読みやすい文章の書き方14のコツ!100万人に読ませるWebライティングのテクニックまとめ

登録日:2018.1.6  |  最終更新日:2019.5.13



近年、主婦の副業としても注目を浴びている「Webライティング」。低単価案件~高単価案件まで数多くの仕事が存在するので、世の中には一般的なサラリーマン以上に稼ぐライターも多く見受けられます。



そんなWebライティングで高い評価を受けるには、読みやすい文章を心がけることが必要です。しかし、特に初心者の方であれば、「どうやれば読みやすい文章を書けるの?」と疑問に思うことでしょう。


そこで今回は、校正経験もある現役10年のフリーライターが、100万人に読ませるWebライティングのテクニックをまとめました。この記事で解説するテクニックを身につければ、記事の品質は100%高まりますぜひ最後まで読み進めていきましょう。



※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Webライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


最短即日!おすすめカードローンランキング
▼スマホアプリでカンタン出金!

▼初めての方30日間利息無料!

▼最短即日で審査完了!

■【文章の書き方のコツその1】1文を簡潔にまとめる


Christian Pérez


読みやすい記事を作成するには、とにかく「短くすること」を意識するべきです。長い文章は難しいイメージを与えますし、主語と述語が離れてしまうので、どうしても意味が伝わりにくくなります。


そのため、どのような記事でも「1文を簡潔にまとめること」を強く意識しましょう。では、1文を簡潔にまとめるには、具体的にどのようなポイントを押さえるべきでしょうか?


以下でいくつか見ていきましょう。


【簡潔にするポイントその1】読点の数を減らす


長い文章を書くと、どうしても多くの読点(「、」)が必要になります。読点は文章を区切る記号ですが、いくら文章を区切っても読点があまりにも多過ぎると、何を伝えたいのかが分かりにくくなるでしょう。


そのため、Webライティングでは読点の数を減らすように意識するべきです


1文の読点は多くても3つ程度に抑えて、句点(「。」)を積極的に使用するようにしましょう。


【簡潔にするポイントその2】1文に複数の意味を与えない


Webライティングにおいては、1文で伝える内容はひとつで十分です。2つ以上の内容を含めると、どうしても文章が長くなってしまうので、情報を無理に詰め込まないようにしましょう。


【簡潔にするポイントその3】1文の文字数を意識する


1文の文字数は、できれば60文字前後に抑えるべきです。長くても70文字~80文字に調整し、1文の文字数を減らす努力をしてみましょう。


上記の3つを押さえれば、今よりも簡潔な文章を書けるはずです。ただし、あまりにも短い文章を続けると、文章のつながりが分かりにくくなるので、短すぎる文章にも注意を払うことが大切です。


■【文章の書き方のコツその2】改行を効果的に活用する


文章を読みやすくするために、ほとんどの記事に使われている「改行」。改行は小学生の国語でも使われるので、「意識しなくても自然に使える」と感じている方は多いことでしょう。


しかし、改行には効果的に使うためのポイントがあります。以下で挙げるポイントを押さえれば、あなたの文章はさらに読みやすくなります。


【改行のポイントその1】1つの内容につき1回を意識する


一般的に、改行は2文~3文に1回が望ましいと言われます。しかし、内容によっては1文、または4文以上での改行が望ましい場合もあります。

この判断については、「1つの内容を説明したら1回改行をする」と意識しておきましょう。


内容が変わる部分で改行を挟めば、記事全体にリズム感を持たせることができます。


内容の途中で改行をすると、文章のつながりが弱くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。


【改行のポイントその2】空行を使う


空行」とは、文字を一切書かずに改行をすることです。


(この上下の行が空行です。)


空行は1行だけの改行に比べると、さらに文章をきちんと区切る効果があります。


空行のない記事は、一見すると「文字だらけの記事」に映ってしまう恐れがあるので、特に禁止されていない場合は空行を積極的に使ってみましょう。


「空行を入れるタイミングが分からない…」という方には、7行~9行につき1回を目安にする方法がおすすめです。


9行以内に空行を入れることが難しい場合は、余計な文章を書いている可能性があるので注意しましょう。


■【文章の書き方のコツその3】見出しを効果的に活用する


Webライティングでは、本記事の「■【文章の書き方のコツその1】」のように、見出しをつけるケースが一般的です。一番大きい見出しは「大見出し」、大見出しの中にある見出しは「中見出し」や「小見出し」と呼ばれています。


見出しは記事の印象を大きく左右するので、記事内でも特にこだわるべき部分と言えます。皆さんの中にも「とりあえず見出しを見て、面白そうなら最後まで読む」といった方は多くいることでしょう。


では、Webライティングで見出しをつける際には、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか?見出しのポイントについて、以下で詳しく見ていきましょう。


【見出しのポイントその1】テーマが変わる部分で見出しを変える


1つのタイトルで記事を作成する場合でも、記事内にはさまざまなテーマが存在します。例えば、本記事では文章の書き方を解説していますが、実際にはさまざまなテクニックや技術があるので、「コツ」というテーマに分けてご紹介しています。


このテーマが変わる部分で見出しを変えると、あなたの記事も一気に読みやすくなるはずです。


大見出しの文字数が800文字~1,000文字を超えそうな場合は、さらに中見出し・小見出しも積極的に使用してみましょう。


【見出しのポイントその2】「何を伝えたいのか」を見出し名にする


前述の通り、読者の中には最初に見出しのみをチェックする人も多くいます。そのような方は、見出しから「何が書かれているのか」を判断するので、見出しだけを見れば内容が分かるように工夫をすることが大切です。


そのため、この見出しで「何を伝えたいのか」を簡潔・明確にまとめて、それを見出し名にするようにしましょう。


【見出しのポイントその3】キャッチーなフレーズを意識する


Webライティングにおいては、キャッチーな見出しが好まれる傾向にあります。特に10代~20代の若年層が見るような記事では、堅苦しい見出しよりもキャッチーな見出しのほうが、読者をより惹きつけやすいでしょう。


そのため、見出し名を考える際には、キャッチーなフレーズを意識することが大切です。


■【文章の書き方のコツその4】語尾を変化させ、文章にリズム感を持たせる


まずは、下記の文章を声に出して読んで見て下さい。


例①


「Webライティングでは、1文を簡潔にまとめることが重要になります。優秀なライターの中には、短い文章のみで記事を執筆している方が多くいます。長い文章を避けることで、あなたの記事も読みやすくなります。」


例①を読んで、「何となく読みづらい…」と感じませんか?その要因は、文章の語尾にあります。


同じ語尾が連続していると、文章全体のリズム感が悪くなってしまい、声に出さずに読んでも違和感が生じます。そのため、同じ語尾は連続で使用せずに、語尾を変化させてリズム感を持たせるようにしましょう。


では、日本語にはどのような語尾があるのでしょうか?よく使われている語尾について、以下で簡単にまとめてみました。


・~です、~ます

丁寧な印象を与える語尾

・~だ、~である

ニュース記事や論文などで使用される語尾

・~しょう

何かを勧めるとき、推測するときなどに使う語尾

・体言止め

名詞を語尾にする表現方法。その名詞を強調する効果がある

・~か?

質問、疑問を投げかける時に使う語尾


上記の5つの語尾を使えば、例①も以下の通り読みやすくなります。


「Webライティングでは、1文を簡潔にまとめることが重要です。優秀なライターの中には、短い文章のみで記事を執筆している方が多くいます。

長い文章を避けることで、あなたの記事も読みやすくなるでしょう。」


語尾を上手に整えるには、実際に口に出して読んでみることが大切です。口に出して違和感がなければ、語尾に問題はないと判断して良いでしょう。



※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Webライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。



■【文章の書き方のコツその5】「漢字・ひらがな・カタカナ」を上手に使い分ける


Webライティングでは、基本的に変換できるものは漢字で表記します。しかし、中には漢字よりも「ひらがな・カタカナ」のほうが読みやすい言葉もあるので、「漢字・ひらがな・カタカナ」は上手に使い分けるようにしましょう。


では、ひらがな・カタカナのほうが読みやすい言葉には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?以下でいくつかご紹介していきます。


○ひらがなのほうが読みやすい言葉


漢字表記

ひらがな表記

・殆ど

ほとんど

・更に

さらに

・出来るだけ

できるだけ

・使い易い

使いやすい

・丁度

ちょうど

・何時

いつ

・何処

どこ

・事

こと

・物

もの


ひらがなのほうが読みやすい言葉は、ほかにも数多く存在します。「この漢字読みづらいな…」と少しでも感じたら、ひらがな表記にすることを検討してみましょう。


○カタカナのほうが読みやすい言葉


漢字表記

カタカナ表記

・自転車の運転

サイクリング

・つり合い

バランス

・滑らかに

スムーズに

・能力

センス

・技術

スキル

・かっこ

カッコ

・言葉

フレーズ

・題材

テーマ


カタカナについては、積極的に取り入れることでキャッチーな雰囲気になります。漢字やひらがなに比べると、記事によっては目につきやすいので、タイトルや見出しに含めても良いでしょう。


「漢字・ひらがな・カタカナ」のバランスは、「2:7:1」が望ましいと言われています。この比率から偏り過ぎないように、上手に使い分けてみましょう。

ちなみにですが、中には「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」のように、ローマ字表記が望ましいものもあります。略しても問題がない時には、ローマ字も積極的に活用してみましょう。


ライターの仕事を探している方はこちらの記事がおすすめです↓


【保存版】ライター募集サイト10選!在宅OK・高単価・未経験・女性向けなどさまざまな条件で選べる!


■【文章の書き方のコツその6】数字を積極的に使用する



Laineys Repertoire


上記では表記について解説しましたが、Webライティングでは「数字」も重要な役割を持っています。ある記事を読んだときに、数字が真っ先に目についたことはありませんか?


例えば「90%」や「50,000円」など、数字は漢字やひらがなよりもインパクトがあります。また、数字が含まれているだけで、「何となく説得力がある」と感じる方も多いことでしょう。


数字にはこのような特性があるので、タイトルや見出しにも多く使用されています。また、企業の広告などにも「○○率90%」や「○○人が愛用」のように、数字が使用されるケースは多々見受けられます。


ただし、数字を含めれば何でも良いというわけではありません。


記事の魅力や説得力を高めるには、以下のポイントを押さえて数字を取り入れることが大切です。


【数字を使うポイントその1】カンマを入れる


記事に数字を取り入れる際には、カンマ(「,」)を使うことが一般的です。カンマを入れることで、大きな数字でも簡単に桁数が分かるようになります。以下で確認してみましょう。


カンマなし…1000000円

カンマあり…1,000,000円


上記のように、カンマは3桁ずつに区切って使用します。「万」や「千」といった文字を使う場合であっても、以下の通りカンマを使ったほうが見やすくなるでしょう。


カンマなし…1542万円

カンマあり…1,542万円


【数字を使うポイントその2】できるだけ表記をそろえる


記事に数字を取り入れる際には、できるだけ表記をそろえましょう。さまざまな表記が使用されていると、読者が混乱してしまう恐れがあります。

以下の2つのケースを見れば、表記をそろえる重要性が分かるはずです。


○表記をそろえない場合

150万円の時計と1,000,000円のネックレスを購入して、2,500千円使いました。

○表記をそろえた場合

150万円の時計と100万円のネックレスを購入して、250万円使いました。


【数字を使うポイントその3】正しい数字のみを使う


数字には説得力を高める効果がありますが、その数字に根拠がない場合は、記事全体の信ぴょう性が下がってしまいます。そのため、数字を記載するときにはきちんと下調べをして、正しい数字のみを取り入れるようにしましょう。


特に、インターネット上の記事を参考にする場合は注意が必要です。インターネットは誰でも情報を発信できるツールなので、信ぴょう性の低い情報が数多く見られます。


正しいかどうか分からない場合は、時間をかけてでも根拠を探すようにしましょう。


【数字を使うポイントその4】正確に細かく書く


数字を取り入れる際に、「約90%」や「5万円前後」のように、概数を記載する方は多く見られます。分からない場合は仕方ありませんが、具体的な数値が分かっている場合には、「90.5%」や「51,200円」のように細かく記載するべきです。


数字は正確に、そして細かく書くことで信ぴょう性がぐっと高まりま。特に統計やデータを用いる場合は、最後の桁まで細かく書くようにしましょう。


■【文章の書き方のコツその7】結論はできるだけ上に持ってくる


Webライティングでは、記事の冒頭に結論を持ってきたほうが好まれます。インターネット上の記事は、最後まで読んでもらえるとは限らないためです。


そのため、記事の冒頭に結論を持ってこないと、読者の興味を惹くことは難しくなるでしょう。記事全体の結論だけではなく、各見出しの結論もその見出しの冒頭に持ってくることが大切です。


では、この点をもう少しイメージしやすくするために、以下で具体例を見てみましょう。


○結論を後に持ってくる形式


「多くの人が見る記事には、ある特徴が見られます。読むことが難しくなさそうな記事や短時間で読める記事は、多くの人から読んでもらえるでしょう。


そのため、Webライティングでは1文を簡潔にまとめることが重要です。」

○結論を先に持ってくる形式


「Webライティングでは、1文を簡潔にまとめることが重要です。長い文章は難しい印象を与えますし、読むのに時間がかかるためです。


長い文章を避けることで、より多くの人に見てもらえることでしょう。」


下の例のように、理由や根拠は結論の後に持ってくる形式で構いません。


Webライティングでは、重要なポイントをスムーズに伝えることが重要になるので、結論はできるだけ上のほうに持ってくるように意識しましょう。



■【文章の書き方のコツその8】基本的には肯定文を使う


「~できない」「~していない」などの否定文は、読者に誤解をさせてしまう恐れがあります。否定文は肯定文に書き換えることができるので、可能な部分は肯定文で書くようにしましょう。


では、具体的にどのように否定文を肯定文に変換するのかについて、以下でいくつか例を挙げてみます。


否定文

肯定文

・会議は開かれませんでした

会議は延期されました

・不可能ではありません

可能です

・風邪で学校に行けませんでした

風邪で休みました

・寒くも暑くもありません

適温です

・易しくはありません

少し難しいです


特に上記の「不可能ではありません」のように、二重否定は使用を控えるべきです。二重否定の文章は、一見すると「どちらを意味するのか分かりづらい」ため、誤解を与える可能性が高まります。


また、上記の表を見て分かる通り、否定文よりも肯定文のほうが文字数が少ない傾向にあります。そのため、肯定文を積極的に取り入れれば、記事全体をスッキリさせられるでしょう。



※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Webライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。



■【文章の書き方のコツその9】直訳調、漢語調は避ける


直訳調や漢語調も、否定文と同じく誤解が生まれやすい表現です。


・直訳調

英語を日本語に直訳したような表現。

・漢語調

漢字熟語を音読みしたもの。かしこまった手紙などで使われる。


上記の説明だけでは少し分かりづらいので、以下では直訳調・漢語調の具体例と正しい変換方法をご紹介していきましょう。


○直訳調の具体例


直訳調

修正例

・話し合いの場を持つ

話し合いをする

・~以外の何物でもない

~である

・初心者には難しいであろうこの技術は、

初心者には難しいこの技術は、

・難解なところがあります

難解です


直訳調の表現を修正する際には、無駄な部分を省くことが必要です。「この部分を省いても意味は伝わる」と感じたら、積極的に省いて全体をスッキリさせていきましょう。


○漢語調の具体例


漢語調

修正例

・換言すれば

言い換えれば

・若干

少し

・通知

知らせ


漢語調を記事に取り入れると、どうしても堅苦しい雰囲気になってしまいます。もちろん、案件によっては漢語調が望ましい場合もありますが、近年のWebライティングではキャッチーな記事が好まれやすいので、特にルールがない時は漢語調は控えるようにしましょう。


直訳調や漢語調以外にも、小難しい表現は基本的に避けるべきです。読者の誤解を防ぐには、「シンプルに簡単にまとめる」ことを目指すようにしましょう。


■【文章の書き方のコツその10】文字を装飾する


特に書式が決められていない案件、投稿作業も伴うような案件では、文字を装飾する方法も効果的です。同じ書式の文字が並んでいると、見た目の変化が乏しいことにより「小難しい印象」を与える恐れがあるので、可能であれば積極的に文字を装飾するようにしましょう。


では、文字を装飾する方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?以下では、各方法の注意点も含めて詳しく解説していきます。


【装飾の方法その1】サイズを変える


タイトルや見出しなど、特に重要な部分のサイズを大きくする方法です。サイズを小さくすることも可能ですが、小さくすると読みづらくなるケースが多いので、基本的には大きくしたい文字のみを装飾すれば問題ありません。


文字サイズを変更する際には、「4段階まで」を意識するようにしましょう。


文字サイズを5段階以上にすると、その記事で何を強調したいのかが分かりづらくなってしまいます。


「適したサイズが分からない…」という方は、以下の目安を参考にしてみましょう。ただし、文字サイズの数値はソフト・ツールによって少し異なる場合があります。


・大見出し

24以上

・中見出し、小見出し

16~18

・本文

11~12


【装飾の方法その2】色を変える


Webライティングでは、強調したい部分を赤字や青字に変える手段もよく用いられています。ほとんどのソフト・ツールには、文字の色を変更する機能が備わっていますし、選択できる色も豊富にそろえられています。


ただし、色に関しても「3色まで」を意識することが大切です。あまりにも色が多いと、読者の目を疲れさせてしまったり、強調したい部分が分かりづらくなったりするためです。


ちなみに、特に強調をする必要がない部分については、黒字で統一をするようにしましょう。


【装飾の方法その3】太字にする


サイズは変更せずに、太字にする方法もWebライティングで多く見られます。強調したい場合に使用される装飾であり、特に重要な部分は「赤字+太字」に装飾されることもあります。


ちなみに、文字を斜体にする機能が備わっているソフト・ツールもありますが、斜体にすると読みづらくなる可能性があるので、一般的な記事にはあまり使用されていません。華やかな見た目にする目的で使用されることはありますが、斜体の使用は特に考える必要はないでしょう。


文字の装飾にはほかにも、下線をつける方法や中央揃えにする方法などがあります。しかし、装飾をし過ぎると強調したい部分が薄れてしまうので、基本的には上記の3つを使い分けるようにしましょう。


■【文章の書き方のコツその11】図や表を上手に活用する



Tatsuo Yamashita


上手に装飾をしたとしても、文字だけが並んでいる記事は小難しい印象を与えることがあります。


特に専門的が高い記事、数字を多く扱う記事は難しい印象を受けやすいので、見た目の変化を与えるために、図や表を上手に活用することが重要です。


では、図や表はどのようなタイミングで使用することが望ましいのでしょうか?以下で詳しく解説していきましょう。


【図・表を使うタイミングその1】複数のものを同時に紹介するとき


本記事の直訳調・漢語調のように、複数のものを同時に紹介する際には、表を使うとスッキリとした見た目になります。例えば表を使わずに、以下のように記載すると読みづらいことが分かるでしょう。


「漢語調には、換言すれば(言い換えれば)、若干(少し)、通知(お知らせ)などがあります。」


羅列をすると読点がどうしても増えますし、紹介をするものが多いほど文章が長くなってしまいます。そのため、3つ~4つ以上のものを紹介する際には、積極的に表を活用するようにしましょう。


【図・表を使うタイミングその2】組織や仕組みを解説するとき


組織や仕組みを解説するときには、図を活用すると便利です。例えば、企業のホームページなどで「組織図」を見たことはありませんか?


図を用いて階層を表したり、関係のあるものを矢印で結んだりすると、ひと目でどのような組織・仕組みなのかが分かります。


特に理解が難しい部分には、文章で解説をしてから改めて解説用の図を貼り付けるなど、効果的に図を活用するようにしましょう。


【図・表を使うタイミングその3】大量の数字を紹介するとき


都道府県別のデータや年代別のデータなど、大量の数字を紹介するときには表が便利です。数字は誰でも簡単に読める文字ですが、羅列してあると「何の数字なのか」「どれくらい大きい数字なのか」が分かりづらくなってしまいます。


また、可能であれば数字を表にまとめて、グラフも作成してみましょう。グラフは色などの変化をつけやすいですし、1つ挿入するだけで記事のイメージはガラっと変わります。



■【文章の書き方のコツその12】想定読者は中学生をイメージする


多くの案件には、想定読者が設定されています。「30代女性」や「20代~40代男性」など、Webライティングでは想定読者の多くが成人ですが、基本的には「中学生」をイメージしてみましょう。


中学生をイメージして執筆を進めれば、幅広い年齢層の方が読める記事になるはずです。特に意識するべきポイントとしては、主に以下が挙げられるでしょう。


①中学生でも読める漢字かどうか

②中学生でも理解できる日本語表現になっているか

③解説をする仕組みや流れに関して、中学生でも理解できる構成になっているか


例えば、一般的に読むことが難しいとされている「常用外漢字」は、Webライティングで使用するべきではありません。ビジネスで使われる堅苦しい表現、専門用語などの使用も控えるべきでしょう。


どうしても内容が難しくなりそうな場合は、専門用語に注釈をつけてページ下部で解説をするなどの工夫が必要です。



※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Webライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


■【文章の書き方のコツその13】想定読者に合わせた言葉遣いにする


言葉遣いについては、想定読者をきちんと意識しましょう。例えば、10代~20代の若年層とシニア層とでは、読みやすい文体に違いがあります


TwitterなどのSNSに多く触れている若年層は、堅苦しい文体よりもキャッチーな文体を好む傾向にあります。


それに対して、シニア層にはキャッチーな文体に慣れていない方も多いので、若年層向けの記事を見ると「内容が軽く見える」「読みづらい」と感じる可能性が高いでしょう。


想定読者が特に設定されていない場合は、タイトルや見出しなどから自分で想定読者を設定することが必要です。


例えば本記事は、ライターを目指す方に向けられたものなので、想定読者は「20代以上の方」に設定できるでしょう。


■【文章の書き方のコツその14】見直すポイントを理解しておく


どのような記事を作成する場合でも、執筆が完了した後には「チェック」が必須です。このチェックの工程を怠ると、思わぬミスによりクライアントからの信用を大きく失う恐れがあるので、執筆後のチェックは徹底しましょう。


では、具体的にどのような部分をチェックするべきなのでしょうか?特に気を付けたいポイントについて、以下で簡単にまとめてみました。


・誤字、脱字

一文字ずつ丁寧にチェックをする。目視だけではなく、口に出して読むと誤字・脱字を見つけやすい。

・ボリューム

記事全体の文字数。特に文字数が少ない場合は、必要な情報が盛り込まれていない恐れがあるので要注意。

・バランス

各見出しの文字数。記事前半と後半で、文字数に大きな偏りがないかをチェック。

・記事全体の流れ

各見出しにつながりがあるかどうか。見出しの順番は適切かどうかをチェック。


記事をチェックする際には、客観的な視点を持つことが重要です。主観的な視点でチェックをすると、思い込みによってミスを見落としてしまう恐れがあるので注意しましょう。


■まとめ


いかがでしたでしょうか?


Webライティングにはさまざまなテクニックがあり、全てを身につけるには時間がかかります。しかし、1度身につけてしまえば、あとは自然と実践できるテクニックが多いので、慣れるまでは強く意識して作業を進めましょう。


自然とできるようになるまで、ひとつひとつのコツ・テクニックを丁寧に実践することが大切です。


【保存版】ライター募集サイト10選!在宅OK・高単価・未経験・女性向けなどさまざまな条件で選べる!


【保存版】Webライティング16の秘訣!100%文章力がアップする・読まれるコツを全て教えます


安定したフリーランスになる8つの秘訣!求人の探し方、職業を選ぶポイントを徹底紹介!


【保存版】ネットビジネスランキングおすすめTOP20!人気の副業・ネット起業まとめ


今流行りの自由業とは?11の職種一覧と自営業・フリーランスとの違い


儲かるビジネス20選!自営業・フリーランスでも30年生き残る商売が5分で見つかる

■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,060
投資家の登録数
No.1
4,158
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者1名 投資家2
昨日の投稿数
経営者2件 投資家0
先月のマッチング数
46
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる