事業再生の8つのコツ!3ヶ月で会社経営を改善させるノウハウまとめ

登録日:2017.10.30  |  最終更新日:2019.12.22



-資金繰りが苦しく、もう倒産しか残されていない…

-不採算事業ばかりで、会社存続の道が閉ざされてしまった…

 

上記のように感じている経営者はいませんか?倒産間近の企業であっても、「事業再生」に全力で取り組めばまだ回復の見込みは十分にあります。

しかし、事業再生にはいくつかのコツがあり、コツを押さえた上で取り組まなければ期待通りの回復は見込めません。焦ってしまう気持ちは分かりますが、事業再生も普段の経営と同じく、きちんとした計画を立てた上で取り組むべきものなのです。

そこで今回は、数十社の事業再生に携わってきた、現役22年の経営コンサルタントが事業再生のコツをまとめました。このページで記載されている内容を実践すれば、経営状況は3年間で劇的に改善します。


※ なお、事業再生をするために、事業資金が必要な経営者の方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、事業再生をする為にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また「300万円の事業再生の資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、事業再生をする為の資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


最短即日!おすすめカードローンランキング
▼スマホアプリでカンタン出金!

▼初めての方30日間利息無料!

▼最短即日で審査完了!

■【事業再生成功のコツその1】再生できる2つの条件を理解しておく

ricky artigas

事業再生は、どのような会社であっても成功するものではありません。以下の2つの条件を満たさなければ、事業再生に取り組んでも劇的な改善は見込めないので注意しておきましょう。

 

①再生できる事業が存在していること
②負債を減らせば、会社の資金繰りがある程度スムーズに回ること

 

例えば、赤字が大きすぎて黒字に転ずるチャンスがない事業、協力者やスポンサーが見つからない事業のみしかない場合、その会社には改善できる事業がありません。このような企業に関しては事業再生ではなく、採算のとれる新しい事業を計画する必要があるでしょう。

また、中には負債をあまり抱えていない状態でも、資金繰りがうまく回らない会社が存在します。そのような企業は、仮に事業再生によって一旦経営が回復しても、短期間で同じような状態に戻ってしまうでしょう。

「うちの会社はそもそも資金繰りに問題がある」と感じている経営者は、事業再生の前に資金繰り対策をする必要があります。具体的な資金繰り対策としては、主に以下の2つが挙げられるでしょう。

 

・協力企業やスポンサーを探し、資金を提供してもらう
・人員削減のためにリストラを決行する

 

経営者の中には、「従業員の生活を守りたいからリストラはちょっと…」と躊躇する方も見られます。しかし、事業再生が必要になったということは、倒産が間近に迫っていることを意味します。

会社が倒産してしまうと、全ての従業員の生活が脅かされてしまうので、事業再生にはある程度の覚悟を持って臨むことが必要です。


1日でも早く資金調達をしたい方はビジネスローンがおすすめです。

【最新2019】ビジネスローン33選!法人・個人も即日で借りれる事業者ローンまとめ

ビジネスローンの即日審査を通す11のコツ!100万円~300万の融資ならあなたも借りられる! 

■【事業再生成功のコツその2】従業員に負担・迷惑をかけない

会社の状況によっては、事業再生のためにリストラが必要になることもあります。しかし、経営を立て直すには従業員の協力が必須であり、特に優秀な従業員は手放すわけにはいきません

そのため、事業再生では可能な限り従業員に負担・迷惑をかけないようにしましょう。従業員に負担や迷惑をかけると、従業員側から退職の意志を示してくる恐れがあります。そうなると、もはや経営者は引き止めることができません。

世の中には、「従業員の怠慢で経営不振に陥ってしまった」と感じている経営者も多く見られます。しかし、経営不振の大きな原因は経営者であり、経営スキルが十分ではなかったために倒産に追い込まれているのです。仮に従業員の怠慢が原因であったとしても、それは会社の教育体制・人事が整っていないことがそもそもの要因でしょう。

したがって、事業再生が必要になったら、経営者は自身の責任を潔く認めることが大切です。そのような姿勢で事業再生を目指せば、従業員からの信用も得られるでしょう。

 

■【事業再生成功のコツその3】具体的な方法をきちんと理解しておく

事業再生の方法は複数あり、会社の状況に応じて適した手段を選ぶことが重要になります。細かく見ると数多くの手段がありますが、大きく分けると事業再生は以下の2つに分けられます。

 

・私的再生当事者同士での話し合いなど、裁判所を通さずに進めていく事業再生
・法的再生裁判所が関与する事業再生

 

この私的再生・法的再生の2つについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

○私的再生

私的再生では主に、債権者と債務者の話し合いによって事業再生が進められます。例えば、銀行などの金融機関に対して支払いを遅延してもらい、そのお金を運転資金に回して事業再生を目指すといった方法です。

しかし、私的再生では必ずしも話し合いがスムーズに進むとは限らないので、かつてと比べると私的再生による事業再生は減ってきました。現在では、主に以下のようなケースで私的再生が実施されています。

 

・債権者の数が少ない場合
・債権者との間に信頼関係があり、話し合いがスムーズに進みやすい場合

 

また、上記に該当しない状況で私的整理を行う場合には、国税庁などが公開している「私的整理に関するガイドライン」を参考に進めるケースが一般的となっています。

 

私的整理に関するガイドライン

 

○法的再生

法的再生で実際に講じられる手段は、大きく以下の2つに分けられます。

 

・清算型破産手続や特別清算手続による再生
・再建型民事再生手続や会社更生手続による再生

 

基本的には再建型が望ましいと言えますが、再建型で事業再生を目指すのであれば、以下の条件を満たしておく必要があります。

 

①借金が減れば、黒字に転じる可能性がある
②「債権者への配当>清算させた場合の清算配当」が成り立つ

 

例えば、再建型で事業再生をした結果債権者への配当が少ない場合は、債権者は協力に消極的な姿勢を見せるはずです。そうなると、再建型の法的再生はスムーズに進まないため、清算型の法的再生しか選択肢はありません。

 

■【事業再生成功のコツその4】専門家選びのポイントを押さえておく

Jonathan Mueller

一般的な企業が事業再生を成功させるには、専門家の存在が必須と言えます。経営者が事業再生に詳しければ問題ありませんが、そうではない企業は間違った選択肢を選ばないためにも、専門家の利用をおすすめします。

では、事業再生を専門家に依頼する場合、どのような専門家を選べば良いのでしょうか?専門家選びのポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

 

【ポイントその1】実行部分もサポートしてくれる

専門家の中には、計画の立案のみをサポートする専門家も存在します。そのような専門家に依頼すると、肝心な実行部分は経営者自身で進める必要があるため、経営者は事業に集中できません

経営者は本業と事業再生を同時に進める必要があるため、可能であれば実行部分もサポートしてくれる専門家を選ぶべきです。

 

【ポイントその2】金融機関との交渉実績

専門家に依頼したからと言って、事業再生は必ずしも成功するものではありません。事業再生では金融機関との交渉を成功させる必要があるので、各専門家の交渉力は重要な比較ポイントと言えます。

そのため、過去の交渉実績をきちんと調べてから専門家を選ぶようにしましょう。

 

【ポイントその3】費用面

専門家を選ぶ上で、確実に意識しておくべきポイントが「費用面」です。事業再生をする企業にはそもそもお金がないので、可能な限り費用を抑えられる専門家を選ぶべきでしょう。

専門家ごとにかかる費用、料金システムは大きく異なるので、具体的な数字をきちんとチェックしてから選んでください。

 

■【事業再生成功のコツその5】ゴールを明確にした計画を立てる

事業再生を検討している方は、必ず明確なゴールを設定しておきましょう。「どの状況まで回復すればゴールか」はケースによって異なるので、ゴールを明確にしておかないと、いつまで経っても事業再生に取り組むことになりかねません。

したがって、ゴールとなる「状況・期限」は事前に決めておくべきです。最終的なゴールを決めたら、次はそのゴールを達成するための目標を決めて、これからするべき行動を明確にしていきましょう。

このようにゴール・目標を設定していけば、今後の明確なスケジュールを立てられるはずです。

 

■【事業再生成功のコツその6】週単位・月単位で進捗をチェックする

精密なスケジュールを立てたとしても、そのスケジュールを守らなければ意味がありません。気付かないうちに行動が遅れてしまう可能性もあるので、スケジュールを立てたら必ず進捗をチェックするようにしましょう。

進捗をチェックする際には、週単位・月単位で確認することが大切です。半年や1年など長い期間で進捗をチェックすると、「気付いたときにはもう手遅れだった…」といった状況に陥りかねないので、短いスパンでチェックする必要があります。

 

※ なお、事業再生をするために、事業資金が必要な経営者の方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、事業再生をする為にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また「300万円の事業再生の資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、事業再生をする為の資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


■【事業再生成功のコツその7】リスケジュールも検討しておく

Mike Mozart

リスケジュールとは、企業が債務を返済不能の状況に陥った際に、銀行などの債権者に対して返済を猶予してもらうことです。返済義務がなくなるわけではありませんが、一時的に返済をストップさせれば運転資金に回せるお金が増えるので、経営が改善する可能性が高まります

しかし、リスケジュールは必ずしも成功するものではありません。債権者の協力が必要不可欠ですし、銀行などは経営回復の見込みがない限り、基本的にはリスケジュールを認めないためです。

債務が多い企業にとって、このリスケジュールは事業再生のために必要でしょう。ただし、銀行に認めてもらうためには経営改善計画書の提出などが求められるので、事業再生を決めた時点で早めに動き出すことが大切です。

 

■【事業再生成功のコツその8】何よりも早めの行動を意識する

事業再生の必要性に迫られた企業には、迷っている暇がありません。迷って時間が経過してしまうと、さらに以下のような状況に追い込まれるためです。

 

・運転資金の減少にともない、売上も減っていく
・借金の利息が増えて、債務が膨らんでいく
・優秀な社員が会社を辞めていく

 

上記のような状況に追い込まれると、もはや事業再生は不可能でしょう。したがって、事業再生では何よりも早めの行動を意識しなければなりません。

3ヶ月で事業再生を目指すとなると、例えば以下のようにスケジュールにはほとんど余裕がないはずです。

 

時期やるべき行動
事業再生スタート~1ヶ月・専門家を探す

・リスケジュールに向けて動き出す

・経営改善計画を立てる

・会社の現状をチェックする など

1ヶ月~2ヶ月・各金融機関との交渉

・従業員のリストラ

・不採算事業の整理

・余計な在庫などの処分 など

2ヶ月~3ヶ月・メインとなる事業の整備

・資金調達手段の拡充

・進捗のチェック など

 

もちろん、会社によって各タイミングでやるべき行動は異なりますが、一般的なケースでは上記の例よりもさらに多くのことに取り組む必要があります。

「自分でスケジュールを立てる自信がない…」という方は、すぐにでも頼れる専門家を探して、スケジュール作成からサポートしてもらいましょう。

 

■事業再生のメリット・デメリットもチェックしておこう!

ここまで事業再生のコツをご紹介してきましたが、中には「破産」を検討している方もいることでしょう。では、この破産と比較した場合に、事業再生にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

事業再生をするべきか否かの判断は、以下のメリット・デメリットを理解してから慎重に下すべきです。

 

メリットデメリット
・債権者に対し、ある程度のお金を返せる

・事業の社会的な価値を維持できる

・企業価値や信用性を維持できる

・債権者の理解と協力が必要になる

・身体的、精神的な負担が継続する

・再生に失敗すると、周りに多大な迷惑をかける

 

事業再生に成功すると会社や事業が存続するので、取引先などからの信用性はそこまで落ちません。また、従業員の生活を守ることにもつながりますし、債権者に対しても少しずつ返済ができるため、自社に関わるさまざまな人への負担を抑えられるでしょう。

しかし、事業再生は必ずしも成功するわけではなく、万が一失敗すると周りに多大な迷惑がかかります。その結果、次に新しいビジネスを思いついても、社会的な信用のなさから計画通りに起業が進まないかもしれません。

 

したがって、事業再生は事業に回復の見込みがある場合にのみ検討するべき手段と言えます。黒字化の可能性がないのにも関わらず行動を始めると、相談先や金融機関はもちろん、従業員や取引先、家族などに負担をかける恐れがあるので、事業再生をするべきか否かは慎重に判断するようにしましょう。

 

■まとめ

今回は事業再生について詳しく解説してきました。いかがでしたか?

事業再生は経営回復の手段となり得るものですが、失敗すると周りに多大な迷惑をかけてしまいます。そうなると次のビジネスにも響くので、今回解説したコツやメリット・デメリットを参考にしながら、慎重に行動を始めるようにしましょう。

 

■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,060
投資家の登録数
No.1
4,158
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者1名 投資家2
昨日の投稿数
経営者2件 投資家0
先月のマッチング数
46
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる