仮想通貨の取引所を徹底比較!厳選した10社のメリット・デメリットをランキング形式でご紹介!

登録日:2018.3.26  |  最終更新日:2018.5.16


pinguino k

最近では、ネットニュースなどで仮想通貨に関する話題が尽きません。中には、「そろそろ仮想通貨の取引に関する知識を身につけて、賢く運用を開始したい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんなあなたにおすすめしたい仮想通貨取引所をランキング形式で10社ご紹介します。各取引所のメリット・デメリットや取り扱い通貨の種類をはじめ、どんな方に向いているのかなどの情報を交えながら、10年以上金融取引に関わってきた現役投資家の視点で解説しましょう。

■【仮想通貨の取引所その1】bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本国内の仮想通貨取引所のなかでもっとも知名度が高く、ユーザー数は国内で1位です。また、取引量・資本金においても国内1位となっており、日本ではトップクラスの仮想通貨取引所の1つといえます。


〇メリット

【その1】規模の大きさと知名度の高さ

第1のメリットはなんといっても、企業の規模や知名度による信頼性の高さでしょう。また、すでに利用している方が多いことも、初めて仮想通貨取引を始めてみようという人にとっては強みとなるはずです。

例えば、知り合いや親しい方が利用者なら情報交換をしながら運用に慣れていくことができるので、そういった意味での安心感もあるでしょう。積極的に売買をしたい方の場合も、取引する相手が多ければその分だけ希望額での取引が成立しやすくなります


【その2】強力なセキュリティ体制

インターネット経由で投資を行う際に注意したい点といえば、やはりセキュリティに関することでしょう。bitFlyerは、設立時からセキュリティ対策に力を入れており、安全性においても一定の評価を得ています。

ログイン時の2段階認証の活用や、預かった仮想通貨をオフラインで管理する方式(コールドウォレット)など、あらゆる盗難・漏えい対策を導入。そのうえで、ユーザーの入出金に関してもスタッフが都度確認するなど、厳重なセキュリティ体制を敷いています。

加えて、不正出金被害に対して最大500万円の補償制度(※条件あり)が設けられている点も、その安心感をさらに高めてくれます。


【その3】気軽に始められる利便性と敷居の低さ

bitFlyerは、専用のスマートフォンアプリを使った取引にも対応しています。アプリ経由でインターネットショッピングをすると、ポイントのようにビットコインが加算されるサービスもあり、増やす楽しみを味わいやすい点も魅力です。

気軽に少額から取引を始めたいという初心者の方にも、おすすめできる取引所といえるでしょう。


〇デメリット

【その1】取り扱い通貨数の少なさ

bitFlyerのデメリットとしてまず挙げられるのが、取り扱う通貨数の少なさです。仮想通貨の代名詞ともいえる「ビットコイン」はもちろん取り扱っていますが、それ以外のアルトコインの取扱数が5種と、他社と比較して限られてしまいます。

通貨をビットコインに限定して少額投資を楽しむなら、bitFlyerは最適かもしれません。しかし、さまざまな仮想通貨に分散投資してリスクを回避しながら本格的に投資を行うには、制約が多いともいえます。


【その2】手数料の高さ

もう1つのデメリットは、利用にかかる手数料の高さです。コインの購入や現物取引にもその都度高めの手数料がかかってくるため、ひんぱんに売買するとかなり高コストになってしまいます。


【その3】サイト接続の重さ

こちらは個人の感覚次第かもしれませんが、bitFlyerは「サイトに接続する際の表示が重い」という評判も一部で聞かれます。


メリット
デメリット

・国内最大手で知名度が高い

・セキュリティ対策が厳重

・アプリなど便利なサービスが充実

・取り扱う仮装通貨数が少ない

・利用時の手数料が高め

・サイト表示が重いという人もいる


運営会社
株式会社bitFlyer
特徴

・ビットコイン取引に特化されている

・仮想通貨投資入門には最適

・ひんぱんにコインの売買をしない人向け

おすすめ度
★★★★★
公式ホームページ
https://bitflyer.jp/ja-jp


■【仮想通貨の取引所その2】ビットトレード(bittrade)

ビットトレード(bittrade)は、FX企業として高い評価を得ている「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」の関連会社によって運営されている仮想通貨取引所です。FXに関する知識やノウハウを持っている方向けのサービスを展開しており、チャートを感覚的に操作しての市場分析ができるなど、独自の機能にも定評があります。

設立は2016年9月で現状は大手とはいえませんが、今後知名度や規模を大きく伸ばしていくことが期待されています。


〇メリット

【その1】高性能チャートで動向をチェックできる

投資には市場動向の分析が欠かせないという方にとっては、使いやすいチャートを備えたビットトレードは有用な選択肢となるでしょう。画面上のチャートに自分で線を引いたり、角度を測ったりする機能が充実しているほか、設定を変更してご自分で見やすく使いやすいチャートにカスタマイズできる機能も備えています。

しかも、投資に慣れている方だけが便利というわけではなく、初心者の方も直感で操作しやすいよう配慮されているのも強みです。


【その2】金融庁に仮想通貨交換業者としてすでに登録済み

数多くある仮想通貨取引所のなかには、まだ仮想通貨交換業者として金融庁への登録を完了させないまま運営している企業も多くあります。ビットトレードは、2017年から施行されている「改正資金決済法」に基づいて金融庁への登録をすでに済ませています。

安全性の高い仮想通貨取引所として、国の審査をクリアしている点は大きな安心感につながるはずです。


【その3】国内では数少ない「リップル」を取り扱っている取引所

ビットトレードで取り扱う仮想通貨の数自体は多くありませんが、「リップル」を取り扱っている国内の取引所はまだ数少ないです。他の大手取引所でも取り扱いの少ないリップルが取引できる点は、現状ビットトレードの大きなメリットです。


〇デメリット

【その1】利用者数が少ない

ビットトレードは、まだ利用者の数が少なめです。これから増えていくことは期待できますが、積極的に売買を始めたいという方にはすぐに活発な売り買いがしづらい点はデメリットとなり得ます。


【その2】コインの購入や取引にかかる手数料が安くない

ビットコイン購入にかかる手数料が高く(メイカー手数料・テイカー手数料ともに0.2%)、まずビットコインから始めたいと考える仮想通貨取引初心者にはハードルが高めです。また、ビットコイン以外のアルトコインを取引する際の手数料も0.2%~0.7%とそれほど安くありません。

他社ではアルトコインの取引に手数料無料キャンペーンを行うこともあり、それらと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。


メリット
デメリット

・高機能チャートが使える

・金融庁登録済みで安心感がある

・「リップル」の取引ができる

・利用者数が少ない

・コイン購入・取引手数料が高め


運営会社
ビットトレード株式会社
特徴

・「リップル」を取り扱っている

・チャートによる市場分析がしやすい

・全般的に中・上級者向けサービス

おすすめ度
★★★★★
公式ホームページ
https://lp.bittrade.co.jp/?ad=aff


■【仮想通貨の取引所その3】GMOコイン

GMOコインは2017年5月からサービスを開始した、比較的新しい仮想通貨販売所です。他社と大きく差別化を図っているのは「取引所ではない」とうたっている点。

ユーザー同士で直接取引を行うのではなく、「店頭取引方式」によって各ユーザーはGMOコインを経由してコインの売買を行う形になっています。厳密にいえば「取引所」ではなく「販売所」という位置づけになりますが、「仮装通貨が取引される場所」という意味では取引所の一種と考えて問題ないでしょう。

インターネットにおける金融取引においてノウハウを培ってきた、GMOインターネット系列である点も強み。既存のGMO系サイトのユーザーも、気軽に利用しやすいサービス内容となっています。


〇メリット

【その1】自分が希望する金額・コイン数での売買がしやすい

ユーザー間で個人取引を行う取引所の場合、自分が「売りたい」「買いたい」と思う金額を提示してくるユーザーを待たなければ売買ができません。しかし、店頭取引方式で売買できるGMOコインなら、「売りたい」「買いたい」と思う希望金額ですぐに売買ができます

金額のほか、ビットコインなら「○○○○BTC」のように、希望する通貨の数量で売買することも可能です。


【その2】利用にかかる手数料が安め

GMOコインでは、「リップル」などの一部アルトコインについて、購入時にかかる手数料が国内最安レベルといわれるほど低く設定されています。また、日本円での入金・出金にかかる手数料が無料である点も大きなメリットです。

ビットコインによる出金や、現物取引における手数料も無料となっています。


【その3】最短翌日と、すぐに取引を開始できる

インターネット上で登録して書類を郵送後、何日も利用開始できない他社も多い中、GMOコインは登録すれば最短翌日からの取引開始が可能です。登録後に書類を送ると、到着次第利用が始められるというほど手続きがスピーディー

利用開始まで、長く待たされるストレスがありません。


〇デメリット

【その1】現物取引にかかる手数料「スプレッド」は高め

GMOコインには、入出金やコイン購入の手数料が安いメリットがあります。ただし、販売所という特性上、現物取引を行う際の手数料(スプレッド)が高くなりがち

ただし、仮装通貨の現物取引をせずに、仮想通貨FXを行う場合はかなりスプレッドを低く抑えられます。実際に、GMOコイン側でも仮想通貨FXをサイト上でさかんに推奨しているため、あまり現物取引向きではないと考えると良いかもしれません。


【その2】買い規制が行われることがある

GMOコインでは相場状況によって、ときどき「買い規制(特定の通貨の購入を一時停止すること)」が行われます。買いたいタイミングで買えず、チャンスを逃す可能性もあるでしょう。


【その3】仮想通貨の取扱数が少なめ

GMOコインで取り扱っている仮想通貨の数は2018年3月現在で「5種」と少なめです。ただし、注目の通貨ながら国内での取り扱いがまだ少ない「リップル」や「ライトコイン」の取り扱いがあるため、これらの通貨を主体として運用したい方には向いているかもしれません。


メリット
デメリット

・希望金額で売買できる

・コイン購入・入出金手数料が安い

・登録から取引開始が速い

・現物取引の手数料が高い

・買い規制されることがある

・通貨の取扱数が少ない


運営会社
GMOコイン株式会社
特徴

・仮想通貨FXに特化

・「リップル」「ライトコイン」を扱う

・金融サービス会社系列で信頼性が高い

おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
https://coin.z.com/jp/


■【仮想通貨の取引所その4】 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、2018年1月に口座開設の受付を開始した仮想通貨取引所です。とはいっても全くの新規ではなく、2016年設立の東京ビットコイン取引所が名称・サービス内容などを改めて再スタートしたもの。DMM FXなどで金融トレードに関するサービスをすでに手掛けているDMMグループの一員であり、「ビットコインFX」とも呼ばれる「レバレッジ取引」に強い点を全面的にアピールしています。現在大々的に広告宣伝を展開しており、気になっている方も多いのではないでしょうか?


〇メリット

【その1】使いやすい専用アプリでいつでも取引できる

DMM Bitcoinは、取引にスマートフォンアプリの活用を推奨しています。PC用の取引ツール・スマートフォンアプリともに初心者にもわかりやすくシンプルで、使い方を学ばずにすぐ活用できたという方もいるほど。

いつでもどこでもアプリ取引できるメリットをさらに生かすべく、サポート体制も24時間365日稼働しています。不明点があれば専用フォームから問い合わせできるほか、LINEでのサポート受付も行っているので困ったときも安心です。


【その2】ほとんどの利用手数料が無料

出金するだけで数百円もの手数料がかかる取引所もあるなか、DMM Bitcoinなら入出金や取引に関する手数料がほぼ無料で利用できます。ひんぱんに入出金を行う方にとっては、手数料がまったくかからない点は大きなメリットとなります。


【その3】レバレッジ取引に関するサービスが充実している

仮想通貨は現物での取引と、レバレッジ取引(ビットコインFX)の2通りの取引方法があります。レバレッジ取引とは、外貨の為替を取引するFXと同様に「証拠金」のみを預けて、その資金以上の差額を取引することを指します。

DMM Bitcoinでは、同グループでFX企業(DMM FX)を運営していることもあり、仮想通貨取引においてもFXのノウハウを積極的に活用し、現物取引よりもレバレッジ取引にサービスを特化しています。レバレッジ取引そのものはハイリスク・ハイリターンとなる特性があるため、初心者の取引にはあまり向いていません。ある程度、FXなどで投資経験を積んだ中上級者に向いています。


〇デメリット

【その1】現物取引可能な通貨の数が少ない

DMM Bitcoinでは、現物取引できる通貨が「ビットコイン」「イーサリアム」の2つのみです(2018年3月現在)。仮想通貨取引初心者には現物取引に慣れることを主眼において通貨を運用する方も多く、通貨数での制約がある点はデメリットといえます。


【その2】スプレッド取引時のスプレッドコストが大きい

スプレッド取引を行う際には、FXと同様にスプレッドコスト(売りと買いの金額差を指し、取引所に手数料として支払われる)の広さ(高さ)、狭さ(低さ)を気にする必要があります。DMM Bitcoinは、他社と比較してスプレッドコストの幅が広くなる傾向にあり、利用手数料がかからない反面スプレッドが高くついてしまう場合があるため、注意が必要です。


【その3】サイトのメンテナンスが多く、利用できない時間が長い

DMM Bitcoinは、サイトやアプリのメンテナンス回数が多いという指摘がされています。セキュリティ強化やサービス改良のためと考えれば仕方ないのですが、サービス休止時間が長くなるとせっかくのチャンスを逃すことに繋がる恐れがあります。


メリット
デメリット

・取引専用アプリが使いやすい

・利用にかかる手数料がほぼ無料

・中上級者向けのレバレッジ取引に強い

・スプレッドコスト(売買時の差額)が高い

・サイトメンテナンスがひんぱんにおこなわれストレス

・現物取引できる通貨が少ない


運営会社
株式会社 DMM Bitcoin
特徴

・レバレッジ取引(ビットコインFX)向け

・取引ツールの品質・使い勝手が良い

・投資経験を積んだ方におすすめ

おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
https://bitcoin.dmm.com/


■【仮想通貨の取引所その5】BIT Point(ビットポイント)

BIT Point(ビットポイント)は、2016年に設立された仮想通貨取引所です。東証二部上場企業である株式会社リミックスポイントの子会社であり、資本金は44億3,000万円と企業規模はなかなか大きめ。自動売買ができる国内唯一の取引所として、知名度が上がりつつあります。


〇メリット

【その1】取引に関する手数料が無料

仮想通貨の現物取引に関する手数料は一切かかりません。一般的な取引所ではビットコインを送金する際にも手数料がかかりますが、それも無料になる点は魅力的です。

現物取引やレバレッジ取引をはじめ、自動売買に関する手数料もかかりません。ひんぱんに取引を行う方や、海外送金をおこなう機会が多い方には大きなメリットになるでしょう。


【その2】仮想通貨FXの無料売買ができるメタトレーダー(MT4)機能

為替のFXに馴染みのある方なら、MT4による取引をご存じかと思います。BIT Pointでは、仮想通貨トレードにおいてもMT4で自動売買ができる、国内唯一の取引所です。

FXで資金運用の経験を積んだトレーダーの方なら、仮想通貨の取引でもMT4が使えるのはメリットでしょう。


出典:1章-1 メタトレーダー(MT4)が大人気のワケは?|ザイFX!が作ったメタトレーダー(MT4)入門 - ザイFX!×メタトレーダー(MT4)


【その3】ネットバンキングで銀行口座から即時入金可能

イオン銀行やジャパンネット銀行などの口座から、インターネットバンキングで即時入金ができます。現在これらの銀行に口座をお持ちでなくても、BIT Point(ビットポイント)を利用するなら取引資金専用の口座を作っておくとかなり便利になるはず。


〇デメリット

【その1】クレジットカードでの即時入金は不可

多くの仮想通貨取引所では、クレジットカードによる即時入金を取り扱っています。しかしBIT Pointはクレジットカードでの即時入金に非対応です。

即時入金サービスは銀行振り込みのみとなるため、不便を感じる方も多いでしょう。しかし、手持ち資金の範囲内でのみ取引できると考えれば、逆にリスクが押さえられると安心感を持つ方もいるのではないでしょうか?


【その2】取引画面などが煩雑で使いにくい

直感的に操作できる取引画面やアプリなどをアピールポイントにしている他社取引所と比較し、BIT Pointの操作画面は使いにくいといわれています。ただ、BIT Pointはこれまでにも多くのサービス内容改善を積極的に行っていますので、サイトの使い勝手についても今後の改良が期待できるかもしれません。


メリット
デメリット

・現物取引にかかる手数料がすべて無料

・国内で唯一、仮想通貨の自動売買が可能

・ネットバンキングで即時入金ができる

・クレジットカードで即時入金できない

・取引画面を使いこなすには慣れが必要



運営会社
株式会社ビットポイントジャパン
特徴

・多くの利益を得たい上級者におすすめ

・手持ち資金で取引したい人向け

・高セキュリティで安心感が高い

おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
https://www.bitpoint.co.jp/


■【仮想通貨の取引所その6】bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は2014年に設立され、国内では比較的早くからサービスを展開している仮想通貨取引所です。企業規模そのものだけでいえば、bitbankはそれほど大きな取引所ではありません。

しかし、仮想通貨取引においてセキュリティ事故やシステム不具合が立て続けに発生するなか、安定したサービスを提供し続けていることで再評価されつつあります。


〇メリット

【その1】取引の注文成立がしやすい

地道ながら順調に取引高を伸ばしてきたbitbankは、現在では最大手の「bitFlyer」に次ぐ、国内2位の取引高となりました。そのため、取引の注文が成立しやすいというメリットがあります。


【その2】アルトコインを「販売所」ではなく「取引所」で売買可能

ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼びますが、他社のほとんどはアルトコインに関しては手数料が高い「仮想通貨販売所」として取引が行われています。しかしbitbankでは、各種アルトコインも手数料が低い「取引所」としての売買が行えます。

ちなみに最近注目されているアルトコインである「リップル」「ライトコイン」の2つを、取引所形式で現物取引できるのはbitbankのみです(2018年3月現在)。


【その3】取引画面が利用しやすい

bitbankは、取引画面の使いやすさでも好評を博しています。世界的に多く使われているチャートツールを採用し、初心者の方にも市場動向の把握がしやすい点が特徴。また、投資経験がある方なら分析ツールを活用しながら効率的に利用できます。


〇デメリット

【その1】スマートフォン専用アプリがない

bitbankでは、スマートフォンにも対応したWEB取引画面の使い勝手をアピールしていますが、スマートフォン専用の取引アプリはまだありません。WEB画面がかなり見やすいため、逆に「これがアプリになれば」と残念に思う利用者も多いようです。


【その2】一部アルトコインが日本円で売買できない

「イーサリアム」「ライトコイン」の2種は、日本円での購入・売却ができません。日本円をいったんビットコインに購入し直してから取引を行う必要があるため、若干手間がかかります。


メリット
デメリット

・アルトコインの「板取引」が可能

・取引画面が見やすく使いやすい

・取引高が増えたため注文成立しやすい

・スマートフォンアプリがない

・日本円で売買できないコインがある


運営会社
ビットバンク株式会社
特徴

・安定した取引状況で信頼性が高い

・「リップル」の板取引ができる

・セキュリティ体制が整っている

おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
https://bitbank.cc/


■【仮想通貨の取引所その7】BTCBOX(BTCボックス)

BTCBOX(BTCボックス)は、Appleの日本法人でエンジニアとして活躍したデビッド・チャン氏が設立した、変わり種の仮想通貨取引所です。IT系出身者ならではのノウハウを生かしたシステムの使いやすさや、強力なセキュリティ体制が売り。

その反面、取り扱う通貨数が限定される点や、取引に関する機能のバリエーションの少なさを指摘する人もいます。


〇メリット

【その1】専用取引ツールの利便性が高い

BTCBOXの利点として、アプリの使い勝手の良さを挙げる人が多く見られます。IT系企業で培われた、創業者のあらゆるノウハウが生かされている側面といえるでしょう。

デザインや機能もシンプルかつ感覚的で、予備知識がさほどなくてもすぐに使い始められる利便性が整っています。また、PC用取引ツールのチャート画面が見やすさも高評価を得ています。


【その2】サービス開始以来サーバーダウンなしの信頼性

BTCBOXは、国内で唯一サーバーダウンを1度も起こしていない仮想通貨取引所です。取引中のサーバーダウンは、利用者にとっても取引所にとっても重大な損害となり得る事態です。

加えてBTCBOXは国内でもっとも長い歴史を持つ取引所でもあり、安心して利用できる取引所であると企業自身が自負しています。その高い信頼性と安心感は、BTCBOX最大の強みともいえるでしょう。


【その3】ビットコイン融資に対応している

BTCBOXでは、信用取引によってビットコインを総資産の3倍まで借りることができます。もちろん、1日あたり借入金額の0.08~0.1%ぐらいの手数料がかかってきますから、あくまで短期間の借入と割り切って利用することが大切です。


〇デメリット

【その1】取り扱い通貨が少ない

国内の仮想通貨取引所はおおむね取り扱うコインの数が少なめですが、BTCBOXも取り扱い通貨数がビットコインを含めて4つと少なめ。そのシンプルさがサーバーの安定性や万全のセキュリティ体制につながっているともいえますが、物足りなさを指摘する人は多くいます。


【その2】売買する人が少なく、取引注文が成立しにくい

取引所の利用者が少なく取引の成立がむずかしくなることを、「取引板が薄い」といいます。BTCBOXのデメリットとして挙げられがちなのが、この「板の薄さ」です。

もちろん、今後ユーザー数が増えれば改善される可能性はあります。しかし、基本的にユーザーの少ない取引所では、売買完了までに期間を要するなどの不便を強いられる機会はあると考えたほうが良いでしょう。


メリット
デメリット

・取引専用アプリが使いやすい

・サーバーが強くシステムが安定している

・ビットコイン融資に対応している

・取り扱う通貨数が少ない

・取引人数が少なく「取引板」が薄い


運営会社
BTCボックス株式会社
特徴

・サーバーの強さやセキュリティに定評

・ビットコインの融資がおこなえる

・国内随一の老舗取引所

おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
https://www.btcbox.co.jp/


■【仮想通貨の取引所その8】QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、日本を主要拠点としてベトナムやシンガポールにも拠点を持つ、アジア圏でもっとも大規模といわれる仮想通貨取引所です。日本の金融庁による認可を2017年9月に初めて受けた取引所としても知られ、2018年に入って以降はユーザー数や取引高も急上昇しています。


〇メリット

【その1】取り扱い通貨が国内取引所では多め

現在取り扱っている通貨は「ビットコイン(BTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」「イーサリアムクラシック(EHC)」「キャッシュ(QASH)」の8種類。4種~6種ほどの取り扱いが主流の国内取引所のなかでは、通貨数が多めです。


【その2】手数料の低さが好評

入金・出金手数料、仮想通貨の入出金に関する手数料がすべて無料となっています。そのほか、売値と買値の差額であり取引所に手数料として支払われるスプレッドも狭い(安い)ため、おおむね手数料に関する評判は上々です。


【その3】QASHの取り扱いがある

QUOINEXの運営会社である「QUOINE」の自社トークンである「QASH」を取り扱っている点も、QUOINEXならではの特長。2017年にICOが行われ、その将来性が期待されているQASHを安心して取引できる国内の取引所はQUOINEXのみです。


〇デメリット

【その1】取引専用アプリが使いにくい

スマートフォン専用の取引アプリはあるのですが、その使い勝手があまり良くないとの意見が多いです。今後改良される可能性もありますが、現在のところパソコンでの取引画面のほうが断然使いやすいようです。


【その2】口座開設や入出金に時間がかかる

入出金の処理、とくに出金に時間がかかることが指摘されています。出金申請が受理されているか不安になり、サポートに問い合わせる人も少なくないそうです。

ただし、実際に出金できていなかったケースは今のところないのでご安心ください。また、口座開設の申し込みから取引開始までの期間も長く、1か月ほどかかるケースもあるそうです。


メリット
デメリット

・取り扱い通貨が8種と多め

・利用にかかる手数料が安い

・自社トークンであるQASHを取り扱っている

・入出金、送金に時間がかかる

・専用アプリはあるが使いにくい


運営会社
QUOINE株式会社
特徴

・多くの通貨で分散投資したい人向け

・QASHを安心して取引できる

・現状はパソコンで取引する人におすすめ

おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
https://ja.quoinex.com/


■【仮想通貨の取引所その9】みんなのビットコイン

みんなのビットコインは、外為証拠金取引(FX)で「みんなのFX」などを提供する証券会社「トレイダーズ証券」の関連会社が運営する仮想通貨取引所です。2016年末に設立され、同じ仮想通貨取引所である「QUOINEX」のQUOINE株式会社(コイン株式会社)と業務提携を行っています。現在はQUOINEXのシステムを利用して運営をしています。


〇メリット

【その1】入出金手数料が無料

入出金にかかる手数料が無料、もしくは安価な取引所はほかにも多くあります。しかしみんなのビットコインでは、他社ではどんどん高額になりつつあるビットコインの送金手数料が今でも無料です。

ただし、いつまで無料が継続されるかはわからないので、サービス内容の変更に気をつけながら利用を続けるようにしましょう。


【その2】レバレッジ取引の倍率が高く、追証なし

仮想通貨のFXにあたるレバレッジ取引の倍率が最大25倍と高く、少額資産から取引をしやすい点はメリットです。レバレッジの倍率が高ければ高いほどハイリスク・ハイリターンとなる特性がありますが、リスク不安の大きさを追証なしで取引できることでカバーしています。

とはいっても、高倍率のレバレッジ取引にはリスク不安がともなうことに変わりはありません。十分なリスク管理のもとに、慎重な取引をおこないましょう。


【その3】独自のアイデアで高セキュリティを実現

2段階認証やコールドウォレットの導入など、基本的なセキュリティ対策に加えて独自のアイデアを取り入れ、さらに高いセキュリティレベルを実現しています。具体的には「通常利用時とは異なるIPアドレスからログインするとメールで通知される」「すべての口座を1日1度自動チェックする」などの対策が導入されています。


〇デメリット

【その1】取り扱い通貨数がとても少ない

取り扱い通貨は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の3つだけです。しかも「ビットコインキャッシュ」は「ビットコイン」の派生通貨ですから、実質的にはビットコインとイーサリアムしか取り扱っていないことになります。


【その2】スマートフォン用取引アプリがない

現在では、アプリを使ってスマートフォンで取引ができる取引所も珍しくありません。しかし、みんなのビットコインではスマートフォン用アプリの導入がまだ行われていません。

WEBのみでの取引となると、不便さを感じる人も少なくないでしょう。


メリット
デメリット

・仮想通貨の入出金手数料が無料

・レバレッジ25倍まで追証なしで取引可能

・独自のセキュリティ対策

・取り扱い通貨数が非常に少ない

・スマートフォンアプリがない


運営会社
みんなのビットコイン株式会社
特徴

・QUOINE社のシステム利用で安定している

・高セキュリティで安心して取引できる

・ビットコイン取引主体の人向け

おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
https://min-btc.com/


■【仮想通貨の取引所その10】FISCO(フィスコ)

FISCO(フィスコ)は、1995年設立の投資支援サービス企業である「株式会社フィスコ」の関連会社が運営する仮想通貨取引所で、2016年4月に設立されました。親会社である株式会社フィスコは大証とJASDAQに上場しており、上場企業系列の取引所という点には一定の信頼性があるといえるでしょう。

自社系列のトークンを多く取り扱っている点が特色であり、トークン取引をいち早く始めたい方には魅力的です。


〇メリット

【その1】上場企業系列の取引所なので安心感がある

投資に関するサービスを長年取り扱ってきた「フィスコ」が親会社のため、金融事業で得たノウハウがふんだんに活かされています。既存の投資家にもフレンドリーな環境が構築されており、高セキュリティのサービス体制が整っています。


【その2】トークンの取引ができる

FISCOでは、仮想通貨によって売買できる自社系列のトークンを取り扱っています。現状でFSCC(フィスココイン)、CICC(カイカコイン)、NCXC(ネクスコイン)の3種類の独自トークンが購入可能です。

いずれも株式会社フィスコと、その系列会社で発行しているトークンとなります。


〇デメリット

【その1】取引画面が使いにくい

金融事業から派生した取引所の特徴として、取引画面が一般ユーザー向けに作られていない点が挙げられます。金融取引の一環として仮想通貨の売買を行っている投資家の方には馴染みのある画面かもしれませんが、仮想通貨取引初心者の評判はいまひとつのようです。


【その2】ユーザー数が少なく「板が薄い」状況になりがち

FISCOは取引ユーザーの絶対数がまだ少ないため、「板が薄い」と盛んにいわれています。板の薄さは、取引の成立に時間がかかってしまう点や、スプレッドが広がって手数料が多くなるというデメリットにつながってしまいます。


メリット
デメリット

・上場企業系列で信頼感がある

・トークンの取引ができる

・取引画面の使い勝手がいまひとつ

・利用者が少なく取引が成立しづらい


運営会社
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
特徴

・取引画面などは既存のトレーダー向け

・3種のトークンが取引できる

・上場企業系列で信頼性が高い

おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
https://fcce.jp/


■まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介しながら、それぞれのメリットやデメリットについてくわしくご紹介しました。まずは各取引所の特徴を知り、ご希望の取引方法や使い勝手に即した取引所を選んで、少額運用から始めるのがおすすめです。


また、投資に関するお悩みを現在お抱えであれば、将来有望な起業家とエンジェル投資家のマッチングサイトfounderの活用もおすすめです。サイトに投資家として登録すれば、全国から有望な起業家の情報がすぐに集められます。

「この人(の企業)にぜひ投資したい!」という起業家が必ずみつかり、あなたの資産形成において有用な手助けとなるはずです。


エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

Founderなら1分で起業家と投資家がマッチングされます!

おすすめアイコン 起業家登録こんな方オススメ!
  • 1,000万円起業資金を調達したい!
  • 独立・開業して成功したい!
  • ビジネスを支援してくれる投資家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

起業家登録をして、1000万円の資金調達を達成しよう!

おすすめアイコン 投資家登録こんな方オススメ!
  • 将来有望な起業家投資したい!
  • 信頼できるビジネスパートナー見つけたい!
  • ビジネスを上手く回せる起業家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

投資家登録をして、あなたに最適な投資先を見つけよう!

起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • 銀行借入の審査を100%通す10のコツ。必ず500万円の融資を受ける方法
  • エンジェル投資家とは?ベンチャー企業が投資を受ける5つのコツ!
  • 日本政策金融公庫の融資審査を通す5つの秘訣!あなたも1000万円を確実に借入できる!!

投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • ICOは投資のチャンス!ICOのメリット・デメリットやスケジュール、2つの注意点を幅広く解説!
  • 投資の情報収集に最適なアプリ&サイト15選!
  • 投資で稼ぐ5つの方法!!初心者が投資で儲けるためにまずは見るべき方法まとめ
  • 起業家登録数 No.1
    7,134名!!
  • 投資家登録数 No.1
    1,153名!!

※2018年07月22日現在

昨日のマッチング人数:0248

  • 起業家MASAcookさん
  • 投資家Andyさん
  • 起業家もりさん
  • 投資家Fujiokaさん
  • 起業家kosigoetakeuchiさん
  • 起業家エレクトロンさん
  • 起業家Riiさん
  • 投資家GlobalCarrierさん
  • 起業家ラッシーさん
  • 起業家橋本敏弘さん
  • 起業家GWT COMMUNICATIONSさん
  • 起業家直希さん
  • 起業家マルチスタイルさん
  • 投資家あかりさん
  • 起業家高江洲 真美さん
  • 起業家モリモリさん
  • 起業家takasanさん
  • 投資家TNKさん
  • 起業家銀三郎さん
  • 起業家ミンミンさん

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

投資家インタビューの最新5件

- あなたはどっち? -

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?

無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。

メールアドレスをご入力ください


日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?

無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。

メールアドレスをご入力ください


30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

ページ最上部へ

メニューを閉じる