信用保証協会とは?仕組みと有利に借入する活用法をわかりやすく解説

登録日:2018.12.8  |  最終更新日:2019.4.9



事業資金を調達する方法はさまざまですが、その中のひとつに信用保証協会(保証協会)を利用するという方法があります。信用保証協会の特徴やメリット・デメリットを把握しておけば、自分に最適な資金調達方法を見つけるのに役立つでしょう。

今回は信用保証協会の仕組み、利用する流れや活用法、注意したい点についてご紹介します。信用保証協会の内容をよく理解しておけば、確実に信用保証協会で融資してもらうコツをつかめるはずです。これから資金調達する予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


※ なお、今すぐ300万円の資金を調達するならSMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

なぜカードローンをオススメするかというと、「信用保証協会の融資の申請~着金」までには2か月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、300万円のお金を借りることができます。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ300万円の事業資金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、信用保証協会の利用よりも早く資金調達したい方はビジネスローンがおすすめです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、信用保証協会の利用よりも早くスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


※ また、信用保証協会の利用と並行して、エンジェル投資家からの資金調達したい方は当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,549
投資家の登録数
No.1
2,932
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者16
16
昨日の投稿数6
6
投資家お知らせ
昨日の投資家2
2
昨日の投稿数2
2
先月のマッチング数182
182
先月の資金調達総額7億円以上
7億円以上

  

信用保証協会とは?

まずは信用保証協会の概要と特徴、その他の借入との違いなどについて解説します。

信用保証協会の概要

一般社団法人 全国信用保証協会連合会

信用保証協会は、昭和28810日に定められた信用保証協会法に基づき設立された公的機関です。中小企業や小規模な事業者が、資金繰りを円滑に進めていくことを目的としています。

事業主が金融機関から事業資金を調達するときに、信用保証を通じて信用保証協会が資金調達を手助けしてくれます。信用保証協会は47都道府県および4市(横浜市・川崎市・名古屋市・岐阜市)にあり、地域に根差した業務を行います。

信用保証協会の特徴

信用保証協会の主な特徴は以下の5つです。

融資枠を拡大できる

すでに取引している金融機関のプロパー融資と保証付融資を併用することで、それまでの融資枠を拡大できるという特徴があります。

ニーズに合った保証制度が利用できる

信用保証協会ではさまざまな保証制度を設けているため、事業主のニーズに合う保証制度が見つけやすいです。

長期借入できる

信用保証協会では、長期借入に対応している保証制度が充実しているため、計画的に返済できる融資を受けることが可能です。

原則、連帯保証人は不要

個人事業者である場合は、原則的に保証人を立てる必要がないため、利用しやすいです。

担保不要

高額融資などの場合、一般的に不動産担保などを必要とする融資が多いですが、信用保証協会では担保がなくても利用しやすい仕組みになっています。不動産に対して過度に依存しない保証を進めています。

他の借入との違い

信用保証協会とよく比較されるのが「日本政策金融公庫」です。信用保証協会も日本政策金融公庫も公的機関で、国のお金で運営しているためです。

しかし組織は別であるため、融資における審査内容やチェックポイントに違いがあります。具体的にどのような違いがあるのか、審査で異なる点を挙げていきましょう。

個人信用情報

日本政策金融公庫では、個人信用情報を特に重要視する傾向があります。信用情報機関であるCICと日本政策金融公庫にある過去のデータベースをくまなく確認し、これまでに延滞がなかったかなどをチェックします。ここで問題点が見つかると、審査で不利になると言われています。

一方、信用保証協会では、過去の融資における返済で問題があったかどうかは確認しますが、CICはチェックしません。

ただし、注意したいのは金融機関ではCICなどの個人信用情報をチェックするという点です。そのため、金融機関の審査で落とされる可能性もあります。

ただ、金融機関では審査をせず、信用保証協会の審査に任せる金融機関もあるようです。

事業計画と自己資金

日本政策金融公庫の場合、事業計画よりも自己資金を重視する傾向があると言われています。自己資金の額によって人間性・性格を見ることが多いようです。

一方、信用保証協会では自己資金より事業計画を重視する傾向があると言われています。特に融資額が多い場合は、詳細な事業計画(損益計画・資金繰り表など)を求められることがあるようです。

どういうときに利用すべきか

借入希望額が1,000万円以上の人、数年にわたり事業を行い資金調達できる金融機関を増やしたい人、個人信用情報に何らかの問題がある人は、信用保証協会を利用すると良いでしょう。日本政策金融公庫よりも、審査を通る可能性が高くなります。

一方、日本政策金融公庫を利用した方が良い人は、創業融資を受けたい人、借入希望額が1,000万円以下の人、個人信用情報に問題がない人です。スタートアップの際には、日本政策金融公庫が便利です。

信用保証制度の仕組み

基本的に信用保証制度に関わるのは三者(中小企業・小規模の事業者と金融機関と信用保証協会)です。この三者にはそれぞれ役割があります。

信用保証協会と信用保証制度|もっと知りたい信用保証|一般社団法人 全国信用保証協会連合会


それぞれの役割は、下記の表の通りです。

信用保証制度に関わるもの

役割

中小企業・小規模の事業者

  • お金を借りる。
  • 金融機関にお金を返す。

金融機関

  • 事業者にお金を貸す。

信用保証協会

  • 事業者がお金を返せなかった場合、代わりに金融機関に返済する。
  • 金融機関に代わって、事業者に返済を要求する。

信用保証制度では、上記の関係性を持った三者が、下記の流れで融資を実行します。

信用保証のお申込の流れ|一般社団法人 全国信用保証協会連合会

  1. 保証申込
  2. 保証承諾
  3. 融資
  4. 返済(返済できない場合は代位弁済)
  5. 弁済

返済は、事業者が返済条件に基づいて金融機関へ行います。

もし何らかの理由があり返済ができない状態になった場合、信用保証協会が借入金を金融機関へ弁済します。これを「代位弁済」と言います。弁済は事業者が信用保証協会に対し、返済する仕組みを指します。

信用保証制度の種類

信用保証制度は、大別すると5種類の制度があります。

①ABL保証(流動資産担保融資保証制度)

ABL保証(流動資産担保融資保証制度)は、中小企業や小規模事業者が所有する売掛債権・棚卸資産を担保に、金融機関から融資してもらうときに保証する制度。不動産担保に頼り過ぎないようにする目的があります。

保証限度額は2億円で、金融機関からの借入限度額は25,000万円とし、保証割合は80の部分保証です。保証期間は根保証が1年間、個別保証が1年以内。保証人は法人の代表者のみとなります。

担保は売掛債権および棚卸資産の流動資産だけですが、個別保証の場合は売掛債権のみとなります。信用保証料率は、借入極度額・借入金額に対して年0.68です。

②小口零細企業保証制度

金融情勢の変化に影響されやすい小規模の企業者向けに創設された、責任共有制度対象除外の保証制度です。利用できるのは「小企業信用保険法第2条第3項」に定められている小規模企業者のみとなります。

JFG一般社団法人全国信用保証協会連合会】

http://www.zenshinhoren.or.jp/guarantee-system/hoshoseido.html#b

保証限度額は2,000万円ですが、すでに信用保証協会保証付融資を受け残高がある場合は、それも合わせた金額となります。原則、法人代表者以外の保証人を不要とします。担保も基本的に不要です。

保証期間と保証料率は、各信用保証協会が定めたものを基準とします。

経営力強化保証制度

中小企業や小規模事業者が資金調達する際、金融機関と認定経営革新等支援機関(法律に基づいて認定された税理士や金融機関などの専門家)が連携して、事業計画作成の支援、経営支援を行っていく制度です。

この制度の主な特徴は、他の保証制度より低い信用保証料率を適用し、金銭面だけでなく、経営状態の改善もサポートしてくれる点にあります。

認定経営革新等支援機関に支援されながら、事業計画の策定と実行、進捗状況を四半期ごとに報告する義務があります。

保証限度額は一般の普通・無担保保証の場合は28,000万円までです。保証人は原則的に法人代表者以外不要で、担保は必要に応じます。

保証期間は運転資金の場合5年以内、設備資金の場合7年以内です。保証料率は責任共有制度の対象なら0.451.75、責任共有制度の対象除外なら0.52.0となっています。

借換保証制度

中小企業や小規模事業者の資金調達を円滑にすることを目的として創設された保証制度。複数の保証付融資を利用している場合、その債務を一本化し、返済額を軽くすることを進めています。

特定社債保証制度

社債を発行することで資金調達を円滑にし、直接的に資本市場から資金調達する中小企業や小規模事業者のために設けられた保証制度です。

保証限度額は45,000万円で、保証割合は80。保証人は不要。担保は信用保証協会が定めた内容によります。保証期間は7年以内で、信用保証料率は社債総額に対して0.451.90。発行形式は振替債もしくは登録機関登録債となります。

信用保証制度の種類

特徴

ABL保証(流動資産担保融資保証制度)

売掛債権や棚卸資産を担保に融資を受ける制度

小口零細企業保証制度

小規模企業向けの責任共有制度対象除外の制度

経営力強化保証制度

金融機関と認定経営革新等支援機関などの専門家がサポートする制度

借換保証制度

債務を一本化する制度

特定社債保証制度

社債発行で資金調達できるようにする制度

5つの信用保証制度は、すべて中小企業や小規模な事業者向けに融資を受けやすくする制度です。事業用の融資を検討しているなら、積極的に利用しましょう。


※ なお、今すぐ300万円の資金を調達するならSMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

なぜカードローンをオススメするかというと、「信用保証協会の融資の申請~着金」までには2か月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、300万円のお金を借りることができます。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ300万円の事業資金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、信用保証協会の利用よりも早く資金調達したい方はビジネスローンがおすすめです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、信用保証協会の利用よりも早くスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


※ また、信用保証協会の利用と並行して、エンジェル投資家からの資金調達したい方は当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


信用保証制度の申込方法

信用保証制度を申込むには、主に

  • 金融機関で申込む
  • 信用保証協会で申込む

2種類の方法があります。

金融機関での申込方法

金融機関の窓口で融資を希望する際に信用保証制度を利用したい旨を伝え、手続きします。融資可能と判断されると、金融機関を経由して書類を信用保証協会へ提出する流れです。

書類は信用保証委託申込書とその他の必要書類で、金融機関から指示されたものを用意します。一般的にはこちらの申込方法を利用する人が多いようです。

信用保証協会での申込方法

各エリアにある信用保証協会へ直接訪問し、窓口で相談した上で申込みます。申込書へ必要事項を記入し、必要書類を添付して提出する流れです。準備する書類は信用保証協会によって異なるため、訪問前に問い合わせた方が良いでしょう。

信用保証協会で審査後、保証可能と判断されれば金融機関へ融資を斡旋してもらえます。ただし、金融機関でも融資の審査が別にあるため、その点に注意しましょう。

申込時の必要書類

信用保証制度を利用する際、申込に際して下記の書類が必要です。

  • 信用保証委託申込書
  • 企業概要
  • 信用保証依頼書
  • 信用保証委託契約書
  • 決算書
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書

事業主や経営形態などによって必要な書類は異なるため、その他の必要書類は信用保証協会へ直接確認してください。

申込後

申込が完了すると、保証審査が行われます。信用保証協会が実施するもので、審査によっては訪問・面談をする場合もあります。

審査で保証が適当だと認められると、金融機関へ信用保証書が発行されます。金融機関は、信用保証書に記載された条件で融資を行います。融資時には所定の信用保証料を金融機関経由で支払います。

信用保証協会を利用する際の注意点

信用保証協会は便利な制度を充実させていますが、利用する際には注意点もあります。

代位弁済を利用しても借入金の返済は必須

信用保証制度を利用した融資の場合、金融機関への返済が難しくなったとき、信用保証協会が、金融機関へ代位弁済をしてくれます。しかし、支払った信用保証料は保険とは異なるため、借入金は信用保証協会へ返済する必要があります。

代位弁済されても、返済する先が変わるだけで、返済義務は残ったままです。返済をしなくて良いというわけでありません。

信用保証協会の保証があっても確実に融資されるとは限らない

信用保証制度を利用して融資してもらう際、審査は信用保証協会と金融機関、それぞれで行われます。たとえ信用保証協会の審査を通っても、100%金融機関から借入できるとは限りません。

経営状況が厳しく、事業計画がしっかりしていない状態だと、審査が通りにくい可能性が高いでしょう。信用保証協会に返済能力がある事業者だと認めてもらうため、誰が見ても納得するような事業計画を作成することが大切です。

信用保証料は審査によって変わる

信用保証協会は債務を引き受けるリスクを背負うため、利用する事業者は信用保証料を支払う義務があります。その信用保証料は審査によって異なる点に注意が必要です。保証料は、年率0.451.90の幅で計算され決定します。

信用保証料は「借入額×信用保証料率×保証期間×分割計数」で決まります。

信用保証料について | 大阪信用保証協会

信用力がある事業者ほど信用保証料率が小さくなり、支払う信用保証料も少なくなります。

申込から審査、融資までに時間がかかる

信用保証協会を利用する場合、審査は信用保証協会と金融機関で行われます。そのため融資までに、時間がかかり申込から融資まで35週間くらいを要します。借入を急ぐ人にはあまり向きません。

提出書類が多い

信用保証協会は公的機関であるため、決算書類・事業計画書など作成に時間を要する書類が必要となります。

短時間で作成した書類は数字のミスが生じたり説得力が欠ける内容になったりしやすいため、書類作りが苦手な人は税理士などの専門家に相談すると良いでしょう。

その他、信用保証協会には利用条件が細かく指定されています。信用保証制度を利用できる状況にあり、条件を満たしていなければ融資は受けられません。条件は下記でチェックできます。

JFG一般社団法人全国信用保証協会連合会】

http://www.zenshinhoren.or.jp/guarantee-system/riyojoken.html


※ なお、今すぐ300万円の資金を調達するならSMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

なぜカードローンをオススメするかというと、「信用保証協会の融資の申請~着金」までには2か月くらいの時間がかかってしまうからです。カードローンであれば1日で審査が終わり、300万円のお金を借りることができます。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも今すぐ300万円の事業資金を手に入れることができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。


※ また、信用保証協会の利用よりも早く資金調達したい方はビジネスローンがおすすめです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、信用保証協会の利用よりも早くスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


※ また、信用保証協会の利用と並行して、エンジェル投資家からの資金調達したい方は当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

【信用保証協会の活用法1】連帯保証人がいない場合に利用する

信用保証協会は連帯保証人がいなくても借入可能な仕組みです。原則、法人代表者以外の連帯保証人を不要としているため、個人事業主が融資の債務者である場合、連帯保証人は必要ありません。

また、信用保証協会の所定の条件を満たせば、融資を受ける企業の経営者がその法人の連帯保証人にならなくて良いという制度もあります。

ただし、実質的な経営者、営業許可名義人、事業承継予定者は連帯保証人になる場合もあるため、その点に注意しましょう。

信用保証協会は、担保などを要求せず融資を行うことが原則です。親族・知人などの第三者保証もなるべく受け取らない仕組みを実施しています。

【信用保証協会の活用法2】信用度を上げたい場合に利用する

すでに取引している銀行などの金融機関からプロパー融資を受けている場合、信用保証協会を利用した融資を併用することで、借入枠が広がります。その結果、信用度が上がり、継続的に融資してもらえる可能性も高くなります。

また、信用保証協会の保証協会付融資を利用すると、それまでプロパー融資をしてくれなかったところでも融資してくれる場合があります。これから新たな金融機関との取引で事業拡大を狙いたい場合、信用保証協会を活用すれば間口を広げるのに役立つでしょう。

【信用保証協会の活用法3】長期の借入をしたい場合に利用する

信用保証協会を活用した融資は、長期の借入で利用できます。通常は10年以内の保証期間となっており、20年以上の長期借入制度も導入しているため、安定した資金調達をすることができます。

金融機関のプロパー融資の場合、貸倒れリスクを避けるため、事業者の信用度が低ければ短期融資しか利用できないことも多いです。

しかし、信用保証協会の保証があれば、銀行が貸倒れリスクを背負うことはありません。保証の有効期間内で長期融資をしたとしてもリスクがなく、利息収入が増えることになります。その結果、510年という長い期間で融資してもらえます。

融資期間が長期になるほど、月々の返済額は少なくなります。返済にも余裕が出てくるでしょう。事業が順調であれば、長期保証を選択した後で、短期返済したり一括返済したり、自由に選ぶことも可能です。

【信用保証協会の活用法4】担保がない場合に利用する

融資を受ける際、担保があった方が有利になることは多いです。返済が滞った場合に土地などの不動産があれば、売却して損金を回収できるためです。そのため一般的なローンの中には、担保がなければ借入できないものもあります。住宅ローンなどがその例です。

しかし信用保証協会は、担保に依存しない貸付を行っているため、担保がなくても融資してもらうことができます。

ただし、担保があれば通常極度額の1,000分の4の登録免許税が1,000分の1.5の負担で済むという優遇措置があります。(信用保証協会が直接担保を設定する場合)

具体的な数字で解説してみましょう。たとえば、5,000万円の極度額で担保を設定した場合について計算してみます。

  • 金融機関で担保設定すると登録免許税は【5,000万円×1,000分の420万円】
  • 信用保証協会で担保設定すると登録免許税は【5,000万円×1,000分の1.57.5万円】

という計算式になります。つまり、担保があれば12.5万円のコストを軽減することができるということです。

信用保証協会の仕組みを理解し、長期融資してもらおう!

信用保証協会の基本的な知識を身につけておけば、信用保証制度を利用する際に役立つはずです。プロパー融資の信用度を上げて資金繰りを円滑にしたり、事業拡大資金に利用したりと、信用保証制度を利用した融資はさまざまな活用法があります。

上手に活用して、目的の融資を手に入れましょう。

【最新2019】信用保証協会の融資審査を100%通す8つのコツ!あなたも1000万円借入できる!

【必見】信用保証協会で借入!プロパー融資との違いと融資審査を100%通す8つの裏ワザ!

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,549
投資家の登録数
No.1
2,932
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者16
16
昨日の投稿数6
6
投資家お知らせ
昨日の投資家2
2
昨日の投稿数2
2
先月のマッチング数182
182
先月の資金調達総額7億円以上
7億円以上

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者
16
昨日の投稿数
6
投資家お知らせ
昨日の投資家
2
昨日の投稿数
2
先月のマッチング数
182
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる