ビジネスローン低金利ランキング!最適な金融機関を選ぶ3つのポイントとは

登録日:2018.12.7  |  最終更新日:2019.4.18



事業資金を融資してもらう際、借入先は公的機関・民間金融機関・ノンバンクなどさまざまなものがあります。しかし場合によっては審査が厳しく、借入ができないこともあるでしょう。

そこで今回は、比較的審査が緩めとされるビジネスローンに着目し、低金利で自分に合った金融機関を選ぶコツについてご紹介したいと思います。低金利のビジネスローンで確実に資金を得たい人は、この記事で100%有益な情報を得られます。


※ なお、ビジネスローンの他にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。



※ また、「今すぐに資金調達がしたい」「1日でも早く300万円の事業資金が必要」な方は、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

  

ビジネスローンの金利

ビジネスローンの金利は主に

  • 事業期間
  • 信用力
  • 返済能力
  • 利益率
  • 希望融資額

などを総合的に審査した結果決まります。

金融機関はビジネスローンの金利を決める際、返済能力や信用力をしっかり確かめ、厳しく審査を行います。融資を申込むまでの事業が順調に進んでいるか、今後の事業計画がきっちりしているかどうかなど、さまざまな基準を設けて金利を決めていきます。

また、ビジネスローンの金利と融資スピードは反比例する傾向があります。低金利なビジネスローンは融資までのスピードが遅く、高金利なビジネスローンは融資がスピーディーです。さらに、低金利の融資は事業主や法人にとって条件が有利な場合が多いです。

ビジネスローンの金利は「固定金利」と「変動金利」がある

第8回:変動金利と固定金利、金利の決まり方|注文住宅のハウスネットギャラリー

ビジネスローンの金利は、固定金利変動金利に分かれます。変動金利の融資は借入期間中に金利が上がる場合があるため、注意が必要です。現在は低金利の状態が長く続いていますが、将来的に金利が上がる可能性も考えなくてはなりません。

借入時より金利が低くなれば返済が楽になるというメリットもありますが、現在より低金利になる確証はないため、慎重に検討しましょう。

一方、固定金利の融資は完済までの金利が一定であるため、借入金の返済額が増えるリスクは避けられます。ただし、融資時の金利が高い場合、そのままの金利で返済し続けていく必要があることを覚えておきましょう。

金融機関によってはどちらかを選べる場合もありますが、一般的には変動金利が多く、選択できないケースもあります。

ビジネスローンの金利相場

ビジネスローンは、上限金利の相場が14.518.0くらいです。キャッシングやカードローンと同じような高金利と言えます。

ビジネスローンを扱う金融機関は下限金利も設けていますが、下限金利で融資してもらえる人は限られているため、上限金利の相場を参考にすると役立ちます。

公的融資の金利相場

公的な金融機関の融資は、比較的低金利です。日本政策金融公庫などは政府系金融機関として中小企業・個人事業主などを対象とした金融支援、新規開業者向けの融資も行っており、固定金利で低金利という点が魅力です。

国民生活事業における担保不要の融資だと、金利は1.812.85%くらいが相場です。中小企業事業の場合は融資期間に応じて1.451.16%くらいが相場で、一般的なビジネスローンの中でもかなり低金利だとわかります。

銀行の金利相場

銀行の場合は固定金利のところもありますが、多くは変動金利です。メガバンクのビジネスローンは金利相場が2.08.0くらいですが、融資実行までに23週間くらいかかる銀行が多く、すぐに資金が必要な人は他の金融機関を検討した方が良いでしょう。

信用金庫の金利相場

信用金庫のビジネスローンは銀行より審査が緩いと言われていますが、金利はやや高めです。地域によって差があるため、詳細は所在地の信用金庫へ確認してください。

ノンバンクの金利相場

ノンバンクのビジネスローンは、金利相場が8.018.0くらいと、他の金融機関に比べて高めですが、融資までの対応がスピーディー。即日融資や数日で融資というところが多く、資金を急ぐ人向けと言えます。

ただし、信用力や融資額などに応じて金利がかなり変わります。多くの人は上限金利での融資になるため、その点に注意して申込みましょう。

消費者金融の金利相場

消費者金融のビジネスローンは金融機関の中でも高金利なところが多く、金利相場は18%前後と法定上限に設定している傾向があります。法定上限金利は借入額が10100万円未満で18.0%、100万円以上で15%と定められており、100万円以上を融資してもらう場合でも高金利と言えます。

金融機関

金利の傾向

金利相場

日本政策金融公庫など

かなり低金利

1.452.85%くらい

銀行

低金利

2.08.0%くらい

信用金庫

やや高金利

地域により異なる

ノンバンク

高金利

8.018.0%くらい

消費者金融

かなり高金利

18%前後(法定上限に近い)

ビジネスローンの金利は、信用度が高い場合は金利相場の低い数字で高額融資してもらえる可能性がありますが、開業して間もない場合は高金利になりやすいです。

各金融機関の相場と特徴を把握して、自分に合ったものを選びましょう。

関連記事:ビジネスローンを選ぶ4つの比較ポイント!お得で最適なものを見つけるコツとは

関連記事:【最新2019】ビジネスローンおすすめ33選!法人/個人も即日で借りれる事業者ローン人気ランキング

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,549
投資家の登録数
No.1
2,932
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者16
16
昨日の投稿数6
6
投資家お知らせ
昨日の投資家2
2
昨日の投稿数2
2
先月のマッチング数182
182
先月の資金調達総額7億円以上
7億円以上

【低金利なビジネスローンその1】日本政策金融公庫

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、一般的な金融機関が行っている融資を補完する目的があります。国民・中小企業者・個人事業主の資金調達を支援し、新規開業者向けの融資も行っています。

政府が関係するさまざまな資金を使って融資を行うため、固定金利で低金利という魅力がある金融機関です。その反面、提出書類が多く審査基準も厳しいという特徴があります。融資までに1ヶ月くらいかかり、資金調達を急ぐ場合は不向きです。

金利

事業ごとにさまざまな融資があるため金利は異なりますが、国民生活事業の担保が不要な融資だと、1.812.85%くらいが相場です。中小企業事業向けの融資は、融資期間に応じて1.451.16%くらいです。

融資額

国民生活事業では個人企業・小規模企業向けに小口資金の融資をしており、融資額の平均は700万円です。中小企業事業では中小企業向けの長期融資を行っており、融資額の平均は1億円。その他の融資もたくさんあるため、目的の融資に合った融資を探しましょう。

融資条件

融資の種類によって条件は異なりますが、まずは事業形態によって利用可能な融資が決められています。小規模事業者向け、新規事業を立ち上げる人向け、中小企業向けなどが用意されています。

小規模事業者向けの新規開業資金を利用できる人は、これから事業を始める人、もしくは事業開始から7年以内の人という制限があります。

また、中小企業向けの場合は業種・企業規模・資本金などによって利用の可否が決まることが多いため、融資条件を満たしているか確認しましょう。

金利

1.452.85%くらい

限度額

  • 小規模事業者向け融資は約7,200万円
  • 中小企業向け融資の場合は約72,000万円(全体の融資平均額は700万円程度)

融資条件

事業年数、企業形態、年齢などさまざま

低金利のビジネスローンとして魅力的な日本政策金融公庫ですが、融資までの期間が長いというデメリットもあります。融資実行までに5つの段階があり、それをクリアするまでに時間がかかるためです。急いで資金調達したい人には不向きかもしれません。

低金利のビジネスローンを優先的に考えている人で、時間的な余裕がある人向けと言えるでしょう。

【日本政策金融公庫】

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/index.html

【低金利なビジネスローンその2】三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

資金の調達 中小企業向け融資 ビジネスセレクトローン : 三井住友銀行

メガバンクの三井住友銀行は全国に拠点があり、海外でも事業を展開している金融機関です。

金利

ビジネスセレクトローンの金利は2.125%と低く設定されています。金利は変動金利が基本ですが、固定金利・金利優遇制度なども用意されており、審査次第では有利になる場合もあります。

融資額

融資限度額は1億円で、資金の使途目的は運転資金・設備資金など比較的自由。担保・第三者保証人の必要がありません。

融資期間は最長7年と長く据置期間もあり、返済計画が立てやすいです。返済方法は元金均等返済となります。

融資条件

利用者の年齢が満2069歳までの法人・個人事業主で、事業開始から2年以上経過している場合に限られます。担保は原則不要ですが、担保があれば融資限度額が3億円に引き上げられます。第三者保証は不要ですが、代表取締役全員の連帯保証は必要です。

また三井住友銀行の窓口で取引可能な地域に所在し、最新決算期における債務超過がないこと、税金の未納がないことなども利用条件に含まれます。

審査に必要書類は、最新版の税務申告書(原本3期分)、最新決算期の納税証明書(法人税、消費税)、商業登記簿謄本(発行から3ヶ月以内)です。審査の内容に応じて追加書類が必要な場合もあります。

金利

2.125%

限度額

1億円(担保がある場合は3億円)

融資条件

  • 事業年数2年以上
  • 2069歳の人
  • 法人または個人事業主
  • 債務超過なし
  • 未納の税金なし
  • 代表取締役全員の連帯保証

低金利が魅力のビジネスローンですが、利用時に事務手数料がかかります。借入金額や利用状況に応じて32,40097,200円くらいかかるため、準備しておく必要があります。

【三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」】

https://www.smbc.co.jp/hojin/financing/chusho/bloan/

【低金利なビジネスローンその3】三菱UFJ銀行「融活力」

三菱UFJ銀行の「融活力」は、法人会・納税協会の会員企業向けビジネスローン。黒字経営の継続、事業拡大を目的とする企業向けであるため、資金調達が難航し、すぐにお金が必要な人にはあまり向きません。

金利

金利は2.19.0変動金利で、通常より0.25%優遇されています。

融資額

資金の使途目的は事業資金に限られ、融資限度額は5,000万円。融資期間は最長3年ですが、融資取引が1年以上ある場合は5年以内まで延長されます。返済方法は元金均等返済です。

融資条件

融資条件は、業歴2年以上かつ確定済みの決算書2期分を提出できる法人企業に限られます。また、最新決算期で債務超過がないこと、申込時点で税金の未納がないこと、三菱UFJ銀行の窓口へ来店できることなどがあります。

担保・保証は原則不要ですが、代表取締役の連帯保証は必要となります。手数料は無料のため、経費を抑えられるでしょう。

金利

2.19.0

限度額

5,000万円

融資条件

  • 事業年数2年以上で確定済み決算書2期分を提出可能な法人
  • 債務超過なし
  • 税金未納なし
  • 代表取締役の連帯保証
  • 銀行窓口へ行ける人

金融機関の中では少し特殊なビジネスローンで、融資取引歴がある企業が優遇される仕組みです。融資限度額もやや少なく、融資期間も短いため、経営状況に余裕がある人の方が利用しやすいでしょう。

 【三菱UFJ銀行「融活力」】

http://www.bk.mufg.jp/houjin/chusho/teikei/houjinkai/

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,549
投資家の登録数
No.1
2,932
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者16
16
昨日の投稿数6
6
投資家お知らせ
昨日の投資家2
2
昨日の投稿数2
2
先月のマッチング数182
182
先月の資金調達総額7億円以上
7億円以上

【低金利なビジネスローンその4】静岡銀行「ビジネスクイックローン」

ビジネスクイックローン | 法人のお客さま | 静岡銀行

静岡銀行は地方銀行で、静岡県内や周辺エリアに支店があります。ビジネスクイックローンは郵送やWEBで手続きできるため、来店不要という魅力があり、最短即日回答してくれます。口座がない人も同時申込をすれば利用可能です

金利

固定金利4.014.9と、ビジネスローンとしては低金利です。

融資額

50500万円10万円単位)の融資を受けられ、担保・保証人は不要、融資までの期間が短く、急いで資金調達したい人向けと言えます。融資期間は最長10年で、返済回数も最大120回です。

融資条件

担保不要で保証人は原則、法人代表者(申込時に満20歳以上満70歳未満かつ完済時に満76歳未満の人)となりますが、希望しない場合は個別相談に応じてくれます。

必要書類は法人の履歴事項全部証明書(3ヶ月以内作成のもの)、連帯保証人の運転免許証および保険証です。

ただし、融資を受けるためには、静岡銀行の営業区域内で事業を行っていることが条件となります。

金利

4.014.9

限度額

500万円(10万円単位)

融資条件

  • 静岡銀行の営業区域内で事業をしていること
  • 法人代表者の年齢が2070歳未満かつ完済時に76歳未満であり、保証人となること(応相談)
  • 口座開設することなど

審査結果は、指定したEメールアドレスへ連絡が来るシステムです。静岡県や近隣の人は利便性が高いため、検討してみてはいかがでしょうか。

【静岡銀行「ビジネスクイックローン」】

https://www.shizuokabank.co.jp/corporation/fund/chotatsu/biz_quick/houjin/index.html

【低金利なビジネスローンその5】エスワイシー「ビジネスローン・事業資金」

ビジネスローン・事業資金|ビジネスローン・事業資金の借入なら株式会社エスワイシー

株式会社エスワイシーは、企業向けローンサービスを専門に展開している会社です。

金利

7.5015.00の金利で提供しています。なお、融資額に応じて優遇措置があります。

融資額

300万円~1億円まで融資可能です。返済方法は一括または元金均等払いの分割返済となります

融資条件

融資条件は、年商5,000万円以上の法人であることで、原則、第三者保証人・担保不要です。

必要書類は、代表者本人と確認できる書類、決算報告書の一部(損益計算書、売掛金、買掛金内訳書)などで、審査内容に応じて追加書類が必要な場合もあります。

スムーズに手続きが進むと最短2日で融資実行となります。

また、赤字決算でも相談可能です。決算内容だけを重視するのではなく、実績や事業の可能性、発展性なども検討してくれます。

さらに、各種税金や社会保険料の滞納がある場合も相談できます。税金未納の場合、申請できない金融機関が多いですが、事情を汲み取って対応してくれます。返済途中でも追加融資が可能で、継続的に利用可能な点も魅力でしょう。

金利

7.5015.0

限度額

1億円

融資条件

  • 年商5,000万円以上の法人経営者または法人事業者
  • 決算内容(ただし、実績や事業の可能性や発展性を加味する)

銀行系のビジネスローンと比べるとやや高い金利ですが、審査内容が緩い傾向にあるため、利用できる可能性が高いというメリットがあります。経営状態が悪化したり、資金調達できるところがなかったりする場合でも、相談する価値はあるでしょう。

【エスワイシー「ビジネスローン・事業資金」】

http://www.s-y-c.co.jp/business/

【低金利なビジネスローンその6】オリックス・クレジット「オリックスVIPローンカードBUSINESS

【公式サイト】ビジネスローンカード「オリックスVIP BUSINESS」

オリックスVIPローンカードBUSINESSは総量規制の対象外のため、主力商品として人気があります。

金利

金利は6.017.8%と比較的低く、最短60分で審査結果がわかるため、資金調達を急ぐ人が利用しやすいビジネスローンです。融資金額に応じて金利は変わり、50万円までは8.017.8100500万円までは6.014.9となっています。

融資額

融資限度額は500万円で、使途目的は自由。事業資金やつなぎ資金の調達などに活用できます。

融資条件

利用できる人は、満2069歳までで、業歴1年以上の個人事業主または法人代表者の人に限られます。担保・保証人は不要です。

金利

6.017.8

限度額

500万円

融資条件

  • 2069歳までの人で業歴1年以上の個人事業主または法人代表者
  • その他、審査内容に応じて決まる

オリックスVIPローンカードBUSINESSには、振込・返済を即時に行うサービスがあり、融資が実行されれば携帯電話・パソコンで24時間どのタイミングでも借入や返済可能です。

【オリックス・クレジット「オリックスVIPローンカードBUSINESS」】

http://orixcredit.jp/loan/vipbusiness/

【低金利なビジネスローンその7】東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

東京スター銀行は、インターネットバンキング、テレホンバンキングなどの便利な金融商品を多数扱っています。

金利

6.514.5%と比較的低い金利が設定されている商品です。

融資額

スタービジネスカードローンは50500万円10万円単位)の融資を受けられ、融資期間は1年です。融資期間自体は短いですが、それ以降は1年ごとに自動更新されるため、相談次第で返済期間を延長することもできます。

融資条件

融資条件は、個人事業主・法人であり、業歴1年以上、年齢満2065歳、オリックス・クレジット株式会社の保証を受けられるといった項目があります。

担保・保証人は原則不要で利用可能です。

金利

6.514.5%

限度額

500万円

融資条件

  • 2065歳までの人で業歴1年以上の個人事業主または法人代表者
  • その他、審査内容による

スタービジネスカードローンは、申込から契約まで来店の必要がなく、事務手数料は無料です。

また「東京スターダイレクト」を利用すれば携帯電話・パソコンからいつでも自由に借入・返済可能で、ローンカードを利用すれば東京スター銀行・ゆうちょ銀行・全国の提携金融機関ATMで出金可能というメリットがあります。

【東京スター銀行「スタービジネスカードローン」】

https://www.tokyostarbank.co.jp/hojin/financing/sbcl.html

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,549
投資家の登録数
No.1
2,932
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者16
16
昨日の投稿数6
6
投資家お知らせ
昨日の投資家2
2
昨日の投稿数2
2
先月のマッチング数182
182
先月の資金調達総額7億円以上
7億円以上

最適な金融機関の選び方

ビジネスローンには、これまで紹介したもの以外にもさまざまなものがあります。そこでここからは、自分(会社)にとって最も適しているビジネスローンの見つけ方を紹介したいと思います。

特に考えておきたいのは

  • 必要資金
  • 金利
  • 融資スピード

3点です。

必要資金

まずは必要資金について考えてみましょう。低金利のビジネスローンを利用できても、資金が不足したのでは意味がありません。複数のビジネスローンを利用する手もありますが、時間と労力がかかり、返済計画も難しくなるためおすすめしません。

効率的に資金調達するには、必要な資金を確保できるかどうか、融資限度額と最低融資額に注目しましょう。

審査が厳しい金融機関だと、融資限度額を借入できる可能性は低いです。審査が通りそうで、融資額も十分な低金利のビジネスローンを23つくらい選び、比較してみましょう。

金利

次に、ビジネスローンの金利を比較します。金利は当然低い方が良いですが、審査の厳しさや融資のスピードを考えた際に、低い金利のビジネスローンでは、借入が難しい場合があります。

融資スピードや必要資金とのバランスを考えましょう。

融資スピード

最後に、お金が必要な時期までに融資が実行されるかを考えていきましょう。ビジネスローンには、低金利であるほど融資が遅いという特徴があります。至急資金が必要な場合は、金利より融資スピードを優先して選択する必要があります。

ノンバンクのビジネスローンは最短即日融資、来店不要というところが多いため、少しでも早く資金を手にしたい人は、融資スピードが遅い公的金融機関や銀行を避け、消費者金融系のビジネスローンも検討してみましょう。

ではここから先は、金融機関の中から最適な借入先を選ぶ際のポイントについて、さらに詳しく解説していきます。

【最適な金融機関を選ぶポイント1】何を優先すべきか決める

最適なビジネスローンを選ぶためにはローン比較が大事です。何を優先すべきかを考えて比較していくと、最適な金融機関を見つけやすくなります。

金利、審査基準、融資スピード、限度額など、優先事項はさまざまあります。その中から優先度の高いものを挙げていき、バランスを見ながら借入先を決めましょう。

支払期限が迫って資金が足りない場合は、融資スピードを優先すべきです。高金利、返済期間が短いなど、融資スピードの速いビジネスローンは、比較的条件が悪くなる傾向にあります。

しかしすぐにでもお金を用意したい場合、こうしたスピード重視の融資は非常に便利です。

一方、設備投資や新規事業立ち上げのため、まとまったお金が必要な場合は、限度額が大きいところを選びましょう。

ビジネスローンは融資限度額の平均が500万円というケースが多く、それ以上となると選択肢が少なくなるため、より多く融資してくれそうな金融機関を見つける必要があります。

法人でない場合は、個人事業主でも利用可能な金融機関しか選べません。その中から次に優先したいこと(金利、融資スピードなど)を考えて比較していきましょう。

事業の状態、今後の状況変化に応じて選ぶべきビジネスローンは異なってきます。優先したいことをまとめたら、その条件に合った金融機関をピックアップし、比較してみましょう。

【最適な金融機関を選ぶポイント2】個人事業主でも借りられるかを調べる

個人事業主は、法人より資金調達方法の選択肢が狭いというのが現状です。個人事業主だと信用保証協会の保証付融資も審査に通らないケースが多く、銀行プロパー融資も厳しいでしょう。

助成金・補助金も法人向けが多いため、個人事業主の場合は、資金調達の方法が限られます。

ただし、ビジネスローンの中には個人事業主が利用できるものも多く、特に大手・中小消費者金融系ビジネスローンだと、個人事業主向けの融資を積極的に行うところもあります。

法人と個人事業主を比べると、個人事業主は信用力が足りません。そのため、法人の方が優先的に融資される傾向にありますが、個人事業主向けのビジネスローンであれば、借入もしやすいでしょう。

なおビジネスローンは、個人事業主と法人、両方に融資する商品もあれば、個人事業主に限定して融資する商品もあります。いずれか選択する際は、個人事業主だけが利用できるビジネスローンをおすすめします。

確実に融資してもらうには、個人事業主のみを対象としたビジネスローンの方が、借入できる可能性が高いです。

【最適な金融機関を選ぶポイント3】口座を持っているか

ビジネスローンでは、口座開設の有無についても条件に含まれていることが多いため、その点も確認が必要です。

すでに口座を持っている場合は、新規開設の手続きを省くことができますが、新たな申込となると口座も同時に開設する必要があります。

消費者金融系のビジネスローンは口座開設を不要とするところが多いですが、銀行系のビジネスローンの場合、口座開設を必須条件とするところが多く見られます。また、口座を持っていてすでに取引をしている方が、信用性が高いです。

銀行や信用金庫などのビジネスローンの場合、融資の他に口座開設の審査もあります。法人口座は個人口座よりも手続きに時間がかかります。ただし、消費者金融や信販会社では開設不要なケースが多いため、手間はかかりません。

低金利のビジネスローンは、その他の特徴も見極めて選択

一般的に高金利と言われるビジネスローンですが、紹介したような低金利のものも存在します。ただし、金利だけで比較するのではなく、融資スピード・審査基準・返済方法などの条件もしっかり見極めて、自分に合ったビジネスローンを見つけましょう。

ビジネスローンの即日審査を通す11のコツ!100万円~300万の融資ならあなたも借りられる!

今すぐお金を借りる27の方法!1日で3万5万10万借入できる!即日審査~融資の銀行個人ローンや消費者金融・掲示板まで

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々に
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
15,549
投資家の登録数
No.1
2,932
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者16
16
昨日の投稿数6
6
投資家お知らせ
昨日の投資家2
2
昨日の投稿数2
2
先月のマッチング数182
182
先月の資金調達総額7億円以上
7億円以上

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

起業家お知らせ
昨日の経営者
16
昨日の投稿数
6
投資家お知らせ
昨日の投資家
2
昨日の投稿数
2
先月のマッチング数
182
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる