日本初上陸!世界中で話題の【物が壊せる空間】REEAST ROOMのテストマーケティングに必要な資金を集めています!!<起業家:Kato Makoto さんの投資募集>

起業家 Kato Makoto さん Kato Makoto さんのプロフィール画像


  • 性別: 男性
  • 年代:20代
  • 創業年:2018年
  • 本人確認: 確認済
  • 形態:創業前
  • 最終ログイン:1週間以上

東京都 エンターテイメント 受付中 2018/10/21公開

希望調達金額
400万円

この起業家にメッセージを送る

自己PR

1994年7月11日生まれ。現在24歳。愛知県出身。

学生時代は、外資系飲料メーカー、ベトナムで営業拠点立ち上げのインターン、国内で複数の事業立ち上げを行う。

現在は、広告系のIT会社に勤務しており、9月末で退社。
退社後、「物が壊せる空間、REEAST ROOM」の事業立ち上げに集中する。

事業計画・事業内容

一言で申しますと、
「20〜30代」の「やってはいけないことをしたい」という課題に対して、「物が壊せる空間」を提供するサービスです。

参考URL:https://youtu.be/sCb_JFGQpto

現代社会は「超ストレス社会」と言われており、誰しもが生きていて、「やってはいけないことをしたい」と感じたことはあるのではないでしょうか。

例えば、「上司を殴りたい」「ゲームのコントローラーを投げたい」「発狂したい」などなど、、

ただこの「やってはいけないことがしたい」と思った時に、倫理的、法律的な側面で実際にやることはできません。

そこで我々は、この「やってはいけないことがしたい」という課題に対して「やってはいけないことができる空間」を提供するサービスを行いたいと考えました。

具体的には、
日常的にやってはいけないことの一つである「物が壊せる空間」です。

これらのサービスを、①大学生、②社会人1〜3年目、③訪日旅行者をコアターゲットとしておき、最初サービス展開を行いたいと考えています。

ターゲットに合わせた、商品設計、プロモーション、場所、料金を決定していく予定です。
*詳細に関しては、直接お会いしてお話させていただきます。

今後のスケジュールですが、
来年に正式オープン予定で
そのオープンに向けた2日間のテストマーケティング を行う予定です。

今回はそのテストマーケティング に必要な資金を募っております。

最後にこのサービスの海外状況ですが、
2012年アメリカにて「anger room」という名前でスタートしました。
現在では、アメリカ、カナダ、オーストラリ、フランス、ベトナム、韓国などに各国でサービス展開が行われています。

投資の内訳・起業の際の必要物

テストマーケティングコスト

合計:4,000,000円

▼内訳
テナント代:1,400,000円
内外装工事:1,400,000円
広告費用:1,000,000
設備機器等:200,000円

予想収益

▼1店舗あたり

年間総売上:10,681,303円

年間営業利益:61,977,655円

原価率:約8%

投資家への還元方法

5年以内に事業売却を志向しております。
リターンの詳細に関しては、直接お会いしてお話させていただけますと幸いです。

メッセージを送る

メッセージを送るにはログインする必要があります。

私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる