経営改善計画書の書き方4つのコツ!経営改善計画のメリット・デメリット完全ガイド

登録日:2017.8.31  |  最終更新日:2019.9.30



会社の経営を安定させるために銀行融資を受けたものの、資金繰りがうまくいかずに返済が滞るケースがあります。ここでは会計士事務所で経営改善を12年務めたエキスパートが経営改善計画書の書き方の4つのコツを解説します。

もし返済不可になってしまった場合、会社の評価が下がるだけではなく、担保を取られて最悪倒産してしまうこともあり得ます。この最悪の事態を避けるためには、経営を改善して利益を出すことが必要になってきます。

ここで同時に考えたいのが、リスケジューリングについて。リスケジューリングとは返済予定を再考して返済条件を変更・緩和してもらうことです。リスケジューリングを実現させるには、事業を立て直していくための経営改善計画書の提出が必須となります。

今回は、銀行にリスケジューリングしてもらうために、経営改善計画のメリット・デメリットを説明していきます。最後まで読めば、100%経営改善は成功できます。


※ なお、経営を改善する為に資金調達がしたい経営者の方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、経営改善をする為にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また、「経営を改善する為に300万円の事業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、経営を改善する為にエンジェル投資家から資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


最短即日!おすすめカードローンランキング
▼スマホアプリでカンタン出金!

▼初めての方30日間利息無料!

▼最短即日で審査完了!

■経営改善計画書とは?

経営改善計画書は2つの種類があり、それぞれ異なる目的のために作成されます。最初に、それぞれの役割について確認しましょう。


長期・成長のための経営改善計画書

将来の利益を増加させたり、生産性を向上させたりして、事業をより成長させるための計画を立てるものを指します。5年もしくは10年後に向けて方針を立てるもので、事業計画書とも呼ばれます。

短期・緊急事態のための経営計画改善書

資金繰りの悪化などによって、すぐに経営の改善を求められる状況で立てる計画です。こちらは金融機関からの借り入れが難しくなったり、返済が滞りそうな時に作成します。


債務超過の状態を脱出するために立てる計画書で、直近の計画を立てるのが特徴です。


この記事では、短期の経営計画書について解説していきます。長期の経営改善計画書を作成したい方は、こちらの記事もご覧ください。


【保存版】事業計画書の書き方100%ガイド。相手に必ず響く9のポイントとは?

■経営改善とは?

リスケジューリングのための経営改善とはどのようなことなのでしょうか。経営改善計画の目的や経営改善計画書が必要な理由について説明していきます。

経営改善計画の目的

経営改善計画書を作成する目的は、リスケジューリングしてもらうための判断材料として銀行へ提出するためです。

経営改善計画とは、文字通り会社の事業を見直して経営を改善していくための計画のこと。銀行としては、リスケジューリングをすればその企業は返済を続けることができるのか、調査を行ったうえで厳密に判断する必要があります。そのための指針となるのが経営改善計画書というわけです。

経営改善が必要な企業の状態

簡単に言うと決算で赤字になっている会社は経営改善が必要です。具体的には、損益計算書の売上総利益や営業利益、経常利益がマイナスになっているケースです。営業利益や経常利益はさまざまな費用を引いた分の利益になりますが、費用を差し引く前の売上総利益が赤字の場合は、資金繰りが相当苦しくなっているはずです。

貸借対照表が黒字になっている場合でも、自己資本がマイナスだったり、黒字にも関わらず実際に使える現金が手元になかったりすると、黒字倒産の危険性が出てきます

経営改善計画書が必要な理由

経営改善計画書は銀行に提出するために作成すると説明しました。確実にリスケジューリングしてもらうためになくてはならない書類ですが、経営者自身が実際の経営改善に役立てるためにも必要です。

会社の資金繰りがうまくいかないのにはそれなりの理由があります。経営改善計画書を作ることで資金繰りがうまくいかない理由を視覚化することができ、今後どのように経営改善していけばいいのか展望も見えてきます。経営改善計画書は銀行を説得するための材料という名目だけではなく、経営者にとっても非常にメリットが大きいのです。

■経営改善計画書の4つの基本項目

それでは、具体的に経営改善計画書の4つの基本項目について見ていきましょう。今回は中小企業庁の経営改善計画書のサンプルをもとに説明していきます。

【項目1】会社概要

まずは会社概要です。事業者名、連絡先、住所などの基本情報、資本金や事業内容・沿革、株主構成などの概要を記載します。最初の自己紹介にあたる部分ですので、記載ミスのないように注意してください。

【項目2】現状分析

次に現状分析にあたる箇所を記載していきます。具体的には「財務内容及び問題点」「業務推移等」などの項目に具体的な数字を記し、会社の現状がどうなっているのかを浮き彫りにします。「財務内容及び問題点」の数字をもとに、なぜ売上が落ちてしまったのか、どうして資金繰りがうまくいかないのかなど、財務上の問題点を箇条書きにしてください。

「業務推移等」では、ここ数年の業務推移を見て、今期の業績見込みがどうなるか予測を立てます。経営改善計画書を作成しているくらいですから、この分析結果の見通しは明るい内容ではないでしょう。しかし、嘘偽りのない目線で分析することがとても重要です。銀行は経営者の真摯な姿を見ているということを忘れないでください。

【項目3】経営戦略

現状分析によって明らかになった問題点と業績見込みから、経営をどのように立て直していくのか、計画の基本方針を打ち出していきます。経営改善とはすなわち売上を上げるための経営戦略です。その戦略を明確に記載していってください。

できるだけ具体的な経営戦略であることが望ましいので、決算書をよく読み込んでどの項目でコストカットができるのか、なぜキャッシュが不足しているのかなどをよく考えることが大切です。

【項目4】経営計画

上記で立てた経営戦略を実行するために、経営計画の期間を記していきます。計画実行期間はいつからいつまでなのか、いつまでに経常黒字を達成させるのか、計画が終了した際の目標キャッシュフロー比率はどのくらいかなど、なるべく具体的であることを念頭に置いて計画してください。

■経営改善計画書のフォーマットは?

経営改善計画書に特定の書式は定められていません。ただし、すでにあるフォーマットに合わせて書き進める方が、漏れがなく記載ができるでしょう。一例として、日本政策金融公庫が出している書式を紹介します。


日本政策金融公庫 経営改善計画書



具体例も用意してあるため、見ながら書き進めていくことができます。

また、経営改善計画書を作成するにあたって考えていくべきことを次の章で解説します。しっかりと状況分析してから、フォーマットを利用して書面にまとめましょう。

■経営改善計画書の具体的な書き方を解説!

経営改善計画書をつくるためには、現状をしっかりと分析し妥当な改善案を考えなければいけません。ここでは、経営改善計画書の作成に向けて、改善計画を立てる方法を解説します。


また、分析結果が日本政策金融公庫のフォーマット(詳細版)にどのように対応しているかも紹介しています。


分析を進める手順は以下の通りです。



  1. 自社の現状分析
  2. 経営課題の探索
  3. 課題の解決策を検討
  4. 資金繰り表を作成
  5. 経費節減計画を作成
  6. 売上増加策の検討
  7. 借入金返済計画を作成


順番に解説します。


【経営改善計画書の書き方Step1】自社の現状分析

まずは自社の決算書を3期分振り返り、「シート3 事業概況」にまとめます。そこから直近の損益状況を把握して問題点を把握しましょう。急激に経営成績が悪化した原因を把握し、具体的な対策を考える項目を絞ります。



決算書の状況

対策を考えるべき箇所

売上高が大幅に減少している

売上高をあげる

売上高の減少以上に粗利益率が下がっている

粗利益率をあげる

経費が増加して成績が悪化している

経費を削減する

借入金が大きく増加している

さらに原因を分析する。売上高、粗利益率、経費が悪化している可能性が高い。

設備投資分の借入金が多い

設備の売却、もしくは売上高をあげる

借入金が年間売上を超えている

売上をあげる策とともに撤退を検討する


原因が分析できたところで、経営課題を具体的に浮き彫りにします。

【経営改善計画書の書き方Step2】経営課題の探索

自社の問題が表面化した原因を分析していきます。経営が悪化する理由には、外部環境の変化と、会社内部のあり方のどちらかがあります。


「4 SWOT分析」のシートを使って、会社の状況を分析しましょう。競合の状態や社会環境などの変化を機会と脅威として記入します。また、会社内部の状況を強み、弱みとしてSWOT分析をおこないましょう。

分析の過程で、課題が見えてくるでしょう。


なお、具体的なSWOT分析の手順はこちらの記事で解説しています。


【保存版】SWOT分析とは?3つのポイントと分析に必要な5ステップを実例とあわせて紹介!

【経営改善計画書の書き方Step3】課題の解決策を検討

SWOT分析をさらにすすめ、解決策を考えていきます。外部の脅威は自社で変えられない要素であるため、回避策を検討しましょう。特に深掘りすべきなのは内部課題です。


内部でよくある課題を下記に示します。


  • 営業・競争力の弱さ
  • 業務管理
  • 人的課題
  • 経営判断に関するもの


これらの課題と外部環境の変化の掛け合わせで、経営環境は悪化していきます。これらの側面から課題を再度見つめ直し、改善方法を考えます。


【経営改善計画書の書き方Step4】資金繰り表の作成

経営改善計画書の後半は、資金状態をどのように改善するか定量的に示すパートになっています。最初にやるべきことは、資金繰りの見直しです。経営状態を改善するには一定の時間がかかるため、当面の資金繰りを安定させて倒産を防ぎましょう。


資金繰りに問題があるときは、まず役員報酬のカットから始めます。事業そのものを止めないために、経費の支払いは止めてはいけません。できる限り支払いは滞りなくおこなった上で、資金繰りを考えます。売掛金を早めに回収したり、持っている手形で対応したりする方法を検討しましょう。


その上で支払いに滞りがある場合は、金融機関に対して返済猶予の交渉をおこないます。猶予が必要な理由がわかるように、資金繰り表をまとめておきます。


【経営改善計画書の書き方Step5】経費削減計画を作成

当面の資金繰りを検討したら、経費をどのように削るのかを考えていきます。その結果は、フォーマットの8〜10に記載しましょう。それぞれ、固定費、変動費、資産に関する対策を記載します。


すぐに対応がきくのは人件費・労務費などの固定費と遊休資産の売却です。これらで支出を下げつつ、仕入れ先の変更や外注していた作業の内製化などで、長期的に変動費を下げる方法を検討しましょう。

【経営改善計画書の書き方Step6】売上増加策の検討

基本的に経営改善計画書では、売上増加をしなくても経営が改善するように計画を立てます。一方で、売上が急激に下がっている場合は原因を究明し、もとの売上に戻すための施策が必要です。


客足を戻す策や、高付加価値商品・サービスを検討し売上増加を目指しましょう。これらをフォーマットの「7 売上計画」にまとめます。

【経営改善計画書の書き方Step7】借入金返済計画の作成

Step4〜6で売上の増加と費用削減の方法を考えてきました。これらをまとめて、借入金が返済できるかどうか改めて俯瞰します。完済できない場合は、検討が足りません。さらなる売上増加策もしくは費用削減策を検討しましょう。


また、売上の増加を見込んでいる場合は期間を決め、目標達成できない場合は赤字部門の撤退も視野に入れておきます。撤退により土地や建屋などの資産を売却すれば返済可能かもあわせて検討しましょう。


返済までの道筋がたったら、中長期の収支目標と改善骨子をまとめ、経営改善計画書を仕上げていきます。ここまで考えてきた内容をまとめれば、書類の完成です。

■リスケを実現させる経営改善計画書の書き方4つのコツ

基本的な経営改善計画書の内容がわかったところで、リスケジューリングを実現させるための経営改善計画書を考えていきましょう。今回は確実に実現させるための書き方のコツを4つお伝えします。

【その1】赤字が一過性であることを示す

なぜ赤字が発生してしまったのか、経営改善することで赤字の改善が見込めるのか、リスケジューリングできれば解消できる一過性の赤字であることを示してください。もし一過性の赤字であることが認められれば、リスケジューリングしてもらえる可能性は高くなります

業務推移等の分析結果の項目で赤字が出てしまった理由を記載し、そのうえで赤字解消のためのビジネスモデルを提示するようにしましょう。

【その2】完済できることを示す

リスケジューリングが実現すれば経営改善によって完済可能になることを示します。完済までにどのくらいの期間を要するのか具体的に示す必要がありますが、リスケジューリングを実現させるには、長くても15年以内には完済したいところです。

完済するには利益目標の達成率が80%以上であることが望ましく、債務超過は10年以内に解消できるような計画を立てると良いでしょう。

【その3】実現可能な経営改善計画書を立てる

銀行の担当者は提出された経営改善計画書が実現可能かどうかを重視します。そのためにも現状分析は非常に大切です。事業がうまくいっていない現状を直視するのはつらいものがありますが、現実から目をそらしていては正確な分析はできません。的確な現状分析が間違いのない経営改善計画につながるということを肝に銘じておきましょう。

【その4】計画や数字内容の根拠は明確にする

具体的な経営改善計画にするには、計画や計画によってもたらされる数字の根拠を明確にする必要があります。経営改善計画を立てても絵に描いた餅では意味がありません。

改善案を出すにはそれなりの根拠があるはずです。ただの希望的観測で計画するのではなく、なぜその売上目標にできるのか、実現させるためにはどのくらいのコストがかかるのかなどを、これまでの業績をもとに割り出してください。また、その経営改善計画を実行することで目標が達成されるというハッキリとしたロジックも必要です。

ビジネスモデルをチャート化するなどして、銀行担当者にもわかりやすい計画書を作りましょう

■銀行が納得しない経営改善計画書3つの特徴

銀行が納得しない経営改善計画書とはどのようなものなのでしょうか。リスケジューリングしてもらえない経営改善計画書の特徴を3つ挙げていきます。

【特徴1】具体性のない経営改善計画書

これまで、経営改善計画書は具体的であることが大切だという話を何度もしてきました。逆に、具体性のない経営改善計画書は銀行担当者から嫌われます。直接担当者に説明すれば良いと考える経営者もいるようですが、その考えは危険です。なぜなら銀行の担当者が見ているのはあくまでも経営改善計画書だからです。

作成した経営改善計画書の素晴らしさをいくら口頭で説明しても、銀行担当者からは重視してもらえないと思ったほうが良いでしょう。そもそも経営改善計画書の項目はたくさんあるので、口で説明してもすべて覚えてもらえるとは限りません。

口頭説明が逆に経営者の印象を悪くするケースもあります。例えば、事業がうまくいかない理由を従業員のせいにするなどの他責的態度は、経営者としての素質そのものを疑われます。口は災いの元です。必要なことはすべて経営改善計画書で語るようにしてください。

【特徴2】非現実的な経営改善計画書

非現実的な経営改善計画書では、リスケジューリングしても返済が見込めないと判断される可能性が高いです。行き当たりばったりの計画ではリスケジューリングに持ち込むことはできません。経営改善計画書の作り方がわからなければ、税理士へ相談してみることをおすすめします。ただし、計画を立てるのはあくまでも経営者自身です。

すべては税理士頼みということのないように、適切なアドバイスを受けながら現実的な計画を立てるようにしましょう。

【特徴3】経営者の本気が見えない経営改善計画書

銀行の担当者は、経営者がどこまで本気で経営改善しようとしているのかを重視しています。銀行担当者が見ているのは経営改善計画書ですから、書面で経営者の本気度を示す必要があります。例えば、自らの役員報酬を下げる、人員削減をするなど、経営者自ら犠牲を払う覚悟を見せてください。

経営者だけは安穏としていて従業員だけが走り回っているような計画案では、リスケジューリングしてもらえない可能性のほうが高いでしょう。


※ なお、経営を改善する為に資金調達がしたい経営者の方はビジネクストがオススメです。最短1日で最大1,000万円のお金を資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】ビジネクストは来店不要で審査が完了。最短1日で最大1,000万円の借り入れも可能。

ビジネクスト


※ また、経営改善をする為にスピード資金調達をするなら、上場企業が運営する「資金調達プロ」がおすすめです。100万円以上の売掛金があれば最短1日で1000万円のお金をスピード資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【2】資金調達プロなら売掛金を利用してスピード資金調達が可能。


 また、「経営を改善する為に300万円の事業資金が必要」なら、SMBCモビットプロミスなどのカードローンへの申し込みがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。

【1番人気】SMBCモビットは来店不要で審査が完了。スマホアプリでカンタンに出金が可能です。



【2】プロミスなら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。



【3】アコムなら最大30日間金利0円


※アクセス数などを参考に当サイトの調査によりランキング掲載しています。

※ また、経営を改善する為にエンジェル投資家から資金調達をしたい経営者の方は、当サイト「Founder」の利用もおすすめです。Founderには数多くの起業家・投資家が登録しているので、資金提供をしてくれるエンジェル投資家がきっと見つかります。

登録はカンタン1分で無料なので、こちらのフォームにメールアドレスを入力してみてください。


■経営改善計画の3つのメリット

ここからは、経営改善計画を立てることで得られる3つのメリットを解説します。

【メリット1】1年の猶予がもらえる

リスケジューリング中は、経営改善を実行するための猶予を1年間もらったのと同じ状態です。なぜ1年なのかというと、リスケジューリングは1年ごとの更新だからです。1年経ったら、経営改善計画で立てた売上目標や利益目標は達成できているかなどを確認し、問題がなければ、また1年更新となります。

リスケジューリングを更新するには、売上目標を100%とはいかないまでも、80%は達成しておきたいところです。逆を言えば目標が達成できていないとリスケジューリングの更新はないということです。その先は法的手段を取られて最悪倒産してしまう恐れもあるため、1年の猶予期間内にどれだけ立て直しできるかが勝負です。

【メリット2】返済額を一時的に減らせる

リスケジューリングをすることで返済額を一時的に減らすことができます。例えば、毎月100万円の支払いを10万円に減額できれば、その差額分を事業に回すことが可能です。資金繰りが楽になればその分事業の立て直しに集中することができます。

【メリット3】格付けが下がらない

格付けとはいわゆる債務者区分のことです。金融庁の金融検査マニュアルによれば、債務者区分は正常先、要注意先、破綻懸念先、実質破綻先、破綻先の5種類に分かれています。

通常、銀行に何の相談もなく返済の遅延や滞納を繰り返していると、債務者区分は正常先から要注意先、破綻懸念先とどんどん落ちていってしまいます。しかしリスケジューリングが実現すれば、この区分が下がることはありません。区分が下がると金融機関での融資がかなり難しくなってしまいます。

区分を落とさないためにも、リスケジューリングはぜひ利用したい仕組みだと言えます。

■経営改善計画の3つのデメリット

逆に経営改善計画をすることで生じる不利益はあるのでしょうか。考えられる3つのデメリットについて説明します。

【デメリット1】リスケが終わるまで新規融資ができなくなる

リスケジューリングをしている間は、新規融資を受けることはできません。返済が難しいからこそリスケジューリングをしてもらっているので、当然と言えば当然です。

リスケジューリングの間、会社は銀行融資に頼ることなく利益を出していかなければなりません。限られた期間と資金の中で売上を立て、キャッシュフローをプラスにすることが重要です。そのためにも確実に実現できる経営改善計画書が必要なのです。

【デメリット2】経営者が本気で取り組まないと経営改善は難しい

経営改善計画書を作っても経営者が本気で改善に乗り出さなければ、実際に経営を改善していくことは難しいでしょう。リスケジューリングとは、今までの経営方針が失敗だったと自ら認める行為でもあります。その非をきちんと受け止め、経営者自ら汗を流す覚悟が必要です。

【デメリット3】経営改善計画の情報が漏れると信用が低下するリスクがある

リスケジューリングをしていると、会社の信用は著しく低下します。経営改善計画についての情報を外に漏らさないよう、細心の注意を払ってください。リスケジューリングの事実が漏えいしてしまうと取引先や仕入先から取引を断られる可能性があります。

銀行には守秘義務がありますので情報漏えいすることはありませんので、社内でうかつに経営改善計画について話をしないように気をつけるようにしましょう。

■まとめ

経営改善計画書を作成するのは手間も時間もかかり、精神的にもストレスのいる作業かもしれません。しかし、返済を遅らせるだけ遅らせて会社の信用を失墜させるよりも、リスケジューリングをして経営再生の道を探ったほうが、未来への希望が持てます。

経営改善の第一歩が、信頼性のある経営改善計画書です。事業を続ける限り銀行との付き合いは続きますので、それなら、経営を一から立て直して銀行からの信頼を勝ち取る道を選びましょう。

起業・社長ブログおすすめ13選!経営者と起業家が読むべきブログ紹介

事業再生100%成功8つのコツ!3ヶ月で劇的に会社経営を改善させるノウハウまとめ

【最新版】12の資金調達方法まとめ!経営者のあなたが知るべきメリットと成功の秘訣は?

おすすめ異業種交流会30選!経営者向けビジネス交流会であなたも取引先を開拓できる!無料~年会費55万まで

成功する経営者5つの条件!あなたの性格や資質・考え方はいくつ当てはまる?

■おすすめの記事

国内の有名エンジェル投資家16人!30代の若手エンジェル〜50代のベテランエンジェルまで一覧

お金儲けの方法おすすめ31選!ネット副業で簡単にお金を稼ぐ裏ワザ~ビジネスで成功するコツを大公開!

今すぐお金が欲しい!即日で手に入れる方法33選。1万5万10万100万円を手に入れることが可能

趣味でお金を稼ぐ方法35選!年収1000万につながる仕事も!?

【保存版】お金の増やし方おすすめ23選!絶対にあなたのお金を増やす方法まとめ

年収1,000万円以上稼げる13の職業!仕事・学歴、才能関係なくできるビジネスまとめ

最強に儲かる楽な仕事おすすめランキング15選!不況・格差社会でも一人で稼いで勝ち組になれる!

不労所得の作り方おすすめ23選!20代や主婦でも始められる、厳選した方法をランキング形式でご紹介

お金になる資格/稼げるランキングTOP39!高卒や女性主婦でも簡単に年収200万アップできる!

稼げる副業ベスト41!今すぐ始めてに稼げるサービス徹底解説

最大700万円!起業の助成金を受ける5つのコツと手順を解説!3つの注意点も紹介

資金ショートとは?今すぐできる5つの資金繰り対策で会社のキャッシュを確実に増やす!

【保存版】資本準備金3つのメリット!資本金と資本剰余金の違いとは?

個人経営と会社設立の違い!メリット・デメリット総まとめ

起業アイデア51選!あなたも1年で成功できるおすすめビジネス一覧

個人投資家になるには?あなたも今日から実践できる簡単8つの手順

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!

カフェ開業で100%成功する10の秘訣!カフェ経営を30年続ける極意とは?

起業家セミナー・起業塾おすすめ25戦+α!無料~会費制まであなたのレベルに合わせた経営塾まとめ

【最新2019】おまとめローン27選。あなたも100万円以上の借金返済がラクになる!借り換え専用カードローンまとめ

■ビジネスと企業の最新情報

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

■労働問題の解決に関する公式サイト

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

■上場・IPO・証券取引に関する公式サイト

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

■お金の問題解決・信用情報に関する公式サイト

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

■公的制度の借入と融資に関する公式サイト

JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業 | Googleマップ

(社)全国信用保証協会連合会 | Googleマップ

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

■中小企業・起業に関する公式サイト

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co



日本最大級の
起業家・経営者&投資家
マッチングサイト

Founderは、起業を志す方や資金調達をしたい経営者、
創業10期目・年商10億円程度のベテラン経営者
の方々にも
ご利用いただいております。
起業家の登録数
No.1
22,079
投資家の登録数
No.1
4,159
  • 無料で投資家が見つかる
  • 1,000万円の事業資金調達が可能
  • 投資先が見つかる
  • 資金繰りやつなぎ資金のサポートもOK
  • 売上アップ
  • 集客数アップ
  • 取引先数100社増
  • ビジネスパートナーが見つかる
たった
3
カンタン無料登録はこちら
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

コラムの最新5件

もっと見る

起業資金を調達できた秘訣をあーやんが聞いてきました!

起業家向けインタビューの最新5件

もっと見る

たった3
カンタン無料登録は
こちら
私は
です

SNSアカウントでも登録できます

お知らせ
昨日の登録数
経営者8名 投資家1
昨日の投稿数
経営者8件 投資家0
先月のマッチング数
46
先月の資金調達総額
7億円以上
私は
です。

SNSアカウントでも登録できます

4月1日(日)より、投資家ユーザーは本人確認が必須となります。
まだ本人確認がお済みでない方は、早めに本人確認を済ませていただくことをおすすめします。
本人確認が済んでいない場合、メッセージ・案件登録等ができない等の機能制限がかけられます。
悪意のあるユーザーを除外するための措置ですので、お手数ですがご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

違反報告は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 違反の内容を教えてください。


2. 不信に思った点や実害に関して、できるだけ詳細にご記入ください。(50〜1000文字)

0 / 1000

対応クレジットカード

  • VISA
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER

ページ最上部へ

メニューを閉じる