【意外と知らない】カードローンとは?メリット・デメリットと種類一覧、正しい使い方のポイント5つ

登録日:2018.11.9  |  最終更新日:2018.11.9

-急な出費で現金が必要…

そんな時にぜひ思い出してほしいものが、「カードローン」です。即日融資が可能だったり、何度でも借入ができたりとさまざまなメリットがありますが、実はその仕組みや魅力を知らない方も意外と多いのが現状。

そこで今回は、カードローンの種類やメリット・デメリットについて詳しく解説します。正しく使用するためのポイントもご紹介するため、カードローンが初めての方もご安心ください。

この記事を最後まで読めば、カードローンの基本を100%理解できます。


また、開業資金でお困りの起業家、事業資金でお困りの経営者はいませんか?

そのような方には、当サイト「Founder」への登録がおすすめです。Founderは投資家・起業家をつなぐマッチングサイトであり、エンジェル投資家からサポートを受けられる可能性があるサービスです。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

Founderなら1分で起業家と投資家がマッチングされます!

マッチング登録フォームを表示

おすすめアイコン 起業家登録こんな方オススメ!
  • 1,000万円起業資金を調達したい!
  • 独立・開業して成功したい!
  • ビジネスを支援してくれる投資家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

起業家登録をして、1000万円の資金調達を達成しよう!

おすすめアイコン 投資家登録こんな方オススメ!
  • 将来有望な起業家投資したい!
  • 信頼できるビジネスパートナー見つけたい!
  • ビジネスを上手く回せる起業家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

投資家登録をして、あなたに最適な投資先を見つけよう!

起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • 銀行借入の審査を100%通す10のコツ。必ず500万円の融資を受ける方法
  • エンジェル投資家とは?ベンチャー企業が投資を受ける5つのコツ!
  • 日本政策金融公庫の融資審査を通す5つの秘訣!あなたも1000万円を確実に借入できる!!

投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • ICOは投資のチャンス!ICOのメリット・デメリットやスケジュール、2つの注意点を幅広く解説!
  • 投資の情報収集に最適なアプリ&サイト15選!
  • 投資で稼ぐ5つの方法!!初心者が投資で儲けるためにまずは見るべき方法まとめ
  • 起業家登録数 No.1
    10,975名!!
  • 投資家登録数 No.1
    1,933名!!

※2018年11月19日現在

昨日のマッチング人数:0012

  • 起業家MASAcookさん
  • 投資家Andyさん
  • 起業家もりさん
  • 投資家Fujiokaさん
  • 起業家kosigoetakeuchiさん
  • 起業家エレクトロンさん
  • 起業家Riiさん
  • 投資家GlobalCarrierさん
  • 起業家ラッシーさん
  • 起業家橋本敏弘さん
  • 起業家GWT COMMUNICATIONSさん
  • 起業家直希さん
  • 起業家マルチスタイルさん
  • 投資家あかりさん
  • 起業家高江洲 真美さん
  • 起業家モリモリさん
  • 起業家takasanさん
  • 投資家TNKさん
  • 起業家銀三郎さん
  • 起業家ミンミンさん


 

■カードローンとは?キャッシングとは何が違う?

まずはカードローンの基本情報や、キャッシングとの違いを押さえておきましょう。

カードローンとは、無担保で融資を受けられる個人向けのサービスです。ローンには、自動車や教育費などあらかじめ資金使途に制限がある「目的別ローン」と、資金使途に制限のない「フリーローン」があり、カードローンはフリーローンの一種にあたります。 

銀行や消費者金融などの金融機関でカードローンに申し込むと、審査を経てローン専用のカードが発行されます。各金融機関のATMはもちろん、コンビニのATMなどでも現金を引き出すことができ、限度額以内であれば何度でも借入が可能です。

また、銀行など一部の金融機関では、キャッシュカードにローン機能を搭載した、一体型のカードローンを提供するケースも見られます。



(出典:キャッシュカード一体型カードローン l 池田泉州銀行)


〇カードローンの限度額はどう決まる?

カードローンの限度額については、申込者の年収や過去の利用実績などに基づき設定されます。年収が高ければそれだけ限度額も高く設定できますが、過去に返済が滞った経験があれば、希望した限度額を設定できない可能性もあります。

審査では、主に申込者の勤務先や年収、勤続年数の他、過去の借入記録や返済遅延の有無まで、個人情報信用情報を細かくチェックされます。滞りなく返済できるかを判断する目安として、収入額は大きなポイント。

金額はもちろん、定期的に安定して収入があるかどうかも重視されるため、年収が高くても毎月の収入に大きな変動がある場合には注意が必要です。

 

〇キャッシングとカードローンは違う?

一方でキャッシングとは、クレジットカードに付帯されているサービスのひとつであり、ATMなどから現金を引き出すことができるものです。申し込みには審査があり、カードローンと同じく申込者の勤務先や年収などが細かくチェックされます。

これだけを見るとカードローンと同じように思えるかもしれませんが、金利や限度額、返済手段などに以下のような違いがあります。

 


カードローン
キャッシング
上限金利
利用する金融機関により12.0%~18.0%程度
ほとんどの場合が18.0%
限度額

主に審査にて決定されるが、利用する金融機関により異なる

銀行系では、年収の3分の1以上の融資も可能

年収の3分の1まで
返済手段

・金融機関またはコンビニのATMに入金

・口座引き落とし

口座引き落とし
支払い方法
一括払い、分割払い、リボルビング払い
一括払い、リボルビング払い


このように、カードローンとキャッシングには利用方法や内容に違いがあるため、申し込みの前にはしっかりと確認しておきましょう。

 

■カードローンのメリット・デメリットは?

カードローンを利用する際には、メリットやデメリットをきちんと理解しておくことが大切です。次からは、カードローンのメリット・デメリットをひとつずつ見ていきましょう。

 

〇メリット

【カードローンのメリットその1】資金使途が自由

冒頭でもご紹介したように、カードローンには資金使途の制限がありません。したがって、借入した資金を生活費に使用したり、自動車ローンの返済に使用したりと自由に使えます。

自動車ローンや教育ローン、住宅ローンなどのように資金使途に制限がある目的別ローンに比べると、資金使途が自由な点は大きなメリットと言えるでしょう。

 

【カードローンのメリットその2】担保や保証人が不要

融資を受ける際には、担保・保証人を用意するのが一般的です。

しかし、カードローンの場合は個人の信用力だけで融資を受けられるため、自動車や不動産などの資産を担保にしたり、家族や知人に保証人になってもらったりする必要がありません。担保・保証人が不要な分、誰でも手軽に申し込みができると言えるでしょう。

ただし収入が全くない場合には、保護者または配偶者の同意を必要とすることもあるため、事前の確認が必要です。

 

【カードローンのメリットその3】簡単に申し込みができる

銀行や消費者金融のカードローンは、パソコンやスマートフォンからの申し込みが可能です。

例えば、銀行の場合はインターネットから本人確認書類を提出すると、電話またはメールにて審査結果の連絡が届きます。審査に通っていれば、すぐにATMで現金を引き出すことができます。

銀行によっては、ローンカードを発行せずに既に所有しているキャッシュカードを利用できる場合もあるため、申し込み先に確認してみると良いでしょう。消費者金融も同じくインターネットから申し込みますが、銀行よりも審査が短いため1時間前後で融資を受けられることも。 

このように、いつでも好きな時に好きな場所で申し込みができる手軽さも、カードローンのメリットのひとつです。

 

【カードローンのメリットその4】いつでも現金の引き出しが可能

カードローンでは、金融機関・コンビニのATMで借入や返済が可能です。外出先で急に現金が必要になった時に借入をしたり、仕事の帰りにコンビニに立ち寄って返済したりと、いつでも自由に利用できることに魅力を感じる方も多いことでしょう。 

コンビニのATMで現金を引き出す際に気になるのが、利用手数料です。コンビニでは、休日や平日の夜間など一定期間のATM利用に手数料がかかり、店舗によっては200円以上の手数料が必要となります。

そこで、コンビニでの借入や返済を予定している方は、利用手数料が無料になるカードローンを利用するのがおすすめ。利用時の手数料が還元されるものもあるため、申し込み時に確認しておくと安心です。

 

【カードローンのメリットその5】限度額以内で何度でも借入ができる

カードローンの利用限度額は審査によって決まりますが、その金額以内であれば何度でも現金を引き出すことができます。

例えば利用限度額が100万円の場合、一度に100万円を借入することはもちろん可能。さらに、20万円ずつ複数回に分けての借入や現金が必要になる度の借入など、状況に応じて何度でも現金の引き出しが可能です。

 

【カードローンのメリットその6】最短即日で資金を調達できることもある

銀行融資や信用保証協会への保障付き融資など、多くの融資は申し込みから資金調達までに数週間~1カ月程度かかるケースが一般的。申し込みにもさまざまな書類が必要となるため、その準備期間も含めるとさらに長くなる可能性があります。

しかし、消費者金融のカードローンはインターネットから手軽に申し込みができる上、数時間程で審査が完了する場合が多いため、最短即日で資金を調達できるケースも珍しくありません。急な出費が発生した場合の、心強い味方になってくれるはずです。

ただし、銀行のカードローンは2018年1月より即日審査・即日融資ともにできないよう規制されたため、銀行のカードローンを検討中の方はご注意ください。

 

〇デメリット

【カードローンのデメリットその1】金利が高い

さまざまな魅力がある一方で、金利の高さはカードローンのデメリットと言えます。

上限金利は金融機関により異なりますが、中には年18.0%ほどの高金利のカードローンも。担保や保証人を必要としないため、有担保・有保証の融資と比べると金利が高くなりやすいのが特徴です。

また、カードローンには「年率3.0%~13.8%」のように下限金利が記載されています。複数のカードローンから選ぶ場合にはつい下限金利を比べてしまいがちですが、カードローンを初めて申し込む際に下限金利が適用されるケースは少ないため、上限金利もきちんとチェックしておきましょう。

 

【カードローンのデメリットその2】信用情報機関に履歴が残る

信用情報機関とは、申込者の信用情報を登録する機関です。2018年11月現在では、「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3つの機関が互いに連携を取って信用情報を共有しています。



(出典:CRINでは、どこまでCICやJICCの信用情報機関の情報が共有されますか?|クレジットカード審査まとめ.com)


信用情報機関には、カードローンに申し込んだ履歴からローンの契約履歴、借入金額・返済履歴、延滞情報に至るまで、融資に関するさまざまな情報が記録されています。カードローンの返済が遅れたり、返済できず自己破産したりした履歴もすべて信用情報機関に残り、共有されることを理解しておきましょう。

なお、金融機関の融資審査では必ず信用情報を照会するため、過去の履歴によっては審査に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

【カードローンのデメリットその3】長期借入では利息が増える

短期間の借入に適したカードローンですが、借入期間が長くなればなるほど利息が増える点はデメリットです。

また、カードローンの多くが返済方法にリボルビング払いを採用している点も、利息が増える原因のひとつ。リボルビング払いとは毎月決められた金額を返済する方法であり、借入総額が増えても月々の返済額が一定であるため、借入回数が増えると返済期間も長期にわたる仕組みです。


(出典:リボルビング払いは本当に「暴利」を取っているのか?)


したがって、複数回にわたって借入を重ねるといつまで経っても返済が終わらず、利息が増える原因となってしまいます。

 

【カードローンのデメリットその4】他のローンの審査に影響することもある

カードローンは契約していればいつでも借入が可能なため、実際にはカードローンでの借入経験がなくても「融資を受けているのと同じ状態」だと見なされることがあります。その結果、自動車ローンや住宅ローンなど、他のローンの審査に影響を与える可能性があるので注意しなければなりません。

上限金額が少額の場合は他の審査への影響も大きくはありませんが、特に数百万円の金額を設定している場合には注意が必要です。

 

【カードローンのデメリットその5】借入が癖になりやすい

コンビニのATMで手軽に借入や返済ができるカードローンは、「借金をしている」という実感が薄れてしまうため、借入が癖になってしまうことがあります。

どんなに簡単に現金を引き出せたとしても、借金をしているのだと自覚することが大切。安易に借入を繰り返さないよう、きちんと返済計画を立てておくことが望ましいでしょう。

 

メリット
デメリット

・資金使途が自由

・担保や保証人が不要

・簡単に申し込みができる

・いつでも現金の引き出しが可能

・限度額以内で何度でも借入ができる

・最短即日で資金を調達できることもある

・金利が高い

・信用情報機関に履歴が残る

・長期借入では利息が増える

・他のローンの審査に影響することもある

・借入が癖になりやすい

 

カードローンにはこのようなメリットやデメリットがありますが、利用するカードローンによっても違いがあります。そこで次からは、カードローンの種類について見ていきましょう。


また、資金面でお悩みの起業家・経営者には、当サイト「Founder」の利用がおすすめです。

Founderは国内最大級のマッチングサイトであり、これまで数多くのマッチングが誕生しています。投資家登録数No.1のサイトであるため、手っ取り早く投資家にビジネスプランをアピールできるでしょう。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

Founderなら1分で起業家と投資家がマッチングされます!

マッチング登録フォームを表示

おすすめアイコン 起業家登録こんな方オススメ!
  • 1,000万円起業資金を調達したい!
  • 独立・開業して成功したい!
  • ビジネスを支援してくれる投資家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

起業家登録をして、1000万円の資金調達を達成しよう!

おすすめアイコン 投資家登録こんな方オススメ!
  • 将来有望な起業家投資したい!
  • 信頼できるビジネスパートナー見つけたい!
  • ビジネスを上手く回せる起業家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

投資家登録をして、あなたに最適な投資先を見つけよう!

起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • 銀行借入の審査を100%通す10のコツ。必ず500万円の融資を受ける方法
  • エンジェル投資家とは?ベンチャー企業が投資を受ける5つのコツ!
  • 日本政策金融公庫の融資審査を通す5つの秘訣!あなたも1000万円を確実に借入できる!!

投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • ICOは投資のチャンス!ICOのメリット・デメリットやスケジュール、2つの注意点を幅広く解説!
  • 投資の情報収集に最適なアプリ&サイト15選!
  • 投資で稼ぐ5つの方法!!初心者が投資で儲けるためにまずは見るべき方法まとめ
  • 起業家登録数 No.1
    10,975名!!
  • 投資家登録数 No.1
    1,933名!!

※2018年11月19日現在

昨日のマッチング人数:0012

  • 起業家MASAcookさん
  • 投資家Andyさん
  • 起業家もりさん
  • 投資家Fujiokaさん
  • 起業家kosigoetakeuchiさん
  • 起業家エレクトロンさん
  • 起業家Riiさん
  • 投資家GlobalCarrierさん
  • 起業家ラッシーさん
  • 起業家橋本敏弘さん
  • 起業家GWT COMMUNICATIONSさん
  • 起業家直希さん
  • 起業家マルチスタイルさん
  • 投資家あかりさん
  • 起業家高江洲 真美さん
  • 起業家モリモリさん
  • 起業家takasanさん
  • 投資家TNKさん
  • 起業家銀三郎さん
  • 起業家ミンミンさん


■カードローンの種類をチェック!大きく分けると3つの種類がある

カードローンには、大きく分けて「銀行系・消費者金融系・信販系」の3つがあります。ここでは、それぞれのカードローンについて順にご紹介します。

 

【カードローンの種類その1】銀行系カードローン

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、りそな銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など、メガバンクから地方銀行やネット銀行まで、さまざまな銀行が取り扱うカードローンです。知名度の高い銀行が取り扱っているため、安心感を覚える方も多いのではないでしょうか?

銀行系カードローンは比較的金利が低い傾向にあり、取り扱う銀行により異なりますが、年率14.0%前後を上限にしたものが多くなっています。消費者金融系や信販系と比べると借入限度額を500万円~1,000万円と高く設定できる点も特徴で、多額の資金を必要とする場合に適しています。

その分カードローンの審査は厳しく、「収入が低く返済能力がない」と判断されると審査に通るのは難しいでしょう。即日融資も行っていないため、今すぐに現金が必要な方にとっては不便に感じられるかもしれません。

また、カードローンには借入総額を年収の3分の1までに抑える「総量規制」が設けられていますが、銀行系カードローンは総量規制の対象外です。

ただし、総量規制がないからと言っていくらでも借入ができる訳ではなく、年収に応じて上限金額を定めています。したがって、年収に見合わない金額は設定しにくいと言えます。

 

【カードローンの種類その2】消費者金融系カードローン

アコムやアイフル、プロミスをはじめとする、消費者金融が取り扱うカードローン。法外な金利や取り立てなどマイナスイメージを持たれる方もおられるかもしれませんが、2010年に貸金業法が改正され、現在はかつてのようなイメージもなくなりました。

消費者金融系カードローンの最大の魅力は、スピーディーな審査と融資にあります。利用する消費者金融によっては30分程度で審査が終わるものもあり、最短即日で資金を調達できるケースがほとんどです。

借入限度額は消費者金融により500万円~800万円程度と銀行系カードローンよりは少ないものの、申し込んだその日に現金を引き出せる場合が多いため、急な出費があった際には便利なカードローンと言えるでしょう。

ただし、銀行系や信販系よりも金利が高い傾向にあり、年率18.0%程の上限金利を設けているものもあります。また、総量規制の対象となっているため、年収が低い場合は借入限度額も少なくなってしまう点が特徴です。

 

【カードローンの種類その3】信販系カードローン

オリコや三井住友カード、クレディセゾンなど、クレジットカード会社が取り扱うカードローン。銀行系と同じく、知名度が高いことから安心できると感じる方もおられるでしょう。

信販系カードローンの上限金利は、取り扱う会社により銀行系と肩を並べる15.0%程度から、消費者金融系と同じ18.0%程度と差があります。会社によっては年齢制限を設けていることも。借入限度額も100万円~800万円と幅があるため、いくつかの会社を比較しながら選ぶのがおすすめです。

また、信販系カードローンはそれぞれの会社が提携している店舗やホテルなどで特典を受けられたり、レンタカーを優待価格で利用できたりと、さまざまなサービスをお得に利用できるのがメリットでもあります。信販系カードローンを選ぶ際には、これらの特典にも注目してみてはいかがでしょうか?

なお、信販系カードローンも総量規制の対象となっており、年収によっては借入限度額が少なくなってしまう可能性があります。

 


銀行系
消費者金融系
信販系
上限金利
年率14.0%前後
年率18.0%前後
年率15.0%~18.0%前後
借入限度額
500万円~1,000万円
500万円~800万円
100万円~800万円
総量規制
対象外
対象
対象
審査
厳しい
銀行系よりも緩やか
銀行系よりも緩やか
融資までの目安
最短翌日~2週間程度
最短即日
3日~10日程度
返済方法

・口座引き落とし

・ATM

・振り込み

・口座引き落とし

・ATM

・振り込み

・店頭窓口

・口座引き落とし

・ATM

・振り込み

向いている人

・収入が多く安定している人。

・安心感を重視したい人。

・できるだけ低金利を選びたい人。

・すぐに現金が必要な人。

・厳しい審査に通る自信がない人。

・資金調達までの期間にゆとりがある人。

・会社独自のサービスや特典を利用したい人。

 

このように、ひとくちにカードローンと言っても金利や借入限度額などが異なります。申し込みの際は、それぞれのメリットやデメリットを比べながら自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。

では、次からはカードローンを使う上で、特に押さえておきたいポイントをご紹介しましょう。

 

■【カードローンを正しく使うポイントその1】利用前に返済計画を立てて、行き詰まったら計画を見直す

手軽に借入ができるとは言え、カードローンは借金です。

したがって、利用前にはきちんと返済計画を立てましょう。いくらまで借入をするのか、月々の返済額に無理はないかなど、収入や毎月の支出と併せてシミュレーションをしてみる方法がおすすめです。

そして、急な出費によって予定よりも借入額が大きくなってしまったり、返済に行き詰まったりした場合には、無理をせずに返済計画を見直しましょう。カードローン会社へ相談すると、返済方法や返済額を変更してもらえる可能性もあります。

なお、中にはプランを変更できない会社もあるため、申し込み前には返済途中でプランの変更ができるかどうかを確認しておきましょう。

 

■【カードローンを正しく使うポイントその2】収入を増やし、返済の負担を軽くする

予定よりも多くの借入をしてしまった場合には、毎月の返済による負担を軽くするために一時的に収入を増やすのもひとつの手。「収入を増やす」と聞くと副業をイメージする方が多いかもしれませんが、不要品を売って現金を得ることもできます。

スマートフォンから利用できるフリーマーケットのアプリなどを活用し、身の回りの整理をしてみてはいかがでしょうか?

 

■【カードローンを正しく使うポイントその3】余裕がある時期には、繰り上げ返済を活用する

繰り上げ返済とは、あらかじめ決められた返済額よりも多くの金額を返済することを指します。副業や臨時収入、会社のボーナスなどで一時的に収入が増えて金銭的に余裕がある時期には、できるだけ資金を返済に充て、繰り上げ返済を活用することがおすすめ。

繰り上げ返済をすると返済期間を短縮でき、結果的に無駄な利息を支払わずに済むだけでなく、返済の度に支払う手数料の減額にもつながるでしょう。

 

■【カードローンを正しく使うポイントその4】複数のカードローンはひとつにまとめる

おまとめローン」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?おまとめローンとは、複数の会社からの借入をひとつの会社にまとめる商品です。

複数のカードローンを抱えていると、その分利息や返済時の手数料が増えてしまいます。すべてをひとつにまとめると、これらの支出が抑えられ、返済スケジュールの管理も楽になるはずです。

ただし、カードローンをひとつにまとめる際には借り換えの審査に通る必要があるため、借入先があまりにも多い方は審査に落ちてしまう可能性も。また、おまとめローンによって毎月の返済額が下がったとしても、返済総額によっては返済が長期化して利息が増えるケースもあるため注意が必要です。

 

■【カードローンを正しく使うポイントその5】返済不能に陥りそうな時は、弁護士や司法書士に相談をする

返済プランの変更や副業ができないなど、どうしても返済が滞ってしまいそうな時には、自分ひとりで解決しようとせず、専門家の力を借りる方法もあります。

例えば、弁護士や司法書士のような法律の専門家に相談することも可能です。返済が滞り借金だけが重なってしまう事態を防ぐためにも、早い段階で解決策を練るのが大切。

無料相談を行っている事務所もあるため、利用してみると良いでしょう。

 

■カードローンは正しく使えば便利で安全な資金調達方法!

今回は、カードローンについて詳しくご紹介しました。

手軽に借入ができる点が最大のメリットですが、それ故借金であるという意識が薄れてしまいがち。しかし、借入や返済の計画をきちんと立て、状況に応じて支払額を調整できれば危険なものではありません。

あなたも正しい使用方法を知って、安全にカードローンを利用してください。なお、事業資金としての融資を検討している方は、以下のページも合わせてチェックしておきましょう。


【最新2019】ビジネスローン33選!法人・個人も即日で借りれる事業者ローンまとめ|Founder

ビジネスローンの即日審査を通す11のコツ!100万円~300万の融資ならあなたも借りられる!|Founder

銀行ビジネスローン人気ランキング20選!あなたも低金利で今すぐ500万円~1億円の資金調達ができる!|Founder


また、起業資金・事業資金を調達したい方には、当サイト「Founder」の利用がおすすめです。

Founderは投資家登録数No.1のサイトであり、1,800人を超えるエンジェル投資家が登録をしています。あなたもビジネスプランを掲載すれば、サポートしてくれる投資家が見つかる可能性があるでしょう。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみて下さい。

Founderなら1分で起業家と投資家がマッチングされます!

おすすめアイコン 起業家登録こんな方オススメ!
  • 1,000万円起業資金を調達したい!
  • 独立・開業して成功したい!
  • ビジネスを支援してくれる投資家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

起業家登録をして、1000万円の資金調達を達成しよう!

おすすめアイコン 投資家登録こんな方オススメ!
  • 将来有望な起業家投資したい!
  • 信頼できるビジネスパートナー見つけたい!
  • ビジネスを上手く回せる起業家に出会いたい!

1分カンタン無料登録をすれば、あなたもスグにメッセージを受け取ることができるので、以下にメールアドレスを入力してください。

SNSアカウントによる会員登録はこちら

投資家登録をして、あなたに最適な投資先を見つけよう!

起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 起業家会員登録した方に資金調達成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • 銀行借入の審査を100%通す10のコツ。必ず500万円の融資を受ける方法
  • エンジェル投資家とは?ベンチャー企業が投資を受ける5つのコツ!
  • 日本政策金融公庫の融資審査を通す5つの秘訣!あなたも1000万円を確実に借入できる!!

投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします! 投資家会員登録した方に投資成功マニュアル3点 (9,800円相当) を無料でプレゼントいたします!

  • ICOは投資のチャンス!ICOのメリット・デメリットやスケジュール、2つの注意点を幅広く解説!
  • 投資の情報収集に最適なアプリ&サイト15選!
  • 投資で稼ぐ5つの方法!!初心者が投資で儲けるためにまずは見るべき方法まとめ
  • 起業家登録数 No.1
    10,975名!!
  • 投資家登録数 No.1
    1,933名!!

※2018年11月19日現在

昨日のマッチング人数:0012

  • 起業家MASAcookさん
  • 投資家Andyさん
  • 起業家もりさん
  • 投資家Fujiokaさん
  • 起業家kosigoetakeuchiさん
  • 起業家エレクトロンさん
  • 起業家Riiさん
  • 投資家GlobalCarrierさん
  • 起業家ラッシーさん
  • 起業家橋本敏弘さん
  • 起業家GWT COMMUNICATIONSさん
  • 起業家直希さん
  • 起業家マルチスタイルさん
  • 投資家あかりさん
  • 起業家高江洲 真美さん
  • 起業家モリモリさん
  • 起業家takasanさん
  • 投資家TNKさん
  • 起業家銀三郎さん
  • 起業家ミンミンさん

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

- あなたはどっち? -

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?

無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。

メールアドレスをご入力ください


日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?

無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。

メールアドレスをご入力ください


SNSアカウントでも登録できます!

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。


SNSアカウントでも登録できます!

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS

ページ最上部へ

メニューを閉じる