決算期の決め方4つのポイント!絶対見るべき注意点と3月9月12月が多い理由は?

登録日:2018.1.8  |  最終更新日:2018.1.8


401(K) 2012


会社を設立する際はいくつも決めるべき事項がありますが、決算期もそのひとつです。決算期は任意で決定することができるため、何となく決めてしまっていませんか? しかし、決算期の決め方ひとつで、あなたの会社にかかる税金の負担が変わってくる可能性があります。

そこで今回は、20年以上にわたって企業の決算に携わってきた現役の税理士が、ポイントを絞って正しい決算期の決め方を解説していきます。この記事を最後まで読めば、あなたの会社にピッタリな決算期の決め方が100%見つかります。



■決算期は自由に決められる!


Complete Merchandise

日本の会社には、決算期を3月にしている企業が多くあります。そのため、何となく「よそと揃えておいた方がよいのでは?」「何か決まりがあるのでは?」と思っている人もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、実は決算期は経営者が任意で決めることができます。例えば新しい会社を、2018年4月2日に設立したとしましょう。事業年度は最長で1年間と決められているため、1期目を少しでも長くしたいのなら2019年4月1日を決算日として設定できます。

もちろん、きりよく3月末までに設定することも可能ですし、12月末までなど設立月とはまったく別の月に設定するケースもあります。多くの企業では任意の月の月末までを事業年度として設定し、2期目以降は1年間を事業年度として設定します。

ちなみに、個人事業主に関しては暦年課税することが決まっており、1月~12月までの1年間が事業年度とイコールになります。法人とは違って自由には決められないので、注意しておきましょう。


■決算期を決める4つのポイント


abbamouse

決算期を決める際には、次のようなポイントを意識することが大切です。「何となく」で決算期を決めると、後で苦労することが多いので注意してください。


【決算期の決め方のポイントその1】繁忙期を意識する


会社が決算期を迎えると、そこから2ヶ月以内に法人税等の確定申告を行い、納税しなければなりません。決算書の作成や確定申告の準備には、大変な時間と手間がかかります。

そのため、繁忙期と重なると事務処理の負担がさらに大きくなるので、注意する必要があるでしょう。繁忙期を避け、できれば閑散期に決算期を設定しましょう。


【決算期の決め方のポイントその2】節税対策を意識する


決算期は売り上げが大きく上がる繁忙期の直後ではなく、ある程度の期間を空けた時期に設定することをおすすめします。季節変動のある業種では、売り上げの大きな月が期首にくるよう調整しましょう。

利益が大きくなると納税額が増えますが、決算までに時間があればさまざまな節税対策が可能となります。期末ギリギリに大きな利益が出ると、節税対策が間に合いません。


【決算期の決め方のポイントその3】資金繰りを意識する


法人税や消費税の納期限は、【ポイント1】でご紹介したように原則として決算日から2か月です。納税資金でキャッシュフローが圧迫されないよう、ある程度資金繰りが楽な時期に決算期を合わせるという方法もあります。

特に現金商売ではなく掛売を行っている企業では、この点に注意してください。


ちなみに、多くの売掛金が存在している企業には、売掛金を売却するファクタリングがおすすめです。ファクタリングは、バランスシート上で負債になることはありませんし、信用情報に影響を及ぼすことなく資金調達ができます。

資金調達プロのホームページでは、このファクタリングに関する無料診断を10秒で受けられるので、経営者の方はぜひ気軽にアクセスをしてみましょう。


ファクタリングで10秒カンタン資金繰り改善!売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ


【決算期の決め方のポイントその4】消費税の免除期間を意識する


資本金額が1,000万円未満の会社を新規に設立した場合、当初の2事業年度(大規模法人の子会社を除く。第2期については一定の要件あり)について、消費税の納税が免除されるという規定があります。納税が免除される期間は事業年度を基準としているため、1期目については事業年度の期間によって免除期間が変わってきます。

例えば、1月1日に設立した会社の事業年度を4月から3月に設定すると、1期目の期間は3か月間です。消費税の免除期間は、2期目と合わせて1年3か月となります。

一方、同じく1月1日に設立した会社の事業年度を1月から12月に設定すると、1期目の期間は12か月。2期目と合わせて、丸ごと2年間の消費税免除が受けられるわけです。


このように、ポイントを意識することで決算期の事務負担や節税対策効果が大きく違ってきます。会社設立当初の事業年度は、上記のポイントを意識して決定しましょう。


■決算期を決める際に特に意識しておきたい2つの注意点

決算期を決める際には、特に注意しておきたいポイントが2つあります。以下で挙げる点を軽視していると、余計な手間が発生したり損が発生したりするので、注意点についても細かく確認しておきましょう。


【注意点その1】損金や減価償却等の計算方法

決算期を変更した場合、1回だけ1年未満の期間で決算を行うことになります。その際は、損金の算入限度額も事業年度の期間に合わせて割合で計算しなければなりません。

例えば、交際費の損金算入限度額は年間800万円です。決算期変更に伴って1期が半年となる場合は、損金算入限度額は半分の400万円になります。

減価償却費や地方税の均等割なども、月割計算で算出しましょう。


【注意点その2】税理士の都合ではなく会社都合で


決算期が集中する時期は税理士の事務作業が集中するため、顧問税理士からの申し出で決算期をずらしているという会社もあります。それが会社の都合とあっていればよいのですが、そうでない場合は会社の都合を優先させましょう。

決算期の決め方は、経営戦略や節税対策とも関連する重要な項目です。それに対して自己都合を優先するよう強要してくるような税理士であれば、顧問契約の解除も検討しましょう。


■法人の決算期が「3月・9月・12月」に多い理由は?



Kevin Dooley


国税庁の発表する統計情報によると、年1回決算法人における決算期別の申告法人数の割合は3月が最も多く、平成26年度のデータでは全体の2割近く(19.49%)を占めています。9月決算、12月決算はいずれも1割余りを占めています。調査対象を上場企業だけに絞ると、約8割の企業が3月決算になっています。

すでにご紹介したように、決算期は会社の経営者が自由に決めることができます。それなのに、なぜ3月・9月・12月に決算を行う企業がこんなにも多いのでしょうか?

これにはそれぞれ理由があるので、以下で詳しく解説をしていきましょう。


○3月決算が多い理由

【理由その1】国や地方自治体の会計年度に合わせて


国や地方自治体、それらと関係の深い公共機関などでは、年度変わりに合わせて会計年度を4月から3月までに設定しています。公共事業を受注する民間企業では、それに合わせて決算期を3月にしているケースが多く見られます。

公共事業を受注できるような会社は一握りの大企業だけですが、下請けの中小企業に関しても元請けの大企業に合わせて、3月を決算期に設定するケースが増えています。


【理由その2】教育年度による刷り込み


日本では学校も1つの学年が4月にスタートし、3月に終了します。人材の採用計画や教育育成のプランも、それに沿ったものにせざるを得ません。

したがって、新採用の社員が4月に入社してくることから、そこを期首としているケースもあります。


【理由その3】税法の改正時期を考えて


税法はこまめに改訂される法律です。法律が改正された場合、4月1日から施行されることが多いため、3月を決算期としておけばきりよく期首から新法に合わせた処理が可能となります。

3月以外を決算期としている企業では、事業年度の途中で新しい法律に合わせた仕分けなどの対応をしなければなりません。


【理由その4】総会屋対策として


最近では聞かなくなりましたが、以前は「総会屋」と呼ばれる人たちによる迷惑行為が多く見られました。株式会社の所有者は、株式を持つ株主一人ひとり。総会屋とはそのことを利用し、いくらかの株式を事前に取得した状態で株主総会に出席し、権利を主張して株主総会を仕切ったり妨害したりする人たちです。

法律上の正式名称はありませんが、企業に多額の利益供与を求めるなどして問題となっていました。1981年に商法が改正され、利益要求が禁じられたことでほぼ姿を消しています。

株主総会に出席する総会屋が少なくなるよう、大企業では他の会社と決算期や株主総会の開催日を揃えることが通例となっていました。大企業にはその名残があり、取引先の中小企業も何となくそれに揃えているというケースが多いようです。


○9月決算が多い理由

【理由その1】監査法人や税理士の閑散期であるため


企業ごとの繁忙期は業種によって異なりますが、決算の実務における大部分を取り仕切るのは、ほとんどの企業が監査法人や税理士といった専門家です。これらの専門家にとって、多くの企業の決算期が集中する3月は、確定申告の時期と重なる繁忙期

この時期をずらすことで、企業の事務処理の負担は減らせる可能性があるでしょう。


【理由その2】人事異動などと時期をずらすため


人事異動や採用の時期と決算期をずらすため、9月決算を行う企業もあります。


○12月決算が多い理由

【理由その1】個人事業からの流れで

個人事業主は暦年課税となっており、暦と同じく1月~12月が事業年度に統一されています。個人事業主が事業を拡大して法人格を得るときに、そのまま事業年度として採用することが多くあります。


【理由その2】国際会計基準に合わせて


大企業の中には、グローバル化を見すえて12月決算に移行する企業も増えてきました。欧米では12月決算の企業が多くあり、中国では法律で12月決算と定められています。

国際会計基準(IFRS)によると、親会社と子会社の決算期を統一する必要があります。海外に12月決算の子会社を持つ企業では、連結決算を作成する際に「期ズレの例外適用」を受けなければなりません。将来的に海外進出する可能性があるのなら、それを見すえて会社設立の際に12月決算にしておいてもよいかもしれません。


■決算期は変更も可能!

ご紹介した4つのポイントを意識せずに決算期を決めてしまい、すでに会社を設立してしまった人は諦めるしかないのでしょうか?ご安心ください。実は決算期は、意外にカンタンに変更ができます

決算期は事業年度の最後の月にあたります。事業年度は定款に掲載している企業が多いのですが、定款に必ず載せなければならない項目である「絶対的記載事項」ではありません。公序良俗、または会社の本質に反しない限り自由に定めることのできる「任意的記載事項」にあたります。そのため、設立後に変更したとしても会社設立時と異なり、公証役場での定款の認証は必要ありませんし登記も不要となっています。


ただし、実際に決算期の変更をする場合は株主総会で決議し、議事録を作成して社内に適切に保管しておきましょう。過半数の賛成を得る普通決議ではなく、3分の2の賛成を得る特別決議が必要です。決議後は決定した通りに定款を変更し、社内に保管しておきます。

また、決算期の変更は納税にも大きくかかわるので、決議を得たあとは管轄する税務署や都道府県税事務所への届出も必要です。「異動届出書」の書式を取得し、必要事項を記載して提出しましょう。

税務署への届け出の具体的な期限は特に決まっていませんが、「すみやかに」届け出るよう定められています。申告手続きのことを考えれば、変更後の決算期の2か月後までには届け出ておく必要があるでしょう。


登記が必要ないため、必ずしも司法書士や行政書士といった専門家に依頼する必要はありません。決算期の変更だけであれば社内での手続きで完了できます。

税務署などへの届け出の際も、手数料や印紙税は特に必要ありません。拍子抜けするほどカンタンに変更できるので、決算期を適当に決めてしまって後悔している場合は、早めに変更することをおすすめします。


■まとめ

本記事では、決算期の正しい決め方についてご紹介しました。

多くの企業ではそれまでの慣習に合わせて何となく3月末を決算期としていますが、実際には任意に決められる項目です。4つのポイントを意識し、あなたの会社に合った決算期はいつなのかをしっかりと考えてみましょう。

これから設立する会社はもちろん、すでに設立している会社の決算期も意外にカンタンな手順で変更することができます。適切な決算期にすることで事務負担を軽減し、資金繰りや節税対策に役立てましょう。

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

コラムの最新5件

投資家インタビューの最新5件

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

2018年1月12日(金) 0:00~2:00の間、サイトメンテナンスをおこないます。
※メンテナンス時間については前後する場合がございます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

ページ最上部へ

メニューを閉じる