ビジネスローンを選ぶ4つの比較ポイント!お得で最適なものを見つけるコツとは

登録日:2018.12.4  |  最終更新日:2019.7.26



事業を営んでいるとさまざまな悩みを抱えます。「事業を拡大したいけど資金が足りない」「今月は利益が足りず支払いが滞りそうだ」など、お金に関する悩みを持つ経営者も多いことでしょう。

そこで今回は、事業に活用しやすいビジネスローンをテーマに有力な情報を集めてみました。個人事業主や法人を対象とするビジネスローンの特徴、自分に合ったビジネスローンの見つけ方、そしてビジネスローンの比較方法について解説します。

この記事を最後まできっちり読めば、あなたにぴったりなビジネスローンを確実に見つけることができます。


※ なお、ビジネスローンの他にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。



※ また、「1日でも早く300万円の事業資金が必要」な方は、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

 

事業に使えるビジネスローン

ビジネスローン比較コンシェル|全130社金利・即日・審査比較

ビジネスローンは事業者の要望に特化したローンを指します。事業の運転資金やつなぎ資金など、経営する上で必要なお金を融資して欲しいという事業者のニーズに応えてくれるローンです。

公的機関融資や他の融資を利用することもできますが、審査基準が厳しい、融資まで時間がかかるなど、ややハードルが高い融資は毎回利用できるとは限りません。

民間企業で行っているビジネスローンなら、比較的審査は緩く即融資してくれるところもあるため、事業者のニーズにはまるケースが多いです。

ビジネスローンを大別すると、銀行系ノンバンク系に分類できます。銀行系は銀行の関連会社が提供するビジネスローンで、それ以外の消費者金融などの金融機関が提供するビジネスローンがノンバンク系に該当します。このビジネスローンをさらに細かく見ていきましょう。

ビジネスローンの種類

ビジネスローンは、主に銀行系ビジネスローン消費者金融系ビジネスローン中堅企業のノンバンクビジネスローン中小企業のノンバンクビジネスローン4つに分類できます。

審査基準の厳しさは銀行系ビジネスローン消費者金融系ビジネスローン中堅企業のノンバンクビジネスローン中小企業のノンバンクビジネスローンの順番です。

融資してもらいたい事業主は、知名度が高く金利が低いビジネスローンを利用したいと考える傾向があるため、申込が集中します。

しかし、審査に落ちれば認知度が低く金利が高いところへ流れるため、必然的に審査が緩めのビジネスローンを申込ケースが増えます。顧客数を獲得したい中小企業は、ビジネスローンを多く利用してもらうため、審査を甘くする傾向があります。

ビジネスローンの種類

特徴

銀行系ビジネスローン

低金利だが審査は厳しい

消費者金融系ビジネスローン

金利も審査も平均的

中堅企業のノンバンクビジネスローン

金利は高いが審査は緩め

中小企業のノンバンクビジネスローン

高金利だが審査は甘い

ビジネスローンを扱う金融機関によって金利や審査基準に違いがあります。4つのビジネスローンを比較し、どれが自分に合っているかを考えましょう。

申込方法

ビジネスローンの申込方法は、一般的にWEBを介することが多いです。電話やFAXから申込める場合もありますが、WEBなら24時間いつでも可能というメリットがあります。融資のスピードを意識するならWEB申込がおすすめです。

申込んだ後は仮審査が行われ、申込先である金融機関から連絡がきます。そして本審査が始まり、提出書類を踏まえて結果が出るという流れです。

最近では、年収、キャッシングやローンの履歴などを提示するだけで融資を受けられるかがわかるシステムを導入している金融機関も増えています。

また、事業主が希望するローンの利用額の返済シミュレーションができるところもあります。

金利

ビジネスローンは、基本的に高金利です。ビジネスローンは、中小企業・零細企業・個人事業主向けにできた融資方法で、貸し倒れにならない程度の高金利を設定し、審査をやや甘くすることで利用しやすくしたものです。

銀行のビジネスローンでもノンバンクのビジネスローンでも、金利は10超えのものが多いです。低金利で資金調達したいと考える人は、ビジネスローンより信用保証協会の保証付き融資や日本政策金融公庫などを利用した方が得策と言えます。

銀行系のビジネスローンは低金利の傾向がありますが、担保が必要となる場合が多いです。ただし、当然審査が厳しくなるため、利用条件を満たすのが難しいでしょう。金利の相場は2.010.0くらいで、変動金利の融資が多いです。

ノンバンク系のビジネスローンは、金利6.018.0くらいが相場。銀行系と比べてかなり高いことがわかります。

ビジネスローンのメリット

ここからは、ビジネスローンの主なメリットを5つ紹介します。

審査が通りやすい

ビジネスローンは、通常のキャッシング審査では不利になる個人事業主も、審査を通過する確率が高くなっています。

キャッシング審査において、個人で事業を営む方は収入が不安定と判断されることが多く、融資金額が少なくなったり、審査に落ちてしまったりするケースが多いです。

対して、ビジネスローンは事業者のみを対象としているため、個人で事業を営んでいる方でも審査に不利となることはありません。

融資が早い

他の融資や公的機関に比べて融資が早いことも、ビジネスローンのメリットです。

公的融資や他の融資は慎重に審査を行うため、融資実行までには時間がかかります。しかし、ビジネスローンの場合は短期間で審査が終わるため、一般的に23で融資が実行されます。消費者金融が取扱うビジネスローンの中には、即日融資をしてくれるところもあります。

事業が行き詰まる前に審査を受けることができれば、自分の事業がピンチに陥ったとしても迅速に対応することが可能です。

借入上限額が高め

ビジネスローンは、自営業者または中小規模の会社を経営している方をターゲットにしているローンです。そのため、ビジネスのための運営資金として、他のキャッシングやローンなどと比べても高額な借入が可能です。

ビジネスローンは総量規制の対象外

総量規制は貸金業法によって定められたものであり、この法律によってキャッシングやローンなどを利用する際には年収の3分の1以上の融資は受けられないことになっています。

一部例外を除き、銀行系の金融機関はこの法律が適応されているのが現状です。

しかし総量規制は事業性資金には適応されないため、事業資金として利用するビジネスローンは基本的に年収の3分の1以上でも融資を受けることが可能です。

担保や保証人不要、提出書類は少なめ

民間企業が行うビジネスローンの場合、基本的に担保や保証人を不要とするケースが多いです。また、審査に必要な提出書類も少ない傾向があります。

ビジネスローンのメリット

  • 審査が通りやすく融資もスピーディー
  • 融資の上限額が高め
  • 総量規制の対象外
  • 担保・保証人不要とするケースが多い
  • 融資に必要な提出書類は少なめ

民間企業のビジネスローンは、公的融資や他の融資とは異なる特徴が多いことがわかります。上の表にあるメリットと融資における希望条件を比較してみましょう。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンにおける主なデメリットは3つあります。

公的融資と比べて金利が高い

審査が早くスピーディーに融資してくれるビジネスローンですが、公的融資や他の融資より金利が高めに設定されていることが多いです。審査をあまり厳しくしていないため門戸は広いですが、その分、金利を高く設定しています。

融資額は審査結果で決まるため希望額と異なる場合がある

ビジネスローンの最大融資額は、あくまで上限です。申込者全員が利用できるわけではなく、個々の融資額は審査の結果で決まります。そのため上限いっぱいの金額を借入できるとは限りません。

次回からの融資が制限される恐れがある

銀行などでは、ビジネスローンを利用する事業者をやや低く判断する傾向があり、決算書に利用した形跡が載っていると、融資の申込で落とされる可能性があります。

それだけにビジネスローンの利用は、慎重にならなければなりません。他の融資や信用保証協会付き融資、または日本公庫融資などの利用を優先した方が良いでしょう。

ビジネスローンのデメリット

  • 金利が高め
  • 希望額を融資してもらえるとは限らない
  • 取引銀行への信頼が薄くなる可能性がある

ビジネスローンはメリットの反面、デメリットも存在します。誰にでも最適とは断言できないため、メリット・デメリットを比較してビジネスローンを利用するかどうか判断しましょう。

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,114
投資家の登録数
No.1
4,168
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

ではここからは、ビジネスローンを選ぶ際の比較ポイントをご紹介します。

【ビジネスローンの比較ポイント1】金利

ビジネスローンを比較する際、金利は外せないポイントです。金利が低ければ審査が厳しくなりますが、返済を考えると低金利のビジネスローンを選びたい人は多いでしょう。

一般的にノンバンク系のビジネスローンより銀行系のビジネスローンの方が低金利になりやすいです。

また、金利には下限と上限が設定されています。ビジネスローンを比較するなら、上限金利に注目しましょう。

上限金利を重視する理由は、適用される金利が審査内容で変わるためです。

金利は企業の状態や借入状況などで決まりますが、経営の状態が良くない企業の場合、上限金利での融資になる可能性があります。

借入額が大きくなるほど金利は低くなりますが、その逆もしかりです。希望する融資額が多く審査に通れば金利は低くなりますが、希望額より少なければ金利が高くなります。

上限金利が低いビジネスローンをいくつか比較して、希望融資額が通りそうな金融機関を選びましょう。

低金利のビジネスローンを探している方はこちらの記事がおすすめ。

ビジネスローン低金利ランキング!最適な金融機関を選ぶ3つのポイントとは

銀行ビジネスローン人気ランキング20選!あなたも低金利で今すぐ500万円~1億円の資金調達ができる!

【ビジネスローンの比較ポイント2】融資までの期間

金利だけでなく、融資が実行されるまでの期間も各ビジネスローンで比較しましょう。すぐにお金が必要な場合は即日融資をしてくれる金融機関を選ぶ必要がありますが、急がない場合は融資までの期間が長くなっても低金利で融資してくれるところを選んだ方が無難です。

即日融資が必要な場合は、ノンバンク系である大手消費者金融のビジネスローンがおすすめです。スコアリングシステムを導入した審査を行うところが多く、数分で審査結果が出てきます。

銀行系のビジネスローンでもスコアリングシステムを導入しているところがありますが、承認基準が複雑になっているケースが多く、即日融資ができない可能性が高いです。

いつまでに資金が必要なのかを明確にし、その期限までに融資してくれるところをピックアップして比較しましょう。

ちなみに銀行系ビジネスローンの申込方法は、一般的に以下の流れで進みます。

  1. 銀行へ申込む
  2. 融資担当者からヒアリングされる
  3. 決算書などの情報をチェックされる
  4. 融資担当者が稟議書を起案する
  5. 複数の上長が審査を行う
  6. 決済が降りる
  7. 融資実行

このように長い道のりを経て融資が実行されます。審査にかなりの時間がかかるため、2週間から1ヶ月くらいかかるケースも多いです。多くの金融機関はビジネスローンの融資金を銀行振込で行うため、土日祝日のことも考えておく必要があります。

カードローンタイプのビジネスローンならコンビニATMや無人機で引き出すことも可能ですが、銀行窓口で引き出す場合は営業時間に注意が必要です。また、カードを発行してから手元に届くまでの期間も考える必要があります。

【ビジネスローンの比較ポイント3】借入限度額

借入限度額もビジネスローンを比較するときに必要な情報です。ビジネスローンは無担保かつ保証人なし、審査が甘いというメリットがある代わりに、高金利で融資額は少額という特徴があります。

まずは必要な資金を全額融資してくれるところを探す必要があります。ビジネスローンの限度額は、多くても最高1,000万円くらいが相場です。その最高融資額を借入できるかどうかも審査次第となるため、確実に融資してもらえるとは限りません。

ビジネスローンを初めて利用する人の場合、100200万円くらいが相場です。返済が完了し、問題がなければ2回目以降の融資額が増える可能性は高いですが、段階的な話になるため、一気に高額融資を期待すると計画通りに行かなくなる可能性があります。

希望する融資額が大きい場合は、なるべく融資限度額を高く設定しているビジネスローンを比較して、利用条件に当てはまるところを選びましょう。

【ビジネスローンの比較ポイント4】申込方法

申込方法もビジネスローンを比較する上で大事なポイントです。最近は来店不要で、簡単に手続きができるビジネスローンが増えています。WEBですべてが完結するタイプも珍しくありません。

ネット申込なら24時間いつでもできるため、仕事をしていて日中は身動きがとれない人、外出が難しい人でも利用しやすいでしょう。

WEB申込型のビジネスローンを比較する際に注意すべき点は、WEB申込の後に店舗へ行って契約する場合があることです。契約に必要な書類を郵送する場合も多く、ネット完結型ではないビジネスローンもあることを知っておきましょう。

ビジネスローンの申込方法を比較する場合は、店舗を訪れる必要があるか、必要書類を郵送するのか、書類をWEBでアップロードできるのかなどをチェックしてください。

ビジネスローンの比較ポイント

チェック事項

金利

  • 上限金利は適切か

融資までの期間

  • 即日融資か
  • 時間がかかるか

借入限度額

  • 希望融資額を満たすか
  • 最高額はいくらか

申込方法

  • WEBが使えるか
  • 来店の必要があるか
  • 書類をWEBでアップロードできるか

表にある4つの比較ポイントを踏まえた上で、自分にとってデメリットの少ないビジネスローンを見つけましょう。

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,114
投資家の登録数
No.1
4,168
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

【お得で最適なビジネスローンを見つけるコツ1】自分の使い方に合ったものを選ぶ

ビジネスローンを比較してお得に借入するためには、自分が何を目的に融資を受けたいかを明確にする必要があります。使途目的をはっきりさせ、スムーズな資金調達を行いましょう。

もし独立・開業を目指しているなら、まずはゆとりのある資金計画を立てることが大切です。可能な範囲で自己資金を準備し、なるべく融資額を減らすことを考えることをおすすめします。

すでに開業していて事業資金にビジネスローンを利用したい人は、返済見込みが確実かを計算して利用しましょう。

「この日に入金があるから、短期返済型で低金利の融資を受ける」「設備投資にお金が必要だが、利益がすぐ出せない可能性もあるため、長期返済できる融資にする」といったように、適正なビジネスローンはケースごとに異なります。

ビジネスローンを比較し、自分に最適なものを選ぶためには、使途目的に合う商品を見つけて比べることが大切です。

【お得で最適なビジネスローンを見つけるコツ2】個人事業主でも利用できるものを探す

個人事業主の場合、法人と違って選べる資金調達方法の選択肢が少ないと言われています。助成金や補助金なども法人向けが多く、個人事業主が利用可能な助成金や補助金は少ないのが現状です。ビジネスローンの中にも個人事業主は不可とする金融機関があるため、事前確認してください。

一般的に、銀行系のビジネスローンは個人事業主は利用できない場合が多いですが、消費者金融系のビジネスローンは個人事業主の利用も可能とするところが多い傾向にあります。ただし、個人事業主がビジネスローンを比較するとき、いくつか注意すべき点があります。

事業歴が1年以上であること

ビジネスローンの審査には、一般的に最低1期分の青色申告決算書・収支内訳書が必要です。1年以上経過していないと審査に必要な書類が作れず、借入可能条件を満たさないことになります。まずは借入条件を確認してみましょう。

長期的な借入には使わない方が良い

ビジネスローンの金利を比較すると、個人事業主が利用しやすい金融機関は、金利を高く設定していることが多いです。つまり、数年単位で長期間にわたり事業資金として融資を受けた場合、返済が難しくなる場合が多いです。

そのため長期的な借入ではなく、短期の資金として使う方が賢明です。

【お得で最適なビジネスローンを見つけるコツ3】無利息期間があるものを利用する

30日間無利息について | お借入れならカードローン・キャッシングのレイクALSA

ビジネスローンを比較してみると、「初回30日間無利息」「45日間無利息」などの無利息キャンペーンを行っているところがあります。無利息の期間は金利が0.0になるため、その期間中に完済できれば、実質的に利息を0円で返せるということです。

高金利のビジネスローンを利用したとしても、無利息期間中の返済は元本のみを返済するため、金利を気にする必要がありません。お得に融資を受けたい人は、無利息期間を設けている金融機関を探してみましょう。

ただし、利用条件を「初めて利用する人」に限定しているところが多いため、2回目以降は利息がかかる点に注意してください。

【お得で最適なビジネスローンを見つけるコツ4】担保があれば用意する

事業資金として高額融資が必要な場合、有担保ローンも検討してみましょう。担保があれば、融資限度額が増えたり、条件が良くなったりする場合もあるようです。担保があれば信用度が増し、返済能力があると見なされ、審査が通りやすくなります。

特に多いのは、不動産を担保にしたビジネスローンです。運転資金、設備資金、起業資金、つなぎ資金などに使えるお金を融資してもらえるため、さまざまな使い道があります。

不動産担保ローン|事業者ローン|晶光商事株式会社

担保があると金融機関側の貸し倒れリスクが下がるため、低金利になる可能性が高いです。融資希望額を多めにしても、審査が甘くなる傾向が見られるため、通りやすいでしょう。返済期間を長期に設定しても月々の返済額が少なくて済むため、メリットは多いです。

ビジネスローンを比較し、自分にとってメリットの多い融資を!

ビジネスローンは数が多く、銀行系やノンバンク系など、種類はさまざまです。しかし、使途目的・返済計画・必要な融資額などを明確にしておけば、どういったローンが自分に合うかが見えてきます。条件に合うビジネスローンを比較し、メリットが多く最適なものを利用しましょう。

ビジネスローンの即日審査を通す11のコツ!100万円~300万の融資ならあなたも借りられる!

【最新2019】ビジネスローンおすすめ33選!法人/個人も即日で借りれる事業者ローン人気ランキング

【最新】ビジネスローンの審査難易度は?事業資金借入を100%成功させる10のコツ!

また、エンジェル投資家からの資金調達に興味のある方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderでは、起業家とエンジェル投資家のマッチングを行っているため、資金提供をしてくれる投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。

■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,114
投資家の登録数
No.1
4,168
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者12名 投資家1
昨日の投稿数
経営者6件 投資家1
先月のマッチング数
67
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる