

予想収益

≪一般向け商材≫
バオバブパウダー100g 1500円
モリンガパウダー100g 2000円
ハイビスカスティー100g 1200円
介護エプロン 5000円
その他雑貨 1000~3000円

バオバブ、モリンガ、ハイビスカスティーなどが各200個/月、エプロン20/月、雑貨50/月
合計1,115,000円

≪業者向け商材≫
アフリカの農林水産物で一般向けではない商材を輸入し販売します。
例えばアラビアゴムは食品添加物や塗料の原料で利用されます。
アラビアゴム500円/KG×10t=5,000,000円で輸入1000円/KGで販売すると10,000,000円
(国内の輸入総量は2000t以上/年)
魚粕は有機肥料や飼料などの原料として輸入されています。
魚粕120円/KG×20t=2,400,000円で輸入
240円/KGで販売すると4,800,000円
(西アフリカからは7000t/年)
取引先が見つかれば定期的に販売でき、安定した収入につながります。


投資家への還元方法

お話合いで決められたらと思います。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる