マネオ(maneo)評判・口コミ!利回りやリスク、貸付利率は?ソーシャルレンディング投資を徹底解説

登録日:2017.11.3  |  最終更新日:2017.11.15

新たな投資として注目を集め、少しずつ認知度も高くなっているソーシャルレンディングという投資。このソーシャルレンディングを、日本で最初に運営しはじめたマネオ(maneo)というサービスをご存知でしょうか?

マネオは国内では先駆け的な存在であり、数多くのソーシャルレンディングがマネオから影響を受けています。マネオの特徴を理解しておけば、ほかのソーシャルレンディングを評価する基準となるでしょう。

そこで今回は、ソーシャルレンディング「マネオ(maneo)」について徹底的にまとめてみました。この記事を最後まで読めば、サービスとしての特徴を全て理解できます。

 

■マネオ(maneo)の概要をチェック!どんなソーシャルレンディング?

Zengame

近年人気を集めている投資方法に、ソーシャルレンディングがあります。ソーシャルレンディングは「融資型クラウドファンディング」または「貸付型クラウドファンディング」とも呼ばれ、インターネット上で融資希望者と投資家をマッチングさせるサービスのひとつです。

ほかの投資に比べると日が浅いサービスですが、そんなソーシャルレンディングの国内の先駆け的な存在がmaneoマーケット(マネオ)です。まずは、このmaneoマーケットの概要について見ていきましょう。

 

○運営会社

「maneoマーケット」は、maneoマーケット株式会社によって運営されるソーシャルレンディングとしてのサービス名です。maneoマーケット株式会社は千代田区幸町に本社を構えており、以下のような事業に取り組んでいます。

 

ソーシャルレンディングサービスに関するウェブサイトの運営
投資家の募集・勧誘の取扱い
投資家の登録・管理

 

このmaneoマーケット株式会社は、ほかのソーシャルレンディングの運営にも広く携わっています。多くの投資家からその運営力が評価されており、「maneoマーケットが関わっていれば安心」と判断する投資家も少なくありません。

ソーシャルレンディングとしてはそれほど知名度が高く、信用も築いているサービスとなっています。

 

○サービス運営の目的

maneoマーケット株式会社は、業務理念として「投資家の安全性確保」を第一に掲げています。ITを駆使したわかりやすくて使いやすいシステムの提供により、投資家が安心して投資できるインフラの構築を最優先としています。

このような姿勢は多くの投資家から評価されており、知名度を高めることになった一因にもなっています。

 

○関連企業

maneoマーケット株式会社の関連企業としては、maneo株式会社が挙げられます。こちらの会社ではソーシャルレンディングサービス「マネオ(maneo)」に関して、ユーザーの管理を主に担当しています。

このように、マネオ(maneo)は関連企業と作業を分担する形で運営されており、それが結果として運営リスクを抑えることにつながっています。

 

○運用実績

maneoマーケットの投資家一人あたりの投資額は、約160万円と言われています。これは国内でもトップクラスの規模であり、資金力を持った投資家が注目していることが分かります。投資先に関しては利回り8%の案件が最も多い傾向にあります。

maneoマーケットは2017年までに6,800件以上のローンファンドについて返済実績を持ち、今やその成立ローン総額は900億円に届きそうな規模になっています。また、2017年3月期の決算が公開されており、経常利益が3億4千万円、当期純利益が1億9800万円と好調で、2期連続で増収増益です。これは、maneoマーケットの業績が順調であることを示しているでしょう。

このようにマネオ(maneo)は名実ともに国内最大手として、ソーシャルレンディングについて50%以上のシェアを確保しています。登録している投資家も関東在住者ではあるものの、北海道から九州まで全国に散らばっています。

 

■マネオ(maneo)の経歴は?

次は、maneoマーケットの経歴について見ていきましょう。maneoマーケットは2008年より貸付型のクラウドファンディング事業を始め、国内で最初のソーシャルレンディングサービスとして知られています。

2011年までは個人対個人(P2P)のローンについて、投資家と借り手のマッチングを行うモデルを取り扱っていました。その時期には個人に対しての貸付において貸し倒れが頻発し、一時期評判を落としたこともありました。

そこで不安定で信頼度の低い個人に対しての融資からは撤退し、対企業の事業性融資のみを取り扱うように方針を変更。そして、現在のビジネスモデルを確立しました。

現在では中小企業を主な投資対象としており、対個人に比べ信頼性の高い対企業の融資に切り替えた結果、取扱件数は順当に増え続けています。2017年までで6,800件もの貸付を取り扱ったにも関わらず、事業性融資の貸し倒れ件数は0件という実績を築いています。

 

○maneoマーケットの出発点と歴史

maneoマーケットがソーシャルレンディングサービスとしてスタートした2008年は、アメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻し、大不況の引き金となったリーマンショックのあった年でした。もはや恐慌に等しいレベルと言われたリーマンショックの影響は、アメリカの経済を飲み込んだのちに世界各国へ及び、日本にもその影を落としました。

そのような世界的な低金利時代にも、借入や貸付に関してコスト面でのリスクを抑えた仕組みを考案し、投資家に大きなリターンを与える体制を構築したのがmaneoマーケットです。これらの取り組みが投資家たちに受け入れられていったことに加え、ソーシャルレンディングの認知度が上昇したこともあり、企業やベンチャーキャピタルとの提携も進みました。

例えば、GMOクリックホールディングスの運営するGMOクリック証券には、サービスのひとつとしてmaneoマーケットがすでに組み込まれています。ほかにも以下のベンチャーキャピタルやファンドなどが、maneoマーケットと提携を結んでいます。

 

SMBCベンチャーキャピタル
池田泉州キャピタルニュービジネスファンド
株式会社VOYAGE VENTURES
株式会社アイビス・キャピタル・パートナーズ
Spiral Ventures Japan
モバイル・インターネットキャピタル株式会社

 

このように、大手金融企業やベンチャーキャピタルからも評価を受けるmaneoマーケットは、国内で最も運用実績のあるソーシャルレンディング業者として注目されています。

 

■マネオ(maneo)の特徴を徹底解説!

Justin See (coming back)

次は、maneoマーケットが提供するソーシャルレンディングの特徴について解説していきます。

 

○貸付利率

maneoマーケットは中小企業などに対して、実質年率15.00%以内で貸付を行っています。ソーシャルレンディングとしては平均的な水準であり、銀行やノンバンクなどに比べるとやや高めと言えるでしょう。

ただし、一般的な融資に比べて時間を節約できる可能性があるため、金利がやや高くても利用価値はあると言えます。

 

○貸付金額

貸付金額については、最低金額が10万円~となっています。これはソーシャルレンディングの中では平均的な金額ですが、一般的な金融機関に比べると低い水準です。

起業家・経営者にとっては少額からでも利用できるので、場合によっては大きなメリットとなるでしょう。なお、返済方法については基本的に分割であり、返済回数は最大60回となっています。

 

○利回り

maneoマーケットに登録されているファンドは、5.0%~8.0%の利回りで募集されているものがほとんどです。この数字はほかのソーシャルレンディングに比べて決して悪い方ではありませんが、特に高いというわけでもありません。さらに高い利回りで募集しているソーシャルレンディングは、ほかにも多く見られます。

しかし、5.0%~8.0%という数字は利回りとして現実的なラインであり、安定して多数の案件を用意しているのがmaneoマーケットの特徴と言えます。

 

○その他、サイトの特徴

【特徴その1】扱っているファンドが豊富
【特徴その2】借り手の情報が開示されている
【特徴その3】多数の会社にプラットフォームを提供している
【特徴その4】会員ステータスを導入している

【特徴その1】扱っているファンドが豊富

maneoマーケットが先駆けとなり、国内でも普及が進んでいるソーシャルレンディングですが、安定して多数のファンドが登録されているのは数社に限られます。その中でも、maneoマーケットは最も多くのファンドを紹介しているサービスと言えるでしょう。

これによってmaneoマーケットでは、投資先や投資期間を豊富なファンドの中から選ぶことができ、また複数のファンドに対し投資できることから、投資家はリスクを分散でき比較的安全な取引ができます。

 

【特徴その2】借り手の情報が開示されている

借り手(ボロワー)の情報がある程度開示されているという点も大きな特徴です。貸し手(レンダー)は借り手(ボロワー)について、資金の使いみちなどの情報を参考に投資先を選ぶことができます。

また、貸し手(レンダー)はmaneoマーケットのシステム上で、投資前・投資後にファンドについて質問することができます。さらにファンドごとに、担当したmaneoのスタッフのプロフィールやコメントが掲載されています。

こういったサービスによって、貸し手は自分の出資した資金が、どのような企業によってどのように使われ、どのように役に立っているのか実感することができます。一般的なソーシャルレンディングでは、投資先の情報がほぼ公開されないケースも珍しくありません。

このように貸し手と借り手がコミュニケーションを図れること、担当者の姿が見えることも、maneoマーケットの特徴となっています。

 

【特徴その3】多数の会社にプラットフォームを提供している

前述でも軽く触れましたが、maneoマーケットは多数の会社にプラットフォームの提供をしています。具体的な提供先としては、以下が挙げられるでしょう。

 

ガイアファンディング
スマートレンド
LCレンディング
クラウドリース
グリーンインフラレンディング
アメリカンファンディング
さくらソーシャルレンディング

 

maneoマーケットにおいて口座を解説すると、これらの会社によるファンドにも投資できるようになります。

 

【特徴その4】会員ステータスを導入している

maneoマーケットは2017年に、新しいサービスを導入しました。それが会員ステータスです。

投資口座残高によって決定するステータスは、「ダイヤモンド」「プラチナ」「ゴールド」「ブロンズ」「レギュラー」の5つに分類され、それぞれに応じた特典が受けられる仕組みになっています。具体的には、ステータスによって応募できるファンドが限定されており、ランクの高いステータスを持つ人は、より高額で利回りの高いファンドに応募できるようになる見通しです。

 

上記のような特徴が見られるmaneoマーケットですが、口座開設には以下の要件を満たす必要があります。

 

①投資口座開設時の段階で20歳以上、75歳未満であること
②maneoマーケットの審査に通ること

 

満75歳以上の方が投資口座開設を希望する場合は、別途問い合わせが必要です。なお、maneoマーケットの審査内容に関しては公開されていません

口座開設はウェブサイト上で手順通りに進めていけば簡単にでき、必要書類として本人確認書類と登録銀行口座の預金通帳などもパソコンからアップロードすることで手続きを完了できます。これで登録申請は終了であり、審査が行われます。審査を通過すると、登録した住所に確認のためのハガキが届きますので、このハガキに記載のある本人確認キーを、maneoマーケットのウェブサイトで入力すると口座開設となります。

ウェブサイトにはわかりやすい解説動画もあり、ソーシャルレンディングサービスとmaneoマーケットの仕組みについて、初心者でも詳しく知ることができます。

 

 

・貸付利率実質年率15.00%以内
・貸付金額10万円~
・利回り5.0~8.0%
・ウェブサイトの主な特徴・扱っているファンドが豊富

・借り手の情報が開示されている

・多数の会社にプラットフォームを提供している

・会員ステータスを導入している

 

■マネオ(maneo)の安全性・リスクをチェック!

次は、maneoマーケットの安全性・リスクについて見ていきましょう。maneoマーケットは、主に以下のリスク対策に取り組んでいます。

 

【リスク対策その1】借り手に対する厳しい審査

maneoマーケットは、投資家対する安全性を最優先することを掲げているだけあり、借り手について厳しい審査を行っていることがウェブサイトに記載されています。主な審査項目については、以下の点が挙げられます。

 

決算書や事業計画書の内容
事業推移
資金繰り表
担保・保証の有無
指定信用情報機構へのデータ照会結果等
そのほか、提出資料の内容

 

さらに、経営者との面談も実施しています。

ここまで念入りな審査をした上で融資の可否を決定しているからこそ、投資家の安全性を最優先していると言えるのでしょう。またこれが、事業性融資において貸し倒れ0件をキープしながら、配当を生み出す根幹であるともいえます。

 

【リスク対策その2】担保つきの案件を多く用意している

maneoマーケットが取り扱う案件には担保付きのものが多く、この点も安心して投資することができる材料となっています。担保が設定されている案件に関しては、万が一貸付先の企業が債務不履行に陥ったとしても、不動産を売却することで返済資金を確保できます。

 

上記のようなリスク対策に取り組んでいるmaneoマーケットですが、ソーシャルレンディングが投資である以上、リスクが皆無ではありません。リスクのない投資など存在しませんし、逆にリスクがあるからこそリターンが発生するのが投資なのです。

国内のソーシャルレンディング業者として高い評価を受け、その安全性と信頼も高いmaneoマーケットですが、あえてリスクを挙げるとすれば以下の3点でしょう。

 

【maneoマーケットのリスクその1】ファンドの早期償還

ソーシャルレンディングにおいて、借り手の都合により資金の運用期間が短くなることがあります。このような早期償還が行われた場合、期待していた利回りに対し実際の配当が下回ることになります。期待していた利回りが得られなかったことを損失と考えた場合、これもひとつのリスクとなるでしょう。

また、資金運用に関して計画変更が必要となり、代わりとなる好条件のファンドが見つからなかった場合は資金が遊んでしまうこととなります。ただし、配当金が得られなかったり、出資金が戻ってこなかったりというわけではありませんので、リスクとしては小さいものと言えるでしょう。

 

【maneoマーケットのリスクその2】借り手の債務不履行

これはmaneoマーケットだけに限ったことではありませんが、ソーシャルレンディング全体のリスクとして借り手の債務不履行による貸し倒れのリスクが考えられます。借り手が債務不履行を起こした場合、その出資金について貸し手が直接返還の請求をすることはできません。

借り手に対して貸付しているのはあくまでmaneoマーケットであり、貸し手はmaneoマーケットに対しての出資を行っているのです。これはボロワーを借り手、レンダーを貸し手と表現しているため生まれやすい誤解です。

万が一、借り手の債務不履行が発生した場合、maneoマーケットから返還について請求または勧告が行われるはずですが、それに応じなかった場合資産の差し押さえとなります。差し押さえとなった資産が売却され、その金額が貸し手に対し分配されますが、出資した全額が戻ってくることはあり得ないと言っていいでしょう。もし、貸し手に対し変換されたとして、その金額は出資金に対して1割以下になることがほとんどとなります。

このようなリスクを極力避けるため、maneoマーケットでは前述したような厳しい融資審査を行い、ソーシャルレンディングサービスの提供開始から2017年までの9年間、事業性資金について貸し倒れ0件という実績を残しています。

 

【リスクその3】maneoマーケット株式会社の倒産

最後に極端な例ですが、maneoマーケットを運営するmaneoマーケット株式会社が倒産した場合のリスクです。

もし運営会社が倒産した場合、貸し手が資金を預けているデポジッドも凍結されることとなります。こうなると、破産手続きによってmaneoマーケットの資産分配が行われることとなりますが、出資金の全額が戻ってくる可能性は100%とは言えません

このような運営会社の倒産は頻繁に起こるものでもなく、また国内最大手のソーシャルレンディング業者のmaneoマーケットが倒産する可能性は低いですが、揺れ動く世界経済の中でこれもまた完全に0%とは言い切れません

ただし、GMOクリックホールディングスなどの大手金融企業と資本提携を結んでいるmaneoマーケット株式会社ですから、倒産の可能性としては限りなく低いと考えていいでしょう。

 

■マネオ(maneo)の口コミもチェックしておこう

Alan Levine

次は、maneoマーケットに関する口コミをまとめてみました。やはり注目度の上がっているソーシャルレンディングの最大手だけあって、maneoマーケットの口コミはさまざまなウェブサイトで見られます。

 

【口コミその1】安全性が高いので安心できる

「利回りは5%から8%台とそれ程金利は高くはありませんが、その分しっかりと審査された案件ばかりのように感じます。投資額も2万円からの案件が揃っているので小口投資家向きだと感じます。 」

『低金利だけれど、大手の安心感のあるマネオ』 by うめ - maneo | ソーシャルレンディングHack

 

「その当時10,000円から投資できるということで、ソーシャルレンディングの会社を何社か調べて「maneo」を選びました。読んでいた雑誌に載っていたのも「maneo」でしたので、それだけでも少し安心して投資することができました。 」

『投資初心者にも最適な投資法、ソーシャルレンディング』 by kan - maneo | ソーシャルレンディングHack

 

リスク回避を徹底しているだけあって、「安心できる」といった評価は少なくありません。実績も豊富ですし、何より貸し倒れの件数が0件であることが、ユーザーの安心感につながっているでしょう。

今後に関しても、安定したサービスを期待できるといった意見が多く見られます。

 

 

 

【口コミその2】初心者からでも始めやすい

「初心者(投資未経験)の方は少額投資からスタートできる「maneo」がお勧めです。

ちゃんとお金に働いてもらい、殖えることを実感することで投資とは?の一面をまなぶことが出来る第一歩を支えてくれるソーシャルレンディングサービスです。」

『初心者からの投資、初めての経験』 by かんぷぅ - maneo | ソーシャルレンディングHack

 

 

「始めたきっかけは預金利回りが低下しており、利回りの良い預け先はないかと考えていた頃、ちょうど巷でソーシャルレンディングというものが認知され出した頃でした。

利害関係者との仕組みも分かりやすく、始めることに抵抗はありませんでした。 」

『分かりやすい仕組みと魅力的な利回り』 by 鹿男 - maneo | ソーシャルレンディングHack

 

maneoマーケットは実績が豊富であり、登録ユーザー数も多いため、「初心者からでも始めやすい」といった意見も多く見られます。また、システム全体がシンプルであるため、初めての方でも戸惑うことなく利用を開始できるでしょう。

 

【口コミその3】安定して資産を増やせる

「マネオとかソーシャルレンディングは割と好き。放置しておくだけで勝手に増える。5%の利息も普通にある。比較的安定的に運用したいのであればオススメ。」

映画青年@仮想通貨さんのツイート: 

 

「投資をした後は、金利が付くのを待つだけなので、わくわくして待ちました。

1年ほど待ったあと利回りもついてお金が戻ってきたのですが、なんとも言えない達成感がありました。 」

『思っていたより簡単にお金を増やせました。』 by スピーカー - maneo | ソーシャルレンディングHack

 

低い利回りの案件が中心ではあるものの、安定して資金を増やせる点はやはり高く評価されています。

 

【口コミその4】短期の案件が少ない

 

「それと、気になるのが最近本当に短期の案件がないんですよね。

以前も書きましたが、長期って怖く感じるんです。

途中でつぶれたらどうしようとか・・・。じゃあやるなよって話なんですけど。

しかも、1年以上の案件ばっかりでちょっと残念です。

でも資金を遊ばせておくのももったいないですよね。 」

【2017年04月】maneoが償還されて分配金が入ってきた♪ | NISAん事件です!プラトン低位株投資法!

 

meneoマーケットは長期案件が多い傾向にあり、短期案件が少ない傾向にあります。長期案件は資金を短いスパンで回せないため、その点に不満を感じているユーザーも見られました。

 

maneoマーケットはやはり安定性に優れているという口コミが多く、ブログなどでは配当を公開して、maneoマーケットの優位性についてコメントしている記事を多く見かけました。貸し倒れの発生していないサービスなので、当然ながら投資してみた結果失敗したというような記事はありません。

しかし、最近の傾向として長期案件が多いこと、早期償還が多く発生することに対しての不満なども見られます。全体的には高い評価を受けていますが、どのような投資家にも最適な選択肢、というわけではないでしょう。

 

■マネオ(maneo)のメリット・デメリットまとめ

最後に、maneoマーケットのメリット・デメリットを、借り手と貸し手それぞれの立場から表にまとめました。

 

○借りる側のメリット・デメリット

メリットデメリット
・比較的少額でも融資が受けやすい。

・融資までの審査期間が短い。

・柔軟な審査により融資が受けられる。

・銀行に比べ金利が高い。

このように借りる側は、銀行融資に比べ金利が高いというデメリットがあるものの、資金調達面でさまざまなメリットがあります。

銀行は基本的に大口の融資は歓迎しますが、小口融資はあまり積極的ではありません。しかし、maneoマーケットでは複数の投資家からの出資によりファンドとして融資が行われるため、少額でも融資を受けることが可能です。

また、銀行での審査は通常1ヶ月~2ヶ月かかりますが、少人数により運営されているソーシャルレンディングでは審査と意思決定に必要な時間が短く、迅速に融資を受けられます

 

なお、資金の調達手段をお探しの方には、売掛金を売却するファクタリングもおすすめです。

ファクタリングも即日融資が可能な手段であり、一般的な融資には該当しないため、バランスシート上で負債としては扱われません。ファクタリングで資金繰りを改善すれば、金融機関から融資を受けられる可能性もぐっと高まるでしょう。

興味のある方は、資金調達プロのホームページで無料診断をぜひ受けてみてください。

 

ファクタリングで10秒カンタン資金繰り改善!売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ

 

○貸す側のメリット・デメリット

メリットデメリット
・少額からの資金運用が可能。

・分散投資によりリスク低減。

・ファンド成立時や事務に関する手数料は一切なし。

・融資を受ける企業に直接質問が可能。

・貸し倒れ・倒産のリスクが低い。

・長期案件が多い。

・早期償還率が高い。

 

次に貸す側にも、多くのメリットがあります。

maneoマーケットの募集するファンドは一口3万円前後のものが多く、少額からの資金運用が可能です。このことから複数のファンドに少ない金額を投資することができるため、リスクの分散も図れます。

さらに、maneoマーケットではファンドの申し込み・成立時に手数料がかかることはなく、その他の事務手数料も発生しません。貸し手が負担するのは、自分の銀行口座からmaneoマーケットのデポジッドに対して入出金する際の、銀行の振込手数料だけです。maneoマーケット側に対して支払う手数料がないので配当が目減りすることもなく、配当をそのまま受け取ることができます。

そしてmaneoマーケットに関して、一番のメリットと言えるのが融資の安全性と運営会社の安定性です。現時点においてソーシャルレンディング国内最大手のmaneoマーケットは、多数の提携企業の資本が入っていることもあり、倒産の可能性は限りなく低いと考えられます。

ただし、長期案件が多く元本の返還までの期間が長いこと、早期償還となるファンドが多く期待していた利回りが受けられない可能性がある点などは、深刻なデメリットになり得るでしょう。この点が深刻になるかどうかは、投資スタイルや運用資金などによって変わってくるので、さまざまなサービスを見てから総合的に判断することが大切です。

 

 

■まとめ

今回は、国内最大手であるmaneoマーケットについて詳しく解説してきました。いかがでしたか?

maneoマーケットはさまざまなリスク対策に取り組んでおり、投資家のリスクを抑えることに積極的な姿勢を見せています。ただし、それでもリスクはゼロではないため、投資家側もきちんとリスクヘッジをするべきでしょう。

ほかにもソーシャルレンディングにはさまざまなサービスがあるので、各サービスを比較して自分にぴったりなものを選ぶことが大切です。

 

なお、投資先をお探しの方は、起業家に直接投資をすることも検討してみませんか?日本最大級のマッチングサイトである「Founder」を利用すれば、起業家の情報は簡単に見つけられます。

また、Founderは起業家の立場からも登録でき、登録すればエンジェル投資家から支援を受けられる可能性があります。登録作業はすぐに完了するので、興味のある方はぜひアクセスしてみましょう。

 

 

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

 

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

コラムの最新5件

投資家インタビューの最新5件

1分カンタン無料で起業家登録

投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

1分カンタン無料で投資家登録

日本全国から将来有望な起業家を探してみませんか?
無料登録後すぐに案件内容が公開され、起業家からの連絡を受け取ることができます。
※公開する内容は任意で調節できます。

ページ最上部へ

メニューを閉じる