ベンチャー企業の面接・就職100%成功ガイド!絶対に失敗しないリスク0の就活の方法とは?

登録日:2018.1.6  |  最終更新日:2019.5.16



近年、多くの就活生から注目を浴びている「ベンチャー企業」。ベンチャー企業とは、新しい領域のビジネスをしている会社や、ベンチャーキャピタル(VC)から出資を受けている会社などの総称です。


一般的な企業とベンチャー企業とでは、事業内容や目的などが大きく異なります。そのため、ベンチャー企業への就職・転職を狙っているのであれば、ベンチャー企業に特化した対策を立てければなりません。


そこで今回は、過去にベンチャー企業で面接官を務めた、現役10年の就職アドバイザーがリスク0の就活方法を解説します。このページを最後まで読めば、リスク0の状態でベンチャー企業に就職できます。



※ なおベンチャー企業の面接・就職前にお金が必要なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがおすすめです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今スグに10万円のお金を作ることが出来るので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。



最短即日!おすすめカードローンランキング
▼スマホアプリでカンタン出金!

▼初めての方30日間利息無料!

▼最短即日で審査完了!

■しっかりとチェック!ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット


Nick Bramhall


就活対策を立てる前に、まずはベンチャー企業に就職するメリット・デメリットを確認しておきましょう。以下で解説するメリット・デメリットを見比べて、「本当にベンチャー企業を選ぶべきか」について慎重に検討することが大切です。


○ベンチャー企業に就職するメリット


【メリットその1】新卒でも能力が評価される


一般的な中小企業や大企業の場合、能力よりも勤続年数や経験が重視されるケースは少なくありません。たとえ能力が優れていても、経験が少ないという点だけで評価が下がるので、新卒社員の意見は反映されにくいと言えるでしょう。


一方、ベンチャー企業は能力重視の会社が多く、能力さえあればどんどん評価が高まっていきます。もちろん、即戦力として迎え入れられるケースもありますし、スピード昇進を果たした例も珍しくありません。


ベンチャー企業は基本的に一族経営ではないので、能力次第では幹部を狙うことも可能です。


【メリットその2】大きな仕事を任されやすい


ベンチャー企業は社員の数が少ないので、各社員がさまざまな仕事をこなします。これは新人社員も同様であり、入社してからすぐに大きな仕事を任せられることもあります。


それに対して、一般的な企業では研修期間が設けられており、入社から数年は仕事に慣れるために、小さな業務をこなす光景が多く見られます。


つまり、一般的な企業は大きなチャンスが少ないので、能力を評価される機会も少ないでしょう。


【メリットその3】経営者からスキルを学びやすい


一般的な企業に比べると、ベンチャー企業は経営者との距離が近い傾向にあります。新人社員でも経営者と話す機会が多いですし、経営者が働く姿を間近で見ることも可能です。


そのため、ベンチャー企業は経営者からスキルを学びやすい環境と言えるでしょう。


その業種に関する専門的なスキルはもちろん、経営者からは経営学やマーケティングなどを学ぶこともできます。


【メリットその4】アイデアやプロジェクトが実現されやすい


一般的な企業では、新人社員がアイデアやプロジェクトを考案しても、その実現までには長い期間がかかります。


に大企業では、会社内にもさまざまな組織や部署が存在するので、アイデアやプロジェクトの評価に膨大な時間を要することもあります。


一方、ベンチャー企業は意思決定のスピードが速いので、魅力的なアイデアやプロジェクトを考案すれば、短期間で実現へ向けて動き出すでしょう。アイデアなどが採用されれば、もちろん人材としての評価にもつながります。


○ベンチャー企業に就職するデメリット

【デメリットその1】能力がなければ評価されない


ベンチャー企業では即戦力の人材が求められやすいので、能力不足の人材は基本的に評価されません。能力があれば昇進・昇給も狙えますが、そもそも能力がなければ就職の時点でつまずいてしまうでしょう。

また、ベンチャー企業では経験よりも能力が重視されるため、常に能力を発揮し続けることが必要です。


【デメリットその2】倒産リスクが高い


日本では創業の3年以内に、約90%の企業が倒産すると言われています。実はその多くはベンチャー企業であり、経営が5年以上続くベンチャー企業は少ないと言えます。


したがって、長期間安定して働き続けたいのであれば、就職先をより慎重に選ばなくてはなりません。


個々人の能力が高くても、事業の方向性や流行によってはすぐに経営が傾いてしまうので、現時点で問題がないベンチャー企業を見つけても安心しないようにしましょう。


【デメリットその3】教育体制が整っていない


多くのベンチャー企業では、新人社員の教育に割く人員が不足しています。つまり、教育体制の整っていない企業が多いため、会社の教育システムに過度な期待をするべきではないでしょう。


ただし、その代わりにベンチャー企業では各社員・経営者との距離が近いので、意識次第では周りからさまざまなスキル・テクニックを学べます。


メリット

デメリット

・新卒でも能力が評価される

・大きな仕事を任されやすい

・経営者からスキルを学びやすい

・アイデアやプロジェクトが実現されやすい

・能力がなければ評価されない

・倒産リスクが高い

・教育体制が整っていない


■ベンチャー企業への就職を狙う前に!チェックするべき4つのポイント



David Forsman


ベンチャー企業への就職を狙う前には、候補となる会社についてチェックしておくべきポイントがあります。一般的な企業に比べると、ベンチャー企業はどうしてもリスクが高い選択肢となるので、以下でご紹介するポイントはきちんとチェックするようにしましょう。


【ポイントその1】インターンシップができるかどうか


ベンチャー企業への就職を検討している方は、できるだけインターンシップのある就職先を選び、実際に参加するようにしましょう。インターンシップとは、主に学生に対して実施される就業体験のことです。


内容は会社によって異なりますが、多くのベンチャー企業では実際に働くような形で就業体験が実施されます。つまり、仕事内容や職場環境はもちろん、社員として働くスタッフもチェックできるので、外から調査するよりもはるかに多くの情報を収集できます。


特に人間関係は実際に働いてみないと、自分に合うかどうかが分かりません。人間関係は仕事のモチベーションに大きく関わってくる要素なので、可能な限りインターンシップには参加することが大切です。


【ポイントその2】具体的なビジョンは見えているか


ベンチャー企業でどのような仕事をして、どのようなスキルを身につけて、その後はどのような道に進むのかについて、現時点で明確なビジョンは見えていますか?ベンチャー企業は、一般的な企業とは違いキャリアを支えてくれることが少ないので、あなた自身が具体的なビジョンを持っておくことが重要です。


特にそのベンチャー企業を退職した後のことについては、早めに計画を立てておく必要があるでしょう。


【ポイントその3】ほかで通用する知識・スキルを身につけられるか


ベンチャー企業では、新しい領域に関する知識・スキルを身につけられます。しかし、その知識やスキルがほかの会社に通用するとは限りません


前述で解説した通り、ベンチャー企業は倒産リスクがかなり高い傾向にあります。したがって、ほかの会社で通用する知識・スキルを身につけておかないと、将来的に転職先探しで苦労をする可能性があります。


習得できる知識・スキルについては、下調べの段階である程度分かるはずです。事業内容や仕事内容を細かくチェックし、どんな知識・スキルを習得できる会社なのかについて、きちんと把握するようにしましょう。


【ポイントその4】実態がきちんと見える会社かどうか


ベンチャー企業の中には、「ブラック企業」と呼ばれる会社も多く存在します。外から実態があまり見えない会社を選ぶと、ブラック企業を選んでしまう確率が高まるので要注意です。


ベンチャー企業の会社情報については、就職サイトだけではなく転職サイトも活用するようにしましょう。転職サイトの口コミは、実際にその会社に勤めた方の意見が多いので、効率的に情報を収集できます。


○こんな人にはベンチャー企業がぴったり!


ここまでをまとめると、以下に該当する方はベンチャー企業に向いていると言えるでしょう。


①仕事にやりがいを求めている人

②新しい領域にチャレンジしたい人

③長期的な将来計画をきちんと立てている人

④将来的に経営者を目指している人

⑤就職活動前の情報収集に注力できる人


では、次からはいよいよ面接のコツを解説していきます。ベンチャー企業は面接に関しても、一般的な企業とは異なる特徴が見られるので、以下でご紹介するコツをきちんと押さえておきましょう。


※ なおベンチャー企業の面接・就職前にお金が必要なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがおすすめです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今スグに10万円のお金を作ることが出来るので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


■【ベンチャー企業の面接のコツその1】どんな質問をされるのか想定しておく


面接対策としては、一般企業と同様にやはり質問を想定しておくことが大切です。では、ベンチャー企業の面接では、どのような質問をされるケースが多いのでしょうか?


よく見られる主な質問と、模範解答について以下で見ていきましょう。


【質問その1】当社を志望した理由はなんですか?


志望動機は、どのような企業の面接でも尋ねられます。基本的には、熱意が伝わる志望動機であれば問題ありませんが、ベンチャー企業は以下の点で一般企業と異なるので注意が必要です。


・知名度があまり高くない

・規模が大きくない

・出口戦略を考えている経営者もいる


例えば「知名度が低いため、入社しやすいと考えている」ことが伝わると、面接官は「第一志望ではないのでは?」と疑うはずです。


また、すでに出口戦略を考えている経営者もいるので、「安定して仕事がしたい」といった志望動機も望ましくないでしょう。


志望動機を考える際には、ベンチャー企業の強みを見つけておくとスムーズです。例えば「御社の○○に強みを感じ、その部分を学びたいから」「御社の○○のような企業姿勢に興味があり、将来性を感じたから」といったように、どの部分に興味を示したのかが明確に伝わる答えを用意しておきましょう。


【質問その2】急な残業や休日出勤に対応できますか?


ベンチャー企業は少人数で仕事を回す必要があるので、残業や休日出勤が求められるケースは少なくありません。そのため、就職後に「話が違う」といったトラブルにならないよう、労働条件についての質問も投げかけられる可能性が高いと言えます。


このような質問に対しては、「全く問題はありません」と堂々と答えましょう。また、面接官は学生の表情もチェックしているので、戸惑った顔を見せないことも重要なポイントです。


ただし、もし「残業や休日出勤はちょっと…」と感じるのであれば、嘘をつくべきではありません。


面接で嘘をつくと、入社後に評価が大きく下がってしまう恐れがあるので、難しい部分は「○○のような場合は、ある程度調整させて頂けますと幸いです」のように、正直に伝えることも大切です。


【質問その3】部署を超えた業務をこなして頂くこともありますが、対応できますか?


こちらも、少人数で仕事を回すベンチャー企業ならではの質問です。この質問に対しては、「全く問題がありません」と答えるだけでは不十分と言えます。


どのような学生も、ベンチャー企業を志望している以上は「問題ない」と答えるでしょう。面接官もその点は分かっているので、問題がないことを伝えても、大きな信用を得ることはできません。


そのため、「部署を超えた業務とは、具体的にどのようなものかお聞かせ願えますでしょうか?」のように、業務内容を尋ねるようにしましょう。その業務内容を聞いた上で、再度「問題がない」点を伝えれば信用性は高まるはずです。


【質問その4】当社に入社してからの目標を教えてください


ベンチャー企業では、将来に関することが必ず質問されます。前述の通り、明確なビジョンを持っていないとベンチャー企業で働き続けることは難しいので、将来の目標や入社後の目的は事前にしっかりとまとめておきましょう。


では、具体的にどれくらい先のことまで想定すれば良いのでしょうか?この点は受ける企業によって異なりますが、「5年先」をひとつの目安にしてみましょう。


入社してから5年間で、どのような知識・スキルを身につけて、5年後にどのような将来を描いているのかについて、明確に伝えることが重要です。仕事面での目標はもちろん、「○○のような生活がしたい」のように、私生活面での目標も設定しておくことが望ましいです。


この質問に対する答えは、細かければ細かいほど喜ばれる傾向にあるので、具体的な目標・目的を考えておきましょう。


【質問その5】当社でチャレンジしたい事業はありますか?


ベンチャー企業では即戦力の人材が求められるので、チャレンジしたい事業についても事前に考えておきましょう。ここで注意が必要になるのは、どのような事業でもチャレンジできるわけではない点です。


ベンチャー企業は資金が限られているので、チャレンジできる事業にも制限があります。したがって、面接先のベンチャー企業の情報をきちんと収集しておかないと、この質問に対する答えは用意できません。


魅力的な事業を答えても、「その事業は当社では難しいです」と答えられてしまうと意味がないので、実現可能な答えを用意しておきましょう。


ベンチャー企業の面接では、学校やスクールなどで習うマナー講座などはあまり役に立ちません。社会性ももちろん重要ですが、今すぐにでも戦力になる人材が求められるので、その点をしっかりとアピールするべきです。


特に将来のビジョンについては質問されやすいので、数年後の目標は紙などに書きながら細かくまとめておきましょう。



■【ベンチャー企業の面接のコツその2】どんな人物が求められるのかをつかんでおく


一般的な企業と、ベンチャー企業で求められる人材には大きな違いが見られます。どのような人材が求められるのかを理解しておけば、質問に対する答えも用意しやすくなりますし、資格取得などの準備も進められるでしょう。


そこで以下では、ベンチャー企業で求められる人材について、その特徴を簡単にまとめてみました。


「どのような準備・努力が必要になるのか?」を意識しながら読み進めていきましょう。


【求められる人材その1】常に前向きな人


資金が少なく規模も小さいベンチャー企業では、工夫をしながら事業を進める必要があります。一見難しいと思われがちなビジネスプランでも、コストカットや仕組み化をできる限り工夫して、何とか実現に至ったケースは珍しくありません。


そのため、ベンチャー企業では常に前向きな人が求められます。例えば、実現が難しいビジネスプランを提案された場合には、下記の①よりも②の回答のほうが、高い評価を受けられるでしょう。


「それは難しいと思います。当社には○○がありませんし、ライバルの存在が大きいので、失敗する可能性が高いでしょう。」


「○○という問題さえクリアすれば、実現できるかもしれません。問題を解決する手段としては、△△や□□が考えられます。」


実現できる可能性が低い場合に、その時点で思考停止してしまうような方は評価されません。ベンチャー企業では可能性が低くても、実現に向けて積極的に動き出す人材が求められるのです。


面接試験においても、無理な質問をされることは十分に想定されるので、常に前向きな姿勢を崩さないようにしましょう。


【求められる人材その2】チームワークを重視する人


従業員数が少ないベンチャー企業では、特にチームワークが重視されます。どのような業務でも、基本的にはチームを組んで会社全体で取り組むことになるので、上手にコミュニケーションを図れない人材は評価されません。


したがって、ベンチャー企業では優秀な人材としてだけではなく、人間としても各スタッフに好かれる必要があります。そのため、前述の通りインターンシップへの参加が重要であり、インターンシップの時点で好印象を与えられれば、採用される可能性はぐっと高まります。


【求められる人材その3】好奇心旺盛な人


ベンチャー企業ではさまざまな業務を任されるので、どんな業務にも興味を持つ人材が求められます。好奇心旺盛な人は仕事へのモチベーションが高いですし、職場の雰囲気を明るくする効果も期待できるので、ベンチャー企業から高く評価されやすいでしょう。


また、既存の存在に興味を示すだけではなく、ベンチャー企業では「新しいもの」に興味を示すことも重要です。新しい領域にチャレンジしているベンチャー企業は、時代に乗り遅れると売上が大きく落ちる恐れがあるので、最新の技術や流行は常にチェックしておく姿勢が必要です。


【求められる人材その4】事業に関する武器を持っている人


ベンチャー企業では、さまざまな業務をある程度こなせる人材よりも、専門的な武器を1つ持った人材が好まれる傾向にあります。資金的に採用できる人数には限りがありますし、そのような状況で専門性の高い人材を見つけることは難しいためです。


ただし、そのベンチャー企業が進めている事業に関連のある武器でないと、高く評価されることはありません。希望する就職先が見つかった方は、その企業の事業内容を細かくチェックして、「どんな資格があれば役立つか?」「どんな経験が求められるのか?」を考えてみましょう。


※ なおベンチャー企業の面接・就職前にお金が必要なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがおすすめです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今スグに10万円のお金を作ることが出来るので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。



■【ベンチャー企業の面接のコツその3】自己分析を入念にしておく


自己分析は、一般的な企業を目指す場合であっても必要になるものです。そのため、「ある程度は自己分析をした」という学生は多いことでしょう。


しかし、ベンチャー企業では貴重性・唯一性のある人材が求められるので、自己分析はより入念にしておくべきです。では、具体的にどのようなポイントを自己分析する必要があるのでしょうか?


特に重要なポイントについて、以下で解説をしていきましょう。


【自己分析のポイントその1】現時点での強み


前述でも解説しましたが、現時点での強みはきちんと把握しておくべきです。ここで注意が必要になるのは、資格を持っているからと言ってそれが強みになるわけではありません


資格はもちろん評価されるものですが、ベンチャー企業によって評価する資格は異なります。また、基本的に資格は知識を証明するものなので、仕事ができる証明にはならないでしょう。


したがって、自己分析では知識はもちろん、「自分にどんな経験があるのか?」を分析することが重要です。どんな経験をしてきており、その経験が業務にどう活きるのかを説明できれば、能力主義のベンチャー企業では高く評価されるはずです。


【自己分析のポイントその2】伸びしろや可能性


就活生の多くは実務を経験していないので、完璧な人材でないことはベンチャー企業も把握しています。そのため、今後の「伸びしろや可能性」も、ベンチャー企業の面接試験では重視される傾向にあります。


自分の伸びしろや可能性を見つけるには、現時点で不足している力を見極めることが必要です。今の自分に何が不足しており、その力を身につけたらどんな人材になるのかについて、具体的に説明できるようにしておきましょう。


ただし、不足している力をすでに周りの学生が身につけている場合は、「努力不足」とみなされる恐れがあるので注意が必要です。


【自己分析のポイントその3】弱点を克服する力


どんな人間にも弱点はあります。これから就活をする学生にはもちろん、成功を収めた経営者にも何かしらの弱点はあるでしょう。


ただし、その弱点に対して「克服が難しいから」のように諦めるべきではありません。従業員が少ないベンチャー企業では、苦手な業務も積極的にこなす必要があるためです。


したがって、弱点が見つかったらそれを克服する方法を考えてみましょう。適した方法を見つければ、「弱点を克服する力」があることを面接でアピールできます。


■【ベンチャー企業の面接のコツその4】外見も意識する



Harry Victor


ベンチャー企業は一般企業とは違い、私服で面接を受けられる会社も存在します。特に30代以下など経営者が若い場合は、私服面接となっているケースが多いでしょう。


しかし、私服面接であったとしても、やはり外見を意識することは重要です。一般企業に比べてマナーは重視されませんが、それでも一般常識は基本的に求められるので、好印象を与えられる服装を意識しましょう。


服装の選び方については、以下のポイントを押さえれば問題はありません。


①カジュアルな雰囲気にする

②短パンは避ける

③派手な色は避ける

④清潔感を心がける


なお、業務内容に営業が含まれるベンチャー企業の場合は、服装も採用基準に含まれる可能性があります。営業以外の仕事でも、最低限の身なりは必要になるので、私服面接だからと言って外見を軽視しないようにしましょう。


■【ベンチャー企業の面接のコツその5】企業ビジョンを入念に調べておく


企業ビジョンとは、会社が将来的に目指している道筋のことです。この企業ビジョンと、あなたの目標・目的が一致していない場合には、優れた人材であっても面接で落とされてしまう恐れがあります。


ベンチャー企業は従業員が少ないので、社内の至るところに経営者のビジョンが反映されます。事業内容はもちろん、社内の雰囲気やスタッフの目標にも、企業ビジョンは現れているでしょう。


したがって、ベンチャー企業の企業ビジョンは入念に調べておくべきです。企業ビジョンの主な調べ方としては、以下が挙げられます。


①企業のホームページをチェックする

②経営者のブログをチェックする

③企業や経営者のSNSをチェックする


近年では、TwitterなどのSNSを活用する企業も多く見られるようになりました。SNSからは、経営者が普段何を考えているのか、現時点で何を目標にしているのかなどを読み取れるので、SNSは積極的にチェックするべきです。


○「企業ビジョンに共感できますか」と聞かれたら?


ベンチャー企業の面接試験では、「当社の企業ビジョンに共感できますか?」と尋ねられるケースも多く見られます。この質問に対しては、ただ単に「共感できる」と答えるだけでは不十分でしょう


面接官からの評価を高めるには、以下の点を意識して答えを用意しておく必要があります。


・どの部分に共感したのか

・ホームページやSNSなど、どこに書かれているビジョンに共感したのか


ちなみにですが、「どのようなビジョンにも対応する自信があります」のような答えはNGです。一見すると問題がないように見えますが、この答えを聞いた面接官は、「どの企業でも同じように答えているのでは?」と感じるでしょう。


■【ベンチャー企業の面接のコツその6】分からない業務の解決法を考えておく


ベンチャー企業の多くは、大企業のように教育体制が整っていません。そのため、新人社員は積極的に仕事を覚える必要がありますし、もし分からない仕事を任された場合も、自分自身で解決をする必要があるでしょう。


そのため、分からない業務の解決法はあらかじめ考えておくべきです。もちろん、面接試験で「分からないことがあったら、どのように解決しますか?」と尋ねられる可能性は十分にあります。


では、分からない業務の解決法には、具体的にどのような方法があるのでしょうか?以下でいくつかご紹介していきましょう。


【方法その1】先輩社員に聞く

【方法その2】インターネットなどを使って、自分1人で調べる

【方法その3】勤務外の時間も使って、分かるようになるまで勉強をする


先輩社員などに聞く場合は、「どこが分からないのか」を明確にすることが重要です。ただ単に分からないと伝えるだけでは、相手も何を教えるべきなのか迷ってしまいます。


できる部分までは自分の力のみで取り組み、どこでつまずいたのかを明確に伝える必要があるでしょう。


また、勤務外の時間で勉強をする場合は、理解までかかる時間に注意をする必要があります。多くの時間を費やすと、その仕事が間に合わなくなるかもしれません。


したがって、すぐに解決できなさそうな問題に直面した時は、解決までのスケジュールを立てることも忘れないようにしましょう。


中には、分からない状態のまま業務を進める方も見られますが、この進め方は危険です。もしその進め方が間違っていた場合、膨大な時間や労力を無駄にしてしまう恐れがあるためです。


ベンチャー企業に限らず、問題解決能力はさまざまな企業で求められます。面接試験で急に問題を投げかけられることもあるので、普段から色々な問題に興味を持ち、問題解決能力を養う努力をするようにしましょう。



※ なおベンチャー企業の面接・就職前にお金が必要なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがおすすめです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今スグに10万円のお金を作ることが出来るので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。



■まとめ


いかがでしたでしょうか?


ベンチャー企業には一般企業には見られない特徴があり、面接試験のポイントも大きく異なります。そのため、ベンチャー企業を就職先として考えている場合は、ベンチャーに特化した対策を立てなければなりません。


今回ご紹介した内容を参考に、面接対策を万全にしておきましょう。





■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,079
投資家の登録数
No.1
4,159
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者8名 投資家1
昨日の投稿数
経営者8件 投資家0
先月のマッチング数
46
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる