【知っておきたい】ファクタリングの注意点とは?おすすめのファクタリング業者7社+α

登録日:2018.12.14  |  最終更新日:2019.10.22




ファクタリングとは、企業が抱える売掛債権を専門業者へ売却し、現金化する資金調達方法です。

借入ではないため保証人や担保を必要とせず、信用情報にも影響しません。即日入金が可能なケースもあるので、すぐに手元に現金を用意したい方はぜひ利用してみることをおすすめします。

そこでこの記事では、数あるファクタリング業者の中から特におすすめの10社をご紹介。ファクタリングを利用する際の注意点もまとめているので、資金調達に関する知識が100%広がります。

 


■ファクタリングの意味とは?わかりやすく徹底解説

(図解挿入)

ファクタリングは、企業が持っている未回収の売上債権を、第三者(ファクタリング業者)へ売却するサービスです。


本来であれば数ヶ月先に支払われるような売掛金をすぐに現金化でき、企業の資金繰りを補助する役割を持っています。



例えば商品を購入したA社が販売者であるB社に対し、2か月後に300万円の代金を支払うという約束をしました。


ところがB社は1ヶ月後に200万円が必要なので、2ヶ月後の入金では間に合いません。


そこで、B社が持っている売上債権300万円を、ファクタリング業者に買い取ってもらうのです。


ファクタリング業者からは早ければ即日で現金を受け取れるため、B社は1ヶ月後の200万円の支払いを間に合わせられます。



融資のように保証人や担保を必要としないため、すぐに現金を用意したい企業にうってつけの仕組みと言えるでしょう。

■ファクタリングの仕組みと手数料を徹底解説

ファクタリングには大きく分けて、2種類の仕組みが存在します。


  • 即金性と秘匿性が高い『2社間ファクタリング』

  • 低い手数料で現金化が可能な『3社間ファクタリング』


それぞれ取引の方法や手数料が違うため、効率のよい取引をするには、2つのファクタリングを使い分けることが重要です。


そこで本項では、ファクタリングの仕組みと手数料について。徹底的に解説します。


即金性と秘匿性が高い『2社間ファクタリング』

(図解挿入)

2社間ファクタリングは、債権者とファクタリング業者の2社間で取引を行う手法です。


ファクタリングの流れは以下の通りです。


  1. A社がB社に商品を販売し、売掛債権を得る。

  2. A社がファクタリング業者に、売掛債権を売却。

  3. ファクタリング業者からA社にお金が振り込まれる。(※手数料が引かれる)

  4. B社は通常通り、A社にお金を支払う。

  5. A社は受け取ったお金を、ファクタリング業者に支払う。


A社はB社にファクタリングの事実を隠したまま、売掛債権を現金化できます。


  • B社に通知する必要が無い

  • A社とファクタリング業者だけで取引が成立するため、即金性が高い。(即日~1週間程度)


というメリットが挙げられるため、取引先に気づかれずに現金が欲しい場合にオススメです。


ただし2社間ファクタリングは手数料が約15~20%と、3社間ファクタリングよりも高いです。
(3社間ファクタリングの手数料は1~5%)


取引先の関係性を円滑に進めたい、とにかく早く現金が欲しいという場合に使うとよいでしょう。


低い手数料で現金化が可能な『3社間ファクタリング』

(図解挿入)

3社間ファクタリングは、債権者・売掛先企業・ファクタリング業者の3社で契約を結ぶ手法です。


  1. A社がB社に商品を販売し、売掛債権を得る。

  2. A社とファクタリング業者が契約を結ぶ

  3. A社とB社がファクタリング契約を結ぶ

  4. A社・B社・ファクタリング業者間で、売掛金の確認を行う。

  5. ファクタリング業者からA社へお金が振り込まれる(※手数料が引かれる)

  6. B社からファクタリング業者へ、売掛金が支払われる


2社間ファクタリングに比べると手続きが多いですが、その分1~5%と低い手数料で売掛金を現金化できます。


なぜ手数料が安いかというと、ファクタリング業者は売掛先企業に直接代金を請求できるからです。


売掛先の信用情報をチェックしてから契約ができるなど、ファクタリング業者側にもメリットがあります。


また3社間ファクタリングでは、売掛金回収業務をファクタリング業者に一任できるため、売掛金を管理する手間も必要ありません。


3社間で契約を結ぶため手間がかかり、入金までの期間も長め(半月~1ヶ月程度)ですが、低い手数料で確実に現金を入手できる点が魅力の取引方法です。


■ファクタリングの種類を徹底解説


ファクタリングには大きく分けて、4種類のタイプが存在します。


  • 資金調達を目的とした『一括ファクタリング』

  • 売掛金の保証を目的とした『保証ファクタリング』

  • 医療機関のみ利用できる『診療報酬ファクタリング』

  • 貿易取引のリスクを減らす『国際ファクタリング』


それぞれ詳しく解説します。



資金調達を目的とした『一括ファクタリング』

買取ファクタリングは資金調達を目的として行われるもので、売掛債権をファクタリング業者に売却するシステムです。


売掛債権から手数料を差し引いた形で現金化ができるため、すぐにお金が必要な場合に重宝します。


また、銀行での融資のように、担保や保証人が必要とされません。


そして、審査は売掛先の企業で行われるため、信用力の無い中小企業でも比較的審査に通りやすく、消費者金融よりも資金調達の難易度が低いです。

売掛金の保証を目的とした『保証ファクタリング』

保証ファクタリングは資金調達を目的とせず、売掛金の貸し倒れリスクをファクタリング業者に保証してもらう目的で利用されます。


保証ファクタリングを利用しておけば、売掛先が倒産してもファクタリング会社からお金が支払われるため、信用情報がよくない業者とも安心して取引が可能です。


売掛金に対して保険をかけられる仕組みと考えるといいでしょう。


もちろん売掛先の審査が必要になるので、必ずしも保証をかけられるわけではありません。


医療機関のみ利用できる『診療報酬ファクタリング』

診療報酬ファクタリングは、医療機関が国保や社保から受け取る予定の債権をファクタリング業者に売却するサービスです。

(医療ファクタリング・医療報酬ファクタリングとも呼ばれます)


医療機関専門のファクタリングであり、国が肩代わりしている診察料を代行して支払うという点以外は、一括ファクタリングと変わりません。


取引先が国であるため倒産の心配がなく、信用力を疑われないため、比較的審査が通りやすいです。


診療報酬のほかに、介護報酬や調剤報酬も、こちらのファクタリングに含まれます。

貿易取引のリスクを減らす『国際ファクタリング』

国際ファクタリングは、輸出債権をファクタリング業者に売却するサービスです。


国際貿易にはリスク回避のために信用状(L/C)が用いられていましたが、近年では取引の迅速化や業務負担軽減のために、L/Cを用いないケースが増えています。


ただしL/Cが無いと売上債権の保証ができません。

国内ならまだしも、言語や商売方法が違う異国間の取引だと、実際にお金が回収できるかどうか不安です。


そこでL/Cの代わりに国際ファクタリングを利用して、債権を確実に回収するという手法が用いられています。


手数料を支払って債権を確実に回収するという点では、保証ファクタリングと変わりません。


L/Cと違って銀行を介さないため、L/C開設のための厳格な審査を避けられるというメリットも存在します。


■【比較】ファクタリング会社の正しい選び方


ファクタリング業者は数多く存在するため、どこに依頼すればいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。


そこで本項では、ファクタリング会社の正しい選び方について、5つのポイントを紹介します。


  • 取り扱いのあるファクタリングの種類

  • 売掛金の最小・最大金額

  • ファクタリング手数料の率

  • 入金のスピード

  • 償還請求権の有無


それぞれ詳しく確認していきましょう。

取り扱いのあるファクタリングの種類

ファクタリングには様々な種類があるため、業者がどのファクタリングを取り扱っているかチェックしましょう。


特に、資金調達を目的とした「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の有無は確認しておいてください。


2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、かかる手数料や取引先への通知の有無など、仕組みが大きく変わります。


どちらもやっている場合もあれば、2社間しか取り扱っていない場合もあるため、自分に合ったファクタリングが使えるかどうか事前に調べておきましょう。

ファクタリングの売掛金の最小・最大金額

ファクタリング業者によって、買取できる売上債権の金額は変わるため、最小金額と最大金額をチェックしておきましょう。


  • 最小数十万円から取引可能

  • 最大1,000万円まで

  • 500万円以下に特化


など、業者によって取扱額は大きく変わります。


利用したい金額に応じて、最適な業者を選んでください。

ファクタリング手数料の割合


ファクタリングの利用には、原則として手数料がかかるので、割合を調べておきましょう。


2社間ファクタリングであれば債権額の15~20%、3社間ファクタリングであれば1~5%が相場です。


もちろん買取金額によって手数料は変動するため、相場内の利率で収まるとは限りません。


ただし30%を超えると、悪徳業者である可能性が高まるため注意しましょう。

ファクタリングは基本的に数十万円を超える売掛債権を売却するため、手数料が1%違うだけで金額に大きく差が出ます。


確実に手数料を見極めるために、相見積もりは必ず取るようにしてください。

ファクタリングの入金スピード

売上債権を売却してから、どれくらいのスピードで入金されるかも判断基準の1つです。


2社間取引であれば即日~1週間以内と短期間で入金してくれますが、3社間取引だと半月~1ヶ月と入金スピードに振れ幅があります。


ご自身の資金が必要なタイミングと、ファクタリング業者の入金予定をしっかりと照らし合わせて、業者を選ぶようにしてください。

償還請求権があるファクタリング業者かどうか

償還請求権の有無もチェックしておきましょう。


償還請求権とは、仮に売掛先の会社が倒産したときに、ファクタリング業者が回収できなかった債権を依頼者に請求する権利のことです

償還請求権が有りの場合は、不良債権分の請求を依頼者に請求できるため、売掛先の入金が確認できるまでは支払いのリスクが伴います。


反対に無しの場合は、ファクタリング契約が成立し、現金を受け取った時点で債権の回収に関しての責任が無くなります。


依頼者としては無しのほうがリスクが少ないため、契約時に必ず確認するようにしましょう。

■ファクタリング会社の4つの注意点

まずは、ファクタリングを利用する際に押さえておきたい注意点と、悪徳業者を見分けるポイントについて7つご紹介します。

【ファクタリングの注意点その1】悪質業者の手口に引っかからない

ファクタリング業者の中には、さまざまな手口で経営者をだまそうとする悪質業者もいます。被害に遭わないためにも、悪質業者の手口を知っておきましょう。

例えば、以下のようなケースは悪質業者である可能性が高いと言えます。

 

・法外な金額の手数料を求める
・事務手数料など追加で手数料を上乗せする
・手数料の使途が曖昧
・入金が遅れたり、振り込まれなかったりとトラブルが続く
・契約書の控えを渡してくれない


ファクタリングの手数料は、15%~20%程度が一般的です。しかし、悪質業者は30%近い法外な手数料を要求したり、契約後にさまざまな名目で手数料を上乗せしたり、手数料の使途を曖昧にしたりと、あの手この手で利益を得ようとします。 

相場よりも明らかに手数料が高い場合には、「悪質業者ではないか?」と疑うことが大切。反対に、相場よりも遥かに下回る数%の手数料を提示されることもありますが、おいしい話には思いがけない落とし穴が潜んでいるかもしれません。

また、契約書の控えを渡してもらえない場合も要注意。悪質業者は、契約後に契約内容を改ざんし、経営者を不利な立場に立たせようとする可能性もあります。

「何かおかしい」と感じたら、分からないまま契約を進めるのではなく、納得できるまで何度でも内容を確認しましょう。疑問が解決できなければ契約を中止し、他社の利用を検討する決意が必要です。

【ファクタリングの注意点その2】債権の二重譲渡は行わない

ファクタリング業者との契約後に、さらに良い条件で買い取ってくれる業者を見つけた場合、あなたならどうしますか?「せっかくだから少しでも高く譲渡できる業者に依頼しよう」と、既に契約を結んでいるにも関わらず他社とも契約をしてしまった場合、その行為は「債権の二重譲渡」にあたります。

実は債権の二重譲渡はファクタリング契約で禁止されており、場合によっては詐欺罪として問われ刑事告訴されてしまう可能性もあります。

 

また、売掛先に知られないようファクタリング業者と債権譲渡登記を行う2社間ファクタリングにおいて、登記を行わずに二重譲渡をしてしまった場合、ファクタリング業者から売掛先へ「債権譲渡通知」が送付されます。すると、売掛債権をファクタリング業者へ譲渡したことが知られてしまうばかりか、二重譲渡のトラブルにも巻き込んでしまいます。

売掛先からの信用を失い、今後の取引や経営にも大きな影響を及ぼすため、債権を二重譲渡してしまわないようご注意ください。

 

【ファクタリングの注意点その3】虚偽の申告は信用を失う

ファクタリング業者との契約には、審査があります。例えば、以下のような企業は、ファクタリングの審査に落ちてしまう可能性があります。

 

・設立したばかりで事業歴が浅い
・必要書類に不備がある
・面談での経営者の態度が不誠実である


また、審査では売掛先の信用力も重要です。以下のような売掛先は信用力が低いと見なされる恐れがあるため、注意が必要です。

 

・経営状態が悪く不安定である
・事業を譲渡する可能性がある
・破産している
・資産の差し押さえが行われている

 

審査の通過率は、2社間ファクタリングの場合は70%~80%程度、3社間ファクタリングの場合は40%~50%程度が目安です。比較的通過率の高い審査ではありますが、審査結果によってどのくらいの資金を調達できるかが決まるため、少しでも良い印象を与えたいと考える経営者も多いはず。 

しかし、審査に不利になるからと言って虚偽の申告を行うと、信用を失い、ファクタリングの利用ができなくなってしまいます。書類の不備や面談での態度は、意識するだけで改善できるものです。

したがって、改善できる部分はきちんと見直し、申告書類へはありのままの事実を記入しましょう。

 

【ファクタリングの注意点その4】契約内容は隅々まで確認する

ファクタリング業者と契約を結ぶ際には、必ず隅々まで契約内容を確認しましょう。普段見慣れない用語が並んでいると読むだけでも労力がかかりますが、自分がどのような契約を結んだのかを理解できないまま手続きを進めてしまうのは危険です。 

特に以下のような重要項目は、誤解のないよう入念なチェックが必要です。

 

・手数料
・決済日
・対象となる売掛債権
・買い取り価格
・トラブル時の対応

 

後から思いがけないトラブルが発生しても、契約書に印鑑を押していれば内容に同意したと判断され、泣き寝入りせざるを得ない可能性も考えられます。

契約内容に分からない部分があれば理解できるまで確認し、自分自身でもしっかりと読み込んでおきましょう。なお、契約書の控えを受け取るのを忘れないようご注意ください。

■ファクタリング違法業者を見分ける3個のポイント

【違法業者を見分けるポイントその1】知名度の低い会社には、ある程度疑いの目を向ける

ファクタリング業者を利用する時は、ある程度「悪徳業者じゃないか」と疑いの目を持つようにしましょう。

なぜならファクタリング業を運営するには特別な許可が必要ないため、誰でも簡単に参入できます。

例えば消費者金融やカードローン会社であれば賃金業という、金融に関する特別な資格が必要です。

ところがファクタリングはあくまでも「売掛資産の売買」として取り扱われるので、金融系の資格は必要ありません。

資産の売買のため古物商の許可は必要ですが、消費者金融のように利率への厳しい取り決めが無いため、ある程度自由な取引が可能です。

その分、高額な手数料を取る悪徳業者が加入している可能性も高くなるため、業者選びは慎重に行いましょう。

業者のホームページだけでなく、比較サイトや口コミレビューなどもしっかりと調べるようにしてください。

【違法業者を見分けるポイントその2】携帯電話からしか連絡がこない

ファクタリング業者からの連絡が固定電話ではなく、携帯電話からしか来ない場合は要注意です。


固定電話を使うよりも警察から逃れられやすいため、悪徳業者は携帯電話での連絡を好みます。


このときに使われる携帯電話は、架空名義で契約されたものが大半です。実際に闇金では「トバし」と呼ばれ、架空名義の携帯が頻繁に使われています。


架空名義の携帯電話を使われると、いざ詐欺にあった場合の対応が非常に難しいです。


正当な理由がなく固定電話からの連絡が無い場合は取引を中止しましょう。


もちろん固定電話だからといって安心できるわけではありませんので、業者選びは慎重に進めてください。



【違法業者を見分けるポイントその3】面談にオフィスを使わない

ファクタリング契約を結ぶ際に、オフィスでの面談が無い業者は違法の可能性が高まります。


近年ではAIの利用によるオンライン取引や、書類郵送での審査を許可している業者がありますが、一般的には審査のために面談が必要です。


面談をする際に、ウェブサイトに載っている住所を使わずにカフェなどを利用する業者は、オフィスを知られたくない何らかの事情があると考えていいでしょう。


またファクタリング業の運営には古物商の許可が必要なので、オフィスが無いことはありません。



もし面談にカフェなどを提案された場合は、オフィスを使えない理由を確認してみてください。

■【おすすめのファクタリング業者その1】日本中小企業金融サポート機構

(出典:サポート内容|一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構)


日本中小企業金融サポート機構は、「中小企業の役に立ちたい」との思いから一般社団法人として運営する非営利団体です。100万円以下の売掛債権も買い取り可能なため、少額の取引が多い個人事業主や小規模事業者も気軽に利用することができます。 

日本中小企業金融サポート機構の大きな特徴は、「郵送ファクタリング」を行っていることでしょう。

通常のファクタリングでは、必要書類の提出に加えて担当者と経営者の面談も行われます。ファクタリング業者は面談を通じて経営者と言葉を交わすことによって、経営者の人柄や誠実さを確認しているのです。

しかし、早急に資金を調達しなければならない時にファクタリング業者と面談を行うことは、経営者にとっては大きな負担でしょう。

 

そこで、日本中小企業金融サポート機構が始めたのが郵送ファクタリングです。郵送ファクタリングとは、その名の通り書類の郵送のみで手続きが完了する方法であり、経営者は忙しい合間を縫って面談を行う必要がありません。

何度もファクタリング業者を訪れる必要がないため、時間と交通費を節約することができ、スピーディーに資金を調達することができます。

この郵送ファクタリングにより、通常は契約や対面での手続きにかかっていた所要時間の大幅な短縮が実現。必要書類に捺印し、ポストへ投函するだけで契約ができるため、空いた時間を活用して30分程度あれば完了するでしょう。

 

会社名
一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
取扱業務

・2社間ファクタリング

・3社間ファクタリング

特徴

・郵送ファクタリングを行っている。

・面談を行わずに契約が可能。

・少額の売掛債権も買い取り対象。

スピード
★★★★★
おすすめ度
★★★★★
公式ホームページ
https://www.chushokigyo-support.or.jp/lp02/3/vw3/

 

資金調達に忙しい経営者の負担を軽減するために生まれた郵送ファクタリングは、中小企業の経営者にとって心強い味方になってくれるはずです。

 

■【おすすめのファクタリング業者その2】ビートレーディング

(出典:成功事例6|事業資金調達の事ならビートレーディング(Be Trading))


ファクタリング業者の中には、「資金調達は最短即日も可能」とうたったものも数多く存在します。しかし、実際には申し込み後の連絡が翌日になってしまったり、審査に数日かかってしまったりと資金を調達できるまでに数日~1週間近くかかってしまうのが現実。 


ビートレーディングも「最短即日の資金調達」をアピールする業者のひとつですが、他社とは異なる圧倒的にスピーディーな対応力で、即日契約を実現させるのが大きな強みです。

申し込みの受付時間は平日の9時~19時となっており、この時間内に申し込みをすると、その日のうちに電話にて仮査定が行われます。そして必要書類に不備がなければすぐに本査定が行われ、審査に通ると同日中に契約から入金まで完了させます。 


また、手数料の内訳を明確に示してくれる点も高評価のポイント。

経営者の立場からすると、ファクタリング業者へ支払う手数料が何のために使用されるのか分からないケースも珍しくありません。ビートレーディングのようにきちんと金額の根拠を説明してもらえると、安心して利用ができるでしょう。

さらに医療報酬や介護報酬などの診療報酬ファクタリングも取り扱っており、訪問介護や訪問リハビリを行う施設との契約実績もあります。建設業、派遣業、製造業、運送業、介護業など対応業種も幅広いため、まずは公式ホームページから無料の仮査定に申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

会社名
株式会社ビートレーディング
取扱業務

・2社間ファクタリング

・3社間ファクタリング

・診療、介護報酬ファクタリング

特徴

・最短即日契約も可能。

・手数料の内訳が明瞭。

・診療・介護報酬のファクタリングも行っている。

スピード
★★★★★
おすすめ度
★★★★★
公式ホームページ
https://betrading.jp/lp03-171218/lp03-0120nashi/index.php

 

最短即日契約が難しい業界内で、トップクラスのスピードを誇るビートレーディング。売掛債権をすぐに現金化したい場合には、ぜひ利用してみてください。

 

■【おすすめのファクタリング業者その3】トラストゲートウェイ

(出典:株式会社トラストゲートウェイ - 福岡県 福岡市 | Facebook)


ファクタリング業者の多くは、東京や関東近郊に本社を構えて全国展開しています。したがって、地方で企業を経営していても全国対応の業者を利用することはできるものの、契約から資金調達までに少なくとも一度は関東へ訪れなければならないケースが一般的です。


しかし、トラストゲートウェイの本社は福岡県福岡市。九州をはじめ西日本エリアに特化したファクタリング業者であるため、西日本地区の経営者にとっては頼もしい存在だと言えます。

過去には10名以下の従業員で運営している小規模事業者の利用実績が多数あり、九州エリアにいくつかあるファクタリング業者の中でも安心して利用できる業者のひとつです。関東近郊まで契約に行かなければならない手間や時間、コストを考えると、経営者の負担も大きく軽減されるでしょう。

また、トラストゲートウェイでは「財務改善プログラム」も行っています。財務改善プログラムとは、中小企業が銀行融資などを受けるためのサポートをするサービスです。

ファクタリングでも資金を調達することは可能ですが、一時的な現金化に過ぎません。トラストゲートウェイでは、企業の財務を根本的に改善し、銀行やノンバンクからの融資実現をサポートすることで中小企業を支援しているのです。

 

会社名
株式会社トラストゲートウェイ
取扱業務

・2社間ファクタリング

・3社間ファクタリング

・診療報酬ファクタリング

特徴

・西日本エリアに特化している。

・地方を拠点としながらも、都心部に引けを取らない充実度。

・利用実績の多くが小規模法人。

スピード
★★★★★
おすすめ度
★★★★★
公式ホームページ
https://www.trustgateway.co.jp/

 

トラストゲートウェイは、九州や西日本エリアに特化した数少ないファクタリング業者です。該当地域で会社を営む経営者の方は、地域密着型の強さを実感できるでしょう。

■【おすすめのファクタリング業者その4】ファクタリングトライ

(出典:2018年登記の新ファクタリング会社「トライ」の対応力・実態を検証)


ファクタリングを利用する際には、買い取り価格や資金調達までの日数など、さまざまな不安や疑問があるはずです。

急に現金が必要となり、急いで契約を進めたい方もおられるかもしれません。そんな時、24時間いつでも無料で相談できる窓口があればどんなに心強いでしょうか?

 

ファクタリングトライではそんな顧客のニーズに応え、365日24時間対応のホットラインを設置しています。多くのファクタリング業者で受付時間外となる土日や夜間も対応しているため、急な用件でも安心して相談することが可能です。 

手数料は5.0%から対応可能。2社間ファクタリングでは、スピードが重視する分手数料も10%を超えてしまうのが一般的のため、ファクタリングトライの手数料は業界内でも最低水準であると言えるでしょう。

ただ手数料が低いだけでなく、きちんと金額の根拠を説明してもらえるため、経営者にとっても安心です。

また、他社のファクタリング業者では審査に落ちる要因ともなり得る赤字決算や債務超過、さらには税金を滞納している企業にまで対応しているのもファクタリングトライの強さ。業歴の浅い企業でも利用できるため、起業直後の個人事業主の方にもおすすめです。

 

会社名
株式会社SKO
取扱業務
・2社間ファクタリング
特徴

・2018年2月設立の新しいファクタリング業者。

・赤字決算や債務超過でも利用可能。

・24時間相談可能なホットラインがある。

スピード
★★★★★
おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
http://www.sko-tokyo.com/

 

申し込みから契約、実行まで豊富な経験を持つ専門のスタッフが対応してくれるため、ファクタリング業者の利用が初めての方もまずは相談してみてはいかがでしょうか?

 

■【おすすめのファクタリング業者その5】買い取るぞう

(出典:300万円以上のファクタリング|出来高ファクタリング「買取るぞう」)


100万円以下の小口買い取りを専門とするファクタリング業者、買い取るぞう。

少額の売掛債権に特化していることで、即日の資金調達を可能としています。よりスピーディーに入金するため面談による審査を省略し、入金までは「ヒアリング」「査定結果の報告」「成約」のわずか3ステップで完了します。 

ファクタリング業者の多くは、請求書の発行を利用条件として設定していますが、買い取るぞうでは請求書の発行前でも売掛債権の買い取りが可能です。工事が終わらなければ請求書の発行ができない場合や、トラブルなどによって請求書の発行が遅れる場合でも、柔軟に対応してもらうことができます。


また、ファクタリングの審査では、取引先の数も重要なチェックポイントのひとつ。取引先が1社の場合は、万が一その会社から入金されなかった場合にファクタリング業者に大きな損失が生じるため、リスクヘッジのためにも複数の取引先を持っていることを重要視するのです。 

しかし、買い取るぞうではたとえ取引先が1社しかなくても、積極的に売掛債権の買い取りを行っています。リスクがあるにも関わらず、このように中小企業の経営者の立場に立ってさまざまなシチュエーションに対応している点は、他社にはない強みだと言えるでしょう。

 

会社名
株式会社ファクタリングプロ
取扱業務
・2社間ファクタリング
特徴

・取引先の数が少なくても利用可能。

・小口の買い取りを専門としている。

・請求書がなくても買い取りができる。

スピード
★★★★☆
おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
https://kaitoruzou.co.jp/

 

請求書を発行するタイミングや取引先の数がネックとなり、利用できるファクタリング業者探しに苦労している方もいるのではないでしょうか?買い取るぞうなら、買い取り先が見つからなかった売掛債権も売却できるかもしれません。

 

■【おすすめのファクタリング業者その6】ウィット

(出典:株式会社ウィットのファクタリング-小口専門・非対面の強みとは)


資金調達に駆け回る経営者にとって、ファクタリング業者との面談や複数の書類作成などは大きな負担でしょう。そんな方にこそ利用してもらいたいのが、面接を行わず、電話一本で資金調達を実現できるウィットのファクタリングです。 

ウィットでは、500万円以下の売掛債権を専門に買い取りを行っており、小規模事業者や個人事業主からの買い取り実績も豊富にあります。個人事業主が利用できるファクタリング業者は多くはありません。

個人事業主に対応していたとしても中小企業の経営者に比べると手数料が割高になってしまうケースもあるため、個人事業主にも快く対応してくれるウィットは貴重な存在だと言えます。

 

また、ウィットのファクタリングでは入金までのスピードにも定評があります。過去にはわずか2時間での成約実績もあり、現金化を急ぐ経営者にとって最短数時間での成約はメリットのひとつです。

小口の売掛債権に絞って運営していること、そして面接を行わずスムーズに手続きを進められることが、ウィットのスピーディーな対応につながっているのでしょう。

 

会社名
株式会社ウィット
取扱業務
・2社間ファクタリング
特徴

・小口の買い取りを専門としている。

・面談をせずに電話一本で資金調達が可能。

・個人事業主も利用可能。

スピード
★★★★☆
おすすめ度
★★★★☆
公式ホームページ
http://witservice.co.jp/

 

非対面式のため、地方で事業を営む方も時間やコストをかけずにファクタリングの利用が可能です。少額の売掛金を抱えている方は、ぜひ利用を検討してみてください。 

■【おすすめのファクタリング業者その7】アクセルファクター


(出典:ファクタリングならアクセルファクター|個人事業主に最適な資金調達)


ファクタリング業者は、売掛債権を買い取る際に支払われる手数料を利益としています。

手数料は2社間ファクタリング・3社間ファクタリングによって異なりますが、3%~20%程度が目安です。買い取る売掛債権の額が大きいほどファクタリング業者の利益も増えるため、少額の買い取りは行っていないケースも珍しくありません。

 

しかし、アクセルファクターでは300万円以下の売掛債権を専門に取り扱っています。売掛債権の金額に下限を設けていなため、たとえ数十万、数千円の債権でも対応が可能なのです。

中小企業では少額の取引をメインとする場合も多いため、アクセルファクターのように小口の債権を専門とした業者は頼もしいでしょう。

また、スピーディーな審査も特徴のひとつ。いくら手数料が安く、少額の債権を取り扱っていたとしても、特に審査から入金までのスピードを重要視する方は多いのではないでしょうか?

アクセルファクターでは、書類が不備なくそろっていれば最短1時間の審査も可能です。審査結果によっては最短即日での入金も可能なため、売掛債権の現金化を急いでいる方はぜひご検討ください。

 

会社名
株式会社アクセルファクター
取扱業務

・2社間ファクタリング

・3社間ファクタリング

特徴

・300万円以下の少額債権を専門とする。

・数千円の債権も対応可能。

・審査は最短1時間での完了も可能。

スピード
★★★★☆
おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
https://accelfacter.co.jp/

 

できるだけスムーズに手続きを進めるためにも、利用時にはあらかじめ必要書類を確認しておくと良いでしょう。

 

■【おすすめのファクタリング業者その8】三共サービス

(出典:【売掛債権の買取】ファクタリングで事業資金調達、三共サービス。)


ファクタリング業者を探している経営者が業者を決める際のポイントのひとつに、過去の買い取り実績があります。多くのファクタリング業者が公式ホームページに取引事例を掲載していますが、その数は数件であることがほとんどです。 

しかし、三共サービスでは10件を上回る数の取引事例を公開。

取引企業の業種や年商にはじまり、借入金額や買い取り価格、手数料などの詳細も掲載しています。これだけの取引事例を掲載しているファクタリング業者は多くないため、三共サービスの自信の高さがうかがえるでしょう。

 

三共サービスの強さの秘密は資金力にあります。例えば、過去の取引事例では5,000万円を超える売掛債権の買い取りをたった2日間で行っています。

ファクタリング業者の手元に売掛債権を買い取るための現金がない場合は、金融機関から借り入れを行うなどの方法で資金を調達するのが一般的。つまり、多額の売掛債権を数日間で買い取ることができるのは、それだけ三共サービスの資金力が強いことの表れでもあるのです。 

また、三共サービスには経験豊富なスタッフが複数名在籍しており、各企業の課題に応じたサポートも行っています。

 

会社名
株式会社三共サービス
取扱業務

・2社間ファクタリング

・3社間ファクタリング

特徴

・多額の売掛債権も数日で買い取り可能。

・公式ホームページには豊富な取引事例が掲載されている。

・専門のスタッフによるサポート体制が整っている。

スピード
★★★★☆
おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
https://sankyo-fs.jp/

 

業種によっては、数千万円の売掛債権を抱えている企業もあるはず。「多額な債権はすぐに買い取ってもらえないのではないか?」と不安に感じている方は、三共サービスの査定をお試しください。

■【おすすめのファクタリング業者その9】ビジネクスト


(出典:ビジネスローン・事業資金・資金調達・借入のご相談はビジネクストへ)


ビジネクストを運営するビジネクスト株式会社は、消費者金融で知られるアイフルのグループ会社でもあります。

消費者金融と聞いて不安に思われた方もいるかもしれませんが、ご安心ください。貸付業を行う消費者金融も、かつてのように厳しい取り立てや法外な手数料などのネガティブなイメージは取り払われ、きちんと金融庁の認可を受けて運営しています。


ビジネクストも正式に関東財務局の認可を受けているため、安心して利用することができます。

ファクタリングには多くの企業が参入していますが、その中には資本金が数十万円の企業や、従業員がわずか数名しかいない小規模な企業も存在します。小規模な企業では、万が一トラブルが発生した場合に適切に対処ができなかったり、経営が傾いて倒産してしまったりとさまざまなリスクが考えられるでしょう。

その点、ビジネクストは大手消費者金融のグループ会社であるため、資本金や従業員の数も安定していると言えます。 

手数料も2.0%以下と低いのが特徴。売掛債権が高額になればなるほど手数料の負担も大きくなるため、手数料を抑えられるファクタリング業者のひとつとして検討してみるのも良いでしょう。

 

会社名
ビジネクスト株式会社
取扱業務

・3社間ファクタリング

・事業用ローン

特徴

・有名消費者金融のグループ会社。

・ファクタリングのほかに事業用ローンも行っている。

・手数料が比較的低い。

スピード
★★★☆☆
おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
http://factoringjapan.jp/

 

なお、ビジネクストでは決算書や納税証明など複数の書類を提出する必要があるため、ファクタリングを利用する際は余裕を持って書類の準備を行いましょう。

 

■【おすすめのファクタリング業者その10】ファクタリング東京


(出典:ファクタリング東京)


ファクタリング東京は、1998年の設立から20年にわたってファクタリングを行ってきました。年間の買い取り実績は1,000件を上回る数を誇ることからも、多くの中小企業から信頼されていることがお分かりいただけるでしょう。 

これだけの取引を行っているにもかかわらず、審査はスピードを重視し、過去には最短即日での取引実績もあります。

売掛債権は1件につき10万円から買い取り可能。また、最大1億円まで対応しているため、多額の売掛債権がある場合も安心して利用できるでしょう。

売掛債権のほか、運送料債権や工事請負代金債権の買い取りも行っているため、建設業や運送業の方もぜひご相談ください。

 

そのほか、赤字決算や税金を滞納している場合でも、審査を経てファクタリングを利用できる場合もあります。金融機関の融資を断られた企業や、他社のファクタリング業者の審査に落ちてしまった企業とも積極的に取引を行っているため、資金繰りに悩んでいる経営者の強い味方になってくれるでしょう。

公式ホームページには24時間対応している無料相談フォームが設置されているので、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

 

会社名
株式会社ライズジャパン
取扱業務

・2社間ファクタリング

・3社間ファクタリング

特徴

・10万円からの少額の買い取りを行っている。

・運営歴が長く、年間の取引実績も多い。

・赤字決算や税金滞納の場合でも取引可能。

スピード
★★☆☆☆
おすすめ度
★★★☆☆
公式ホームページ
http://factoring.tokyo/lp2/

 

新しいファクタリング業者が次々と登場する中で、設立後20年を迎えるファクタリング東京は業界の中でもベテランだと言えます。業歴の長いファクタリング業者を選びたい方は、候補のひとつに加えてみてください。

 

■ファクタリングを利用して、今すぐ資金調達を実現しよう

今回はファクタリングの利用する際に注意したいポイントや、おすすめのファクタリング業者をご紹介しました。

多数の書類提出や厳しい審査が必要な銀行融資と異なり、自社の売掛債権を売却するファクタリングはよりスピーディーに資金を調達することが可能です。少額の債権に対応しているファクタリング業者もあるため、現金化をお急ぎの方はぜひ利用してみてください。

■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,118
投資家の登録数
No.1
4,168
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者12名 投資家1
昨日の投稿数
経営者6件 投資家1
先月のマッチング数
67
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる