【保存版】Webライティング16の秘訣!100%文章力がアップする・読まれるコツを全て教えます

登録日:2018.1.6  |  最終更新日:2019.5.27



クラウドソーシングの登場により、近年では自宅でWebライターとして働く主婦などが多く見られるようになりました。


Webライティングの中には、専門知識を特に必要としない案件も多数見受けられるので、Webライターは幅広い層から副業として選ばれています。


しかし、より効率的にお金を稼ぐには、スキルをきちんと磨かなくてはなりません。高いスキルを身につければ、高単価案件を中心に任されるようになるので、本業よりもお金を稼げる可能性があるでしょう。


そこで今回は、校正経験もある現役10年のフリーライターが、Webライティングの秘訣を教えます。この記事に書いてあることを実践すれば、あなたの文章力は100%アップします。




※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Wwbライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


最短即日!おすすめカードローンランキング
▼スマホアプリでカンタン出金!

▼初めての方30日間利息無料!

▼最短即日で審査完了!




■【Webライティングの秘訣その1】階層構造を理解する



Rodrigo Soldon 2


ライティングにおける階層構造とは、「タイトル・導入文・大見出し・小見出し・本文」といった記事の構造のことです。ほとんどの記事は、このようにいくつかの階層に分けられています。


階層構造の中でもライターにとって特に重要になるのは、「見出し」でしょう。見出しには「大見出し・中見出し・小見出し」の3種類があり、多くの記事には細かく見出しがつけられています。


では、なぜ見出しをつける必要があるのでしょうか?例えば、現在読んでいるこの記事について考えてみましょう。


もし、どこにも見出しがない場合、最初から最後まで文章が続くことになります。そのような文章を見て、読みづらさや苦痛を感じない方は少ないでしょう。つまり、階層構造を意識して見出しをつけるだけで、文章の見やすさは飛躍的にアッします。


また、記事を読む人の多くは、最初に見出しをチェックします。見出しをサラっと見て、「面白そうな記事だな」と感じた場合にのみ、最後まで読み進める読者は少なくありません。


そのため、見出しには魅力的なワードを含めるべきであり、「何を伝えたい記事なのか」を明確にすることが大切です。



■【Webライティングの秘訣その2】構成は最初に決めておく


作成する記事の構成は、必ず最初に決めておきましょう。構成を決めずに書き始めると、途中で何を記載するべきか分からなくなり、内容が曖昧になってしまうためです。


また、構成のない状態では、ボリュームのバランスを取ることも難しいでしょう。


例えば、記事の最初のほうに多くの情報が記載されており、後半にかけてボリュームが少なくなるケースは初心者に多く見られます。


少なくとも、以下で挙げる点は執筆前の段階で決めておく必要があります。


・見出しをいくつ入れるか

・見出し名

・どのような中見出し、小見出しを入れるか

・各見出しや導入文、絞めの文のボリューム


■【Webライティングの秘訣その3】情報収集も執筆前の段階で済ませておく


情報収集についても、執筆前の段階できちんと済ませておくべきです。情報収集をしないまま執筆し始めると、決めておいた構成に関する情報が見つからなかった場合に、どうしても執筆をする手が止まってしまうためです。


Webライティングでは、情報を一度頭に入れてから、必要な情報を取捨選択して執筆を進めるだけで、記事の品質が大きく変わってきます。不必要な情報をきちんと省くためにも、情報収集は執筆の前に済ませておきましょう。


なお、Webライティングでは主にインターネットを利用して情報収集をしますが、情報収集をする際には以下のポイントに気を付けるべきです。


・情報の信ぴょう性

・情報を発信しているウェブサイトの信ぴょう性

・参照、引用などをしても問題ない情報かどうか


インターネットは誰でも情報を発信できる場なので、記載されている情報が正しいとは限りません。「信ぴょう性の判断が難しい…」という場合には、複数のウェブサイトを確認してみましょう。


多くのウェブサイトで同じことが書かれている場合は、その情報は信ぴょう性が比較的高いと言えます。


また、元々信用性の高い機関や、国・自治体のホームページなどは信ぴょう性が高いと認識されているので、積極的に参照するべきです。


■【Webライティングの秘訣その4】クライアントの完成イメージをきちんと把握する


どのような案件にも、必ずクライアントが存在します。どんなに高品質な記事を作成しても、クライアントの要望に応えていなければ、高く評価されることはありません。それどころか、修正依頼によって余計な手間が生じてしまいます


そのため、クライアントの完成イメージは必ず確認しておきましょう。最低限把握しておくべきポイントとしては、主に以下が挙げられます。


・全体のボリューム(文字数)

・記事を作成する目的

・想定読者

・理想とするイメージに近いウェブサイトなど

・記載が必須となる情報


多くのクライアントは、仕事を依頼する時点でルール・レギュレーションなどを決めています。しかし、案件によってはそれ以外にも把握しておくべきポイントが存在するので、ルール・レギュレーションを共有してもらったからと言って安心しないようにしましょう。

疑問や不安に感じた点は、こちら側から積極的に尋ねることが大切です。


■【Webライティングの秘訣その5】各見出しに含める内容を、箇条書きでラフに記載していく


Tatsuo Yamashita


これは、記事全体の品質を高めるために、ぜひ取り組んで頂きたい秘訣です。構成を作る段階でただ見出しをつけるだけでは、執筆の途中で「ここには何を書くんだっけ…」と悩まされる恐れがあります。


その都度情報収集をすると、どうしても効率が下がってしまうでしょう。


そのため、構成を作った後には執筆をする内容について、箇条書きなどでラフにメモしておきましょう。そうすることで、各見出しのボリュームを予測しやすくなりますし、執筆途中で手も止まらないはずです。


Webライティングは、記事全体のイメージを明確にしてから執筆を始めることが重要です。これは準備段階に当たるので、「早く執筆を始めたい」と感じる方も多く見られますが、準備を怠ると逆に効率が悪くなってしまうので注意しておきましょう。


■【Webライティングの秘訣その6】結論は冒頭に持ってくる


ここからは、執筆を始めた後の秘訣をご紹介していきます。1つ目は、可能な限り「結論を冒頭に持ってくる」という点です。


どのような記事であっても、ほとんどの読者は結論を早く知りたがっています


そのため、結論が最後に現れる記事にすると、途中で読むことを辞めてしまうかもしれません。


もちろん、結論を裏付ける解説やデータなども必要です。これらの部分については、結論のすぐ後に記載をすれば自然な流れになるでしょう。


■【Webライティングの秘訣その7】数字を積極的に使う


多くの読者にとって、数字はインパクトが残るものです。例えば、節約に関するテクニックを紹介する記事を執筆するとしましょう。


その場合に、単に「このテクニックは節約効果が高い」と書くと、読者は「どれくらいの節約になるの?」と疑問を感じます。この書き方では具体的な効果が分かりづらいので、読者の印象には残りづらいのです。


では、「このテクニックは、毎月5,000円の節約になる」と書いた場合はどうでしょうか?この文章を見た読者の中には、「5,000円の節約につながるなら、実践してみようかな」と感じる方もいるはずです。


このように、数字には読者を惹きつける要素があります。また、統計やデータなどを積極的に含めることで、記事全体の説得力も高まるでしょう。


ただし、ここで注意しておきたいポイントがあります。それは、「正確な数字を記載すること」です。


約90%や5,000円前後と書くよりも、92%や5,200円のように細かい数字を記載するほうが、記事の信ぴょう性は高まります。


概数が多いと、どうしても曖昧な印象を読者に与えてしまうので、具体的な数字が分かる時は正確な値を記載するようにしましょう。


※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Wwbライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。



■【Webライティングの秘訣その8】ファクトとメリットを意識する


○ファクト


ファクトとは、記事に書かれている「事実」のことです。どのような記事にもファクトは必要であり、ファクトを含めることによって記事の信ぴょう性はぐっと高まります


例えば、前述の節約に関するテクニックの記事について考えてみましょう。単に節約のテクニックを紹介するよりも、「このテクニックによって、実際に○円節約できた人が多くいる」ことを伝えたほうが、読者の印象には残るはずです。


ただし、どのようなファクトでも問題がないわけではありません。ファクトを捏造することは避けるべきですし、その記事との関係が深いファクトのみをピックアップすることが大切です。


○メリット


Webライティングでは「読者のメリット」も明確にしておきましょう。何らかのメリットが発生しなければ、読者はその記事に興味を示しません。


例えば、読者が実践できない節約テクニックや、ほとんど効果がないテクニックを紹介しても、その記事は高く評価されないでしょう。


読者のメリットを強く意識すれば、自然と読者が実践できるテクニック、効果が高いテクニックを記事に含められるはずです。


商品やサービスを紹介する記事についても、メリットを明確にすることは必須でしょう。商品・サービスのメリットが伝わらなければ、読者の購買欲を高めることはできません。


■【Webライティングの秘訣その9】「なぜ?」を意識して、理由を明確に記載する



Bart Everson


ここまで記事の信ぴょう性について何度か触れてきましたが、信ぴょう性を高めるには「明確な理由」を記載する必要があります。では、そもそもなぜWebライティングでは信ぴょう性を意識する必要があるのでしょうか?


Webライティングによって完成した記事は、その多くがインターネット上に掲載されます。インターネットは便利なツールですが、誰でも情報を簡単に発信できるので、事実とは異なる情報が掲載されているケースも少なくありません。


この点は一般ユーザーの多くが理解しており、読者の中にも信ぴょう性を意識しながら記事を読んでいる方は必ず存在します。


そのため、少しでも信ぴょう性に欠ける部分があると、「この記事自体が嘘なのでは?」と感じさせてしまう恐れがあるのです。


例えば、「1年で50万円の節約につながる」記事を執筆するとしましょう。この場合、単に節約テクニックをいくつか紹介するだけでは、読者に「本当に50万円の節約効果があるの?」といった疑問が生じます。


したがって、この例では「毎月○○円の節約効果があるので、1年間続けると50万円の節約になる」ことを解説しなければなりません。


特に数字は疑われやすいので、常に「なぜそうなるのか?」を意識しながら、明確な理由を添えるように意識しましょう。


■【Webライティングの秘訣その10】「キーワード」を積極的に含める


多くのWebライティングでは、「キーワード」を可能な限り含めることが求められます。まずは、このキーワードについて解説をしていきましょう。


Webライティングにおけるキーワードとは、検索エンジンを意識した言葉を意味します。


多くのネットユーザーは、検索エンジンを用いてネットサーフィンを楽しみますが、この検索エンジンには「評価が高いページを上部に表示させる」といった特性があります。


つまり、より多くの方に記事を見てもらうには、検索エンジンから高い評価を受けなくてはなりません。検索エンジンはさまざまな要素を評価しますが、その中でも重要になるのが「検索ワードと関連が深いキーワード」です。


そのようなキーワードを積極的に含めれば、自然と検索エンジンからの評価も高まるでしょう。


○キーワードはどうやって調べる?


検索ワードと関連が深いキーワードについては、依頼の段階でクライアントから提示される案件もあります。このような案件に関しては、クライアントが提示したキーワードを積極的に含めれば、特に問題はないでしょう。


では、クライアントからキーワードを提示されない場合や、自身のみで記事を用意する場合は、どのようにキーワードを調べれば良いのでしょうか?これらのケースでは、インターネット上にある「サジェスト機能」を活用すると便利です。


サジェスト機能とは、特定の文字列に関連のあるキーワードを、予測して表示する機能のことです。


例えば、サジェスト機能を使って「節約」と入力すると、「節約 レシピ」「節約 貯金」のように、節約と関連のあるキーワードが表示されます。


また、インターネット上には、特定の文字列とセットで検索されやすいキーワードを表示するツールも存在します。


そのようなツールやサジェスト機能を上手に活用して、より多くのキーワードを記事に含めるようにしましょう。


キーワードツール・サジェストでキーワード候補を取得


○キーワードを記事に含めるときの注意点


キーワードを記事に含める際には、意識しておきたい注意点が2点あります。キーワードを含めれば記事の品質が上がるわけではないので、以下の2点はきちんと意識しておきましょう。


【注意点その1】可能であればタイトルや見出しに含める


検索エンジンの特性上、関連キーワードはタイトルや見出しに含めたほうが、高く評価されやすくなります。また、特に重要なキーワードに関しては、「左に詰める(冒頭に近づける)」ことも意識してみましょう。


ただし、無理にタイトルや見出しにキーワードを含めると、日本語が破たんしてしまう恐れがあります。Webライティングでは読みやすさ・見やすさも重要になるので、ある程度は見栄えも意識することが大切です。


【注意点その2】本文にはバランス良く配置する


本文中にキーワードを使用する場合は、バランス良く配置することを意識しましょう。


例えば、重要なキーワードが記事の前半に偏っていると、記事の後半はどうしても内容が薄くなってしまいます。


したがって、関連のあるキーワードをチェックしたら、構成の段階でどの辺りに配置するのかを決めておくことが望ましいでしょう。


■【Webライティングの秘訣その11】本文はできるだけ簡潔にまとめる


本文を執筆する際には、可能な限り簡潔にまとめることが重要です。近年では、スマートフォンなどの小さい端末を使い、「隙間時間」を使って記事を読む人が増えてきたので、スピーディーに読める記事が好まれる傾向にあります。


では、本文を簡潔にまとめるには、具体的にどのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか?特に重要なポイントについて、以下で詳しく解説していきましょう。


【簡潔にするポイントその1】改行を上手に使う


改行が少ない文章は、どうしてもボリュームが多く見えてしまいます。どこで区切るべきなのかが分かりづらいですし、一息がつける部分もはっきりとしないので、改行が少ないと読者を疲れさせてしまうでしょう。


したがって、基本的に改行は2文~3文に1回を目安に入れるべきです。ただし、逆に改行が多すぎても文章のつながりが薄れてしまうので、改行は適度に入れることを目指しましょう。


【簡潔にするポイントその2】1文の長さを意識する


1文があまりにも長い文章も、読者を疲れさせてしまいます。1文が長くなるほど、主語と述語のつながりは分かりにくくなるので、長くても100文字以内に収まるように調整をしましょう。


ただし、短すぎる1文にも注意が必要であり、短い文のみで構成された記事は、リズム感や文章のつながりが悪くなってしまいます。


【簡潔にするポイントその3】できるだけ冗長表現を避ける


冗長表現とは、本来文章に含める必要がない「無駄な表現」のことです。文章のリズム感を整えるために使用されることもありますが、簡潔な記事を作りたいのであれば、可能な限り冗長表現を削るべきでしょう。


以下は、初心者のライターによく見られる冗長表現です。


冗長表現

望ましい表現

まず最初に

最初に

価値があるものである

価値がある

不可能ではありません

可能です

一番最初に

最初に

完全に一致している

一致している

存在する

ある


例えば上記の「まず最初に」という表現は、「まず」と「最初」が同じ意味合いを持つ言葉です。これは重複表現と呼ばれており、多くの重複表現はいずれかの言葉を削っても問題がありません。


また、「不可能ではありません」のように、二重否定になっている言葉にも注意が必要です。二重否定は肯定の言葉に置き換えられるので、基本的には使用しないように意識しましょう。



■【Webライティングの秘訣その12】読者の想像力に期待しない


簡潔な文章にしたいがために、説明不足の状態になっている記事は非常に多く見られます。確かに簡潔にすることは重要ですが、読者に記事の意図が伝わらなければ意味がありません。


説明不足の記事は、読者の想像力に期待をしているライターが執筆しがちです。「これは説明をしなくても分かるだろう」と考えて執筆をすると、必要な情報が抜けている記事が出来上がってしまいます。


そのため、読者の想像力に期待することは控えて、丁寧な記事を作成するように意識しましょう。丁寧な記事を作成するには、以下のポイントを押さえることが重要です。


①専門用語はきちんと解説をする

②計算を入れる場合は、計算過程も記載する


専門用語を解説する場合は、注釈を入れて記事の最後に説明を入れる方法でも構いません。


ジャンルによっては、専門用語かどうかの判別が難しい言葉もあるので、ひとつひとつの単語をきちんと意識するようにしましょう。


②の計算過程については、できるだけ細かく書くことが大切です。読者が頭の中で計算をする必要がないように、細かい計算過程も記載するようにしましょう。



※ なお、「Webライティングで稼ぐ前にお金が欲しい」今すぐ30万円のお金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。


なぜカードローンをオススメするかというと、「Webライティングでお金を稼ぐ」には1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、30万円のお金を借りることができます。


スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ30万円のお金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。


【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、Wwbライティング事業でエンジェル投資家から資金調達をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。



■【Webライティングの秘訣その13】想定読者を意識して文体を整える


Webライティングでは、基本的には丁寧に文体を整えることが重要です。しかし、どのような記事にも「想定読者」が存在しているので、その想定読者を意識した文体にしなければなりません。


例えば、本記事は「ライターを目指している方」を想定読者として、想定読者の方が読みやすい文体に整えています。しかし、仮に10代の学生が想定読者であった場合、同じ文体ですんなりと読者に読んでもらえるでしょうか?


逆に10代に向けられた文体は、シニア層の方は読みにくいはずです。その点をもう少しイメージしやすくするために、以下では2つの文体に分けて具体例を見ていきましょう。


○具体例①


日常生活を送るには、公共料金や携帯電話料金、月々の保険料などさまざまな費用がかかります。これらのように毎月一定額が必要になる費用を「固定費用」と言いますが、節約を考えるのであれば、まずはこの固定費用に着目するべきです。


○具体例②


公共料金や携帯電話料金など、家計の負担となる毎月のコスト…。これらのように、毎月一定額が必要になるコストは「固定費用」と呼ばれます。


この固定費用は、日々の節約を考えるのであれば、第一に着目しておきたいポイント!


上記の具体例①は、丁寧に整えられた文体です。そのため、40代以上の方やシニア層の方にとって、比較的読みやすい文体と言えるでしょう。


それに対して具体例②は、少しキャッチーな要素を取り入れた文体になっています。SNSなどに慣れている若年層の方は、こちらの文体のほうが適している可能性があります。


このように、同じ内容が書かれている文章であっても、文体によってイメージは大きく変わります。執筆を始める前に想定読者を一度意識して、どのような文体で執筆するべきか考えてみましょう。


また、今回は想定読者の年齢によって文体を変えましたが、想定読者に関しては年齢以外にも意識しておきたいポイントがあります。


・想定読者は男性、女性のどちらなのか?

・想定読者が住んでいるエリアはどこなのか?


例えば、想定読者が女性の場合は、柔らかい印象を受ける文体のほうが好まれるでしょう。


また、想定読者の住んでいるエリアが分かる場合は、方言や地方ネタなどを積極的に取り入れることで、読者の興味を惹きやすくなる可能性があります。


■【Webライティングの秘訣その14】ライティングにかける時間を設定しておく


ライターとしてより多くのお金を稼ぐには、品質の高い記事を作成するだけでは不十分です。記事1本あたりの報酬には限りがあるので、たとえ高単価案件を中心に引き受ける場合であっても、「スピード」を意識しなくてはなりません。


そのため、ライティングにかける時間は前もって設定しておきましょう。「1時間で○○文字」「○時間で1本」のように時間設定をしておくことで、作業の効率はぐっと高まります。


もちろん、最初のほうはハードルを低くしても構いません。100%の品質を目指すことは重要ですが、80%の品質でも問題がないケースは数多く見られるので、ある程度の品質を目指せる時間を設定することが大切です。


ただし、スピードを重視し過ぎることは控えましょう。高単価案件を任されるには、安定した品質の記事を多く納品することが必要です。


最終的には、高単価案件をスピーディーに仕上げられるライターを目指すべきなので、スピード面だけではなく品質面にもこだわりを持つことが重要です。


■【Webライティングの秘訣その15】執筆以外の作業は最後に行う


Webライティングの案件では、記事の執筆以外にも仕事を依頼されることがあります。そういった執筆以外の作業については、最後に取り組むことを心がけましょう。


途中で執筆以外の作業を挟むと、効率がどうしても落ちてしまいます。「どこまで執筆を進めたのか」や、「何を考えて執筆をしていたのか」などが分からなくなるためです。


特に長文の記事を作成している時には、最初は執筆作業のみに集中するべきでしょう。一貫して執筆作業のみを行うことで、文章や各見出しにつながりが生まれ、結果的に記事全体の品質が高まります。


では、執筆以外の業務には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?以下で簡単に見ていきましょう。


【作業①】リンクの挿入


必要に応じて、ほかのウェブサイトのリンクを挿入する作業です。


例えば引用先や参考先を紹介する場合に、タグを使用してリンクをページに埋め込みます。


執筆の際に参考にしたウェブサイトについては、執筆をするタイミングで簡単にまとめておくと良いでしょう。


リンクの挿入を依頼されていない場合でも、参照サイトをまとめておくと「どんなページを参考にしたのか」がクライアントに伝わりやすくなります。


【作業②】画像の選定、挿入


必要に応じて、画像を選定してウェブサイトに埋め込む作業です。


記事全体の雰囲気に適した画像を選ぶ必要があるため、選定は執筆が完了してから行うべきでしょう。


また、その記事のサムネイルとなる画像については、インパクトも意識して選定をすることが大切なポイントです。


【作業③】文字の装飾


クライアントによっては、文字の装飾を依頼してくることもあります。装飾とは、文字に色をつけたりサイズを変えたりする作業です。


例えば、特に重要なワードを赤字に変更する、各見出しのサイズを少し大きくするといった装飾がよく見られます。


装飾に気を取られ過ぎると、見栄えが気になりどうしても執筆スピードが落ちてしまうので、文字の装飾も執筆後に取り組むことが望ましいでしょう。


■【Webライティングの秘訣その16】客観的に文章をチェックする


記事の執筆が終わったら、最後はその記事を細かくチェックしていきます。この工程で重要になるのは、「客観的な視点」でチェックをすることです。


自分自身で作成した記事をチェックすると、どうしても主観的な視点になってしまいがちです。しかし、主観的な視点で記事をチェックすると、違和感のある部分を見つけることが難しくなります。


そのため、最後のチェックでは客観的な視点を強く意識するようにしましょう。ある程度の時間が経過してからチェックを始める声に出しながらチェック作業を進めるといった工夫をすれば、客観的な視点でチェックができるはずです。


では、Webライティングにおいては、具体的にどのような部分をチェックするべきなのでしょうか?主なチェックポイントについて、以下で簡単にまとめてみました。


・誤字や脱字はないか?

・同じ文末表現が連続していないか?

・同じ内容を使い回していないか?

・記事全体のボリュームは適切か?

・想定読者をイメージした仕上がりになっているか?


ほかにもチェックするべき部分はありますが、上記の5つは確実にチェックしておきたい項目です。


どのような記事を作成する場合であっても、最後のチェックは必ず行うようにしましょう。


■まとめ


いかがでしたでしょうか?


Webライティングにはさまざまな技術があり、記事の品質を高めるには努力が必要です。しかし、一度技術を身につけてしまえば、自然とその技術を活かしながら作業を進められるので、作業効率はどんどん高まるでしょう。


これからライターとして活躍したい方は、この記事をぜひ参考にしてみて下さい。





■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,060
投資家の登録数
No.1
4,158
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者1名 投資家2
昨日の投稿数
経営者2件 投資家0
先月のマッチング数
46
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる