【保存版】学生起業家にオススメする資金調達の方法8選!あなたも1,000万円調達できる!

登録日:2018.12.14  |  最終更新日:2019.5.13



学生のうちに事業を始め、「卒業する頃には軌道に乗せたい!」と考えている方はいませんか?そのような方は、まずは起業に必要な資金計画から考えてみましょう。

始めたい事業にかかる起業資金の目安と手持ちの自己資金を比較し、これから確保するべき金額を確かめます。それが「必要な資金」となるので、調達するための手段を模索して早期に起業を実現したいもの。

そこで今回は、学生起業家が事業を立ち上げる際の資金調達方法についてご紹介します。「起業したいけれど、お金が足りないから」とあきらめず、あらゆる手段のなかから最適なものを見つけましょう。

この記事を最後までチェックすれば、資金不足で悩んでいた方でも起業への道が100%広がります。


 なお、「学生の内から起業がしたい」「1日でも早く30万円の起業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも30万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、学生の間に起業をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


■【学生起業家にオススメな資金調達方法その1】アルバイトで地道に貯金

アルバイトなどをしてコツコツお金を貯めるのは、もっとも基本的な資金確保の方法です。自分の得意分野を生かして働くことができれば、お金を増やすために新しく身につける知識もそれほど必要ないでしょう。

とはいっても、学生である以上学業とアルバイトとの両立が必須です。そのため、働ける時間や期間も限られますから貯められる金額にも上限があるでしょう。学生のうちに自己資金を貯めて起業する場合、金額の都合で選べる業種にも制約が出ます。

しかし、オフィスを借りずに済む在宅ワークや、PC1台あればできる個人事業などからビジネスを始めるのであれば、この方法でも起業に必要なお金はある程度貯められるでしょう。


調達金額の目安
20万円~100万円
メリット

・誰でも挑戦できる

・お金の増やし方に関する知識や勉強が不要

・職場を選べば、ビジネスに必要なスキルを習得できる

デメリット

・学業との両立をつねに考える必要がある

・学生のうちに貯められる金額には上限がある

・すぐには貯まらないうえに、起業準備の時間が確保しにくい

スピード
★☆☆☆☆


「自己資金ゼロから始められる」とよくいわれているような業種を選択した場合にも、念のため最低でも20万円程度の自己資金は準備しておいたほうが安心です。

短期的に稼ぎやすいアルバイト集
テレアポ・コールセンター
引越し業者
Bar・高級飲食店

ベンチャー企業のインターン

アルバイトでお金を得て起業するよりかは、お金がかからないビジネスを初めて結果を出しながら、継続的に投資家から投資を受けることが最良の方法です。

貴重な学生期間をアルバイトだけで終わらないように計画的に行動するようにしましょう。

■【学生起業家にオススメな資金調達方法その2】家族や知人に借りる・譲り受ける

経済的に余裕のある家族や知り合いに、資金を借りたり譲り受けたりする方法もあります。ただしこの方法が選択できるのは、家族や知り合いがあなたの企業を好意的に見てくれて、応援の意思がある場合のみです。

また、借りる時点では自身が手を煩わすことは何もなくラクですが、借りた場合はあとあと必ず返済する必要が出てきます。返済する段階になってトラブルを招かないよう契約書などを作成しておき、身内・知人とはいえ誠意を持った対応をすることが大切です。

なお、資金を譲り受けた場合はそれが家族や親戚の方からであっても、金額によっては贈与税の対象となることがあります。税制面で手続きすべきことの有無も確かめ、確保できた資金をできるだけ有効に使うことができるよう、しかるべき配慮が必要になるでしょう。


(出典:贈与税は払った方が得!税率は相続税より断然低いんです!)


調達金額の目安
ご家族・お知り合いの意向次第
メリット

・利子や返済での融通が利きやすい

・家族や親戚に継続的に事業を支援してもらえる可能性がある

・必要な手続きなどが少なく、資金確保までがラク

デメリット

・調達できる金額が貸主の経済力に左右される

・年間110万円以上譲り受けた場合、贈与税の対象になる

・返済トラブルなどに発展しないよう、注意が必要

スピード
★★★★★


時間的に余裕のある場合は、数年に分けて資金を譲り受けることで、贈与税の発生を回避することも可能です。手軽な方法ではありますが、節税のことも考えてきちんと計画を立てるようにしましょう。

家族・知人にお金を借りる際は人間関係が解消される可能性があります。

家族ならまだしも、友人、知人の中にはお金を貸して欲しいとお願いされるだけで、関係性を切りたいと思う方もいます。

■【学生起業家にオススメな資金調達方法その3】クラウドファンディングで寄付を募る

クラウドファンディングで寄付を募る方法も、学生起業における資金調達の手段として一般化してきました。クラウドファンディングとは、インターネットを通して事業のPRを図り、その主旨に共感してくれた多くの個人から少額の寄付を集める方法です。


(出典:クラウドファンディングとは|A-port 朝日新聞社)


アピールの仕方次第ではあっという間に高額の資金を集められる場合もありますが、数多くの支援者を得るには高いプレゼン能力が必要になります。多くのケースでは希望する金額を得るまでに時間がかかり、場合によっては目標金額に届かず失敗に終わることも。

また、目標の金額を集められた場合も、その資金が手元に届くまでには一定の期間を要します。「瞬く間に寄付金が集まる」というイメージを持つ方も多いのですが、意外に計画性が大切でコツコツ地道に取り組む必要がある方法なのです。

また、期間中に目標金額に満たず、クラウドファンディングが不成立となった場合は出資者へ資金を全額返金することになり、せっかくのプレゼンが何も生まない可能性もあり得ます。


調達金額の目安
自由に設定できる
メリット

・インターネットさえ使えれば、資格や知識などは不要

・一般層へ向け、事業自体の認知度を高めることができる

・寄付金なので返済義務などがない

デメリット

・資金を実際に得るまでには期間が必要

・何らかのリターン(返礼)を用意する場合、そのコストがかかる

・専用サービスの利用には手数料がかかる

スピード
★★☆☆☆


クラウドファンディングの仕組みは、利用するサービスによって大きく異なります。目標金額に届かなくても、集まった資金が入金されるサービスも存在するので、各サービスをきちんと比較するようにしましょう。クラウドファンディングの利用を考えている方はこちらの記事を参考にしてください。

【保存版】クラウドファンディング成功のための10のコツ!絶対に目標金額を集めるやり方とは?

実際に学生がクラウドファンディングをしている事例はこちらのサイトで確認することができます。

「学生のチャレンジ」に関するプロジェクト - クラウドファンディング

■【学生起業家にオススメな資金調達方法その4】補助金制度、助成金制度の活用

国や自治体、公的機関が設けている補助金・助成金制度を活用する方法もあります。補助金や助成金は融資制度とは異なり、返済義務がない点が大きなメリット。

一方で、補助や助成を受けるためには一定の条件があり、実際に資金を確保することは簡単ではありません。申請しても承認が下りず、補助や助成を受けられないということも珍しくないため、他の資金調達方法も検討しながら同時進行で計画を進めることが現実的です。

また、申請の手続きは非常に煩雑なため、申請のために事務作業の時間をかなり長めに割く必要も出てきます。


調達金額の目安
~200万円
メリット

・返済の義務がない

・種類によっては確保できる金額が大きめ

・補助や助成を受けることで地域や行政からの信頼度が上がる

デメリット

・助成金を受けるには事業所の環境整備が必要

・手続きが煩雑で条件も厳しく、受給できない場合もある

・並行して他の方法で自己資金調達を考えることも必要

スピード
★★★☆☆


補助金・助成金制度にも、国や自治体が実施しているもの、企業が実施しているものなど様々な制度があるので、しっかりと情報収集を行った上で検討するようにしましょう。

起業時に利用したい!融資や助成金、補助金など絶対に知っておきたい制度全一覧

300万円の開業資金を助成金で受ける5つのコツ!5種の補助金を受ける5つの手順

補助金・助成金を100%受ける5つのコツ!あなたも300万円をゲットできる


 なお、「学生の内から起業がしたい」「1日でも早く30万円の起業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも30万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、学生の間に起業をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


■【学生起業家にオススメな資金調達方法その5】投資家から投資を受ける

エンジェル投資家と呼ばれる、新しい企業を支援する投資家などから投資を受けて起業する方法もあります。最近ではエンジェル投資家と接点を作れるウェブサイトも見られるので、エンジェル投資家から出資を受けるハードルは徐々に下がりつつあると言えるでしょう。



(出典:エンジェル投資家とは?個人投資家から出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット(2018年更新)| 資金調達プロ)


また、エンジェル投資家からはお金の支援だけではなく、ビジネスに関するさまざまなサポートを受けられる可能性があります。ただし、出資者に事業に関する説明をしっかり行えることが必要ですし、出資を受ける以上は責任を持って事業を継続的に発展させていく取り組みが必須です。

SNS(ツイッター,Facebook)などでエンジェル投資家を探すときは「詐欺師」ではないか?ということを必ず疑いましょう。2019年現在、投資家を偽った方がSNSにも増えています。先にお金を要求される場合は第三者の誰かに必ず相談をして、自分だけで決断をしないことをおすすめします。

調達金額の目安
数百万円~数億円
メリット

・事業の期待度次第で高額な投資を受けることが期待できる

・投資のほか、ビジネスに関するコンサルティングなどを受けられる

・事業を早期に軌道に乗せられる可能性が高くなる

デメリット

・出資者に事業について詳細に説明したうえで理解を得ることが必要

・個人事業など小規模事業でこの手段をとることは現実的でない

・サービスが増えたとは言え、ややハードルが高い

スピード
★★★☆☆

学生が投資家から資金調達をする方法一覧

○ 当サイトファウンダーを利用する

ファウンダーには毎日のように投資家の登録が行われています。起業家は年齢関係なく学生でも資金調達できる可能性があります。投資家を探して投資を受ける方法は100%うまくいくわけではありませんが、上手くいけば金融機関では借りられない金額の投資を受けることも可能です。

ファウンダーを使えば事業計画をサイト内で投資家にアピールすることができます。まずは無料登録をしてご利用ください。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

○ SNSで投資家・社長に直接連絡を取る

投資家にアプローチをするならSNSでアプローチすることも1つの方法です。しかし、信用できる人かどうか?を見極めることが難しく、詐欺被害に遭う危険性があるので注意が必要です。出来るだけ会社名、投資家の本名、何をしている人か明確にわかる人だけにアプローチすることがおすすめです。

SNSで連絡を取る際は「事業計画書」を作った上でアプローチをするようにしましょう。投資家の方は常に短いタイムスケジュールで動いているので、事業計画が無い状態でDMを送っても相手にしてくれることはないでしょう。

○ ベンチャー企業でインターンをする

ベンチャー企業でインターンをすれば、社長との距離が近く働くことができます。社内で目に見える結果を出せば、起業資金を投資してくれる可能性があります。東京には勢いのあるベンチャー企業が多いので、インターンを活用して人脈を広げることもおすすめです。就職で入社試験を受けるのではなく、インターンは受かりやすいと言えるでしょう。

大学在学中にインターンで働くことは学生が資金調達、ビジネスを学ぶためにメリットが多い働き方です。

○ ビジネスコンテストで投資家からアプローチを受ける

有名なビジネスコンテストを調べてエントリーをすることもおすすめです。優秀な起業家、学生を探している投資家の方が多いので、ビジネスコンテストで知名度が上がれば必然的に資金調達できる可能性が高くなります。全く着手していないビジネスよりも、既にビジネスを進めておくことがポイントです。

成功できるイメージを持ってもらうためには、実績・データの裏付けがある方が良いでしょう。

○ 結果を出してSNSで発信する

ビジネスを始めており、結果を出している状態を作ることができれば資金調達できる可能性が上がります。これは投資家だけではなく、金融機関も含めて同じことが言えるでしょう。利益を出ている状態まで作ることができていれば、実績をSNS、WEBサイトで告知すれば資金調達できることがあります。


エンジェル投資家からサポートを受けるには、自身のビジネスプランをきちんと伝えることが重要です。そのため、接点を作れるマッチングサービスを探すだけではなく、事業の魅力を伝える準備もしっかりと進めておきましょう。

また、エンジェル投資家を探したい場合には、当サイト「Founder」の利用がおすすめです。Founderは投資家登録数No.1のサイトであるため、手っ取り早くエンジェル投資家を見つけられる可能性があるでしょう。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
16,150
投資家の登録数
No.1
3,061
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ


■【学生起業家にオススメな資金調達方法その6】金融機関から融資を受ける

起業家向けに、低金利で融資をおこなっている金融機関は多くあります。

もちろん学生が起業する場合にも、融資を受けて事業資金を調達するという方法は1つの手です。学生の場合は公的金融機関である「日本政策金融公庫」か、お住まいの自治体(市町村)の融資制度を利用する方法がもっとも現実的でしょう。

民間金融機関である都市銀行・地方銀行や、信用金庫などからも事業資金の融資を受けられるローン商品は出回っています。ただし、融資に関する条件や審査は厳しくなるので、学生が起業する際にこれらの融資の審査を通すことはかなり難しいと考えられます。


調達金額の目安
~3,000万円
メリット

・自己資金が少なくても融資を受けやすい

・起業家向けの低金利融資がそろっている

・無担保、保証人なしで融資を受けられるものもある

デメリット

・返済義務がある

・民間金融機関からの融資は学生にはハードルが高め

・申請から融資まで1か月ほどかかるため、計画性が求められる

スピード
★★☆☆☆


金融機関にも、政府系金融機関や一般的な銀行、ノンバンクなどが存在します。金融機関ごとに融資の特徴は大きく異なるので、必要な資金・タイミングを計画した上で、最適な選択肢を選ぶようにしましょう。

一般的に金融機関からお金を借りる場合は自己資金が3分の1以上所有しているかが1つの審査ポイントになります。つまり100万円の借入をするなら30万円、300万円を借入するなら100万円の資金を持っている必要があります。また継続的な収入があるかどうかも審査ポイントなので、学生起業家にはあまり向いていない資金調達方法です。

優秀な学生が成功している事例が多いのは、投資家からお金を投資してもらう方法です。

■【学生起業家にオススメな資金調達方法その7】コンテストに応募し、賞金を獲得する

全国各地で、企業のアイデアを募る「ビジネスコンテスト」が開催されています。大学生を対象としたコンテストも数多くあり、それらのなかには多くの起業家を輩出している実績があるものも。

コンテストで上位に入選すれば賞金を獲得できるため、それを起業の資金とすることができます。もちろん入選しなくても、今後のビジネスにプラスとなる大きな経験となることには間違いないでしょう。

やりがいと実益を両立できる点が、コンテスト参加の醍醐味です。


調達金額の目安
~100万円
メリット

・アイデアを出せば入賞し、賞金を得られるかもしれない

・審査員からアイデアに関してフィードバックを受けられる

・多くの起業家候補と交流でき、入賞できなくても経験を積める

デメリット

・賞金を得る難易度が高い

・コンテスト自体の進行には数か月ほどかかるため、スピーディさには欠ける

スピード
★☆☆☆☆


賞金のほか、人脈の形成や設備投資に役立つビジネスコンテストも見られるので、ぜひ全国のイベント情報をチェックしてみましょう。

ビジネスコンテストに出てくるビジネスのアイディアをあなたが考えているビジネスと組み合わせてみましょう。どのビジネスにも共通点があるので、良い点、悪い点を見極めて、自分のビジネスに活かすことがおすすめです。良いビジネスアイディア、事業計画書が作れるようになると、より資金調達できる可能性が上がるでしょう。

【最新】ビジネスコンテスト33選!学生~社会人起業家まで参加できる一覧まとめ

ビジネスコンテスト優勝作品まとめ!勝てるビジネスプランの作り方6つの秘訣とは?

■【学生起業家にオススメな資金調達方法その8】資金調達不要な事業を選択する

ここまでご紹介した方法での資金調達が難しい場合は、資金調達をする必要がない事業を選ぶ方法もあります。あるいは、さしあたり今ある自己資金だけでも起業できる仕事にしておくことも手でしょう。

例えば、限られた曜日だけテナントを借りて小さなお店を開くことや、PCがあれば在宅でも1人でできるライティングやプログラミング、Web制作などの仕事を始めることも立派な起業です。まずは社会人でいう「副業」のような感覚で、学校で学びながらでも続けられるスモールビジネスを立ち上げてみましょう。

コツコツ続けていけば次第に安定した収入を得られるようになり、融資や助成金などに頼らなくても事業を継続していけるかもしれません。


ただ、この方法で気をつけたいのは、返済義務も出資元への責任もないため、事業に対するモチベーションを持続させにくい点です。「飽きたからやめよう」と思っても、ご自身を含めて誰も責めてくれる人がいないので、つい安易に考えがちになるということです。

しかしそうはいっても、事業を突然投げ出せば顧客や取引先を確実に困らせることになって、ご自身が苦労することは確実です。

資金調達なしで起業することは、ある意味ビジネスに責任を感じさせてくれる心のよりどころがない状態ともいえます。自己資金だけで起業する場合は特に、それなりの責任感や我慢強さが必要となってくることを強めに意識しましょう。


調達金額の目安
0円
メリット

・自己資金を増やす方法を考えなくてよい

・もちろん返済の義務もない

・手続きなども不要で、今すぐに事業を始められる

デメリット

・ビジネスの規模は必然的に小さくなる

・社会的信用はビジネス実績を上げないと向上させられない

・モチベーションが持続しなければ事業フェードアウトの可能性も

スピード
★★★★★


また、自己資金だけで起業した場合は事前にパイプが作れないため、ゼロから人脈や信用を築いていかなければなりません。実績を上げるにはコツコツ継続的にビジネスを実行していく必要があるので、地道な努力を惜しまず続けましょう。

【最新2019年】起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

【脱サラしたい人必見!】独立開業・起業するのにおすすめ仕事11選!

 なお、「学生の内から起業がしたい」「1日でも早く30万円の起業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも30万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、学生の間に起業をしたい方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


■資金調達は早めに準備にとりかかろう!

いかがでしたでしょうか?

学生起業とは言え、今回ご紹介したように資金調達には様々な手段があります。しかし、中には融資実行までに1ヶ月以上要する手段もあるので、早めに準備にとりかかる必要があるでしょう。

特に、銀行融資のように審査が実施されるもの、ビジネスコンテストのようにビジネスプランを練る必要があるものについては、遅くても数ヶ月前から準備にとりかかることをおすすめします。

なお、資金調達の幅をさらに広げたい方は、以下のページも合わせてチェックしておきましょう。


【最新2019】資金集め100%成功ガイド!ネットで資金調達が出来る全サイトまとめ|Founder

【プロが伝授】今すぐに資金調達できる裏技6選!50万円を即日にお金を作る方法を一挙公開!|Founder

【2019年最新版】個人で資金調達が100%成功する6つの方法と審査ポイントとは|Founder

スタートアップで知っておきたい11の資金調達方法|Founder

返金義務がない!ベンチャーキャピタルから資金調達!メリット・デメリット・手続き総まとめ|Founder

個人事業主が融資を受ける6つのポイント!7つの資金調達を実践すれば、資金繰りを100%改善できる|Founder


また、起業資金に加えて、経営面でのアドバイスも求めている方は、当サイト「Founder」を利用してみませんか?

Founderには数多くのエンジェル投資家が登録をしているため、様々なサポートを受けられる可能性があります。あなたもビジネスプランを掲載しておけば、エンジェル投資家の目にとまる可能性があるでしょう。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
16,150
投資家の登録数
No.1
3,061
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者9名 投資家2
昨日の投稿数
経営者5件 投資家2
先月のマッチング数
145
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる